は しか 英語。 するしかないって英語でなんて言うの?

「はしか(麻しん)」は英語で何て言う?

は しか 英語

A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... A ベストアンサー ずっと思っていた 会話中の今でもそう思ってる -I've always thought. か I've always been thinking. 現在完了形 例『i've always been thinking of you』 君のこと、ずっと思ってるよ よく似た使用例『I've always wanted this』 これ、ずっと欲しと思ってたの と思っていた-i thought.... 過去形 例『i thought you were gay. 』単純に あなたはゲイだと思ってた でも今は違うと思ってる have thought 思ってしまった は『思っちゃった』という感じ。 had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。 A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while watching TV. I was eating dinner yesterday as I was watching TV. と言うような表現ですね。 また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。 I was eating dinner and wataching TV at the same time. I am walking and listening to music at the same time. 直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。 ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。 ですから、この焦点をはっきり出すために、 I'm listening to music at the same time I'm walking. I'm walking at the same time I'm listening to music. と表現できるわけです。 asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 聴いている、は、I am listening toですね。 また、asと言う単語も使えます。 >私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。 I was eating dinner yesterday while wat... A ベストアンサー あなたはどうなの?的な表現ですね。 例えば、 A:How's it going? (調子どう?) B:Nothing much. たいしたことないよ。 How about you? 君はどんな感じ? A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. まあまあかな。 そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ ------------------ A: Are you hungry? (おなかすいた?) B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?) のような感じでしょうか。 A ベストアンサー after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。 ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。 事象というのは、基本的に、何らかの行動です。 I went to school. とかです。 and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。 つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。 つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。 after that は、文末にも、文頭にもくることができます。 and then は、文末に来ることはまずありません。 A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります. 相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね. ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible. とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest. と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます. これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...

次の

「だけ」と「しか」はどう違う?|日本語・日本語教師|アルク

は しか 英語

A ベストアンサー for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か help, permission のような動作を表す名詞が来て, 動名詞はあまり見かけません。 ask for ~で熟語にもなっていますが, ask O for ~もよく用いられます。 以前,入試の整序問題で ask her for help ask for her help どちらも可能なものがありましたが, 正解はどちらのつもりだったのでしょう。 (site:us では前者が優勢) be surprised to 原形 be surprised at ~ing なんかも悩みますが, こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。 Q 「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。 そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。 work on a ranch. 牧場で働く He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている She works in the city. 彼女はその市で働いている と書いてありました。 私が書きたいことを英語にするなら、 I was working on a travel agency. I was working in the travel agency. I was working for a travel agency. どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします) またそれぞれどのように違うのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名). とします。 ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。 ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。 ところで ここのところ大変でしたね。 回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。 不愉快な思いもなさったことと思います。 気になさらないことです。 まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。 余談ですが。 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名... Q could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。 couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、 仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。 例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう 違うのでしょうか? 私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、 couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?! 最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、 結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。 分かる方、ご解説いただけると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。 Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。 後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 yahoo. Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am watching the movie. 観ている I will see the movie. 見る経験を持つ予定 I will watch the movie. 観るつもり I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり 上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie. と言う感じですね。 確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね 、と言うフィーリングになるわけです。 I saw him. 彼を そのときの みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him. と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。 ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am...

次の

英語「just」と「only」の違いは?「だけ」の使い分けを覚えよう!

