神戸市役所 特別徴収。 市民税課

市民税・県民税特別徴収への切替依頼書|尼崎市公式ホームページ

神戸市役所 特別徴収

回答 概要 給与支払者が,納税義務者(給与受給者)の給与等から個人住民税(函館市の場合は市・道民税)を差引いて徴収し,市町村へ納入する「特別徴収」に関する手続きに必要な書類です。 様式ダウンロード 特別徴収税額(年税額)および月割額の変更 納税義務者の申告等によって,特別徴収税額(年税額)および月割額が変更した場合,当市では「特別徴収税額変更通知書(納税義務者用)」(青色印刷)と「特別徴収税額変更通知書(特別徴収義務者用)」(茶色印刷)を特別徴収義務者へ送付します。 納税義務者用の通知書は直ちに納税義務者へ交付し,納入金額を訂正した納入書により,変更後の月割額を納入してください。 退職,休職,転勤等により特別徴収ができなくなったとき 納税義務者の退職等の異動により給与の支払いが行われなくなり特別徴収ができなくなった場合,未徴収税額の徴収方法等について,「給与支払報告書・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」により,異動事由が発生した月の翌月10日までに届出をしてください。 非課税の人に異動があった場合も必要です。 この届出がないと,異動した納税義務者の税額がそのまま特別徴収義務者の滞納額になりますのでご注意ください。 異 動 事 由 等 異 動 後 の 徴 収 方 法 様式 備 考 記 入 例 1 12月31日までに退職(休職)し,未徴収税額を納税義務者が納める場合 普通徴収 函館市から納税義務者に納税通知書を送付します。 死亡の場合,未徴収税額は相続人が納めます。 2 死亡による退職の場合 3 転勤先で特別徴収を継続する場合 特別徴収 異動届に新しい給与支払者の情報を記入してください。 4 12月31日までの退職(休職)で,本人が一括徴収を希望した場合 一括徴収 納入月を必ず記入してください。 5 翌年1月1日以降に退職(休職)した場合 普通徴収から特別徴収への切替え 就職等により,年度の途中で特別徴収を希望する納税義務者がいる場合,「普通徴収から特別徴収への切替え申請書」を提出してください。 特別徴収への切替は,1月31日まで受け付けておりますが,納期限が過ぎた未納分については特別徴収へ切り替えできません。 特別徴収義務者の所在地・名称の変更 特別徴収義務者(給与支払者)の所在地・名称等に変更がありましたら,「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」をすみやかに提出してください。 事業所の合併等により,指定番号が変わる場合は,納税義務者の異動届(上表3転勤先で特別徴収を継続する場合)も必ず提出してください。 (法人番号が変わると,指定番号も変わります) 個人住民税特別徴収税額の納期特例の申請 納期特例の承認を受けたい場合,「市道民税特別徴収税額の納期特例承認申請書」を提出してください。 退職手当等に対する個人住民税の納入の申告 退職者(納税義務者)に支払った退職手当等に対する個人住民税を納入する際に,納入書裏面の,退職所得にかかる「市民税・道民税納入申告書」に所要事項を記載してください。 ただし,個人事業主の方は,納入書の裏面は使用せず,別途「市民税・道民税納入申告書(退職所得用)」を函館市役所市民税担当に提出してください。 また,退職手当等の支払いを受ける方の氏名等の確認が必要となりますので,「退職所得に係る特別徴収税額納入内訳書」または,「退職所得の特別徴収票(所得税の退職所得の源泉徴収票と複写になっています。 )」を函館市役所市民税担当に提出してください。 電子申請 北海道電子自治体共同システムの電子申請システムでも申請できます。 関連記事.

