令和納豆 返金条件。 【速報】令和納豆の返金条件の文書が晒されてしまう

【悲報】令和納豆、マスコミからの質問をブッチし逃亡 事実かどうかすら答えず

令和納豆 返金条件

納豆ご飯専門店「令和納豆」(水戸市)は2020年6月21日、クラウドファンディング1万円の支援のリターンとして配布していた「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」を一方的に没収した支援者に対し、1万円全額の返金対応をとることを発表した。 同パスをめぐっては複数の元所有者が、不可解な理由で没収されたとJ-CASTニュースの取材に答えていた。 同店は今回の発表で「お客様のご理解と納得を十分に得られないまま、一方的に権利を失効する対応をとってしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。 開店前にCAMPFIRE(本社・東京都渋谷区)が運営するクラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」で支援(寄付)を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まっていた。 CFのリターンの目玉だったのが、1万円の支援で得られる「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」(以下、生涯無料パスもしくは無料パス)。 同店の「梅コース」(税別600円)を生涯無料で食べられる。 CF支援者総数1228人のうち、1099人がこの生涯無料パスに支援していた。 ところが20年5月下旬、生涯無料パスを15回ほど利用したところで一方的に没収されたとするネット上の口コミが拡散。 「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとしていた。 FAAVOのCF募集ページには、本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件は明記されていたものの、口コミで没収理由としてあげられていたような「規約」は書かれていなかった。 J-CASTニュースは6月上旬までに、同様に生涯無料パスを一方的に没収されたという元所有者3人に取材。 うち2人は無料パスの初回利用時、CF募集ページにはなかった「利用規約」の紙を店頭で渡された。 また、無料パスで十数回食事した後、「アンケート」への回答を求められたが、その回答後の店舗利用時に無料パスを没収された。 「無料パス対象メニューしか利用してこなかった」ことや、「アンケートの回答が不誠実だった」ことから、「信頼関係がなくなった」として権利失効を伝えられたという。 元所有者らは「これがまかり通ってお咎めなしとなったら、やりたい放題にリターンを没収できてしまいます」などと不可解さをにじませていた。 J-CASTニュースは6日、こうした無料パス元所有者の話、弁護士の見解、納豆社の見解などを含めて一連の経緯を報じた(納豆ご飯「生涯無料パス」没収された3人が語る顛末と、運営会社社長の言い分 1万円CFめぐるトラブルを記者が追った)が、その後もネット上では令和納豆の対応に批判的な声がくすぶり続けていた。 そうした中、令和納豆は21日、「無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について」と題する文書を公式サイトで発表した。

