結膜炎 市販 薬。 慢性結膜炎

結膜炎におすすめの市販の目薬一覧

結膜炎 市販 薬

1位 目薬・第2類医薬品 239円 効果・効能 ワコーリス抗菌EXは,抗菌作用や抗炎症作用をもつ成分を配合した抗菌目薬です。 結膜やまぶたが,細菌等に感染しておこる不快な症状(ものもらい,結膜炎等)に効果をあらわします。 メーカー 佐藤製薬 分類 第2類医薬品 5位 目薬・第2類医薬品 550円 効果・効能 結膜炎(はやり目),ものもらい,眼瞼炎(まぶたのただれ)などは,ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が原因になって起こる,感染性の目の病気です。 新眼涼抗菌はこれらの細菌に優れた抗菌効果を発揮するサルファ剤,かゆみを抑える抗ヒスタミン剤,新陳代謝を促進し,組織の修復を助けるタウリンを配合した点眼薬です。 メーカー 久光製薬 分類 第2類医薬品 6位 目薬・第2類医薬品 775円 効果・効能 結膜炎(はやり目),ものもらい,眼瞼炎(まぶたのただれ)などの目の病気は,ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌の感染によっておこります。 メーカー カイゲン 分類 第2類医薬品 7位 目薬・第2類医薬品 846円 効果・効能 ワイビー抗菌EXは,抗菌作用や抗炎症作用をもつ成分を配合した抗菌目薬です。 結膜やまぶたが,細菌等に感染しておこる不快な症状(ものもらい,結膜炎等)に効果をあらわします。 メーカー 滋賀県製薬 分類 第2類医薬品 8位 目薬・第2類医薬品 862円 効果・効能 目やにが出たり,まぶたが赤くはれあがったり,涙があふれ出たりするさまざまの症状は,ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が原因となっている場合が多く,速やかな治療が必要です。 ユニーサルファ目薬は眼病の原因となる細菌の発育や増殖を抑える作用が長時間持続するスルファメトキサゾールと,目の炎症に対して抗炎症作用をあらわすグリチルリチン酸二カリウムを配合した目薬で細菌性の眼疾患に効果を示します。 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 14位 その他の医薬品・第2類医薬品 22,356円 効果・効能 めまい,神経衰弱,ヒステリー,消化不良,胃痛,胃酸過多,心悸亢進,胃アトニー,耳鳴り,急性結膜炎 メーカー 剤盛堂薬品 分類 第2類医薬品 15位 目薬・第2類医薬品 441円 効果・効能 ものもらいは,身の回りにいる細菌がまぶたの脂腺などに入り込み,ハレや炎症を起こします。 結膜炎は,細菌が結膜に感染して起こることが多く,白目が充血したり,目やにが多く出たりします。 「ロート抗菌目薬EX」は,細菌に対して強い抗菌力を持つサルファ剤を配合しています。 そして,このサルファ剤を目の表面に長くとどめる粘稠剤ヒプロメロースを配合し,より高い抗菌効果を目指しました。 