次の

個人住民税の給与所得からの特別徴収制度|いなべ市公式ウェブサイト

神戸市役所 特別徴収

回答 概要 給与支払者が,納税義務者(給与受給者)の給与等から個人住民税(函館市の場合は市・道民税)を差引いて徴収し,市町村へ納入する「特別徴収」に関する手続きに必要な書類です。 様式ダウンロード 特別徴収税額(年税額)および月割額の変更 納税義務者の申告等によって,特別徴収税額(年税額)および月割額が変更した場合,当市では「特別徴収税額変更通知書(納税義務者用)」(青色印刷)と「特別徴収税額変更通知書(特別徴収義務者用)」(茶色印刷)を特別徴収義務者へ送付します。 納税義務者用の通知書は直ちに納税義務者へ交付し,納入金額を訂正した納入書により,変更後の月割額を納入してください。 退職,休職,転勤等により特別徴収ができなくなったとき 納税義務者の退職等の異動により給与の支払いが行われなくなり特別徴収ができなくなった場合,未徴収税額の徴収方法等について,「給与支払報告書・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」により,異動事由が発生した月の翌月10日までに届出をしてください。 非課税の人に異動があった場合も必要です。 この届出がないと,異動した納税義務者の税額がそのまま特別徴収義務者の滞納額になりますのでご注意ください。 異 動 事 由 等 異 動 後 の 徴 収 方 法 様式 備 考 記 入 例 1 12月31日までに退職(休職)し,未徴収税額を納税義務者が納める場合 普通徴収 函館市から納税義務者に納税通知書を送付します。 死亡の場合,未徴収税額は相続人が納めます。 2 死亡による退職の場合 3 転勤先で特別徴収を継続する場合 特別徴収 異動届に新しい給与支払者の情報を記入してください。 4 12月31日までの退職(休職)で,本人が一括徴収を希望した場合 一括徴収 納入月を必ず記入してください。 5 翌年1月1日以降に退職(休職)した場合 普通徴収から特別徴収への切替え 就職等により,年度の途中で特別徴収を希望する納税義務者がいる場合,「普通徴収から特別徴収への切替え申請書」を提出してください。 特別徴収への切替は,1月31日まで受け付けておりますが,納期限が過ぎた未納分については特別徴収へ切り替えできません。 特別徴収義務者の所在地・名称の変更 特別徴収義務者(給与支払者)の所在地・名称等に変更がありましたら,「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」をすみやかに提出してください。 事業所の合併等により,指定番号が変わる場合は,納税義務者の異動届(上表3転勤先で特別徴収を継続する場合)も必ず提出してください。 (法人番号が変わると,指定番号も変わります) 個人住民税特別徴収税額の納期特例の申請 納期特例の承認を受けたい場合,「市道民税特別徴収税額の納期特例承認申請書」を提出してください。 退職手当等に対する個人住民税の納入の申告 退職者(納税義務者)に支払った退職手当等に対する個人住民税を納入する際に,納入書裏面の,退職所得にかかる「市民税・道民税納入申告書」に所要事項を記載してください。 ただし,個人事業主の方は,納入書の裏面は使用せず,別途「市民税・道民税納入申告書(退職所得用)」を函館市役所市民税担当に提出してください。 また,退職手当等の支払いを受ける方の氏名等の確認が必要となりますので,「退職所得に係る特別徴収税額納入内訳書」または,「退職所得の特別徴収票(所得税の退職所得の源泉徴収票と複写になっています。 )」を函館市役所市民税担当に提出してください。 電子申請 北海道電子自治体共同システムの電子申請システムでも申請できます。 関連記事.

次の

個人住民税の特別徴収/西脇市

神戸市役所 特別徴収

回答 概要 給与支払者が,納税義務者(給与受給者)の給与等から個人住民税(函館市の場合は市・道民税)を差引いて徴収し,市町村へ納入する「特別徴収」に関する手続きに必要な書類です。 様式ダウンロード 特別徴収税額(年税額)および月割額の変更 納税義務者の申告等によって,特別徴収税額(年税額)および月割額が変更した場合,当市では「特別徴収税額変更通知書(納税義務者用)」(青色印刷)と「特別徴収税額変更通知書(特別徴収義務者用)」(茶色印刷)を特別徴収義務者へ送付します。 納税義務者用の通知書は直ちに納税義務者へ交付し,納入金額を訂正した納入書により,変更後の月割額を納入してください。 退職,休職,転勤等により特別徴収ができなくなったとき 納税義務者の退職等の異動により給与の支払いが行われなくなり特別徴収ができなくなった場合,未徴収税額の徴収方法等について,「給与支払報告書・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」により,異動事由が発生した月の翌月10日までに届出をしてください。 非課税の人に異動があった場合も必要です。 この届出がないと,異動した納税義務者の税額がそのまま特別徴収義務者の滞納額になりますのでご注意ください。 異 動 事 由 等 異 動 後 の 徴 収 方 法 様式 備 考 記 入 例 1 12月31日までに退職(休職)し,未徴収税額を納税義務者が納める場合 普通徴収 函館市から納税義務者に納税通知書を送付します。 死亡の場合,未徴収税額は相続人が納めます。 2 死亡による退職の場合 3 転勤先で特別徴収を継続する場合 特別徴収 異動届に新しい給与支払者の情報を記入してください。 4 12月31日までの退職(休職)で,本人が一括徴収を希望した場合 一括徴収 納入月を必ず記入してください。 5 翌年1月1日以降に退職(休職)した場合 普通徴収から特別徴収への切替え 就職等により,年度の途中で特別徴収を希望する納税義務者がいる場合,「普通徴収から特別徴収への切替え申請書」を提出してください。 特別徴収への切替は,1月31日まで受け付けておりますが,納期限が過ぎた未納分については特別徴収へ切り替えできません。 特別徴収義務者の所在地・名称の変更 特別徴収義務者(給与支払者)の所在地・名称等に変更がありましたら,「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」をすみやかに提出してください。 事業所の合併等により,指定番号が変わる場合は,納税義務者の異動届(上表3転勤先で特別徴収を継続する場合)も必ず提出してください。 (法人番号が変わると,指定番号も変わります) 個人住民税特別徴収税額の納期特例の申請 納期特例の承認を受けたい場合,「市道民税特別徴収税額の納期特例承認申請書」を提出してください。 退職手当等に対する個人住民税の納入の申告 退職者(納税義務者)に支払った退職手当等に対する個人住民税を納入する際に,納入書裏面の,退職所得にかかる「市民税・道民税納入申告書」に所要事項を記載してください。 ただし,個人事業主の方は,納入書の裏面は使用せず,別途「市民税・道民税納入申告書(退職所得用)」を函館市役所市民税担当に提出してください。 また,退職手当等の支払いを受ける方の氏名等の確認が必要となりますので,「退職所得に係る特別徴収税額納入内訳書」または,「退職所得の特別徴収票(所得税の退職所得の源泉徴収票と複写になっています。 )」を函館市役所市民税担当に提出してください。 電子申請 北海道電子自治体共同システムの電子申請システムでも申請できます。 関連記事.

次の