ストロベリームーン ブラッドムーン 違い。 2020年のストロベリームーンはいつ?おすすめの方角と時間帯!

月の色と名前 ブルー ブラッド ブラック ストロベリームーンとは

ストロベリームーン ブラッドムーン 違い

ブルームーンとは 効果と由来 ブルームーンの定義はいくつかありますが、 ・ひと月のうち2回満月が訪れること (その2回目の満月を指すことが多い) ・二至二分に満月が4回訪れた時の 3回目の満月を指す (由来はアメリカメイン州農民年鑑) 一般的にいわれているのは 上記の定義ですね。 大気中の塵などの影響で 月が青くなることもブルームーンと いわれていますが、 上の定義のブルームーンは 青く見えるわけではありません。 ブルームーンについて、詳しくは 別記事にまとめてありますのでご参照ください。 こちらはブルームーンと違って、 本当に月が赤く見えます。 まるで、不吉なことの象徴のように 言われていますが、 これにはちゃんとした理由があります。 ブラッドムーンが赤い理由について、詳しくは 別記事にまとめてありますのでご参照ください。 そして、ひと月に2回と、 二至二分4回中の3回目、以外に ・満月が無い月 ・新月が無い月 というのがあります。 これは、閏年ではない、通常の2月に限って 起こりうる現象です。 新月にはリセットパワーがあり、 珍しいブラックムーンでは、 その意味合いが強調されるかもしれませんね! (あくまで個人的見解です) ブラックムーンについて、詳しくは 別記事にまとめてありますのでご参照ください。 恋が叶う、願いが叶う、 などの言い伝えもあります。 ストロベリームーンについて、詳しくは 別記事にまとめてありますのでご参照ください。

次の

スーパームーンで願い事が叶う?月の色の違いで願い事も変えてみて!

ストロベリームーン ブラッドムーン 違い

1月・・・フル・ウルフ・ムーン 飢えたオオカミが叫び声をあげることから 2月・・・フル・スノー・ムーン 降雪・積雪量が一年で最も多いことから 3月・・・フル・ワーム・ムーン 気温が上昇し、ワーム(ミミズなどの虫)が出てくることから 4月・・・フル・ピンク・ムーン 春咲きのピンクの花に由来 他の呼称:フル・エッグ・ムーン、フル・フィッシュ・ムーンなど 5月・・・フル・フラワー・ムーン 花々がたくさん咲き乱れることから 他の呼称:フル・コーン・プランニング・ムーン、 フル・ミルク・ムーンなど 6月・・・フル・ストロベリー・ムーン いちごの収穫期に由来 7月・・・フル・バック・ムーン 雄鹿の角が新しく生え変わることにちなんで 他の呼称:フル・サンダー・ムーン、フル・ヘイ・ムーンなど 8月・・・フル・スタージョン・ムーン チョウザメ(Sturgeon)の豊漁にちなんで 9月・・・フル・コーン・ムーン or フル・ハーベスト・ムーン とうもろこしや小麦の収穫期に由来 10月・・・フル・ハンターズ・ムーン 夏に育った獲物を狩る時期に由来 11月・・・フル・ビーバー・ムーン ビーバーが冬支度を始める時期にちなんで 12月・・・フル・コールド・ムーン or フル・ロング・ナイト・ムーン 寒くて長い夜にちなんで それぞれの月の特徴を名付けていて、 ストロベリームーンはそのうちの一つです。 また、 一年で最小の満月だから赤く見える、 という説もありますが、 それは特に 関係はないようです。 月が小さく見えるというのは、 地球と月の距離が長いということで、 ちょうどスーパームーンの反対ですね。 月が赤みがかって見えるのは、 月の高度と大気中の水蒸気などの関係で、 地球と月の距離の問題じゃないということです。 朝焼けや夕焼けと同じ原理です。 去年、最小の満月とストロベリームーンが重なったのは ただの偶然のようですよ^^ 今年(2018年)は7月28日の満月が 1年で最も小さく見える満月です。 しかもこの日は今年2回目の皆既月食です。 (2018年7月31日) 今年は大接近なので、一緒に観察してみてください^^ なお、最接近は7月31日ですが、 ストロベリームーンの頃から綺麗な火星が観られますよ! 火星大接近について、詳しくは こちらの記事をご参照ください。 ただ、気分の問題かもしれませんが、 少しでも前向きになれて、運気上昇につながれば、 それはそれで良いのかもしれませんね!^^ スポンサーリンク ストロベリームーン 2018年はいつ? さて、今年(2018年)のストロベリームーンは いつなんでしょうか? 前述のとおり、ストロベリームーンは 6月の満月のことを指します。 したがって、2018年は、 6月28日(木)が満月(=ストロベリームーン)です。 では、 ブラッドムーンとは何なのでしょうか? ブラッドムーンとは、皆既月食のとき、 月が皆既状態(完全に地球の影に隠れてしまうこと) になると赤黒く見えますよね?あれのことです^^ 不吉の象徴・災害の予兆などの言い伝えがあり、 月食の光を浴びちゃいけない!などと言う地域もありますが、 はっきりとした根拠はありません。 ストロベリームーンは イチゴの収穫期にちなんでつけられた名称で、 実際に赤っぽく見えるわけではありません。 したがって、ストロベリー(赤やピンク)ムーンと ブラッド(血=赤)ムーンは、 共に赤色のイメージがありますが、 2つは全くの別物です。 まとめ ストロベリームーンには、 いろんな誤情報もあるようですが、 あまりそれらに振り回されずに、 純粋に天体ショーとして楽しむことができれば いいんじゃないかと思います^^ 今年はきれいなストロベリームーンが見られるでしょうか? 楽しみですね!^^.

