ショコラ ド ボヌール。 ショコラ・デュ・ボヌール (Chocolat de Bonheur)

福岡市、警固のフレンチ「ル マルシャン ド ボヌール」。記念日や接待に

ショコラ ド ボヌール

おすすめテイクアウトメニュー ・イチゴショート 382円(税別) ・噴火ショコラ 382円(税別) 洞爺湖温泉街の乃の風リゾート1階にあるガトー・ド・ボヌールは、ホテルパティシエが腕を振るう本格ケーキをゆったりと楽しめるカフェです。 ショーケースには宝石のように美しいケーキがずらり。 乳製品やフルーツをふんだんに使用し、上質な材料で手作りされています。 定番のイチゴショートは、キメ細かくしっとりとしたスポンジでフルーツとクリームを挟んだ一品。 ジューシーなイチゴの食感とふんわりした口溶けがたまらない美味しさです。 チョコレートを贅沢に味わうなら噴火ショコラがおすすめ。 このほか洞爺湖中島をかたどったNAKAJIMA等、焼き菓子も人気です。 併設の厨房では、6名のパティシエが丹生込めてケーキを作っています。 若手のホープ・酒井さんは「当店のケーキは素材の味を生かして、あっさりとした甘さに仕上げています。 ホテルの味をご家庭で気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです!」と笑顔で話していました。 お誕生日やお祝い用ケーキの予約も受け付けています。 3日前までに電話でご注文ください。 * イートインの営業は現在自粛しております。

次の

『ショコラ・デュ・ボヌール松本店』by 雛萌 : ショコラ・デュ・ボヌール 松本店

ショコラ ド ボヌール

自由が丘に近い住宅街にひっそりと構えるお店は、色とりどりのチョコレートが陳列されるショコラトリー。 ル・プティ・ボヌールで提供されている、パート・ド・フリュイ。 パート・ド・フリュイを見ると砂糖菓子のように感じてしまい避ける方も多いのではないだろうか。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイは、見た目よりも全く甘くなくむしろ甘さ控えめで品の良い甘さ。 また、果物の風味が大変濃厚であり、まるで果物自体を食べているかと勘違いするほどの味である。 今回は、そんなル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイを特集する。 パート・ド・フリュイとは パート・ド・フリュイとは、フルーツのピューレをペクチンで固めたゼリーである。 パート・ド・フリュイは、果汁で作りフルーツを凝縮することからフランス語で直訳するとフルーツの生地と言われている。 パート・ド・フリュイ 簡単レシピ パート・ド・フリュイ作り方はシンプルである。 フルーツのピューレやジュースをグラニュー糖などと煮詰め、沸騰したらペクチンを混ぜ合わせる。 煮詰めた液体を型に流し、固めた生地を一口サイズに切って完成となる。 初めて作る際は沸騰時間が難しく固まらないということもよくある。 ル・プティ・ボヌール オーナーの 廣嶋 氏は、チョコレートの修行ではなくお菓子教室をしたくフランスに修行。 しかし、イースターをきっかけにチョコレートに興味をもった。 フランスのお菓子屋はイースターの時期にチョコレートの細工を行う。 チョコレートで作る卵や人形など様々な繊細だけど面白いチョコレートに惹かれていった。 それからチョコレートが面白くのめりこんだのがきっかけだったと語る ル・プティ・ボヌール オーナーの廣嶋氏。 「それから帰国後、ルコルドンブルー、迎賓館と経験を積み。 大阪で自分でお店を開くことにしました。 小さな幸せを運ぶという想いを込めてつけた名前です。 」 お菓子は嗜好品。 壮大なものではなく大きな幸せを与えるものではないが、ちょっとつまんでホッとするようなものを作っていきたいと考えていた。 その後、結婚をきっかけに自由が丘に近い九品仏に移転したという。 楽しいと思って作れないとそもそも美味しいものは作れないと思っています。 」 チョコレート作りは、ケースはすごい華やかに見えるが、チョコレートを作る工程は地味である。 「淡々と作る作業の中でも、最後の工程で綺麗な色や自分の頭の中でイメージした出来栄えになった時はとてもテンションが上がりますし、そういった嬉しさというのはお客様に届くもの。 」 「実はショコラトリーってケーキ屋さんみたいにショーケースで季節感を出しにくいものなのです。 なので、チョコレートの中身を季節感の感じれるフルーツを選んで、ご来店されるお客様も楽しんでもらえるショコラトリーを目指しています。 」 よく、冷凍の方が味が安定するという理由で業務用の冷凍のフルーツのピューレを使っている所が多いと思う。 しかし、フルーツのもつ香りやフレッシュさはどうしても表現できないことも多い。 もちろん冷凍のフルーツピューレも使用するが、ル・プティ・ボヌールのボンボンショコラでは、香りの出にくい桃やラフランスなどは旬の季節のフルーツを完熟し加工して使っている。 ル・プティ・ボヌールのこだわりのパート・ド・フリュイ ショコラトリーであるル・プティ・ボヌールはパート・ド・フリュイを取り扱う。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイだからこそ、チョコレートでのこだわりが活きてくる。 チョコレートでもこだわっているフルーツ。 果物によっては、香りの出にくいものも、フルーツを完熟させることでまるで果物を食べているような風味になる。 ル・プティ・ボヌールは、チョコレートでも活用しているフルーツの使い方を、パート・ド・フリュイ活かしている。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイを求め自由が丘へ スイーツ激戦区である自由が丘。 その中でも本格派チョコレートで満足度が高い商品を取り扱っているル・プティ・ボヌール。 チョコレートも非常に素晴らしいが、チョコレート以外のパート・ド・フリュイも食べに行ってみてはいかがだろうか。 今回紹介したル・プティ・ボヌールのこだわりについてもっと知りたい方は、ブランドストーリーをご覧いただきたい。 自由が丘 ショコラトリー ル・プティ・ボヌールのブランドストーリーは ル・プティ・ボヌールの店舗紹介.

