目 の 周り 青 あざ 早く 治す。 目の周りの青あざ(内出血)を早く消すには、どうしたらよいですか?

【青アザを早く治したいときは?】意外な原因と対処方法をご紹介

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短くても1週間~10日を要します。 痛みが増す、吐き気を伴う、血しょう板が少ないと医師に指摘されたことがある、 血栓ができにくい薬を内服している、というような方は早く受診する必要があります。 質問者さんがこれらに該当しないなら、病院に行っても何もすることがありません。 そのまま経過をみて下さいとほぼ間違いなく言われます。 頭部を強打して心配だからということでCTなどの諸検査を希望される場合などで 念のため受診なさるなら、内科でも整形外科でも良いです。 顔に青あざが広がってきて、それが打撲部位とズレているので余計に 皆さん一様にとても驚かれます。 ご不安かと思いますが、私ならそのまま様子をみるケースです。 どうぞお大事になさって下さい。 皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短... A ベストアンサー はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思います。 私も目の周りが真っ黒になり、本当にこの色が消えるのか?と心配でしたが 2週間ほどで 薄黄色になり、1ヶ月後には ほぼ消えていました。 これは皮下で毛細血管が破れて内出血した血液が、段々と吸収されていくからです。 やってはいけない事は、患部を強く押さえる等 再度内出血させる様な刺激を与えない事です。 痛みや腫れが治まっており、内出血の色だけが気になる程度でしたら 毎日入浴し血行を良くして 十分睡眠をとっていると、治りも早いと思います。 眼球や骨に異常が無くて幸いでしたが、くれぐれもお大事になさって下さいね。 はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思いま... Q 1歳半の子についてです。 病院へ行くべきか判断を迷っています。 昨夜転んだ拍子に、木の板の面と面がぶつかっている部分 3面がぶつかった角ではなく、2面がぶつかっているところ に、目尻をぶつけてしまいました。 すぐに抱き上げると、目尻を触って大泣きし、目尻はだんだん青い範囲が広がっていきました。 更に、目尻に赤い線が出現しました。 (実際ぶつけた場所だと思われます。 ) 保冷剤をタオルでくるんで目尻に当てましたが、すぐに跳ね除けられてしまいました。 子どもの救急について夜間相談できる電話サービスがあるので相談すると、 黒目がちゃんと動いているか・目に充血はないか、泣いて寝られないことはないかをポイントに見て、悪いようなら夜間救急にかかるように言われました。 その後、少し機嫌を取ると、泣きやんで寝たので、夜中も注意しながら付き添っていました。 夜中たまに泣きましたが、すぐに泣きやむ程度でした。 今朝は、特に泣きもせず機嫌も良いです。 ただ、瞼が青く腫れています。 昨日より腫れの範囲が大きくなっています。 病院へ行くべきでしょうか。 それとも普段どおりで大丈夫なのでしょうか。 機嫌がいいし痛がった様子もみられないので、普段どおり生活させていいか、 もしかしたら骨折やひび等の可能性があるので病院に連れて行ったほうがいいか。 病院へ行ったほうがいい場合は、小児科?外科?どこに掛かるべきでしょうか。 まとまりない文章で申し訳ありません、アドバイスをお願い致します。 1歳半の子についてです。 病院へ行くべきか判断を迷っています。 昨夜転んだ拍子に、木の板の面と面がぶつかっている部分 3面がぶつかった角ではなく、2面がぶつかっているところ に、目尻をぶつけてしまいました。 すぐに抱き上げると、目尻を触って大泣きし、目尻はだんだん青い範囲が広がっていきました。 更に、目尻に赤い線が出現しました。 (実際ぶつけた場所だと思われます。 ) 保冷剤をタオルでくるんで目尻に当てましたが、すぐに跳ね除けられてしまいました。 子どもの救急について夜間相談できる電... A ベストアンサー 私の1歳半の子が2ヶ月ほど前に似たような事になりました。 洗濯物を入れているカゴ(スーパーのカゴのような形で大きめサイズ)に 転んで目のあたりをぶつけてしまいました。 しかも連続で2回… 泣 最初は赤く内出血をしていて、時間が経つにつれてまぶたが腫れてきました。 (試合を終えたボクサーみたいな感じ…) すぐに冷えピタを小さく切ってまぶたに貼って、そのまま一晩様子をみました。 (夜だったので病院には行きませんでした。 ) 眼球自体に特に異常は見られなく、まぶたの内側からの出血や眼球の充血、 眼球の動きがおかしいなどなど注意深く見ていましたが何もありませんでした。 その後1週間ほどで腫れも内出血も治まり、カサブタのように茶色くなって きてました。 今はきれいに治ってます。 目にも異常は見られません。 あくまでもこれはウチの子の場合ですので参考までに。 何か気になる所があればまず眼科に行った方が良いと思います。 まず眼球に異常がないかを見てもらい、その後小児科や外科などに行く様に 医師から言われたら行けば良いかと。 子供の機嫌が悪い、いつもと何か様子が違う、腫れが2日経っても全く落ち 着く様子がない場合はすぐに病院へ行く事をお勧めします。 私の1歳半の子が2ヶ月ほど前に似たような事になりました。 