タークス ff7。 設定/【タークス】

『FF7 リメイク』“戦うサラリーマン”、タークスの色褪せない格好良さに迫る─レノ&ルードの見習いたいビジネス観とルーファウスが描く今後の未来

タークス ff7

FF7タークスレノがかっこいい レノさんのどこがかっこいいのかというと難しいですね。 というのも色々とかっこいいからです。 私が好きになる漫画やゲームのキャラには法則性があり、その法則性にレノさんも当てはまっていることに最近気づきました。 例えば、 エヴァンゲリオンの加持さん、そして NARUTOのカカシ先生など。 一見やる気がなさそうでいて、とんでもない実力を秘めている的なキャラが大好きなのです。 私もこうなりたいと努力したもんですが、社会に出たら自分の凡人さに気づいてしまいました。 ですので私自身がそのような人物になることは諦めてしまいましたが、今でもそのようなキャラが大好きなのは変わりません。 レノさんも男として尊敬します。 普段は仕事をサボってルードと恋バナばかりしているのに、きっちりと自分の仕事観を持ち合わせており、プロフェッショナルとしての行動をして、きっちり結果に残しています。 やる気なさそうなのにとんでもない実力を秘めているのがレノさんの好きなところの1つです。 プロフェッショナル 彼は仕事はサボるけれども、サボっていい仕事とそうでない仕事はちゃんと見極めています。 以前ウータイでのユフィにマテリアを奪われるイベントの際に、たまたまウータイに来ていたタークスはクラウドたちを見つけ次第殺せという指示が来ていたにも関わらず、 休暇中であるという仕事をしない理由を優先していました。 しかしその後イリーナがコルネオに攫われたのち、同じくユフィを攫われたクラウドたちと合流し、互いに互いの邪魔をしないという不戦条約を結び、オフの日に急遽仕事モードになるレノさん。 そしてクラウドたちにコルネオのペットの処理を任せ、良きタイミングで現れて美味しいところをすべて持っていくお方。 コルネオの最後にした質問がレノさんらしい、いい質問でしたね。 ルード「仕事だからだ」 レノ「正解だぞ、と。 」 なんとまあ素晴らしいコンビ愛でしょうか。 レノとルード、かっこよすぎでしょ。 愛嬌のある口癖 今も少し書きましたが、レノさんといえば特徴的な口癖があります。 レノさんの初登場はエアリスと初めて話した瞬間に遡ります。 エアリスといい感じになっているクラウドたちの邪魔をしないため、あえて登場を遅らせて「少し時間をやるぞ、と。 敵ながら空気の読めるお兄さんです。 チャラそうに見えて意外と、いやチャラいからこそ空気が読める大人の男なんだろうなと思います。 レノさんはきっとモテまくるんでしょうが、意外にも長く付き合った彼女がいそうです。 でもタークスの仕事に巻き込むことになるから、相手のために自ら身を引いたりしていたのかななんて想像しちゃいますけどね。 レノに限らずタークスの面々は過去編というか、バックグラウンドのわかる話が全くないのです。 だから想像で補完することにならざるを得ないのです。 そして新人後輩のイリーナも交えて、イリーナのクソ真面目な仕事観とはやや異なるレノの価値観に少しずつイリーナも近づいていくことでしょう。 そしてルードとはウータイで一緒に休暇をとり、居酒屋で「 タークスに、レノに乾杯」と話しすほどの仲の良さ。 クラウドたちが目の前を通り過ぎても、休暇中のためスルーするのに、イリーナが捉えられたらすぐに仕事にモードを切り替える、そんな仲間思いの頼れる小隊長ですね。 最後にミッドガル8番街地下で遭遇するときには、すでにタークスの飼い主である神羅カンパニーが滅亡していることを理由に、 事実上クラウドたちと戦う理由がありません。 もはやくされ縁ということもあり、私は毎回ケリをつけるようにしています。 しかしこのとき、選択肢によってはケリをつけないという選択肢もあります。 ですので最後の戦闘を行うかどうかは人によるのです。 このようにエアリスの家から最終局面まで、ずっと登場し続けているタークスの面々の過去がもっと知りたいです! まとめ レノさんのかっこよさ、わかってもらえましたか? 仲間思いでチャラくても空気は読めて、後輩が捕まったらすぐにでも休暇を潰して仕事モードに入る頼れるリーダー。 そして加持さんやカカシ先生ポジションであるレノさんは永遠に私の憧れです。 そしてもちろん彼もリメイク版FF7にも登場するでしょう。 ということで、彼のかっこよさがわかっていただけたら次にレノさんの声を演じていただける声優さんを調べた記事をご覧ください!.

次の

ルード(FF7)

