あつ 森 博物館 コンプリート。 【あつ森】美術品コンプ!真の博物館コンプリート!島民代表(笑)のあつまれどうぶつの森#22【ゆっくり実況】

【あつまれどうぶつの森】博物館の寄贈コンプリート条件と報酬【あつ森】

あつ 森 博物館 コンプリート

3 評価の数26中 価格とレビューは同じという結果でした。 ページ数が超カタログの方が144ページ多いですが、 ページ数だけを見て超カタログを買うことはおすすめしません。 どちらの攻略本にもそれぞれ特徴(強み)があるので、あなたに合った攻略本を探した方がいいでしょう。 それでは「ザ・コンプリートガイド」と「超カタログ」の特徴について解説します。 ほとんど同じ内容が超カタログにも書かれているので、差別化するためにザ・コンプリートガイドのいい所を解説します。 良いところ:住人情報がとにかく見やすい! 1ページに3キャラずつ情報が載っています。 住人の容姿や部屋の画像はコンプリートガイドの方が大きく載せられており見やすいです。 住人の活動時間がしっかり書かれているため、住人について詳しく知りたい方はコンプリートガイドは凄くおすすめです! 仲良くなると貰える「しゃしん」のアイテムは別ページにまとめられています。 悪いところ:ページの移動が激しい 例えば家具の解説ページでいうと、値段や売値の情報は書いてあるが、 色違いの画像が別ページに用意されていて移動がすこし面倒です…。 ニンドリの超カタログの方は1ページに色違いの画像も含めて掲載されていて読みやすい印象でした。 超カタログ(ニンドリ)の特徴 ・服の値段 ・商店での売値 ・回収ボックスでの売値 ・色違いの画像 ・服の入手方法 ・住人が着てる画像 ・ケイトのテーマ情報 これらの情報が1ページにまとめて掲載されてあるので、別のページに飛んで色違いの画像を探したりする手間が省けます。 (コンプリートガイドだと色違いの服は別ページに掲載されている) また、ケイトのコーデ審査で重要になるテーマの情報(例:「スポーツ」,「アウトドア」)も載っています。 実際に住人がその服を着ている画像がありイメージがしやすいです。 このように 「超カタログ」はアイテム系について知りたい人におすすめと言えるでしょう。 悪いところ:情報量が多くて字が小さい ザ・コンプリートガイドの方では見やすさを重視したのか、色違いの家具は別ページにまとめるなど工夫をしていますが、この超カタログはすべての情報を1ページに収めようとしているため、画像が字がギュウギュウで少し読みづらい印象です。 ただ、情報量は本当にすごいのでガチ勢向けの攻略本ですね。 どちらにも載っていない情報.

次の

【あつ森】あつ森プレイ日記24日目・化石コンプリート!

あつ 森 博物館 コンプリート

スポンサーリンク 集めた理由 家具集めを思い立ったのは4月24日美術品をコンプリートした後です。 美術品のコンプリートを行ったあと、収集したい欲が高まったのと、ブログに家具のデータも欲しいと思い集めることを決意しました。 家具集めの様子 序盤 私は自分の島をおしゃれにする気は無く、家具は全く購入していなく持っている家具は、木や風船で得た家具のみの少しだけです。 ツイッター等で「おさわり」交換できるものもなく、私がとった行動は、つねきちの周回です。 タヌキ商店と異なり、つねきちの商品は周回してもラインナップが変わります。 またつねきちは島のカラー以外の商品が売られることがあるため、家具集めにいいのではと考え周回を行いました。 珍しい美術品もついでに購入して取引をしました。 ここで気づきます。 家具の総数に対して:1週2個の家具しか手に入れることができないなんて非効率だと…… スポンサーリンク 中盤 そこで私はツイッターで「あつ森 おさわり」と検索して、マイル券60枚数で家具200個触れるみたいな企画に参加しました。 そこで登録した家具をひたすた発注を行い、それを取引用に使うことにしました。 1日5までなのが大変ですね また珍しい家具は全然持っている方がいないため、コンプ勢の方からマイル券で購入して買いましたね。 マイル券貯めては買い貯めては買いの繰り返しでした。 これがなかったら集まるの相当遅かった気がします。 ドラム缶などの終盤の家具は持っている人がいないのなんの、ほんと助かりましたね。

次の

【あつ森】美術品の偽物と本物の見分け方|絵画と彫刻一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ 森 博物館 コンプリート

スポンサーリンク 集めた理由 家具集めを思い立ったのは4月24日美術品をコンプリートした後です。 美術品のコンプリートを行ったあと、収集したい欲が高まったのと、ブログに家具のデータも欲しいと思い集めることを決意しました。 家具集めの様子 序盤 私は自分の島をおしゃれにする気は無く、家具は全く購入していなく持っている家具は、木や風船で得た家具のみの少しだけです。 ツイッター等で「おさわり」交換できるものもなく、私がとった行動は、つねきちの周回です。 タヌキ商店と異なり、つねきちの商品は周回してもラインナップが変わります。 またつねきちは島のカラー以外の商品が売られることがあるため、家具集めにいいのではと考え周回を行いました。 珍しい美術品もついでに購入して取引をしました。 ここで気づきます。 家具の総数に対して:1週2個の家具しか手に入れることができないなんて非効率だと…… スポンサーリンク 中盤 そこで私はツイッターで「あつ森 おさわり」と検索して、マイル券60枚数で家具200個触れるみたいな企画に参加しました。 そこで登録した家具をひたすた発注を行い、それを取引用に使うことにしました。 1日5までなのが大変ですね また珍しい家具は全然持っている方がいないため、コンプ勢の方からマイル券で購入して買いましたね。 マイル券貯めては買い貯めては買いの繰り返しでした。 これがなかったら集まるの相当遅かった気がします。 ドラム缶などの終盤の家具は持っている人がいないのなんの、ほんと助かりましたね。

次の