精油 通販。 はじめてのアロマSET|アロマオイルの格安通販専門店|イーズアロマショップ

ナチュラスサイコス

精油 通販

AROMA SELECTでは工場見学会を随時実施しています。 見学会では抽出工程をご覧いただきつつ、 工場ならではの体験を通じて精油のことをより知ってもらい、 より好きになっていただきたいと考えています。 ) 9月以降の日程につきましては近日中に掲載いたします。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため暫くの間は少人数での開催とさせて頂きます(お申し込み先着順) アロマクラフトレシピ集 精油を使った様々な活用方法をご紹介します。 「精油は良い香りだけど、使い方が分からない」「いちいちブレンドしたりするのは面倒」「もっと簡単に使いたい」アロマセレクトでは簡単に香りを生活に取り入れられるように、精油以外にもルームフレグランスをご用意しています。 フレグランスは4種類(クロモジ・葉月・卯月・睦月)お好みで選んで頂けます。 使い方は簡単で、コンセントやキャンドル等を必要としない置き型のディフューザーの中にセットして、スティックを立てるだけ。 置き場所を選ばす、空間に癒しの香りを広げる事が出来ます。 ご自宅だけでなく、会社の受付や会議室、レストルームなどに置いても効果的。 天然の香りが脳をリフレッシュさせてくれます。 【アロマなんて女性のものと思っていませんか?】 人の五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の中で最も記憶に残るのは嗅覚です。 嗅覚以外の視覚、聴覚、味覚、触覚の情報は受容細胞から大脳皮質(新しい脳)を経由して大脳辺縁系に到達しますが、嗅覚から得た情報は中継なしに直接大脳辺縁系に伝わります。 大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)は情動の表出、食欲、性欲、睡眠欲、意欲などの本能、喜怒哀楽、情緒、睡眠や夢などを司っており、記憶や自律神経活動に関与しています。 このため、嗅覚は五感の中で最も感情や気分に大きく影響を与えると言われています。 匂いの正体や感じるメカニズムはまだ良く分かっていません。 色や味覚には名前がありますが、香りは「バラの香り」や「コーヒーの香り」のような曖昧な表現でしか表す事が出来ず、香りを嗅ぐ人によっても「好き」「嫌い」の好みが分かれます。 ですが、幼児期にまず優先する感覚が嗅覚で、これが身体全体の活動を誘導すると言われています。 生まれたての赤ちゃんは視力が弱いのでお母さんを匂いで嗅ぎ分けるそうです。 近年、認知症の予防に香りが用いられるのも嗅覚からの情報が直接感情に働きかけるからかも知れません。 さて、あなたは意識的に「嗅ぐ」という行為を日常で行っていますか? 五感の中で毎日フル回転しているのは「視覚」「聴覚」「味覚」ではないでしょうか。 次は恐らく「触覚」。 「嗅覚」への刺激は嫌な匂いを感じる時くらいでは? 現代社会の中ではストレスが慢性的に蓄積して行く傾向があります。 特にオフィスでは、長時間パソコン作業を行う事が多いため、目や肩の疲労から頭痛や腰痛などの体調不調を引き起こす事も多くあります。 そんな時、アロマを取り入れホッと一息つくのがとても効果的です。 人工的に作られた香りではなく、森林由来の天然の香りであるため強すぎたり残り香になることもありません。 五感を均等に刺激することで脳への刺激をもたらし、更に「良い香り」を嗅ぐ事で感情に関係なく気分を良くする事が出来ます。 【人と森と精油】 人は縄文時代のはるか昔から森と共に暮らして来ました。 森で採れる木の実やキノコなどを食料にし、木の枝を燃料にし、採った分だけまた植える生活を送っていました。 時代が移り変わり、森の木は製塩や製鉄の燃料として、建築資材として利用され人口の増加に伴い益々その需要を広げて行きました。 植林が始まったのは室町時代、スギ、ヒノキ等が奈良県で植えられ、これが人造林の最も古い記録になります。 江戸時代から太平洋戦争の戦後復興頃まで、伐採と植林を繰り返し、天然林を資材に使いやすい種類(スギ、ヒノキ)の人工林に置き換える政策が実施され、日本各地で造林ブームが起こりました。 しかし、外国産の木材輸入の自由化や生活様式の変化により建材としても燃料としても価値を失い林業は衰退していきました。 利用されずに放置された人工林は必要な間伐などの手入れが行われない為に森としての健全性が失われ荒廃して行きました。 そして、現代、日本の森は木の使い過ぎによる危機ではなく木を使わなくなった事による危機を迎えています。 今、日本各地で間伐材や木を使う活動が活発になされています。 アロマセレクトの精油の原料は、主に立山山麓森林組合から仕入れています。 森の手入れをする時に出る間伐材を有効に使うためです。 生産から販売までを一貫して行っており、抽出した精油は商品ごとに成分分析をしております。 (富山大学と共同にて) 森の恵みや木の持つエネルギーを精油という形で使うことで、森を健全に保つお手伝いが出来たら。 私達アロマセレクトは自然豊かな富山の森を次世代にも健全な状態で引き継ぐために、フォレストエナジーサイクルという視点から継続的な事業を目指しています。