次の

【悲報】令和納豆さん、大炎上まとめ😰

令和納豆 返金条件

令和納豆と聞くと、また何か動きでもあったのかな?と察する検索者も多いテーマだと思います。 その予想は見事的中です! クラウドファンディングによって1万円の支援をしてくれた方には 生涯納豆定食食べ放題という斬新な企画を発表してテレビなど大手のメディアやネットでも話題になったものの、その着地点の酷さが話題になり、結局謝罪と返金で幕を閉じたかに見えました。 しかし、 令和納豆さんは素直に返金手続きを取って信用回復の険しい道を行くのかと思いきや、その険しい道には支援者も巻き込みかねない提案が今回のポイントです。 色々な角度から見ても前例の無かったことをやってしまう 令和納豆さんの最新の情報を記事にまとめました。 ぜひ流し読みでサクッと読んでいただければ嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• 令和納豆の返金対応がやばい! 、相変わらず凄いことになってるようで。 この期に及んで返金に身勝手な条件 今後SNSでの言及厳禁? を付けるとかこれって自分たちがどういう風に見られてるか、どういう立場にいるのか全く分かってないよね。 詐欺と思われてもおかしくないことやってる自覚なさ過ぎだろ。 — らのこ ranoko2012 令和納豆さんはクラウドファウンディングの際に支援者の方へのお礼の形として納豆定食を生涯食べ放題パスポートを提供しましたが、かなり一方的な流れでパスポートを没収した経緯があり、それを返金とともに謝罪したばかりでした。 しかし、その返金手続きに関して 異様な条件付けをしてしまったようです。 極論で言えば、 金輪際ネットへの書き込みなどを辞めないのであれば返金出来ないなど、少々一方的かつ高圧的な内容に思える封筒を支援者に送ってしまったことが再びというか何度目かの炎上につながりました。 令和納豆による信用問題はどのような価値観なのか? 令和納豆がお客様(仲間?)との信頼が~とか言ってるけど、それをつぶしにかかってるのは自分自身であるって気が付いてるのかな? 気が付いてなければサイコパスだし、わかっててやってるなら外道だわ。 令和納豆さんは志の高さや、その先見性や地元地域への恩返しなど立派な企業理念を持ってたこともあり、今の自粛要請などによる外食への大打撃をクラウドファンディングという支援で乗り越えつつありました。 しかし、かなりの支援者との食い違いにより、世間からは悪評を買う形で終わっています。 その流れは下記の記事でも紹介させていただいていますので、ぜひお目通しいただければと思います。 令和納豆が支援者に叩きつけた返金条件とは? 返金に条件を設ける企業って相当ヤバイよね。 他人のお金を使って口止め料としてるわけで、令和納豆に一ミリも権利無いと思うのだが・・・・。 — あすっち Astuom1 返金条件は秘匿性の観点から正確な条件は明かされていませんが、令和納豆を支援した人のもとに届いた封筒の内容をうっすらと要点にまとめると、 金輪際ネットに書き込むのはやめろということのようです。 これに同意や印鑑などを押さないことには返金に応じないとのことですが、これが本当であれば謝罪の意識は微塵も感じられないというか、返金して欲しければあなたの今後のネットに関する自由の一部を差し出せという脅迫じみたニュアンスになりかねません。 令和納豆さん自体まだまだこれからやり直せる企業ではないかと思う面もありますし、大きな失敗を糧に再び信用を積み重ねればという期待をする人は多かったはずです。 ですが、今回の返金対応によって、さらに味方を減らしてしまい敵をたくさん作ってしまう結果に落ち着いてしまうのではないかと考えられます。 令和納豆による書類の内容は? 特に問い合わせはしていなかったのですが、先日返信用封筒と共に返金用の書類が届きました。 書類については「法的手段を〜」とか言われかねないので今の段階での公表は控えさせて頂きます。 — mitomito310 mitomito3104 今回再び炎上した 令和納豆さんですが、その炎上の大きな理由の1つは、返金用の書類には色々な条件が載っていただけではなく「 法的手段を~」という匂いを散りばめられていた可能性によるものです。 普通の返金書類であれば、おそらく支援者も返金手続きが無事終わった報告や、返金と謝罪を受けたことによって令和納豆さんとの関係も綺麗に精算されて終わると考えられました。 なんだかんだで、令和納豆を支援しようと考えて1万円を送ったくらいですから、誠実な謝罪と返金以上のことは望まないのではないかと思います。 しかし、返金するために色々な条件や法的手段などの脅しを匂わせる厳しい条件をつけたは本当に悪手であったようです。 さすがに令和納豆さんに対して叩くべき要素は無くなっただろうと思っていた矢先に、再び確実に揉めるであろう火種をしっかりと元支援者に送るのは、もしかしたら炎上マーケティングを超えた「 超炎上マーケティング」なのでは?思えるほどです。 さらに、法的手段を匂わせる返金洋封筒を送ったことで、元支援者への弁護士費用を募っても良いという人まで現れ始めています。 令和納豆さんも元支援者への怒りがまだ収まっていなかったのかもしれませんが、もっと怒っているのは支援をしたのに裏切られた納豆定食生涯無料パスポートの元保持者達です。 それを世間は認知してしまったため裁判沙汰になってしまったら、アンチ令和納豆の人達による 元令和納豆の生涯無料パスポート保持者への支援も膨らむ可能性があります。 そのことによって令和納豆さんの信用回復や今後の業績にも大きな痛手を被ることは間違い無いと考えられます。 令和納豆の返金対応と条件のまとめ 個人的にこれは会社のクラウドファンディングに対する考えが甘すぎだと思う。 参加する以上はそれなりのリターンがあるの物をそれを「生涯納豆食べ放題パス」にしたのがダメだろう。 それを取り上げられたら契約と違うと怒って当然だと思う。 — おっサンタさんだ! Sannta1985 冷静に今回の出来事を振り返ると、 令和納豆さんによる クラウドファウンディングに対する考えの甘さが招いたことなのでしょう。 今の感染症の予防対策によって飲食店は軒並み売上が激減して、今までやらなかったアイデアを試さなければ生き延びれなかったという事実もありますし、手元に現金が集まるためなら多少のリスクを取ろうとしたのだと思います。 しかし、支援者からいただくものをもらえたところまでは計画どおりでも、そのお返しの手段や対応は完璧に読み間違えていた例が今回の令和納豆さんと言えるかもしれません。 今回の出来事から令和納豆さんは一度終えた問題をぶり返すことによる世間の目の厳しさを痛感できたのではないでしょうか? 僕も一度は味わってみたい納豆定食ですが、今後どのように信用を取り返すのかがとても気になる会社です。