洗濯物を入れているカゴ(スーパーのカゴのような形で大きめサイズ)に 転んで目のあたりをぶつけてしまいました。 しかも連続で2回… 泣 最初は赤く内出血をしていて、時間が経つにつれてまぶたが腫れてきました。 (試合を終えたボクサーみたいな感じ…) すぐに冷えピタを小さく切ってまぶたに貼って、そのまま一晩様子をみました。 (夜だったので病院には行きませんでした。 ) 眼球自体に特に異常は見られなく、まぶたの内側からの出血や眼球の充... A ベストアンサー 最短コース(冷湿布) 打撲・打ち身・捻挫は組織の炎症なので、まず、炎症を最小限に押さえる事をします。 すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサージをしましょう。 これで、炎症を抑えながら組織の復活ができます。 内出血は10分の圧迫止血(かなり強い力です)。 太い動脈以外なら、これでたいてい止まります。 再出血を防ぐために安静にします。 冷やすとさらに再出血の予防になります。 2~3時間して周囲の炎症がなければ、暖めて自然吸収を促進させます。 (暖めはじめは内出血範囲が広がってこないか観察して下さい。 マッサージは再出血の可能性があるので禁止です。 患部以外のマッサージは有効です。 重力の影響で下側の血流の方が悪くなります。 足や手なら末端の方でむくみを起こします。 痛みを起こす物質も下の方に溜まりやすくなります。 これも、暖めとマッサージが有効です。 できるだけ患部を挙上したほうがいいです。 最短コース(冷湿布) 打撲・打ち身・捻挫は組織の炎症なので、まず、炎症を最小限に押さえる事をします。 すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサー... Q 日曜日にバイクで転倒し、足首をバイクの下敷きにしてしまいました。 地面とバイクの間に右足を挟んだような格好です。 当初はぶつけたくるぶし辺りが大きく腫れ上がり、歩くのも困難なくらい痛みがありましたが、4日経った本日では痛みもだいぶ引き、普通の歩行ならば問題ない程度です。 心配なのは、痛みがあるくるぶし部分よりも、周辺に青あざが広がっていることです。 実際、くるぶし部分はなんともきれいなものなのですが、足の指先や外側のライン(土踏まずの反対側)、くるぶしよりもだいぶ上の部分など、ぶつけてもいなければ、痛みもない部分が青くなっています。 しかも、靴下の跡などにそって青あざの模様にパターンができているような・・・。 これって普通のことなのでしょうか。 それとも心配すべき状況なのか、教えていただければと思います。 A ベストアンサー 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴムや包帯で締め付けられている皮膚の部分には、押しのけられる形で血液成分が寄りませんので、 靴下の模様、包帯の跡などに一致した形でアザが片寄ります。 やったことはありませんが、一円玉でもはさんでいれば恐らく一円玉の跡がつくかもしれません。 いったん血管から流れ出た血液はふたたび血管から戻る事はなく、やがて破壊し、 マクロファージなどの「体内のお掃除屋さん」により処理されます。 内出血が続いている間は青~赤紫色ですが、内出血が収まってくると青いあざはやがて茶色く変色し(これが直るサインと言えます)、その後速やかに吸収されて消えます。 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴム... A ベストアンサー はじめまして。 私は以前バッティングセンターで表示145キロの球(実際は130程度だと思います)をファールチップしてほぼそのままの勢いで右目に直撃したことがあります。 文字通り視界に星がでまして、一瞬気が遠くなりました。 1時間もしないうちに目がお岩さんのように腫れ、十分に冷やしたあと翌日朝にすぐ眼科にいきました。 結果的には眼底打撲と出血、目の周囲の骨の骨膜の欠損で済んだのですが、血を戻す薬などは服用しました。 その後もしばらく右目の視力がメガネ・コンタクトでいう4段階ほど低下しました。 お医者様が言うには、そういう場合はまず網膜剥離が疑われます。 網膜剥離は最初は少しでも徐々に剥離する範囲は広がっていきます。 広がりきってからは手遅れになる場合もあり、失明の可能性もあります。 網膜剥離の場合はとにかくそれとわかった場合即刻手術することが大事です。 また目の周りの骨の骨膜が欠損しても視力は低下します。 目の裏の骨に異常があった場合も大事になる可能性があります。 とにかく、今は冷やして早めに眼科に行かれることをお勧めします。 保険証とある程度のお金があれば行けますので、親御さんに言わなくても行くべきだと思います。 光視症(だったかな?)という症状(太陽など眩しいところを見て短時間焼きついたようになる症状)があるのならば網膜剥離が疑われるので、大事にならないためにも病院へ行ってください。 はじめまして。 私は以前バッティングセンターで表示145キロの球(実際は130程度だと思います)をファールチップしてほぼそのままの勢いで右目に直撃したことがあります。 文字通り視界に星がでまして、一瞬気が遠くなりました。 1時間もしないうちに目がお岩さんのように腫れ、十分に冷やしたあと翌日朝にすぐ眼科にいきました。 結果的には眼底打撲と出血、目の周囲の骨の骨膜の欠損で済んだのですが、血を戻す薬などは服用しました。 その後もしばらく右目の視力がメガネ・コンタクトでい...