は しか 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 810• 研究社 新和英中辞典 596• Weblioビジネス英語例文 13• Weblio Email例文集 3926• Weblio英語基本例文集 286• 場面別・シーン別英語表現辞典 9• 浜島書店 Catch a Wave 2336• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 44• 英語ことわざ教訓辞典 31• JMdict 9• Eゲイト英和辞典 575• 最強のスラング英会話 3• サラリと言えると格好いいスラングな英語 1• 英語論文検索例文集 133• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 48• 斎藤和英大辞典 1804• 科学技術論文動詞集 64• 法令用語日英標準対訳辞書 5• 日本語WordNet 2180• コンピューター用語辞典 191• EDR日英対訳辞書 1663• Tanaka Corpus 2427• 日本法令外国語訳データベースシステム 3225• FreeBSD 264• Gentoo Linux 234• JM 441• NetBeans 305• PEAR 179• Python 278• XFree86 194• 愛知県総合教育センター Classroom English(教室英語集) 6• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 28102• 京大-NICT 日英中基本文データ 44• 官公庁発表資料• 金融庁 1632• 財務省 1015• 特許庁 2960• 特許庁 279763• 経済産業省 4731• 厚生労働省 512• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 15• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 17• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 24• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 29• Jack London『火を起こす』 21• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 40• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 39• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 20• Mary Lamb『お気に召すまま』 24• JULES VERNE『80日間世界一周』 317• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 25• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 5• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 11• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 37• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 43• Oscar Wilde『わがままな大男』 6• JACK LONDON『影と光』 19• O Henry『ハーレムの悲劇』 6• Ouida『フランダースの犬』 35• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 37• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 18• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 21• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 39• Free Software Foundation『フリーソフトウェアは独占的ソフトウェアよりも信頼できる』 4• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 111• James Joyce『エヴリン 「ダブリンの人々」より』 8• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 10• Conan Doyle『黄色な顔』 49• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 8• Frank Baum『オズの魔法使い』 91• Landor『カール・マルクス Interview』 19• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 120• Wells『タイムマシン』 73• Charles and Mary Lamb『真夏の夜の夢』 13• Henry『賢者の贈り物』 10• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 3• Oscar Wilde『幸福の王子』 12• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 76• O Henry『最後の一枚の葉』 7• O Henry『二十年後』 6• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 161• Ambrose Bierce『不完全火災』 4• Virginia Woolf『弦楽四重奏』 4• O Henry『心と手』 2• Virginia Woolf『月曜日か火曜日』 1• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 9• Ambrose Bierce『死の診断』 8• O Henry『警官と賛美歌』 3• Ambrose Bierce『男と蛇』 11• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 40• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 96• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 76• James Joyce『土くれ』 16• James Joyce『姉妹』 17• James Joyce『カウンターパーツ』 16• James Joyce『小さな雲』 21• James Joyce『二人の色男』 16• James Joyce『アラビー』 9• James Joyce『恩寵』 26• James Joyce『遭遇』 15• James Joyce『死者たち』 51• James Joyce『下宿屋』 17• James Joyce『レースの後に』 16• James Joyce『痛ましい事件』 11• James Joyce『母親』 31• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 18• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 105• Lewis Carroll『亀がアキレスに言ったこと』 5• Ian Johnston『進化の手短かな証明』 4• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 38• John Stuart Mill『自由について』 290• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 104• Thorstein Veblen『所有権の起源』 26• Robert Louis Stevenson『宝島』 213• United States『独立宣言』 3• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 120• Edgar Allan Poe『暴露させる心臓』 3• Edgar Allan Poe『約束』 9• Lawrence『馬商の娘』 40• Lawrence『プロシア士官』 117• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 14• Chesterton『少年の心』 12• Hans Christian Andersen『ブタ飼い王子』 4• Plato『クリトン』 14• Melville Davisson Post『罪体』 45• Shakespeare『ヴェニスの商人』 7• Michael Faraday『ロウソクの科学』 47• 電網聖書• ヨハネの第一の手紙 10• ヨハネの第三の手紙 1• ペトロの第一の手紙 9• ペトロの第二の手紙 9• 使徒行伝 105• ヘブライ人への手紙 27• ヤコブからの手紙 16• ヨハネによる福音書 79• ユダからの手紙 4• ルカによる福音書 103• マルコによる福音書 52• This applies worldwide. 原文:「The Moon-Face and Other Stories」所収「The Shadow and the Flash」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net.

次の