簡単 おもてなし 料理。 特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

肉の匠家

簡単 おもてなし 料理

簡単なのに華やかなメイン、おかず、デザートまで人気のおもてなし料理のレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)掲載のレシピから厳選してまとめました。 メインになるおもてなし料理のレシピ 【1】ケーキ風ミートローフ 色鮮やかな野菜や卵がお肉にぎゅっ!ボリューム満点で子供に人気のおもてなし料理です。 両端を5cmほど重ねて直径約16cmの円を作り、オーブンペーパーを敷いた天板の上にのせる。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、みじん切りにした玉ねぎ、1cm角に切ったにんじん、小口切りにしたいんげんを炒める。 肉の色が変わったらバットにあけて冷ます。 【3】ボウルで残りのひき肉と【A】を練り混ぜ、【2】を加えて混ぜる。 【5】アルミホイルをはがして器に盛り付け、ブロッコリー、小さく切ったミニトマトを飾る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 【2】フライドチキン照り焼き味 チューリップにするほんのひと手間でおもてなし感が上がります。 ちょっと和風が食べやすい一品。 切り込みから骨を出し、細いほうの骨を逆に倒すようにして取り出す。 肉をめくるようにして、太い骨からはがす)。 ビニール袋に入れて【A】を加え、袋の上からもみ、2時間以上おく(時間がないときはしょうゆを少し多めに入れ、漬けずに作る)。 【2】【1】に混ぜ合わせた【B】を加え、袋の上から軽くもんでなじませる。 【3】【C】を混ぜ合わせて、【2】にまぶしつけ、5分くらいおいて手で握るようにして形を整える。 *チューリップ型はお肉屋さんでもしてもらえます。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 11歳と6歳の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 【3】ミックスパスタのオーブン焼き テーブルで取り分けるので盛り付けいらず。 見た目が豪華なのに重ねて焼くだけなので、おもてなし料理の心強い味方。 【2】フライパンにオリーブオイルをひいて、みじん切りにしたにんじん、玉ねぎ、セロリを炒める。 【3】【2】がキツネ色になったら肉を入れて炒め、白ワインを加えてアルコ ールを飛ばす。 【4】カットトマトを入れて煮つめ、塩・こしょうで味を調整する。 【5】【4】に【1】と刻んだモッツ ァレッラチーズを入れて混ぜる。 教えてくれたのは ベリッシモ・フランチェスコさん イタリア料理研究家、料理コンサルタント。 イタリア・ローマ出身。 料理指導のほか、各メディアを通し、イタリアと日本の文化の架け橋的な役割を果たす。 オリーブオイル・ソムリエ(AISO認定)としても活躍。 ポリ袋に【A】を混ぜ合わせ、手羽元を加えてからめ、室温で15分ほどおく。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、たれを軽く切った手羽元の皮面を下にして焼き付ける。 こんがりするまで2分ほど焼いたら返し、水大さじ2(分量外)を加えてふたをし、弱火で6~7分蒸し焼きにする。 【3】フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き、【B】を加える。 強火にし、照りよくからめて器に盛り、イタリアンパセリを添える。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子供向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 【5】カマンベールチーズフォンデュ カマンベールチーズをそのまま器にも使っちゃう!牛乳を加えてとろ~りまろやか。 ウインナーはゆでてから食べやすい大きさに切る。 フランスパンは2~3cm角に切る。 【2】カマンベールチーズは表面に丸く切り込みを入れて表面を薄く削り取る。 オーブンシートを敷いた耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)で1分30秒~2分加熱する。 途中ふつふつしたら取り出し、牛乳を入れて軽く混ぜ、さらにチーズが溶けるまで加熱して軽く混ぜる。 【3】器に【2】と【1】を盛り、野菜やウィンナーに溶けたチーズを絡めながら食べる。 *大人用には少量白ワインを加えても。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 和食風のおもてなし料理レシピ 【1】鶏肉とごぼうのちらし寿司 子どもが好きな少し甘みのあるすし酢で。 鶏ごぼうが入り、風味が増してわい豊かに。 大人も子供も喜ぶメニューです。 ボウルなどに移し、混ぜ合わせた【A】を回しかけて、酢めしを作る。 【2】ごぼうは皮をこそいで薄い輪切りにし、水につけてアクを抜く。 鶏肉は細かく切る。 【3】鍋に【2】と【B】を入れて火にかけ、15分ほど煮詰めて汁けをとばす。 