次の

内出血を早く治す方法!うっかりできてしまった内出血・アザをきれいに治したい!

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

スポンサーリンク 目の周りなどは皮膚が薄いので、かゆみや痛みを伴わない細かい内出血ができます。 この症状は、体に大きな力がかかることが原因です。 例えば、思い切り泣くとか嘔吐するといったことが原因で目の周りの毛細血管が切れ、内出血ができることもあります。 女性であれば出産で非常に大きな力をかけることが原因で、目の周りなど顔のあちこちで内出血が起こります。 また、運動をすると目の周りに赤い斑点が出現することがありますが、毛細血管が傷つくことによって起こる内出血が原因の可能性が高いです。 また、加齢によって引き起こされる老人性血管腫が原因で目の周りや顔などに内出血が起こる場合がります。 老人性血管腫は多くの刺激を受ける部分や、紫外線を受ける露出した部分に現れやすい症状ですが、良性なので治療せず放置しても問題ありません。 気になる場合には専門の病院で検査をしてもらうのが良いです。 目の周りなどの内出血は毛細血管が傷つくことで起こるものがほとんどですが、何が原因で起きているのか明確にすることが大切です。 スポンサーリンク 長引くしつこい咳などの行動がきっかけで目の周りの毛細血管が傷つくこともあります。 また、大きな力を入れることもなく何もしていないのに目の周りなどに内出血が起こる場合には、血液検査を行った方が良いです。 何か大きな病気が隠れていることがあります。 病気が原因であるとすれば、紫斑病という免疫に関係する病気で起こる場合があります。 紫斑病かどうかは病院で必要な検査を受けると分かるので、頻繁に内出血が起こって不安であれば病院を受診した方が良いです。 患部が腫れている場合には速やかに冷やすと炎症を抑えることができます。 逆に、腫れが引いてからは患部を温めるのが良いです。 血液が皮膚の下に溜まっていくので、時間の経過ともにあざの色が赤から少しずつ青や紫に変化します。 跡が残る場合もありますが、気になる場合には塗り薬を使うという方法があります。 特に目の周りや顔は目立つ場所なので、皮膚科で相談して適切な薬を出してもらうと良いです。 他には、十分な睡眠や栄養バランスの良い食事を心掛けて内出血に対する自然治癒力を高めることが大切です。 スポンサーリンク.

次の

目の周りの青あざ(内出血)を早く消すには、どうしたらよいですか?

