オキシドール 使い方。 健栄製薬

オキシドールとエタノールの違いとは?それぞれの効果的な使用方法!

オキシドール 使い方

Contents• オキシドールの効果 オキシドールは過酸化水素とよばれるもので、水素分子に酸素がひとつ余分についた構造をした化合物のひとつです。 オキシドールが殺菌作用を持つ理由は、水素分子についている酸素分子が病原菌に作用し、菌を酸化させることでその菌を殺すことができるのです。 怪我した時の消毒液に使われるのもこの原理です。 オキシドールの影響 菌に効果があるということは、もしかして生体にも影響が出てしまうのでは?と思う方も多いと思いますが、心配ご無用! 海水魚などの生体は カタラーゼという分解酵素をもっているため、体内にオキシドールが入ってもすぐに分解されるので、悪影響がありません。 しかし病原菌はこのカタラーゼを持っていないため、消毒されて死滅してしまうんです。 ちなみにエビやイソギンチャク、サンゴなどもこのカタラーゼを持っているため、オキシドールによる 影響はほとんどありません。 つまりオキシドールは生体に付着した病原菌を退治する方法として、非常に効率のいい方法なんです。 オキシドールの使用方法 さてそれでは今回のメインテーマ、オキシドールの使用法についてお話しましょう! 実はオキシドールは白点病治療に有名な ICHという商品の主原料なんです。 このICHという商品はオキシドールが主成分であり、かつ薬局で売っているオキシドールと ほぼ同じ濃度での販売なので、ICHと同じ使用方法でオキシドールを使用することができるのです。 ではその使用方法を書いていきましょう。 海水4Lに対して0. 2 つまり8. 分量や方法を間違えなければ皆様も白点病をしっかりと治療できるようになるでしょう。 ぜひ試してみてください!.

次の

オキシドールはニキビへの効果と使い方!

オキシドール 使い方

オキシドールの家庭での用途について。 以下の様な、用途が海外であるとどこかのWEBで見ました。 本当にこういう使い方ができるのか、危険であるとか、妥当であるとかのご意見をお願いします。 ボトルについてくる小さなカップ一杯分のプロキサイドを口に含み10分間クチュクチュしてペッする。 (シャワーを浴びているときにすると時間がもったいなくない。 ) これをすることで、口内炎が出来にくくなり、歯のホワイトニングが出来る。 高い市販のマウスウォッシュを利用するよりこちらの方がずっとお得。 うがいもOK。 歯ブラシの消毒液として利用。 ばい菌を取ってくれる。 キッチンのカウンターなど清潔にしておかなければない場所の消毒液として利用。 ばい菌を取り除き、いやなにおいも消す。 木製のまな板の消毒液として利用。 サルモネラやその他有害なバクテリアを殺してくれる。 水虫薬として利用。 水1:プロキサイド1の溶液を足にスプレー。 しつこい水虫にさようなら。 しつこい傷口をプロキサイドの溶液につけると直りが早い。 水1:プロキサイド1の溶液をボトルに入れて、洗面台やお風呂場のお掃除溶液として利用。 夜中に歯が痛くても歯医者さんにいけない場合、プロキサイドを口に含み10分ほどクチュクチュする。 もしあなたが金髪なら、プロキサイドをシャンプーした後のまだ乾ききっていない髪にスプレーすると、つやつやの金髪になる。 (これは、日本人がやったらえらいことになりそう..) 補足安全かつ妥当なんですね! 私は科学に疎いのですが、オキシドールは髪の脱色に使われるくらいだから、皮膚や粘膜を刺激するものと思っていました。 ですので、外用やまな板に使うことはリスクは低く、ビクウや口腔内には使うべきではないと思っていました。 1,9は稀釈せずでもOKって事に驚きました!.

次の

オキシドールはニキビへの効果と使い方!

オキシドール 使い方

オキシドールは別名、 過酸化水素のことで発泡性があります。 オキシドールは擦り傷などによく塗られる一般的な消毒液です。 ただし現在はオキシドールよりもエタノールの方が用いられます。 薬局やドラッグストアでも売られており、値段は 500mlあたり500円となっています。 見た目は水と同じなのですが、刺激が強くスースーとして、肌に塗ると泡が発生するのが特徴的とされます。 そしてこのオキシドールを ニキビに塗ることで治ったという声が広がっています。 ネットで話題のニキビ治療とされています。 ここではオキシドールのニキビへの効果と注意点、そしてニキビへの使い方についてお伝えします。 オキシドールのニキビへの効果 なぜオキシドールがニキビに効果的なのかとされるかというと 殺菌作用と角質軟化作用のふたつによります。 そしてこの殺菌力によって、ニキビの根本とされる アクネ菌を殺菌することができるとされます。 また背中ニキビやおでこのぶつぶつの原因とされる マラセチア菌、化膿を伴うニキビやケロイド状のニキビの原因である 黄色ブドウ球菌も殺菌できるため、オキシドールはそれらのニキビも改善させることができます。 これによって、この後に化粧水をつけると成分が浸透しやすくなるため、ニキビに有効とされています。 以上のふたつの作用によってオキシドールを塗るとニキビに効果的とされます。 オキシドールのニキビの効き目 オキシドールを塗ることでどれくらいでニキビに効いてくるのかというと ・白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビに対しては 1週間ほどで効いていきます。 ・赤ニキビなどは 1週間ほどで改善されていきます。 ・背中ニキビやおでこのぶつぶつに対しては 2~3週間ほどで改善されます。 ・ケロイド状のニキビ、化膿を伴うニキビは 2~3週間ほどで改善されていきます。 以上のようにオキシドールはニキビに対して効いていきます。 ですがニキビ跡には効果は皮膚下にできているため浸透力のないオキシドールでは効果がないとされます。 口コミには「 ニキビ跡をオキシドールに使用したら、逆に凹凸になってしまった。 」という方もいましたので、ニキビ跡には使用しないようにしましょう。 オキシドールでのニキビ治療の注意点 オキシドールはニキビに効果的とある反面、注意するべきことがあります。 オキシドールでニキビを治す場合には以上のことを注意しましょう。 もし副作用が生じてしまったら、数日は使い続けてそれでも効果がなければ使用を控えましょう。 また敏感肌など肌が弱い方はあらかじめ使用は控えたほうがよいでしょう。 直接手では絶対につけないようにしましょう。 乾燥を防ぐだけでなく、成分が浸透しやすくなっています。 以上がオキシドールのニキビへの使い方です。 敏感肌の方は肌が荒れることが予想できるので慎重に使っていきましょう。 オキシドールは家庭に置いてあることも多いのですが最初はちょっぴりと、つけていき問題なさそうならば使用してみてもいいのではないでしょうか。 ただしあくまで家庭内療法ということで、あまり期待を持つのはやめたほうが良いでしょう。 オキシドールでのニキビケアはくれぐれも自己責任でお願いします。 マキロンの方が効果的!? また消毒液にマキロンがありますが、オキシドールを使うよりもマキロンの方が効果的と言われています。 というのもマキロンには殺菌作用のあるエタノールが配合され、オキシドール同様にアクネ菌や マラセチア菌、黄色ブドウ球菌を殺菌することができます。 またオキシドオールよりも刺激は弱いです。 さらにマキロンには抗炎症作用のある アラントインが含まれています。 アラントインによってニキビ跡の赤みなどを解消することができるとされます。 もしこれからオキシドールを購入するのであれば、マキロンの方を使うことをおすすめします。 ニキビへの使い方はオキシドールと同じです。 ということでオキシドールとニキビについてでした.

次の