【4】【1】に【3】を加えて混ぜる。 【5】錦糸卵と刻みのりを盛りつける。 教えてくれたのは おしゃれな暮らしぶりと簡単でおいしいレシピが大人気。 二児のママ。 『ベビーブック』2012年2月号 【2】えびフライの天むす風おにぎり 子供の集まる日はおにぎりを用意すればひとまず安心。 そこにボリュームのあるえびフライが入っていたら、それだけでも満足の一品に。 【2】ラップにご飯を6等分してのせ、【1】を芯にして包むように三角形ににぎる。 塩をまぶし、のりを巻く。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 献立に困ったときの定番おもてなし料理 【1】鶏肉とかぼちゃのトマト煮 簡単なのに赤と黄色の彩りがきれいで、おもてなしにピッタリ。 肉と野菜のうまみと栄養たっぷりの一品に。 しめじ、かぼちゃ は食べやすく切る。 【2】油を熱してしめじを焼き、鶏 肉を加えて全面を焼く。 【3】【A】とかぼちゃを加えてざっくり混ぜ、蓋をして弱めの中火で7? 8分蒸し煮にする。 途中1~2回混ぜて焦げないように煮る。 【2】中火にかけ、混ぜながらとろりとするまで10分ほど煮詰める。 それ以上は冷凍がおすすめ。 教えてくれたのは 料理研究家。 国際中医師・国際中医薬 膳師。 食養生やハーブなどの専門家でもあり、体にいいものを簡単においしく作れるレシピが人気。 『ベビーブック』2017年6月号 【2】ミートソース ミートソースは子供が大好きなメニューの一つ。 【2】鍋にオリーブ油を熱し、【1】を弱火でじっくりと炒める。 玉ねぎが透き通っ てきたらひき肉を加え、ほぐすように炒める。 【3】 肉の色が変わったら赤ワインを注ぎ、アルコール分が飛んだら【B】を加え、ヘラでトマトをつぶしながら中弱火で30分煮る。 最後に【C】で味を調える。 【4】スパゲッティをゆでて器に盛り、【3】をかける。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 にんにくはみじん切りにする。 【2】フライパンに油とにんにくを入れて中弱火で炒め、香りが立ったら玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたら小麦粉をふって絡める。 牛肉を加えて炒め、色が変わったら、ブロッコ リー、トマト、水3カップ、【A】を加え、 ふたをして煮込む。 とろみがついたら生クリームを加えて混ぜる。 【3】器にご飯を盛って、【2】をかける。 *お好みでご飯に指ですりつぶしたくるみを散らしても。 生クリームは 牛乳や豆乳に替えてもOKです。 教えてくれたのは 調理師、国際中医薬膳 師・中医師。 旬の食材 の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理 が人気。 NHK『あさイチ』などテレビでも活躍 中。 一女の母。 『ベビーブック』2017年2月号 おつまみにもなるおもてなし料理 【1】サワークリームのサーモン巻き 子供に人気のサーモンの一品。 サワークリームを巻いて、ちょっと大人っぽくいただきます。 【2】【1】を皿に盛り付けて、とびっこを少量ずつのせ、オリーブオイルを適量かける。 残りのとびっこを周囲に飾る。 教えてくれたのは ベリッシモ・フランチェスコさん イタリア料理研究家、料理コンサルタント。 イタリア・ローマ出身。 料理指導のほか、各メディアを通し、イタリアと日本の文化の架け橋的な役割を果たす。 オリーブオイル・ソムリエ(AISO認定)としても活躍。 『めばえ』2016年12月号 【2】かぼちゃのクリームチーズカナッペ パンとカボチャとクリームチーズがベストマッチ!つまんで食べられ、おしゃれな一品は子供だけでなく大人も楽しめます。 飾り用を分けて、残りは皮を除き、ボウルに入れてつぶす。 かぼちゃが熱いうちに、クリームチ ーズを加えて混ぜる。 【2】軽くトーストしたパンに【1】のかぼちゃクリームを塗り、1枚を9等分に切る。 クリームチーズ(分量外)をのせ、レーズンと飾り用のかぼちゃをトッピングする。 教えてくれたのは 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心とした、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 男の子と女の子のパパ。 『ベビーブック』2012年10月号 【3】ワンタンカップのポテトサラダ ワンタンの皮をトースターで焼けば、ひらひらとかわいい器に変身!パリパリと音をたてながら一緒に食べましょう。 【2】じゃがいもは皮をむいて1. 5cm角に切り、水からゆでて熱いうちにつぶし、缶汁をきったツナ、マヨネーズ、酢、塩・こしょう・砂糖を混ぜる。 【3】容器から出した【1】に【2】を盛り、ゆでて星形に抜いたにんじん、刻んだミニトマトを飾る。 簡単にできるおもてなし料理 【1】シーフードカナッペ かにと小えびのシーフードの風味が豊かです。 味はマヨネーズ+レモン汁少々で、ちょっと大人っぽい味わいに。 あれば刻んだパセリを散らす。 *具は食べる直前にのせる。