目 の 周り 青 あざ 早く 治す

青あざとは、 皮膚の深くにある血管が傷つくことによって漏れ出した血液(内出血)が変色している状態のことです。 「黄緑っぽい色のアザができてしまった!」という方も慌てる必要はありません。 青あざは時間がたつと青色から黄緑色、黄色へと徐々に色が薄くなっていくのです。 内出血による青あざは正式には「紫斑(しはん)」といいます。 その中でもあざの直径が1mm前後は「出血点」、3~5cm以上は「出血斑」とそれぞれ名前がついています。 青あざが治るまでどのくらいかかるの? 顔や足にできた青あざは目立ちますし、メイクや服装も決まらないので厄介。 出来ることなら見た目の悪い青あざは一刻もはやく早く治したいところですよね。 一度できてしまった青あざは治るまでにどのくらいの時間がかかるのでしょうか? 是非おすすめしたいのが PRICE処置という応急処置方法。 怪我直後に大切な5つの処置の頭文字をとって名付けられています。 【 Protect 保護)】 怪我直後は、まず怪我人と患部の保護が大事です。 さらなる怪我の心配がない安全な場所に移動して、応急処置の行える環境をつくりましょう。 【 Rest (安静)】 安心して応急処置の行える場所に移動したら、怪我をした患部を動かなさいように安静にしましょう。 怪我直後に患部を動かすと内出血や腫れがひどくなります。 内出血が多くなると治るまでに時間のかかる大きな青あざになってしまいます。 【 Ice 冷却)】 安静にしたあとはビニール袋にいれた氷やアイスパッドをつかって患部をアイシングしてください。 怪我直後に患部を冷やすと、代謝の低下で患部の炎症を抑えることができます。 さらに血管を収縮させて腫れや痛み、青あざの元になる内出血を緩和する効果もあるのです。 アイシングは1回15分を目安に行い、その後は1時間ほど氷をはずして休憩させるのが1セットです。 何セット繰り返すかは症状によりますが、痛みがでている間は続けてください。 ただし就寝中にアイシングを行うのは凍傷の危険性があるのでやめましょう。 【 Compression(圧迫)】 テーピングや包帯などで患部を圧迫しながら固定することで、患部の内出血や腫れを防ぐことができます。 冷却と同様になるべく怪我直後に行うことがポイントです。 【 Elevation (挙上)】 拳上(きょじょう)とは患部を高く上にあげることです。 目安としては心臓より高く挙げるようにしましょう。 挙上することで患部の腫れを緩和させたり、防いだりするのが狙いです。 PRICE処置は、打撲・打ち身だけではなく、脱臼や骨折の疑いのある場面でも使えるので、とっさの時に思い出して実践してください。 打撲・打ち身が原因なら整骨院で施術を受けよう 「転んだり体をぶつけてしまったりしまったけど応急処できない!」 「応急処置できなかったんだけど、青あざが長引くのはいやだ・・・。 」 そんなときは体の専門家を頼るといいでしょう。 打撲・打ち身など青あざの原因に心あたりがある場合は整骨院を頼ってみてください。 整骨院は打撲・打ち身に関して国から専門性が認められていて、安心して施術を受けることができます。 打撲・打ち身には各種保険も適用されるので、費用面でも負担がかなり少なく済むのはいいですよね。 青あざをできるだけ安く綺麗に治したい方にはおすすめです。 外傷の心当たりがない場合は一度病院で検査を どこもぶつけた経験がないのに青あざが体のいろんな部位に頻繁にできるという方は、病院から処方されている薬や血液の病気という可能性があります。 あまりにも頻繁に心あたりのない青あざができてしまうという方は病院で医師による検査をうけるようにしましょう。 青あざができやすくなる6つの原因 青あざの原因のほとんどは打撲・打ち身といった外傷によるものですが、性別や食生活、病気によって青あざを作りやすい体質になってしまっていることも。 「心当たりがないのになぜか青あざがたくさん出来てしまう」という方は原因をチェックしてみてください。 打撲・打ち身などの外傷 青あざの原因でもっとも多いのが打撲・打ち身といった外傷によるものです。 どこかに体をぶつけた• 転んでしまった• スポーツで体が接触した このような経験で青あざを作ったことが一度はありますよね。 