タークス ff7

記事概要• タークス の特殊工作部隊の通称。 諜報、調査、勧誘、誘拐、暗殺や要人護衛など会社の暗部を任されるソルジャーとは違った精鋭の組織。 組織図上ではハイデッカーの管轄ではあるが、実際には主にの警護や依頼をこなしている。 ジェノバ細胞などの移植は施されていない普通の人間組織ではあるものの、戦闘能力が非常に高い。 正式名称は「総務部調査課」 主なタークスメンバー ツォン タークスのリーダーを務めるが、本編で直接戦う機会はない。 の幼いころからの監視役として任務についており、エアリスに対しては少し特別な感情が伺える。 同じようにエアリスが『本当の自分を知っている数少ない一人』とまるで家族のような発言をする場面も。 エアリスが逃げ出した後に養母の所へ向かえに行った際にも手荒な真似や乱暴な言動はあまり行わず、かなり礼儀正しい。 エアリスを本当に人類全ての救世主だと思っていたのかもしれない。 ただし、結構な頻度で重症を負わされるので戦闘能力は他のメンバーの方が優れているかもしれない。 レノ 赤い髪に「~ぞ、と」と付ける語尾が特徴的なタークスメンバー。 本編でも3回戦闘し、電磁ロッドを武器にして戦う。 本編では七番街プレートを落下させて多くの罪のない人々の命を奪ったテロ報復の実行犯でもある。 同じタークスのメンバーであるルードとはコンビのような関係。 本編での戦闘ではレノからしか盗めない装備もある。 ルード スキンヘッドにサングラスという出で立ちの明らかに気質じゃない雰囲気を醸し出しているタークスメンバーの1人。 レノとは正反対にあまりお喋りをしない性格だが、密かにの事が好きになっていたりする。 しかし仕事上の立場を優先して決して一線を越えないように頑張っている人。 レノと同じく本編では最大で3回戦闘出来る。 何気に回復魔法なども使いこなす戦闘のエキスパート。 レノ同様にルードからしか盗めない防具が存在する。 イリーナ ツォンが負傷した事をキッカケに急遽タークスメンバーとなった紅一点のメンバー。 何気にFF史上でもかなり上位の美人キャラクター。 ツォンに対して好意を持っている。 新人タークスらしく、レノやルードに度々説教することもあるが、終盤になると段々とキャラクターが崩壊していく。 本編での戦闘は僅かに1回だけで、さらにイリーナからは強力な女性専用の防具を盗むことが出来る。 設定されているHPが何故か新人なのに30000とかなり多い事で有名。 FF7ファンがよくコスプレをするキャラクターでもある。 アドベントチルドレンでのタークス ルーファウスが生きていた事によって本編と同じくルーファウスの指揮の元で星痕症候群の調査を行なっていた。 ルーファウス経由でレノはティファにクラウドのルーファウス護衛を依頼。 七番街プレート落下事件が風化したかのように愛想よく電話に出るティファに2年の間で何があったのか…。 が、カダージュ達が本格的に暴れ始めてからはクラウドのサポートに入り、レノとルードは準主役レベルで登場する。 ツォンとイリーナは大空洞でカダージュ達に捕まったのを大先輩であるに助けられている。

次の

キャラクター/【レノ】

タークス ff7

レノ「・・・で、あんたは誰がいいんだ?」 ルード「・・・ティファ・・・」 レノ「意外だぞ・・と。 イリーナもかわいそうにな。 あいつ、あんたのこと・・・」 ルード「いや、あいつはツォンさんだ。 」 レノ「でもツォンさんはあの古代種・・・」 クラウド「あいつら何の話をしてるんだ?」 そして背後からイリーナが登場し、いつもレノとルードが恋話をしていることを暴露。 先輩二人の恋話に登場していたイリーナさんがまさかの登場。 ちなみにこの時私はいつもティファをパーティに加えているので、ティファもがっつり聞いてしまってます。 この後にタークス二人と戦闘になるのですが、この時ルードはどんな気持ちでティファに地走りを食らわせているんでしょうかね。 たとえ好きな女であっても敵は敵なので、容赦無く地走りを食らわせるのはさすがのプロ根性です。 まあ、最後は好きな女の手にかかって死ぬのならば最高なのかもしれません。 掌打ラッシュからのサマーソルトらへんで絶命してしまうルードさん、あんたも辛いところだな。 ティファとの会話は作中で0 ちなみにゴンガガでティファが好きだという発言をしてからエンディングまで、 直接ティファとルードが話すシーンはありません。 つまり彼は女よりも仕事を選んだということ。 やはり彼のタークスにかけるプロ意識は高く、どんな時でも仕事を優先する彼は尊敬に値する男です。 レノやツォンはちょこちょこクラウドやエアリスと話をしたりしますが、そもそもルードは無口なので会話がありません。 基本的に台詞の中に「・・・」が使われていることも彼の無口ぶりを表しています。 そこもルードの天然を隠してしまう原因の一つでもあるのですが、もっと幸せになってほしいと思います。 ティファはクラウドが好き ちなみにですが、ルードに思われていることを知っているのか知らないのかはわかりませんが、ゴンガガに連れていれば知っていると思われますが、 ティファはクラウドが好きなのです。 ちゃんというと、おそらくゴンガガエリアの時点ではまだクラウドのことが好きだという意識はなかったと思われます。 この段階では好きというよりも、クラウドの記憶がティファの記憶と異なる部分が多く、その謎が気になっている方が強いと思われます。 そのためルードのような他の男にもまだチャンスがあったように思われますが、とはいえティファはルードには興味がおそらくないです。 ティファの口からルードに関する発言もありませんし、ルードからも特にアプローチをされている様子もありません。 なのでクラウドが気になっているティファに対して、ルードがどうこうすることもないでしょう。 それに何より、ルードはティファの敵であるタークスの一員ですし。。。 辛いところだな、アンタも。 まとめ このように、単にルードからティファへの片思いであり、ティファからはルードに対して言及が一切されていないこともあり、特別な関係ではありません。 それにしてもルードがティファって意外な組み合わせですね。 どこかのケツ持ちのような容貌をしているルードですから、やはり露出の多い派手な女性が好きなんでしょうかね? 仕事とはいえ、好きな女に地走りを打たなければいけない心境ってどんなもんなんでしょうか?さすがルードさん、プロ意識を感じます!.

次の