次の

【悲報】令和納豆さん、大炎上まとめ😰

令和納豆 返金条件

先日、インターネットやSNS上において、クラウドファンディングの返礼品である「無料パスポート 以下、パスポート 」を所有者から利益目的で一方的に取り上げた、との一部報道がありました。 この件に関して、当店で当時対応した従業員に事実確認を行いましたのでご報告いたします。 まず、返礼品であるパスポートに関して、当店といたしましてはその支援者の皆様と生涯のお付き合いをさせていただきたいという思いから、クラウドファンディングの思想と法律に基づいた信頼関係の 構築を重視しております。 その為、支援者の皆様には初回の利用時に当店が制定した利用規約をご説明差し上げ、同意いただけなかった場合はその場で返金、同意いただけた場合にクラウドファンディングの リターンである権利の有効化を行っておりました。 利用規約では信義誠実の原則に則り、当店及び他の会員もしくは第三者に不利益を与える行為、当店及び他の会員もしくは第三者を誹謗・中傷する行為、当店の運営を妨害或いは当店の信頼を毀損するような行為、 入会手続きを含めた当店が行う全てのアンケートに対し虚偽の回答を行う行為、その他当店が当該会員の行為として不適切であると認めた行為等を禁止することを記載しております。 今回、パスポートの権利の失効を行なった所有者の方には、利用規約に同意をいただいておりました。 しかしながら、ご来店の度に従業員の配席案内に従っていただけなかったり、ご注文の順番をお守り いただけなかったり、アンケートへの不誠実な対応をされたり、信義誠実の原則上の注意事項に違反する行為が多くございました。 その都度お声がけをさせていただいたものの、残念ながらご理解を得ることが できませんでした。 なお、今回の件以外にも以下のような所有者の方々においては、当店が目指す生涯のお付き合いをするための信頼関係の構築が難しいと判断し、従業員から利用規約に基づき理由を伝え、パスポートの 権利の失効を行わせていただきました。 ・従業員に対して罵声を浴びせ、退店時に当店の看板を破損させ、当店に損害を与えた方。 ・従業員を罵ったことで、複数のお客様が退店され、当店に損害を与えた方。 ・入店時の列や会計待ちの列に強引な割り込みをし、他のお客様に不利益を与えた方。 など 一連の手続きに関しまして、所有者と当店の間で交わした利用規約に基づいた処置であり、インターネットやSNS上の記事に掲載されたような「詐欺行為」や「一方的な剥奪行為」に当たる内容では ないことを弁護士事務所にも確認しております。 今回の件にまつわるインターネットやSNS上での当店並びに個人に対する、事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、脅迫行為、事実誤認の記事を作成した個人・企業に関しましては、法的手段を 検討して参ります。 パスポートの権利失効は、クラウドファンディングに参加いただき、プロジェクトを応援いただいた背景を考慮すると大変苦しい決断でありました。 しかしながら、飲食店を運営していくにあたり、 看過できない実害も出ていることから、やむを得ずこのような判断に致りました。 この件に伴い、今後のご利用に関して不安に感じている所有者の方もいらっしゃると思います。 ご来店の際には改めて利用規約をご説明差し上げ、ご理解を賜りたいと存じます。 また、お店に込めた思いを お客様にお伝えする努力が充分に足りているかを常に考慮し、従業員一同、より一層の信頼関係の構築に向けて取り組んでいきます。 当店は引き続き、納豆ごはん専門店として、食の喜びや、楽しい時間をご提供できるよう、これまで以上にサービス品質の向上を目指して参ります。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

次の