さらに,ビタミンE配合で,抵抗力の低下した目の血行を促し,ものもらい・結膜炎の治療をサポートします。 ものもらい・結膜炎をしっかり治療したいときには「ロート抗菌目薬EX」。 メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 16位 目薬・第2類医薬品 486円 効果・効能 効き目をしっかり目にとどめる滞留性設計。 「ロート抗菌目薬i」は,細菌に強い抗菌力を持つサルファ剤を配合しています。 そして,このサルファ剤を目の表面に長くとどめるヒプロメロースとアルギン酸の2つの粘稠剤を配合しています。 さらに,抗炎症成分をW配合することで効果的に炎症を鎮めます。 いつでも清潔な1回使いきりタイプで,炎症を起こした目にもやさしいさし心地です。 ものもらい・結膜炎をしっかり治療したいときには「ロート抗菌目薬i」。 メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 17位 目薬・第2類医薬品 359円 効果・効能 目が赤い,ゴロゴロする,目やにが出る,まぶたの縁や裏側の一部が化膿して痛い…。 結膜炎は細菌が原因で起こることが多く,ものもらいはまぶたの皮脂腺やまつげの根元に細菌が入り込んで,化膿性の炎症を起こす目の疾患です。 サンテ抗菌新目薬は,抗菌剤である持続性サルファ剤(スルファメトキサゾール)を配合した目薬です。 粘稠化剤(ヒプロメロース)を配合して目の中の滞留時間を長くしたことにより,スルファメトキサゾールの抗菌力を高めました。 さらに,目のかゆみ,炎症,組織代謝に有効な3つの成分も配合しました。 結膜炎やものもらいの改善にお役立てください。 メーカー 参天製薬 分類 第2類医薬品 18位 目薬・第2類医薬品 384円 効果・効能 目は常に外界からの刺激にさらされており,非常に敏感に反応します。 エーゼット抗菌目薬は,細菌感染によって起こるものもらい,結膜炎などに効果があるスルファメトキサゾールと,炎症やかゆみを抑えるアズレンスルホン酸ナトリウム水和物,クロルフェニラミンマレイン酸塩などを配合した目薬です。 0%]W配合 抗炎症成分:グリチルリチン酸二カリウムとイプシロン-アミノカプロン酸が目の炎症を効果的にしずめます。 防腐剤 フリー:無菌充てん・防腐剤無添加の「1回使い切りタイプ」で,使うときいつでも新鮮・清潔です。 小さなお子様にもご使用いただけます。 メーカー 大正製薬 分類 第2類医薬品 22位 皮膚薬・スプレー 695円 効果・効能 感染症予防という観点から虫よけ剤の使用をおすすめします近年,アジア太平洋地域,中央・南アメリカ,アフリカなどの「熱帯・亜熱帯地域」において,「ジカ熱」や「デング熱」などの蚊が媒介する感染症が問題となっています。 また,国内においても「つつが虫病」,「重症熱性血小板減少症候群:SFTS」といった,吸血害虫が媒介する感染症が確認されています。 飛行機にも持ち込み可能です。

