マイケル ジャクソン this is it。 マイケル・ジャクソン THIS IS IT

映画マイケル・ジャクソン THIS IS IT

マイケル ジャクソン this is it

12月19日(土)から全国100館規模にてアンコール上映となった映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。 DVD/Blu-ray発売となる2010年1月27日 水 以降は、この映像は各家庭にも浸透していくことになる。 何度も何度も繰り返しマイケルの魅力とほとばしる才能を堪能するリスナーも多いことだろう。 ここでは、そんな『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に登場している、ひとつの輝く才能を紹介したい。 女性ギタリスト、オリアンティである。 『THIS IS IT』ではブロンドのロングヘアーをなびかせて、ガッと大またを開き豪快にリフを弾き倒す姿に、つい目を奪われたロック・ファンもいるのではないか。 ハードエッジなサウンドにテクニカルなプレイ、手にしているギターはポール・リード・スミス…一瞥してテクニカル系女性ギタリストだと分かる反面、あまりに唐突な女性ギタリスト・ヒーローの登場とその極端な情報不足に、彼女への思いをもてあましていたことだろう。 『THIS IS IT』にフィーチャーされたオリアンティは、現在24歳。 2009年グラミー賞授賞式でキャリー・アンダーウッドとのパフォーマンスをみたマイケル・ジャクソンは、オリアンティに連絡を取った。 ロンドン02アリーナで行なうコンサートでプレイしてほしいとオファーしてきたのだ。 映画の中でも「ここのソロ・パートはキミが主役になる瞬間だ。 もっと高く!もっと!」と、マイケルとの共演を果たしている彼女だが、実はこれまでも相当のキャリアを積んできたプレイヤーでもある。 偉大なるギタリストを多数輩出した80年代に育ったオリアンティは、ホワイトスネイクやヴァン・ヘイレン、デフ・レパードも愛聴していた。 かつてバンド活動をしていた父親のおかげで、家の中には様々な楽器が所蔵されていたという。 ギターをマスターするのはごく自然な流れだったのである。 「11歳の時に、カルロス・サンタナのライヴを観たんだけど、そのショウにもの凄く感化されたのよ。 私はカルロスみたいになりたいからって父におねだりして、中古のエレクトリック・ギターを買ってもらったの。 それっきり、もうアコースティックには見向きもしなくなったわ。 それから私はカルロスのVHSビデオを買い集めて、何度も何度も巻き戻しては彼のソロをマスターしようとしてたの。 もうどのテープもみんな完全に伸びちゃったわよ」。 それから約7年後、カルロス・サンタナが再びツアーで訪れた時、彼女の音楽を耳にしたカルロスの弟が、サウンドチェックの最中に対面を取り計らってくれた。 このサウンドチェックの間のジャムにより、オリアンティは本番のステージに招かれ、35分ほどもプレイしたばかりか、地元の観客の前でソロまで披露したのだ。 その後もスティーヴ・ヴァイやZZトップ、プリンスといったアーティストたちとのライヴやツアー・サポート、ゲスト参加を多数こなしながら、オリアンティは忙しい日々を送ってきた。 ハードエッジなサウンドと十分なサステイン、タッピングも多用し、折を見て速いパッセージを繰り出す彼女のスタイルは、いわば女流スティーヴ・ヴァイといったところか。 ネットで公開されている映像を見るだけでも、マーシャル、レクチ、エングル…とその使用アンプのキャラクターからもサウンドの方向性が見て取れるだろう。 だがポイントは、オリアンティにとってギターだけが表現の手段ではないところにある。 マイケル・ジャクソンから連絡をもらう以前から、彼女は既にソロ・アルバム『Believe』の制作を開始していた。 この作品の中で彼女は歌い、曲を書き、自分のバンドを率いている。 現代のパンチの利いたガール・パワーをそこら中のフレーズにちりばめながら、オリアンティ印のロックは、あまたの新人が繰り出すサウンドの品質を軽く飛び越えている。 エヴァネッセンスやアヴリル・ラヴィーン、パラモア、あるいはテイラー・スウィフトの持つ魅力を、ケタ外れのスケール感で取り込み咀嚼し、そしてストレートに吐き出す強烈なインパクトだ。 オリアンティはソロアルバム『Believe』で日本デビューを果たす。 発売日は、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』発売日と同日、1月27日(水)だ。 全13曲には、キャッチーなガールズロックから、90年代のテクニカル・ギターインストをそのまま現代に持ち込んだ作品まで、ロック・ファンを狂喜させるエナジーに満ちている。 アルバムにはゲストとしてスティーヴ・ヴァイやデスモンド・チャイルドの名前が列挙されている。 これは見逃すわけにはいくまい?.

