休職中 給与。 休職中の社員の給料はどうなる? 保険手当の申請手順も解説|@人事業務ガイド

【休職中の雇用保険料は?】支払いの前に保険の仕組みを知っておこう

休職中 給与

本給(基本給)は就業規則で『無給』と定めていたとしても、各種手当てに対しては別の定めをしているか、定めが無い場合には支給しなければならないケースもあります。 ところで、この方の社会保険料及び個人住民税はどのように徴収しているのですか?会社が一時的に立て替えるのは構いませんが、適切な方法及び時期に本人から直に徴収しないとダメです。 当人からの相殺の申し出(書面が望ましい)又は労働組合との労働協約が無い限り、勝手に相殺は出来ない筈です。 給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。 したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。 支払方法については会社の担当者に従ってください。 しかし、雇用保険は違います。 社会保険料と違い、給料の支払いの都度、総支払額に対して保険料率を掛けて保険料が求められます。 ご主人に給料の支払いがなければ保険料は発生しません。 所得税も同じように発生しません。 給料の支払いがなくても雇用保険を喪失しない限り、雇用保険の被保険者であることには変わりません。 もし会社から雇用保険の保険料の請求があったら、それは誤りですので支払う必要はありません。 そのことを会社へ指摘されると良いです。 社会保険料の他に住民税も支払い義務があります。 おそらく会社から徴収できないので、自宅宛てに住民税の支払い通知書(普通徴収)が納付書と共に届くと思われます。 給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。 したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。 支払方法については会社の担当... Q 休職中の社会保険料の経理処理について 現在妊娠27週で2月後半から切迫流・早産で休職中です。 2月、3月分の給料は有給扱いで全額支給されました。 4月から無給となり、産休開始(7月始め頃)まで傷病手当の支給を考えております。 会社は産休終了(9月分)までの自己負担分の社会保険料を納めるように言ってきましたが その処理の仕方がおかしいような気がします。 従業員5人の小さな会社で経理は社長の奥様がやっており、休職や産休時の手続きが初めてで 給料明細や帳簿の載せ方がわからないようです。 今回言われたのは、4月分の給料(末締め、10日払)で 社会保険料分を給料で支給したようにして同額を社会保険料として差引き 差引支給0円にする方法でいいかと言って来たのです。 私が支払う分の保険料はなぜだか表だって帳簿に載せることが出来ないとのことで 振込みの口座も会社ではなく奥様の口座を指定してきました。 でもこれだと給料が出たことになってしまいますよね? そうなると所得税や雇用保険料も発生しませんか? 傷病手当と出産手当を請求するのに、もらってない給料でも少しでも出てしまうと 手当の支給額が制限されてしまい満額もらえませんよね。 確定申告時も損する気がするのですが… 産休や休職といった場合の社会保険料は 給料明細や会社の経理の帳簿上どのような処理をするのでしょうか? 私が聞くのもおかしいような気もしますが、手当ての申請にあたって書類は出してあげるけど トラブルがあっても会社はノータッチで自分で対応しろと言われて困っています。 経理の処理方法などご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。 休職中の社会保険料の経理処理について 現在妊娠27週で2月後半から切迫流・早産で休職中です。 2月、3月分の給料は有給扱いで全額支給されました。 4月から無給となり、産休開始(7月始め頃)まで傷病手当の支給を考えております。 会社は産休終了(9月分)までの自己負担分の社会保険料を納めるように言ってきましたが その処理の仕方がおかしいような気がします。 従業員5人の小さな会社で経理は社長の奥様がやっており、休職や産休時の手続きが初めてで 給料明細や帳簿の載せ方がわからないようです。 今回言... A ベストアンサー 当方、一般企業で経理・総務業務を行なっている(勤務)社会保険労務士です。 4月からは無給なので、健康保険料・厚生年金保険料・個人住民税は発生いたしますが、給料・雇用保険料・源泉所得税は発生いたしませんので、推測されている会社の処理はおかしいですね。 法律上は、権利者である被保険者の任意申請なので、会社の言う通りなんですよ。 