次の

身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用

結膜炎 市販 薬

花粉症の時期に多くみられるアレルギー性結膜炎は、目にかゆみや腫れ、赤みがでる病気です。 アレルギー性結膜炎では、花粉などのアレルギー物質が体内に侵入することで起こるアレルギー反応です。 アレルギー性結膜炎を市販薬で治療するときに大切なことは、アレルギーが原因となって起こっている症状かどうか明確にすることです。 結膜炎にはさまざまな原因が考えられるため、アレルギー性結膜炎と同じ症状でも原因が異なる場合は市販薬で治療ができない可能性もあります。 結膜炎と思われる症状が初めて現れたときは、まずは病院を受診して原因を明確にしましょう。 コンタクトレンズの着用の有無を確認する 市販の目薬の中にはコンタクトレンズを着用したままでは使用できない目薬もあります。 コンタクトレンズを着用している方は、購入前に必ずパッケージの表示を確認するか薬剤師や登録販売者に確認しましょう。 アレルギー結膜炎のかゆみは、ヒスタミンという成分が引き起こします。 かゆみを緩和させるには、ヒスタミンの放出をおさえる抗アレルギー成分や、放出されたヒスタミン受容結合体をブロックする抗ヒスタミン成分が配合された目薬がおすすめです。 次の2つの目薬には、抗アレルギー成分であるクロモグリク酸ナトリウムと、抗ヒスタミン成分であるクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されています。 ・1日4回の点眼で効果を発揮 ・強いかゆみや炎症のある方におすすめ ・1日4~6回まで点眼できる ・かゆみが出たときに目薬をさしたい方におすすめ 市販の目薬の中には、病院で処方されるアレルギー性結膜炎の目薬と同成分を同量配合しているものもあり、高い効果が期待できます。 アイフリーコーワALとノアールPガード点眼液は抗アレルギー成分の目薬で、特に症状の予防に効果を発揮します。 ザジテンAL点眼薬は抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用を持ったケトチフェンフマル酸塩を成分とした目薬で、予防に加えて症状を鎮める即効性があります。 花粉症などの季節性アレルギーの症状に使用する場合は、症状の軽い早めの時期からの使用をおすすめします。 市販薬 処方薬 成分 ザジデン点眼液 ケトチフェンフマル酸塩 (抗ヒスタミン成分) ゼペリン点眼液 アシタザノラスト水和物 (抗アレルギー成分) ぺミロラストカリウム点眼液 ペミロラストカリウム (抗アレルギー成分) 市販の目薬ではコンタクトレンズを着用したまま使用できないものが多くあります。 コンタクトレンズを使用する方は、必ず購入前にコンタクト着用の不可を確認しましょう。 次の目薬は、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズのどちらでも装着したまま使用でき、コンタクトレンズを装着中のアレルギー性結膜炎によるかゆみや炎症をおさえます。 ただし、カラーコンタクトレンズ着用中には使用できません。 ・クロルフェニラミンを配合 ・かゆみがあるときにおすすめ ・クロルフェニラミンと抗炎症成分グリチルリチン酸二カリウムを配合 ・炎症とかゆみがあるときにおすすめ 目薬には使用可能な年齢があり、妊娠中や授乳中だと使用できないものがあります。 次の目薬は、子どもでも保護者の指導監視のもとで使用可能であり、妊娠中・授乳中でも使用することができます。 充血を除去する血管収縮剤が含まれており、5~6日以上の連用は症状を悪化させてしまうため長期連用は避けてください。 ・抗ヒスタミン成分・クロルフェニラミンと抗炎症成分・炎グリチルリチン酸ニカリウム、血管収縮剤のテトラヒドロゾリンを配合 ・清涼感などの刺激を極力おさえ、子どもや妊娠中・授乳中でも使用可能 ・ハードコンタクトレンズであれば、着用したままでも使用可能 目薬別!子ども・妊娠中・授乳中の使用について この記事で紹介した目薬の子どもと妊娠中・授乳中の使用については、次のようになります。 ただし子どもに使用する場合は、添付文書に年齢制限がない場合でも自分の目の症状や目薬のさし心地などについて意志表示できる年齢になってから使用することをおすすめします。 それまでは、医師に相談しましょう。 保護者の指導監視のもと使用。 <妊娠中・授乳中の使用> 〇:妊娠中・授乳中の使用可能。 かゆみや充血が強いときにおすすめの目薬 抗アレルギー、抗ヒスタミン、抗炎症の3つの作用で目のかゆみや充血を効果的に緩和。 目の栄養を補うビタミンB6も配合されています。 1回1〜2滴、1日3〜6回使用します。 市販の目薬を使用しても症状が改善しない場合は、使用を中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。 症状改善までの日数の目安は、目薬ごとに異なるため添付文書を確認しましょう。 症状の改善がみられても市販薬の使用期間が2週間を超える場合は、医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。 また、血管収縮剤が配合されている目薬は、5~6日以上連用できません。 薬の使用について疑問な点がある場合は、弊社の薬剤師に無料で相談できるサービスがあります。 ぜひご利用ください。 アレルギー性結膜炎は花粉症の症状のひとつとしても現れる身近な病気です。 軽症のうちに治せるように自分の症状にあった市販薬を選択しましょう。 市販薬を使い続けても症状が改善されない場合は医療機関を受診してください。