次の

This is Itでマイケル・ジャクソンの印象が180度変わった話と2つの思い

マイケル ジャクソン this is it

天才マイケル・ジャクソンは何を考えながら生きていたのか? 亡くなってからもなお、人々を魅了しつづけるキング・オブ・ポップ マイケル・ジャクソン。 ハイチ救済のためにリメイクされた「 We are the world」は、天国に旅だった後にもかかわらず、多くの人たちを一つにしました。 ゴシップに悩まされ続けたマイケル・ジャクソンですが彼を知れば知るほどに、そのゴシップが伝える内容と彼自身とのギャップを感じます。 いい時だけでなく、逆風が吹いているときでも、世間から疑いの目を向けられているときでも、自分から人を愛することを決してあきらめなかった姿に胸を打たれます。 一体、何が彼をそこまでの人間にしたのでしょうか。 たしかに、まねするにはとても大変です。 でも、人としてあるべき姿、見本として追いかけていくことはできます。 天才と言われ、世界中を魅了してきたマイケルはどんなことを考えていたのか? スリラー、BAD、smooth criminal、black or white、billie jean... 数々の名作を残したマイケル・ジャクソンの名言を29歳のときに書いた唯一の自伝「 ムーン・ウォーカー」より抜粋しました。 マイケル・ジャクソンの名言集• この世で最高の教育というのは、そうした偉大な人々の仕事ぶりを見ることです。 生まれつき僕は完ぺき主義者です。 出来る限り、最高の仕事をするのが好きです。 僕の活動を人々に見たり聞いたりしてもらいたいし、また、僕の持っているものすべてを注ぎ込んだんだなって、感じてもらいたいんです。 僕は、聴衆に対しては、そういう儀礼を尽くさなければならないと思っています。 これは自分にふさわしくない、と思ったとき、人は難しい判断を迫られますが、自分の本能を信じなくてはいけないのです。 成功は確実に孤独をもたらします。 これは真実です。 人々は、「ラッキーだな、すべてを手にいれて」と考えます。 どこにでも行けるし、何でもできると考えるのですが、それは的外れです。 人は基本的なものを渇望するのです。 僕は願いを、そして願いを現実のものにしていく人間の能力を信じています。 本当に信じているのです。 僕は陽が沈むのを見るときにはきまって、太陽が西の水平線に隠れて消えてしまう前に、静かに自分の秘密の願い事をするようにしていました。 太陽が僕の願い事を受けとめてくれるように思えたのです。 最後の光の一片が消えてしまう前に、僕は願いをかけました。 その願いは、ただの夢ではなく、目標に姿を変えます。 自分の意識や無意識の力で、それを現実のものにすることができるのです。 みんな自分の能力を疑いすぎるのです。 自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。 自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?• 仕事に入ると、僕は大変な自信家になります。 計画に取り組む時には、それを百パーセント信じています。 