次の

ブラッドムーンとは?不吉で怖いイメージだけど言い伝えについて調べてみた

ストロベリームーン ブラッドムーン 違い

1月31日のブラッドムーンとは? さて、先ほど私が伝えた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」ですが。 それぞれ分けていくと分かりやすいです。 「スーパー」は、特別大きく見えるんです。 「ブルー」は、2回目の満月ということです。 では「ブラッド」は?ブラッドって血だよね、血まみれ?! と思ってしまった人、違うんです。 血の色をした(正しくは赤銅色)月、ということで ブラッドムーンと呼ばれるわけです。 今回、このブラッドムーンは、NASA発表によると… 北米やアラスカ、ハワイで31日の日の出前に観測ができます。 中東やアジア、ロシア東部、オーストラリア、ニュージーランド では、31日の月の出のあたりの時間帯に観測ができるようです。 ということは、日本でも夕方から夜にかけて見える可能性が あるんですね。 これはかなり楽しみです。 ちなみに、科学的な定義はブラッドムーンにはありません。 月の縁から赤い太陽光がかすかに差すことで、 赤銅色を帯びるわけなんですね。 後は晴れを祈るのみ! — 気になる宇宙 Kininaruutyu ブラッドムーンが災害の予兆と言われる理由 そんなブラッドムーンで楽しみになる気持ちも 出てくると思うのですが…。 実は、昔から不吉とされる言い伝えがあります。 実際に「旧約聖書」にも、 「血のような赤い月」が見えた後、 巨大地震が起きた、と記載されています。 ということは、先日起きた「草津白根山」と、 関係があるのかな…、と不安になりますが。 諸説さまざまです。 まだ、解明されていないこともありますので、 そこは置いといて…。 ちなみに前回のブラッドムーンは約150年前だそうです。 その頃には、明治維新があったタイミングですから、 大きく政治が変わるタイミングかもしれません。 と、すれば…まさか平昌五輪で何かが起きるかも? (考え過ぎですね) 一応1868年の最大の地震はチリでM9と推測され、津波も発生し25,000人以上が死亡したアリカ地震というのがありました。 毎年大きな地震は起きていますので、結び付けていいか分かりませんし この年のブラッドムーンの日付そのものではありませんので相関性はあるとは言えないと思います。 ストロベリームーンは? さて、調べていくともう一つ気になったのが、 「ストロベリームーン」です。 これも確かに赤く見える現象なのですが…。 実はブラッドムーンとは全く違います。 何が違うのか? 具体的にはこんな感じです。 (1)夏至の満月の時期に赤く見える 今年は2018年6月28日の予定です。 (2)見ると幸せになれる 恋愛成就とかに効くようです。 ブラッドムーンとは完全真逆ですね。 そもそもストロベリーはアメリカでは6月収穫 の時期を迎えるようです。 なんでもアメリカ基準なのも、悔しいような 気がしますが…。 「ジューン・ブライド」もあるから、恋愛成就に 繋がるのも合点がいきますね。 ネットの反応まとめ 実際に今回のことをネットでは ブラッドムーンかっこいい。

次の