次の

アロマオイル(精油)の格安通販|エッセンシャルオイルの専門店イーズアロマショップ

精油 通販

精油(エッセンシャルオイル)等の在庫切れ等で上記期間内に発送が困難と思われるときは、事前にメールにてその旨をお知らせし、お客様の判断を元に対応させて頂きます。 万一返品される場合には、到着後1週間以内の未開封・未使用の商品のみとさせていただき、返品送料はお客様のご負担とさせて頂きます。 あらかじめご了承下さい。 [不良品・品違いによる返品] 不良品やご注文の商品と異なる物が届いた場合、商品到着後1週間以内にご連絡下さい。 速やかに代わりの商品を発送致します。 万一在庫がない場合は返品を承ります。 返品送料は弊社負担となります。 当店が責任をもって安全に蓄積・保管し、お客様の個人情報を第三者に提供することは決してございません。 また、当店のショッピングカートはSSLにより暗号化されていますので安心してお買い物ができます。 希釈しても肌に直接触れる使用目的でのご購入はご遠慮下さい。

次の

ナチュラスサイコス

精油 通販

2020. 21 アロマオイルガイド 小田ゆき アロマ講師が選ぶ!おすすめのアロマオイルブランド7選【2020年最新版】 こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき()です。 さまざまなメーカーやブランドから販売されているアロマオイル(=精油)。 せっかくなら品質の良いものを使いたいですよね。 でも、どのブランドを選んだら良いの?と迷ってしまう方も多いと思います。 品質の良いアロマオイルを選ぶために、まずは 「ここだけは押さえておきたい!」というポイントや注意点をご紹介します。 必ず100%天然成分の「精油」を選ぼう アロマオイルを選ぶ際に最も重要なのは、その「 品質」です。 アロマテラピーの効果を期待するなら、 植物から抽出された100%天然で純粋な「精油(せいゆ)」を使用することが絶対条件です。 合成香料が含まれているものは、アロマテラピーに使用することができません。 購入する際は、ラベルやパッケージに「 精油」あるいは「 エッセンシャルオイル」という表記があるか確認しましょう。 Photo by Katie Harp on Unsplash 精油は植物からほんのわずかしか採れない貴重なものなので、 それ相応の価格がします。 原料となる植物の種類や希少性、栽培方法などによって価格は変わってきますが、• すべての精油が均一価格 (例:ラベンダー、ユーカリ、ローズの精油がすべて同じ価格) といった場合は、 合成香料やアルコールなどが混ぜられている可能性もあるので避けた方が無難です。 安さに惹かれて、粗悪品や偽物を購入しないように注意しましょう。 美容やヘルスケアに役立てるなら、より安心感のある「オーガニック精油」を 精油の品質は、原料となる植物の栽培方法によっても左右されます。 一概にオーガニックの方が優れていると言うわけではありませんが、やはり自然に近い環境で育った植物から抽出された精油は、 香りに深みや力強さが感じられ、 心にも体にも心地よい感覚をもたらしてくれます。 もちろん、香りの好みや感じ方は人それぞれなので、実際に香りを嗅いでみて、好きだと思うものを選ぶことが大切ですが、 アロマテラピーではマッサージなどで肌から精油成分を取り入れる方法もあるので、 オーガニックなど安心できる原料を使ったものを選ぶのも大切なポイントです。 ニールズヤードは、オーガニックならではの優しい香りとスタイリッシュなブルーボトルが素敵。 精油ボトルの作りもしっかりしていて、 オイルを垂らしやすいので、初めての方でも扱いやすいです。 キャップはチャイルドロック式で、小さなお子さんのいる家庭でも安心ですよ。 定番精油はほぼすべて使いましたが、一番のお気に入りは「 」。 とても上品な香りで、それまで苦手だったイランイランに対するイメージが180度変わりました。 お悩み別に選べる「 」も人気です。 check! check! 生活の木 業界随一の品揃えを誇る、有名ブランド 「生活の木」は、アロマ好きなら誰もが知っているアロマテラピーの有名ブランドです。 