僕は文字どおり魂(ソウル)をそこに注ぎこむのです。 そのためになら死んでもかまいません。 それが僕なのです。 本当に僕を幸せにするもの、僕が大好きなこと、それはパフォーマンスと創造です。 物で飾り立てたりすることは、どうでもいいことなのです。 僕には彼女たちが、僕の孤独を分かち合いたがっているように見えます。 僕はそんなこと誰にも望んでいません。 なぜなら、僕は、自分が世界で一番孤独な人間のひとりだと信じているのですから。 先日、ある人が僕に幸せかと尋ねたことがあります。 「完全に幸せだとは思っていません。 」僕はなかなか満足することができない人間ですが、それと同時に、どれほど感謝しなくてはならないかということはわかっている人間なのです。 自分が健康であり、また、家族や友だちの愛に包まれているということに、心から感謝しているのです。 僕は愛を信じています。 とても信じているのです。 愛を経験したならば、どうして信じずにいられるでしょうか。 僕は人と人との関係を信じています。 結局、一番大切なのは、自分に、そして愛している人たちに対して正直であること、また一生懸命働くことです。 明日はないつもりで、働くのです。 練習を積むのです。 努力するのです。 でき得る限りに、自分の才能を鍛錬し伸ばすことです。 自分がしていることに、ベストを尽くすのです。 この世の誰よりも、自分の専門分野に精通することです。 それぞれの生業 なりわい に必要な道具を使い切ることです。 仮にそれが本ならば本を、踊るならそのフロアを、あるいは泳ぐのならば水を、です。 どんなものであっても、それは自分のためのものなのです。 完ぺき主義者は時間がかかります。 完ぺきなものになるまで、形を作り、変え、しっくりとくるまで、そのことに取り組むわけです。 満足できるまで、自分のもとから手放すのは不可能です。 本当に不可能なのです。 本当に、それが自分で納得できるまでやり続けなければいけません。 それが秘訣なのです。 それが、トップ三十位までのレコードと、何週間も第一位にいるナンバー・ワン・レコードとの差です。 もし、あなたが世界をもっとすばらしいものにしたいと考えているのだとしたら、まず、自分を見て、自分から変えていくべきなのです。 鏡の中の自分から始めるのです。 あなた自身からはじめるのです。 隣の芝生を眺めていちゃ駄目です。 あなたから始めるのです。 マイケル・ジャクソンがもたらしたもの 映画やDVD、ブルーレイで「 This is it」を観ていると、まるで神様がいるように見えます。 パフォーマンスが神業なのもそうですが、考え方、生き方がまるで私たちを良い方向に導く神の使者がそこにいるように見えるのです。 Man in the miller、Heal the world、earth song、それらの歌詞にもよくあらわれていると感じます。 マイケル・ジャクソンは私たちに「愛 Love 」を説きましたが、それは彼自身が持っている地球を包み込むほどの愛の大きさを感じさせてくれます。 マイケルの努力の少しでも力になれるよう、私たちもまず、どんなときでも自分から人を愛することができる人間になっていきたいですね。