私たちの皮膚は外部からの鈍的なダメージにとても強い構造になっています。 そのため 衝撃が加わっても皮膚自体は切れずに、皮膚の下にある血管にダメージが加わって内出血(皮下出血)が起こるんです。 女性は青あざができやすい 女性は特に青あざができやすいって知っていましたか? 女性は男性に比べて皮膚が薄くて筋肉量や血管を保護するコラーゲンも少ないので、 体質的に青あざができやすいんです。 また女性ホルモン(エストロゲン)には血管を広げたり、血管の壁が作られるのを妨げる働きもあるので、打撲・打ち身などの外からの刺激があったときに内出血が起こりやすいんですね。 加齢による体の衰え 年をとるごとに青あざができやすくなったと感じている方、それは気のせいではありません。 加齢と共に皮膚は薄くなり、血管自体の弾力もなくなって傷つきやすくなるのです。 さらに血管を保護する働きのある脂肪やコラーゲンも徐々にへっていくので、「ちょっと体をぶつけたただけなのにすぐ内出血してる・・・」という場面が増えてきます。 栄養素の不足・偏り ここまでは私たちのほどんどに共通する青あざの原因を紹介しましたが、ここからは少し特殊な原因を紹介していきます。 実は 普段の食生活や摂取するサプリメントも青あざができやすさに影響を及ぼすのです。 ・ビタミンC・ビタミンKの不足 ビタミンCとビタミンKには血液を固める効果があり、これらが不足すると血管が傷ついたときに血液が滲み出しやすくなって青あざができやすくなります。 ・特定のサプリメントの過剰摂取 魚の油やビタミンEなどのサプリメントに偏った食生活も青あざができやすい体質になってしまう原因です。 もちろん服用量を守って適切に摂取するのは問題ありませんが、下で例にあげるようなサプリメントに頼りすぎた食生活は見直していきましょう。 魚油系(オメガ3系脂肪酸)• ビタミンE• ノコギリヤシ• ニンニク• ショウガ• イチョウ• ナツシロギク• チョウセンニンジン 薬剤の影響 不整脈や鬱(うつ)などの特定の病気に処方される薬の効果によって内出血をおこしやすく、青あざができやすくなります。 ・抗凝血薬(アスピリン、イププロフェンなど) 抗凝血薬は 「血が固まるのを防ぐ」薬で、不整脈や血栓治療のために処方されます。 ・抗うつ薬(フルオキセチン、セルトラリン、シタロプラム、ププロピオンなど) 鬱や気分障害のために処方される抗うつ薬。 その中でもSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の薬には 血液を固めるために非常に大切な働きをする「血小板」の機能を低下させる効果があります。 どちらの薬も血液が固まりにくくなるという作用があり、「覚えのない内出血」の原因となります。 青あざの予防法 青あざを防ぐには、もちろん転んだりぶつけたりしないように普段から注意するというのが大事。 そうはいってもついつい転んでしまう愛すべきおドジさんのために、 食事から青あざになりにくい体質を作る方法を紹介します! 青あざを防ぐ栄養素はズバリ「 ビタミンC」と「 ビタミンK」! それぞれの効果と、これらを多く含む食材も合わせて説明していきますね。 ビタミンC 私たちに馴染み深いビタミンCですが、実は血管や血液に対しても重要な働きをしています。 血管の壁を強くし、外からの刺激があったときに血液を漏れにくくする• メラニン色素の生成を抑える これらの効果によって青あざが出来にくく、目立ちにくい体質になるというわけです。 ビタミンCを多く含む食材• レモン• キウイ• じゃがいも• パプリカ• ブロッコリー ビタミンK ビタミンKはあまり聞き馴染みのない栄養素ですが、「血液を凝固させる」という大事な働きがあります。 この栄養素が不足すると内出血した際に血液が漏れ出しやすく、大きな青あざになりやすいのです。 ビタミンKを多く含む食材• ほうれん草• しそ(紫蘇)• パセリ• モロヘイヤ 血液の抗凝固剤(血液が固まりにくいようにする薬)を病院で処方されている方は、摂取が制限されている場合があるので医師と相談してください。 打撲・打ち身のお悩みはぷらす鍼灸整骨院にお任せください 私たちぷらす鍼灸整骨院でも打撲・打ち身の専門家が施術を行わせていただいております。

次の