クレア の 秘宝 伝 女神 の 夢 と 魔法 の 遺跡 設定。 【解析】クレアの秘宝伝 3 女神の夢と魔法の遺跡

【解析】クレアの秘宝伝 3 女神の夢と魔法の遺跡

クレア の 秘宝 伝 女神 の 夢 と 魔法 の 遺跡 設定

0 高設定ほどボーナス確率が優遇されていますが、僅かな差なので2,000~3,000G程ではそんなにアテにならないレベルの設定差です。 6 スイカA+ボーナス確率に大きな設定差ありますので、一日に2回以上出現で高設定の期待がグンと高まります。 スイカAは斜め揃いのスイカです。 6 通常時のベルとチェリーは設定差が明らかにあるのでカウントしましょう。 強チャンス目も必ずカウントすることで、複数回の出現が確認ができた場合は、高設定の期待がグンと高まります。 ただし、強チャンス目はもともと確率が重いフラグなのでそこまでアテにせず、他の判別要素も併せて設定推測していきましょう。 23 ベルとチェリーのどちらかが良くて、どちらかが悪いなどの、判断が付きづらい場合には合算確率を参考にすると良いでしょう。 設定1・2は近い確率ですが、設定5・6はそれぞれに差がありますので、設定1・2の近似値から小役確率がしばらく動かなければ危険信号です。 88 RT中のハズレ確率にわずかな設定差があります。 短時間での設定判別材料にはならないレベルなので、参考程度にカウントしましょう。 REG中の登場キャラ パターン 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定期待度アップ 金 高設定期待度アップ 赤 設定5以上確定 REG中は出現キャラと色の種類で設定示唆があり、【銅<銀<金<赤】という順で高設定を示唆。 特に赤は設定5以上確定となるので悶絶です。 1回のREGで5回キャラカードが出現するので、必ずカウントしましょう。 REG中のキャラでの設定示唆 パターン 示唆内容 全て銀のカード 設定5以上濃厚 現状分かっているのは全て銀のカードが設定5以上濃厚の演出となっていますので、設定推測に役立てていきましょう。 RT終了画面 パターン 示唆内容 パターン1 基本パターン パターン2 偶数設定示唆 パターン3 高設定期待度アップ パターン4 高設定期待度アップ パターン5 設定2以上確定 パターン6 設定5以上確定 パターン7 設定6確定 基本パターン、偶数設定示唆パターンはよく出ると思いますので、初めのうちは覚えておきましょう。 ちなみに RT中に当選したREGの終了画面も同様の画面となりますので、『RT終了画面1回』としてカウントは必須です。 【クレアの秘宝伝3】打ち方(通常時・ボーナス中) 通常時の打ち方(順押し) 左リールの上段or中段に白BARを目押し。 下段チェリー停止時は、中・右リールに青いピラミッド図柄を狙い、中・右リール共にピラミッド停止でチャンス目となる。 左リールにスイカ出現時は、中・右リールピラミッド狙いでスイカは獲得可能。 通常時の打ち方(中押し) 中リール枠2コマ上付近にピラミッド狙い。 停止形パターンは下記を参照。 BIG中の規定枚数内なら何度でもチャレンジできるため、積極的に実践していきましょう。 RT中の打ち方 通常時の小役狙いと同様。 ボーナス判別手順 下記手順だと最長2Gで全ボーナスを判別可能。 熱い状況なら積極的に実践するほうが良い。 ボーナス確率のみで見たら、5,000G以上回っていてやっと少しアテになるかな、といったレベルの設定差です。 ですので、小役確率・小役重複率・REG中のキャラ・RT終了画面、あたりをメインに設定判別できればと思います。 要するに、自身で打ってみないと分かり辛いってことですね。 機械割が高い機種ではないので、イベントの際にでも高設定が入りやすく、十分に狙える機種だと思います。

次の

クレアの秘宝伝3

クレア の 秘宝 伝 女神 の 夢 と 魔法 の 遺跡 設定

5 97. 4 99. 2 101. 3 105. 4 109. 7 113. 今作の高確率ゾーンは全部で4種類存在し、新しく 「追っかけタイム」と 「ドラゴンバトル」が追加されている。 秘宝ラッシュハイパー中は、様々な特化ゾーンが発生する可能性があり、上乗せを行いながら24G間滞在し続けると 伝説チャレンジへ突入する。 伝説チャレンジでは、3桁上乗せが0G連で発生する。 また、秘宝伝シリーズではお馴染みの超秘宝ラッシュも搭載しており、シリーズ史上最高峰の出玉性能を擁したマシンとなっている。

次の

クレアの秘宝伝女神の夢と魔法の遺跡|まとめ・天井・スペック・設定判別・解析・機械割

クレア の 秘宝 伝 女神 の 夢 と 魔法 の 遺跡 設定

9 98. 1 99. 2 104. 0 108. BIGは同色と異色で獲得枚数が異なり、同色BIGなら最大302枚獲得できる。 演出は通常時、通常時のプチRT、BIG後のRTのそれぞれで歴代機種をモチーフにした複数の演出モードを搭載しており、好きな演出モードを選択可能。 クレアカスタムはこれまでのクレアシリーズを踏襲した演出がメイン。 液晶でミニクレア演出が他の演出と複合すれば小役以上のチャンスだ。 また、チャンス目成立時はボタンプッシュで各ステージに対応したキャラが出現するが、矛盾すれば高確率突入濃厚。 高確率突入タイミングはチャンス目成立後3G程度だが、いきなりミッション演出の場合は次ゲームで高確率に突入することもある。 ミニクレア演出の対応役 ステップアップ SU1 小役 SU3 チェリー・スイカ・チャンス目 SU4 チャンス目 SU5 チャンス目 高確率突入 ミニクレアのアクション 落書き チェリー・スイカ以外 通過 小役 ミニクレアの落書き&通過は対応役矛盾でボーナス確定だ。 ステージ対応キャラ 原始の森 レオン 戦慄の迷宮 シャロン はじまりの遺跡 クレア 子供.

次の