次の

【楽天市場】【バレンタインチョコ】【F

ショコラ ド ボヌール

自由が丘に近い住宅街にひっそりと構えるお店は、色とりどりのチョコレートが陳列されるショコラトリー。 ル・プティ・ボヌールで提供されている、パート・ド・フリュイ。 パート・ド・フリュイを見ると砂糖菓子のように感じてしまい避ける方も多いのではないだろうか。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイは、見た目よりも全く甘くなくむしろ甘さ控えめで品の良い甘さ。 また、果物の風味が大変濃厚であり、まるで果物自体を食べているかと勘違いするほどの味である。 今回は、そんなル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイを特集する。 パート・ド・フリュイとは パート・ド・フリュイとは、フルーツのピューレをペクチンで固めたゼリーである。 パート・ド・フリュイは、果汁で作りフルーツを凝縮することからフランス語で直訳するとフルーツの生地と言われている。 パート・ド・フリュイ 簡単レシピ パート・ド・フリュイ作り方はシンプルである。 フルーツのピューレやジュースをグラニュー糖などと煮詰め、沸騰したらペクチンを混ぜ合わせる。 煮詰めた液体を型に流し、固めた生地を一口サイズに切って完成となる。 初めて作る際は沸騰時間が難しく固まらないということもよくある。 ル・プティ・ボヌール オーナーの 廣嶋 氏は、チョコレートの修行ではなくお菓子教室をしたくフランスに修行。 しかし、イースターをきっかけにチョコレートに興味をもった。 フランスのお菓子屋はイースターの時期にチョコレートの細工を行う。 チョコレートで作る卵や人形など様々な繊細だけど面白いチョコレートに惹かれていった。 それからチョコレートが面白くのめりこんだのがきっかけだったと語る ル・プティ・ボヌール オーナーの廣嶋氏。 「それから帰国後、ルコルドンブルー、迎賓館と経験を積み。 大阪で自分でお店を開くことにしました。 小さな幸せを運ぶという想いを込めてつけた名前です。 」 お菓子は嗜好品。 壮大なものではなく大きな幸せを与えるものではないが、ちょっとつまんでホッとするようなものを作っていきたいと考えていた。 その後、結婚をきっかけに自由が丘に近い九品仏に移転したという。 楽しいと思って作れないとそもそも美味しいものは作れないと思っています。 」 チョコレート作りは、ケースはすごい華やかに見えるが、チョコレートを作る工程は地味である。 「淡々と作る作業の中でも、最後の工程で綺麗な色や自分の頭の中でイメージした出来栄えになった時はとてもテンションが上がりますし、そういった嬉しさというのはお客様に届くもの。 」 「実はショコラトリーってケーキ屋さんみたいにショーケースで季節感を出しにくいものなのです。 なので、チョコレートの中身を季節感の感じれるフルーツを選んで、ご来店されるお客様も楽しんでもらえるショコラトリーを目指しています。 」 よく、冷凍の方が味が安定するという理由で業務用の冷凍のフルーツのピューレを使っている所が多いと思う。 しかし、フルーツのもつ香りやフレッシュさはどうしても表現できないことも多い。 もちろん冷凍のフルーツピューレも使用するが、ル・プティ・ボヌールのボンボンショコラでは、香りの出にくい桃やラフランスなどは旬の季節のフルーツを完熟し加工して使っている。 ル・プティ・ボヌールのこだわりのパート・ド・フリュイ ショコラトリーであるル・プティ・ボヌールはパート・ド・フリュイを取り扱う。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイだからこそ、チョコレートでのこだわりが活きてくる。 チョコレートでもこだわっているフルーツ。 果物によっては、香りの出にくいものも、フルーツを完熟させることでまるで果物を食べているような風味になる。 ル・プティ・ボヌールは、チョコレートでも活用しているフルーツの使い方を、パート・ド・フリュイ活かしている。 ル・プティ・ボヌールのパート・ド・フリュイを求め自由が丘へ スイーツ激戦区である自由が丘。 その中でも本格派チョコレートで満足度が高い商品を取り扱っているル・プティ・ボヌール。 チョコレートも非常に素晴らしいが、チョコレート以外のパート・ド・フリュイも食べに行ってみてはいかがだろうか。 今回紹介したル・プティ・ボヌールのこだわりについてもっと知りたい方は、ブランドストーリーをご覧いただきたい。 自由が丘 ショコラトリー ル・プティ・ボヌールのブランドストーリーは ル・プティ・ボヌールの店舗紹介.

次の