次の

結膜炎・ものもらい(麦粒腫)に市販の目薬の選び方

結膜炎 市販 薬

結膜炎とは 結膜炎は、簡単に言ってしまえば、 結膜に起こった炎症の総称のことを言います。 症状としては、 涙が出たり目がゴロゴロする、目やにが出たり、目が充血して赤くなるなどの症状があります。 後述するプール熱などの場合は発熱もその症状の一つとなるでしょう。 また、ひと口に結膜炎といってもいくつかの種類に分かれています。 そのため 結膜炎の種類によって効果のある目薬は変わります。 ここではまず、そんな結膜炎の分類について確認していきましょう。 結膜炎の分類 上記で紹介した通り、結膜炎には非常に様々な種類があり、その原因などによって細かく分類されていますが、大きく 三つの種類に分類することができます。 その三つとは 細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎の三つとなっており、そこからさらに細かい種類の結膜炎に分類されます。 まずはその三種類の結膜炎について詳しくみていきます。 細菌性結膜炎 その名の通り、 色々な種類の細菌が原因となり結膜に炎症を引き起こされた場合の結膜炎が、この「細菌性結膜炎」です。 黄色ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌、淋病などが原因となります。 ウイルス性結膜炎と比較すると比較的 短期間で治るケースが多いと言われています。 細菌性であれば、抗菌目薬と言われる中から選ぶと良いでしょう。 細菌性結膜炎とは違い、ウイルスに有効な目薬がないため、 治療に時間がかかるのが特徴です。 ウイルス性結膜炎には、いわゆる 「はやり目」と言われる流行性角結膜炎、 「プール熱」と言われる咽頭結膜熱、別名「アポロ病」と言われる急性出血性結膜炎などがあります。 アレルギー性結膜炎 花粉やダニ、ハウスダストやペットの毛などに対する アレルギー物質によって引き起こされる結膜炎です。 こちらに関しては別の記事で紹介しているのでそちらをご参照ください。 ここでは 結膜炎の分類ごとに有効な目薬を紹介していきます。 細菌性結膜炎に有効な目薬 様々な細菌によって引き起こされる細菌性結膜炎には、抗菌作用のある目薬が有効となります。 市販の目薬に使われる有名な抗菌成分と言えば、 「スルファメトキサゾール」という成分です。 サルファ剤の一種であるこの成分は、細菌のDNA合成を阻害するため、細菌性結膜炎には有効な目薬となります。 市販の目薬の中でこの成分が含まれたものは 細菌性結膜炎に効果があると言えるでしょう。 (薬剤師に確認はとりましょう) このサルファ剤と呼ばれる成分の入った目薬といえば、サンテの抗菌新目薬が有名です。 ウイルス性結膜炎に有効な目薬 ウイルス性結膜炎に有効な目薬、これは残念ながら現在のところ 存在しません。 そのため、薬局に行ってもウイルス性結膜炎に有効な目薬を購入することはできません。 治療は目薬による点眼ではなく、体の免疫に任せる方法になってしまいます。 眼科医などにいくと抗生剤の含まれた点眼液を処方されることがありますが、これは 細菌による二次感染を防ぐためのものであり、ウイルス性結膜炎を治療するためのものでありません。 またステロイドの目薬を処方されることもありますが、こちらも炎症を少しでも抑え 重症化させないためであり根本治療に繋がる目薬ではないと言えるでしょう。 ウイルス性結膜炎の感染について この項目においては余談となりますが、ウイルス性結膜炎というのは、細菌性やアレルギー性の結膜炎と違い、 人から人へと感染します。 家族はもちろんのこと、学校や職場で 周りの人の多くに感染させてしまうということがあり得ますので、そのウイルス性結膜炎が疑われる場合は極力外出を避けましょう。 結膜炎と目薬に関する今回のまとめ ここまで紹介していきた通り、結膜炎の種類によっては いくら目薬を使っても良くならないというケースがあり得ます。 たとえばウイルス性結膜炎の方にはいくら結膜炎に効くとうたわれた市販の目薬も有効ではありません。 効くと思って結果的に周りの人に感染を広げていたということにもなりかねないでしょう。 そうならないためにも重要なのは、結膜炎の症状が出た段階で まずは眼科医に相談することです。 そこではっきりとした診断を仰ぎ適切な対処をすることが、結膜炎から回復する最も有効な手段と言えます。 自分自身の判断だけで細菌性結膜炎であることなどを決めつけたりするのは、自分だけでなく周りの方にもリスクをさらしてしまうことになるので注意しましょう。

次の