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 【2】アボカドディップツリー クリスマスにぴったり!アボカド、マヨネーズは濃厚なのでクラッカーの塩気がよく合います。 お花畑みたいなオードブル。 【2】【1】をざるなどでこし、口金をつけた絞り袋に入れる。 【3】クラッカーの上に【2】をうず巻き状に絞り出してツリーを作る。 星形にしたチーズとコーンを飾る。 【3】スタッフドエッグ 子供が大好きな卵とツナに、パプリカでいろどりを添えただけで、お花畑みたいなオードブルに。 お誕生日などの記念日に登場したら子供の笑顔がこぼれますね。 【2】ゆで卵の黄身、缶汁を切ったツナ、【A】を混ぜ合わせ、白身を器にして盛り付ける。 【3】細かい角切りにしたパプリカとパセリの葉先を飾る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 人気のおもてなしレシピ 【1】ローマ風カツレツ カリッとオリーブオイルで焼き上げるカツレツ。 ボリュームもしっかりあるので、子供たちが喜ぶ一品です。 【2】バ ットにパン粉、みじん切りにしたにんにくとイタリアンパセリ、黒こしょうを入れる。 【3】肉を【1】にくぐらせて、表面に【2】をつける。 これを2回繰り返す。 【4】オリーブオイルを多めにひいたフライパンに【3】を入れ、中火で3分以上、両面がキツネ色になるまで焼く。 【5】クッキングシートの上において油気を取る。 【6】食べやすい大きさに切って器に盛り、レモンを絞りかける。 プチトマト(分量外)を飾る。 教えてくれたのは ベリッシモ・フランチェスコさん イタリア料理研究家、料理コンサルタント。 イタリア・ローマ出身。 料理指導のほか、各メディアを通し、イタリアと日本の文化の架け橋的な役割を果たす。 オリーブオイル・ソムリエ(AISO認定)としても活躍。 『めばえ』2016年12月号 【2】ハムのミニロールパイ くるくると巻き模様がかわいい!ハムとパイの簡単ロールパイ。 手前からしっかりと巻き、巻き終わりを手で押さえて形を整える。 【2】【1】を包丁で8等分に切り、渦巻きの断面が見えるようにオーブンシートを敷いた天板に並べ、手のひらで軽く押しつぶす。 卵黄と牛乳を混ぜて塗る。 【2】星型の大・中でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、大で【1】を、中で星で抜いたハムをはさみ、星の小型で抜いたチーズとともにピックで留める。 【3】ハートやツリーなどの型でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、チョコクリームやジャムをはさむ。 上になるパンは小さい型で抜いて中身が見えるようにしても。 *30分以上冷やすと、しっとりとなじんでおいしい。 型がない場合は包丁で切るか、瓶のふたなどの丸型で抜いても。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 かぼちゃ100gに対し、水小さじ4を加えてラップをふんわりとかけ、電子レンジで4分~4分30秒ほど柔らかくなるまで加熱。 網で裏ごしし、冷まして使用。 【2】バターを電子レンジに30秒ほどかけて溶かし、【1】に加え混ぜる。 【3】【2】にホットケーキミックスを加え、泡立て器で粉気がなくなるまで混ぜる。 【4】フッ素樹脂加工のフライパンを中火で熱し、一旦濡れ布巾の上に置いて冷ます。 表面にプツプツ穴が開き、端が少し乾いてきたら裏返して1分ほど焼く。 残りの生地も同様に焼く。 【5】ボウルに【A】を入れ、ボウルの底を氷水に当てながら泡立てる。 泡立て器で持ち上げるとツノが立っておじぎをする状態が目安。 【6】黄桃を4等分に切ってキッチンペーパーで汁気を取る。 みかんも汁気を取っておく。 【7】【6】を飾り用に黄桃4切れ、みかん2粒取り分ける。 パンケーキの上に【5】を塗って【6】を適量並べ、その上に【5】を塗って別のパンケーキを重ねる。 これを4枚分くり返す。 【8】一番上のパンケーキの中心に【5】をのせ、スプーンで広げる。 【9】【7】で取り分けた黄桃とみかんをバランス良く飾る。 粉砂糖(分量外)を振る。 【2】別のボウルに【A】をふるいにかけながら入れる。 中央をこぶしでくぼませて【1】を入れ、ゴムべらで中心から粉を崩しながらゆっくりと混ぜる。 【3】粉っぽさが消えたらラップに包み、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。 【4】【3】のラップを外して打ち粉(分量外のホットケーキミックス)を広げた台におき、めん棒で1cmの厚さに伸ばす。 直径7cmのドーナツ型で抜く(型がない場合は大小のコップなどを組み合わせて使用)。 残った生地を再度伸ばして抜く。 【6】チョコレートを湯煎にかけて溶かし、【5】にスプーンなどで線描きして乾かす。 【5】を4等分に切ってピックで刺し、溶かしたチョコレートにつけてもよい。 教えてくれたのは 下迫綾美さん お菓子研究家。 人気の洋菓子店で7年間修業を積み、2008年に独立。 2010年より、少人数制のお菓子教室『Thinglike』を主宰。 おいしさはもちろん、かわいくて夢のあるデコレーションにも定評あり。 『めばえ』2016年11月号.