精油は170種類以上、 オーガニック精油や和の香り(和精油)も揃っているので、 初心者から上級者まで好みに合った精油が手に入ります。 また、 3mlの少量サイズから購入できるので、初めてでもトライしやすく、色々な種類の精油を試してみたいという人にもおすすめ。 (レアバリュー精油などは1ml〜) 全国各地に店舗を展開しているので、 近くのお店で香りを確かめることができるのも魅力です。 Amazonでも取り扱いがあり、定価より少し安い価格で購入できることも。 生活の木の精油は、他社のものと比べてやや液だれしやすいのが唯一惜しいところですが、 少量サイズから買えるのが本当にありがたい。 店舗数もダントツ(全国約120店舗)に多いので、 思い立った時にすぐ買いに行けるのも大きな魅力です。 アロマテラピーに必要なものが全て揃うので、まずアロマを始めてみたいと思ったら、生活の木に足を運んでみてください。 ワークショップなども行っていますよ。 生活の木やニールズヤードに比べれば、一般的な知名度は低いのですが、 全国2,000社以上のプロが使用する業務用として、香りの教材や施術用に広く愛用されています。 そんなフレーバーライフの一番の魅力は、 良質な精油が安く手に入ること。 容量は主に10mlと日常使いしやすいサイズで、 お部屋での芳香浴をはじめ、気軽にアロマを楽しみたいという人にイチオシです。 フレーバーライフの精油は、雑味のない優しい香りで品質の良さを感じられます。 そして、専門メーカーだけあって、 アロマテラピーを楽しむためのグッズも充実しているのが魅力。 とくに初心者さんにおすすめなのが「 」。 混ぜるだけで簡単にオリジナルコスメを作ることができる便利グッズです。 【オンラインショップ】 【おすすめの購入サイト】 エンハーブといえば、機能性を重視したブレンドハーブティーが人気ですが、 アロマにも注目してほしい!と思うくらい、 個人的にはクオリティが高いと感じています。 どれもおすすめなのですが、最近気に入っているのが「 」。 check! 慣れてきたら試してみたい、プロ愛用ブランド3つ 続いて、 アロマに慣れてきたらぜひ試してほしい、オーガニック精油ブランドを3つご紹介します。 いずれも直営店が少ないor存在しないので、初心者さんには少しハードルが高いかもしれませんが、 香りの雰囲気を知っている中級者、上級者の人をはじめ、 アロマセラピストや講師などを目指す人にもおすすめのブランドです。 フロリハナの精油は、 野性味のある自然な香りが印象的。 オーガニックの優しさが感じられます。 成分分析や残留農薬の検査を行っていたり、トレーサビリティも保証されているので、安心して使うことができますよ。 精油のほかに、 植物油(キャリアオイル)やフローラルウォーターの種類も豊富。 マッサージやスキンケアにアロマを取り入れたい人にもおすすめです。 プリマヴェーラ ドイツ語圏最大の精油メーカー 「プリマヴェーラ」は、自然療法の盛んなドイツの老舗アロマブランドです。 特徴としては、 バイオダイナミック農法や有機農法で育った植物、自生植物など、 生命力にあふれるオーガニック植物を原料に使用していること。 その香りはどれも素晴らしく、 植物本来の繊細さや力強さが感じられます。 プリマヴェーラは、純粋な精油の香りに魅了され、天然の香りのすばらしさを伝えたいという想いからスタートしたブランド。 製品に対する想いや理念といった面でも、とても信頼できるメーカーのひとつです。 東京・表参道に直営店があるので、アロマ好きな人はぜひ一度足を運んでみてください。 最大の特徴は、 メディカルグレードとも呼ばれる高品質な精油であるということ。 国内に流通するプラナロム精油は、 日本独自の厳しいチェックによって最高レベルの品質と安全性が保たれているので、安全・確実なアロマテラピーには欠かせない存在です。 自然に近い環境で育った植物から採油されたプラナロムの精油は、どれも香り豊か。 無農薬で成分も明らかなのが、お気に入りのポイントです。 芳香浴だけでの使い方はもったいないので、 ご自身や家族のセルフケアに効果的に取り入れたい人向き。 まず1本選ぶなら、「 」か「 」がおすすめです。 お気に入りのアロマブランドを見つけて、アロマテラピーを楽しみましょう!.

次の