引き抜き はぎ。 初心者の為の鉤針編みの始め方|引き抜き編みの編み方

はぎ・とじ 棒針編み 基本のき 編み物

引き抜き はぎ

かぎ針を使うはぎ合わせ方 かぎ針を使ってのはぎ合わせは技法上の理由から糸はとじ針の様に1本取りではなく、2本取りでのはぎ合わせとなります。 細編みはぎ 編み地の表を上に向け突き合わせにします。 この時、はぎ合わせる糸は近くの編み地に付いています。 まずこの糸で鎖を1目編みます。 次に針から目を外し、遠くの編み地の1目々に向こう側からかぎ針を入れて外した鎖の目に針を通しなおして引き抜きます。 この時点ではまだはぎ合わせてはいません。 次の作業からはぎ合わせになります。 遠くの編み地の目に向こうから手前に針を入れます。 その後、細編みを編む要領で近くの編み地の目に手前から向こうに針を入れて糸を針に引っ掛けて、近くの編み地の目だけを引き抜きます。 この時点では針には最初に細編みを引き抜いた目が1目と向こう側の目が1目、糸で説明すると3本の糸と引き抜いた糸が1本、計4本かかっています。 この4本の糸を針に糸を引っかけて引き抜きます。 これで1目はぎ合わすことができました。 次からも同様に遠くの編み地の目に向こうから針を通し、その針を近くの編み地の目に手前から向こうに入れて糸をかけて近くの編み地の目だけを引き抜きます。 この時点でも針には4本の糸がかかっています。 この4本の糸を針に糸をかけて引き抜きます。 これを目数の分だけ繰り返します。 はぎ合わせるために編んだ目が鎖になって遠くの編み地にデザイン線として効果的に出てきます。 はぎ合わせた糸でできた鎖の近くにある編み地の目が同じく鎖状になって2本並んでいれば正解です。 わかりにくい場合は三つ編みが2本揃って綺麗に並んで入れば正解だと理解してください。 引き抜きはぎ(全目はぎ) 引き抜きはぎは棒針での編み地をはぎ合わせる時によく使われる技法です。 またとても簡単なはぎ合わせかたなので覚えやすく、様々な箇所のはぎ合わせができるために小さなポーチやクッションにも使うことができます。 中表に合わせて手に持ちます。 この時、はぎ合わせる糸は近くの編み地にあります。 細編みを編むのと同様に近くにある編み地の目と遠くの編み地の目に針を手前から向こうに入れ、糸をかけて針にかかっている全ての目を引き抜きます。 これで1目はぎ合わせることができました。 次からも同様に近くの編み地の目と遠くの編み地の目に手前から向こうに針を入れて糸をかけて引き抜きます。 これを目数分、繰り返します。 この引き抜きはぎでは近くの編み地の目と遠くの編み地の目を1目づつ針を通して2目を1度に引き抜いてはぎ合わせました。 この1目を中表になっている編み地の内側にある糸、つまり半目づつ手前から向こうに針を入れて糸をかけて引き抜くと、半目はぎになります。 引き抜いた目が鎖になって引き抜いた箇所にまっすぐに通って入れば正解です。 中表に合わせた編み地の残した半目はその鎖に両側からそうような形になっています。 鎖はぎ 透かし編みに使うはぎ合わせ方です。 編み上がっている透かし模様に準じて目数を変えます。 中表に編み地を合わせて持ち、最初は二枚同時に編み目の頭に針を入れて引き抜きます。 次の編み地の目に届くまで鎖を編み、二枚同時に編み目の頭に針を入れて引き抜きます。 これを最後まで繰り返します。 引き抜きの部分を細編みに変えると鎖と細編みでの鎖はぎになります。 コメント:• 関連記事一覧.