次の

おもてなし料理の人気レシピ!簡単でも豪華でおしゃれなメニューとは?

簡単 おもてなし 料理

お客さま参加型のセルフ料理でおもてなし! お客さまを自宅に招いておもてなしするホームパーティー。 でもやっぱり自分も一緒に楽しみたいのであまり手間のかかりすぎる料理は敬遠したいですね。 そこでパーティのメイン料理におすすめなのが、お客さまにも参加してもらうセルフ料理。 みんなでワイワイ楽しみながら、食べたいものを、食べたいように、食べたいだけいただいてもらえ、とても評判が良いようです。 事前に手巻き寿司をすることを伝えておき、自慢の寿司ダネを持参してもらってもよいでしょう。 基本の寄せ鍋のほかに、トマトソースベースのイタリアン鍋や、カレーのルゥを和風だしでのばしたカレー鍋などもおすすめ。 鍋の具はそれぞれ持ち寄ってもらってもよいでしょう。 最後の仕上げをお客様の目の前でやると、盛り上がる。 目の前で熱々のソースをかけるとか、キレイに盛り付けたサラダを豪快に混ぜ合わせるとか。 品数がない時に是非!と思うパーティーでのおすすめ技でとにかくディップソースを沢山作る!というのがあります。 私は家にジャガイモしかないのに友達をよんでとにかくポテトを揚げまくり、様々に用意したディップにつけて皆でワイワイ盛り上がりました。 定番のマヨネーズ、塩、ケチャップ、カレー塩、抹茶塩、たらこマヨネーズ、バジルソース、オーロラソース…・七味や大根卸し、もみじ卸も用意したらそれはそれでまた楽しくお酒も飲めましたよ!• サラダバーを作って各自自由に取っていただきメインの料理は出来立てを1人ずつお出しする。 大皿にメインの料理(肉でも魚でも)を真ん中に、まわりに温野菜、生野菜、豆、豆腐、海草など何でものせてしまうとパーティーっぽくなります。 おもてなし料理では、味の濃いものと薄いものを出しています。 最初は、付きだしとして一品。 ビールで。 次は味の濃いものを。 最後は、味の薄いものを日本酒でいただいてもらっています。 パーティー料理は、とにかく段取りが重要です。 サラダ、煮物は作っておき、煮物は温める。 焼き物、揚げ物は下準備をしておいて直前に調理します。 ちなみに、今までのパーティー料理で喜ばれたものは、「チーズと大葉の包み揚げ」「豚の角煮」「鶏の南蛮漬け」「串揚げ」「手巻き寿司」です。 串揚げや手巻き寿司など、自分が食べたいものを食べられるのも魅力的です。 家でおもてなしをする時は、敢えて凝った料理でなくカレーを鍋ごとテーブルの上においてよそったり、コロッケやグラタンなどの家庭料理を味わってもらいます。 他所の家で食べるものがとても新鮮で美味しく感じますよね。 おすすめ料理は、スペアリブやパエリア。 ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎など色々なお酒を飲むことを想定し、どれにでも合う料理を心がけるようにする。 煮込み料理は前の晩から仕込めるので、はずせません。 冷たい料理も作って冷やして置けるので、二品くらいあると便利です。 私はいつも色鮮やかになるようにしています。 ミニトマト(赤)やブロッコリー、枝豆(緑)は飾りに最適!!!料理に使わない場合は、おつまみにも良いので味をつけてカラフルな串にさして、メインの周りにおいておきます。 みんなお酒を飲むので、ややこしい食べものより簡単に口に入るものが好まれるなぁと思います。 おもてなしにはよくサブで豚汁を作ります。 大きい鍋にいっぱい作って好きにおかわりしてもらいます。 汁物があるとなんとなく安心です。