次の

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

マイケル ジャクソン this is it

天才マイケル・ジャクソンは何を考えながら生きていたのか? 亡くなってからもなお、人々を魅了しつづけるキング・オブ・ポップ マイケル・ジャクソン。 ハイチ救済のためにリメイクされた「 We are the world」は、天国に旅だった後にもかかわらず、多くの人たちを一つにしました。 ゴシップに悩まされ続けたマイケル・ジャクソンですが彼を知れば知るほどに、そのゴシップが伝える内容と彼自身とのギャップを感じます。 いい時だけでなく、逆風が吹いているときでも、世間から疑いの目を向けられているときでも、自分から人を愛することを決してあきらめなかった姿に胸を打たれます。 一体、何が彼をそこまでの人間にしたのでしょうか。 たしかに、まねするにはとても大変です。 でも、人としてあるべき姿、見本として追いかけていくことはできます。 天才と言われ、世界中を魅了してきたマイケルはどんなことを考えていたのか? スリラー、BAD、smooth criminal、black or white、billie jean... 数々の名作を残したマイケル・ジャクソンの名言を29歳のときに書いた唯一の自伝「 ムーン・ウォーカー」より抜粋しました。 マイケル・ジャクソンの名言集• この世で最高の教育というのは、そうした偉大な人々の仕事ぶりを見ることです。 生まれつき僕は完ぺき主義者です。 出来る限り、最高の仕事をするのが好きです。 僕の活動を人々に見たり聞いたりしてもらいたいし、また、僕の持っているものすべてを注ぎ込んだんだなって、感じてもらいたいんです。 僕は、聴衆に対しては、そういう儀礼を尽くさなければならないと思っています。 これは自分にふさわしくない、と思ったとき、人は難しい判断を迫られますが、自分の本能を信じなくてはいけないのです。 成功は確実に孤独をもたらします。 これは真実です。 人々は、「ラッキーだな、すべてを手にいれて」と考えます。 どこにでも行けるし、何でもできると考えるのですが、それは的外れです。 人は基本的なものを渇望するのです。 僕は願いを、そして願いを現実のものにしていく人間の能力を信じています。 本当に信じているのです。 僕は陽が沈むのを見るときにはきまって、太陽が西の水平線に隠れて消えてしまう前に、静かに自分の秘密の願い事をするようにしていました。 太陽が僕の願い事を受けとめてくれるように思えたのです。 最後の光の一片が消えてしまう前に、僕は願いをかけました。 その願いは、ただの夢ではなく、目標に姿を変えます。 自分の意識や無意識の力で、それを現実のものにすることができるのです。 みんな自分の能力を疑いすぎるのです。 自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。 自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?• 仕事に入ると、僕は大変な自信家になります。 計画に取り組む時には、それを百パーセント信じています。 僕は文字どおり魂(ソウル)をそこに注ぎこむのです。 そのためになら死んでもかまいません。 それが僕なのです。 本当に僕を幸せにするもの、僕が大好きなこと、それはパフォーマンスと創造です。 物で飾り立てたりすることは、どうでもいいことなのです。 僕には彼女たちが、僕の孤独を分かち合いたがっているように見えます。 僕はそんなこと誰にも望んでいません。 なぜなら、僕は、自分が世界で一番孤独な人間のひとりだと信じているのですから。 先日、ある人が僕に幸せかと尋ねたことがあります。 「完全に幸せだとは思っていません。 」僕はなかなか満足することができない人間ですが、それと同時に、どれほど感謝しなくてはならないかということはわかっている人間なのです。 自分が健康であり、また、家族や友だちの愛に包まれているということに、心から感謝しているのです。 僕は愛を信じています。 とても信じているのです。 愛を経験したならば、どうして信じずにいられるでしょうか。 僕は人と人との関係を信じています。 結局、一番大切なのは、自分に、そして愛している人たちに対して正直であること、また一生懸命働くことです。 明日はないつもりで、働くのです。 練習を積むのです。 努力するのです。 でき得る限りに、自分の才能を鍛錬し伸ばすことです。 自分がしていることに、ベストを尽くすのです。 この世の誰よりも、自分の専門分野に精通することです。 それぞれの生業 なりわい に必要な道具を使い切ることです。 仮にそれが本ならば本を、踊るならそのフロアを、あるいは泳ぐのならば水を、です。 どんなものであっても、それは自分のためのものなのです。 完ぺき主義者は時間がかかります。 完ぺきなものになるまで、形を作り、変え、しっくりとくるまで、そのことに取り組むわけです。 満足できるまで、自分のもとから手放すのは不可能です。 本当に不可能なのです。 本当に、それが自分で納得できるまでやり続けなければいけません。 それが秘訣なのです。 それが、トップ三十位までのレコードと、何週間も第一位にいるナンバー・ワン・レコードとの差です。 もし、あなたが世界をもっとすばらしいものにしたいと考えているのだとしたら、まず、自分を見て、自分から変えていくべきなのです。 鏡の中の自分から始めるのです。 あなた自身からはじめるのです。 隣の芝生を眺めていちゃ駄目です。 あなたから始めるのです。 マイケル・ジャクソンがもたらしたもの 映画やDVD、ブルーレイで「 This is it」を観ていると、まるで神様がいるように見えます。 パフォーマンスが神業なのもそうですが、考え方、生き方がまるで私たちを良い方向に導く神の使者がそこにいるように見えるのです。 Man in the miller、Heal the world、earth song、それらの歌詞にもよくあらわれていると感じます。 マイケル・ジャクソンは私たちに「愛 Love 」を説きましたが、それは彼自身が持っている地球を包み込むほどの愛の大きさを感じさせてくれます。 マイケルの努力の少しでも力になれるよう、私たちもまず、どんなときでも自分から人を愛することができる人間になっていきたいですね。

次の