次の

夏糸と冬糸*肩はぎ方法*の使い分け : 毛糸雑貨MERRYMERRY

引き抜き はぎ

*方法としては引き抜きはぎもありますが、今回はより伸縮性のある仕上がりになるかぶせはぎについてです。 これらの3つの方法から、どういった基準で「かぶせはぎの方法」を選べば良いのかをご紹介します。 捨て編みの有無で、仕上がりに違いはでるのでしょうか。 捨て編みをすることによって、最後の段の編み目が伸びて大きくなったり、不揃いにならずに安定した編み目になります。 安定した編み目にするためには、捨て編みを5〜6段ほど編んでおきます。 目と目が突き合わせの状態ではぐので、はぎ代で目が崩れず模様同士もぴったり合い、はぎ代も薄く仕上がります。 捨て編みをした肩のかぶせはぎとは、肩を編み終わったあとに、別糸でメリヤス編みを5段ほど編むことです(本体が模様編みであっても、捨て編みはメリヤスで編みます)。 別糸で編んだメリヤス編みは伏せ止めをして糸を切っておきます。 また捨て編みには、本体に使っている糸と同じ太さの同系色の糸を使用します。 同系色の糸を使用するのは、捨て編みをほどいた時に、編み地に捨て編みの糸が付着してもあまり目立たないからです。 かぶせはぎは、かぎ針・棒針のどちらで行うのが良いのでしょうか。 かぶせた目を伏せ止めにするとき、編み目がきつくなる傾向にあるため、棒針またはかぎ針どちらを使われても、伏せ止めの目がきつくなると、はぎ代がひきつれてしまいます。 かぎ針、棒針、どちらを使用しても構いませんが、編み目がきつくならないように編み目の加減に注意が必要です。 また、どちらを使用しても、向こう側の目を手前の目に引き出す時に、目が針から外れてしまい、そのまま次の目に進んでしまうことがあるため、前後編み地の目数が合わずにほどいてやり直すことにならないように注意いします。 いろいろとはぎ方を検証してみたところ、肩のかぶせはぎを「捨て編み有り」で行うことが綺麗に仕上がるという結論に至りました。 通常のかぶせはぎは、目を落とす危険とやり直しが大変です。 捨て編み無しのかぶせはぎで、やり直しをする場合、色々な方法があると思いますが、恐らく1番速い方法は、前後の針を抜いて、向こう側の1段をほどいてしまいます。 ここは気持ち良くほどけてくれます。 ほどいた状態では、向こう側の編み地は1段少ない状態になっています。 ほどけたら、目の向きに注意しながら2枚の編み地に針を戻します。 そして、向こう側の編み地だけ1段編んで元に戻し、またイチからかぶせはぎを行います。 捨て編みをしたかぶせはぎは、目を落とすことなく、その後の確認も簡単です。 まずは、2枚の編み地を中表に合わせ、手前の端目に針を入れ、そのまま向こう側の編み目に針を入れます。 向こう側の目を 手前の目に通して引き出します。 左端まで同じことを繰り返し、向こう側の目だけが針に残っている状態になります。 (この後は、通常のかぶせはぎと同様に、伏せ目をして終わらせます。 )編み地をひっくり返し、捨て編みを引っ張れば、目数確認も簡単です。 捨て編みがあるおかげで、落ちついて目の操作を行うことができ、「安定した編み目」が生まれます。 もし、捨て編み有りのかぶせはぎ のやり直しをしたい場合は、針を抜き、2枚の編み地を引きはがすだけです。 通常のかぶせはぎをやり直す時と比べると、断然に、簡単に直すことが出来ます。 このように、捨て編みをつけたかぶせはぎは、落ちついて目の操作を行うことができ、かつきれいに仕上がるという、便利な方法です。 コメント:• 関連記事一覧.

次の

夏糸と冬糸*肩はぎ方法*の使い分け : 毛糸雑貨MERRYMERRY

引き抜き はぎ

はぎ 編み地の目と目をつなぎ合わせることを、「はぎ」といいます。 目と段の場合もあります。 糸端を残しておき、その糸ではぎます。 メリヤスはぎ 表目をつくりながら、とじ針を使ってはぎ合わせる方法です。 はいだ糸で1段つくる場合は編み目の大きさにそろえて糸を引き、つくらない場合は、はいだ糸が見えなくなるぐらいに糸を引きます。 はぎに使う糸の長さは編み地の幅の約3倍必要です 表目の伏せ止め 両方とも目で残っている場合• 12枚の編み地を表を上にして、糸端のある方の端の目、向こう側の端の目の順に裏からとじ針を入れ、次は図のように入れます。 2針は常に表から入れて、表に出します。 1つの目に2回ずつ入れます。 3最後の目にも2回針を入れます。 編み地の左右は半目ずれます。 引き抜きはぎ 編み地を中表に持ち、かぎ針ではぎ合わせます。 初心者でも簡単にスピーディーにできます。 両方が目の場合• 12枚の編み地を中表に合わせ、手前と向こうの端の目にかぎ針を入れます。 2糸をかけて2目を一度に引き抜きます。 3次の目にかぎ針を入れて糸をかけ、一度に引き抜きます。 4最後の目をはいで、かぎ針に残った目から糸を引き出して、糸を切ります。 とじ 編み地の段と段をつなぎ合わせることを「とじ」といいます。 すくいとじ 編み地の表側を手前に、編み地を突き合わせて、1目内側や半目内側の横に渡っている糸をとじ針を使ってすくう方法です。 とじた糸は見えなくなるまで引きますが、引きすぎるととじた位置がつれますので、編み地の伸縮も考えて、バランスよく引きます。 表目の引き抜き止め 【直線の部分】• 1編み始め側から糸端で左右の作り目同士をすくってつなぎます。 22枚の編み地の1目内側の横糸を交互に、1段ずつすくいます。 3とじた糸は、見えなくなる程度に引きます。 【増し目の部分】 1増し目でねじられた足の外側の糸をすくいます。 2次の横糸は1目内側をすくいます。 【減目の部分】 減目した目の内側半目の間に針を入れ、次の段の横糸の上から出します。

次の