次の

時短で、おもてなし料理!手抜きに見えない簡単調理アイデアとは?|アサヒ軽金属工業

簡単 おもてなし 料理

お客さま参加型のセルフ料理でおもてなし! お客さまを自宅に招いておもてなしするホームパーティー。 でもやっぱり自分も一緒に楽しみたいのであまり手間のかかりすぎる料理は敬遠したいですね。 そこでパーティのメイン料理におすすめなのが、お客さまにも参加してもらうセルフ料理。 みんなでワイワイ楽しみながら、食べたいものを、食べたいように、食べたいだけいただいてもらえ、とても評判が良いようです。 事前に手巻き寿司をすることを伝えておき、自慢の寿司ダネを持参してもらってもよいでしょう。 基本の寄せ鍋のほかに、トマトソースベースのイタリアン鍋や、カレーのルゥを和風だしでのばしたカレー鍋などもおすすめ。 鍋の具はそれぞれ持ち寄ってもらってもよいでしょう。 最後の仕上げをお客様の目の前でやると、盛り上がる。 目の前で熱々のソースをかけるとか、キレイに盛り付けたサラダを豪快に混ぜ合わせるとか。 品数がない時に是非!と思うパーティーでのおすすめ技でとにかくディップソースを沢山作る!というのがあります。 私は家にジャガイモしかないのに友達をよんでとにかくポテトを揚げまくり、様々に用意したディップにつけて皆でワイワイ盛り上がりました。 定番のマヨネーズ、塩、ケチャップ、カレー塩、抹茶塩、たらこマヨネーズ、バジルソース、オーロラソース…・七味や大根卸し、もみじ卸も用意したらそれはそれでまた楽しくお酒も飲めましたよ!• サラダバーを作って各自自由に取っていただきメインの料理は出来立てを1人ずつお出しする。 大皿にメインの料理(肉でも魚でも)を真ん中に、まわりに温野菜、生野菜、豆、豆腐、海草など何でものせてしまうとパーティーっぽくなります。 おもてなし料理では、味の濃いものと薄いものを出しています。 最初は、付きだしとして一品。 ビールで。 次は味の濃いものを。 最後は、味の薄いものを日本酒でいただいてもらっています。 パーティー料理は、とにかく段取りが重要です。 サラダ、煮物は作っておき、煮物は温める。 焼き物、揚げ物は下準備をしておいて直前に調理します。 ちなみに、今までのパーティー料理で喜ばれたものは、「チーズと大葉の包み揚げ」「豚の角煮」「鶏の南蛮漬け」「串揚げ」「手巻き寿司」です。 串揚げや手巻き寿司など、自分が食べたいものを食べられるのも魅力的です。 家でおもてなしをする時は、敢えて凝った料理でなくカレーを鍋ごとテーブルの上においてよそったり、コロッケやグラタンなどの家庭料理を味わってもらいます。 他所の家で食べるものがとても新鮮で美味しく感じますよね。 おすすめ料理は、スペアリブやパエリア。 ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎など色々なお酒を飲むことを想定し、どれにでも合う料理を心がけるようにする。 煮込み料理は前の晩から仕込めるので、はずせません。 冷たい料理も作って冷やして置けるので、二品くらいあると便利です。 私はいつも色鮮やかになるようにしています。 ミニトマト(赤)やブロッコリー、枝豆(緑)は飾りに最適!!!料理に使わない場合は、おつまみにも良いので味をつけてカラフルな串にさして、メインの周りにおいておきます。 みんなお酒を飲むので、ややこしい食べものより簡単に口に入るものが好まれるなぁと思います。 おもてなしにはよくサブで豚汁を作ります。 大きい鍋にいっぱい作って好きにおかわりしてもらいます。 汁物があるとなんとなく安心です。

次の