でも、実際には会社(事務担当者)が間に立って、役所等との揉め事を納めますよね。 当方、一般企業で経理・総務業務を行なっている(勤務)社会保険労務士です。 4月からは無給なので、健康保険料・厚生年金保険料・個人住民税は発生いたしますが、給料・雇用保険料・源泉所得税は発生いたしませんので、推測されている会社の処理はおかしいですね。 Q うつ休職中の給与について 私は現在うつで休職中の者です。 休職するときは「とにかくもう休みたい」の一心で、あまり休職期間中の生活など について調べずに休職申請をしてしまいました。 1 休職中の給与明細、医療費のハガキなどはどうやって本人に渡されるのでしょうか? まさか上司がずっと預かっている、ということはあるんでしょうか? 2 傷病手当金が支給される場合、給与明細に記載されるのか? 3 休職を申請する前に、少し有給休暇が残っていました。 4 現在、医者から睡眠導入剤入りの精神安定剤をもらっていますが、 あまり効き目がないように感じます。 (たしかデパスという薬です) 不安や恐怖心が大きすぎて、薬の効果が出ていないのでしょうか・・ よく効く薬などあれば教えていただきたいです。 長文になりましたが、実際に休職経験のある方、または企業の人事などに詳しい方 がおられましたらご回答よろしくお願いいたします。 うつ休職中の給与について 私は現在うつで休職中の者です。 休職するときは「とにかくもう休みたい」の一心で、あまり休職期間中の生活など について調べずに休職申請をしてしまいました。 1 休職中の給与明細、医療費のハガキなどはどうやって本人に渡されるのでしょうか? まさか上司がずっと預かっている、ということはあるんでしょうか? 2 傷病手当金が支給される場合、給与明細に記載されるのか? 3 休職を申請する前に、少し有給休暇が残っていました。 休職期間中に有給休暇を消化することはで... A ベストアンサー こんばんは。 休職や退職、傷病手当金について経験者です。 1 休職中の給与明細、医療費のハガキなどはどうやって本人に渡されるのでしょうか? まさか上司がずっと預かっている、ということはあるんでしょうか? >自分の場合は上司(もしくは総務)と連絡を取って郵送でした。 2 傷病手当金が支給される場合、給与明細に記載されるのか? >傷病手当金は収入ではなく、健保の手当金です。 健保から明細が郵送されます。 一度総務の方に健保の担当者の名前を伺って、手当金については健保と相談した方がすんなりです。 ちなみに翌年の確定申告では「収入」ではないので申告しなくていいのです。 3 休職を申請する前に、少し有給休暇が残っていました。 休職期間中に有給休暇を消化することはできるのでしょうか? >復帰後も同様の勤務時間からはじめるよりも、体調不良の時などがあるかもしれませんし、 現在の手続きが進んでいるのであれば、休職中の給料所得となってしまい、 健保の手当金に支障が出る可能性が高いので利用しない事です。 4 現在、医者から睡眠導入剤入りの精神安定剤をもらっていますが、 あまり効き目がないように感じます。 (たしかデパスという薬です) >個人的にデパスに効き目を感じないのであれば、少し強めの抗鬱剤を処方してもらったほうが良いです。 自分は肩凝りにしか効きませんし。 処方薬がデパスだけだと鬱に効果が出るとは考えにくいですし、実際そのようにお見受けしますので、 主治医との面談の際にコミュニケートをとって本来の原因や過ごし方、服薬のスイッチも含めて検討してください。 こんばんは。 休職や退職、傷病手当金について経験者です。 1 休職中の給与明細、医療費のハガキなどはどうやって本人に渡されるのでしょうか? まさか上司がずっと預かっている、ということはあるんでしょうか? >自分の場合は上司(もしくは総務)と連絡を取って郵送でした。 2 傷病手当金が支給される場合、給与明細に記載されるのか? >傷病手当金は収入ではなく、健保の手当金です。 健保から明細が郵送されます。 一度総務の方に健保の担当者の名前を伺って、手当金については健保と相談した方がす... Q 日給月給制の会社です。 支払基礎日数と欠勤についてご質問させてください。 しかし、こういう記述がどこにも 載っていないのです(社会保険事務所の調査官に言われました)。 通常、ネットや本で調べる限りでは答Aが正解だと勘違いして しまうと思うのですが・・・・。 答Bだと、本の通り解釈すると欠勤が9日であると思ってしまいます。 答Bで本当に正しいのでしょうか? すみません、よろしくお願いいたします。 日給月給制の会社です。 支払基礎日数と欠勤についてご質問させてください。 上記5月度の所定労働日数は 22日であ... A ベストアンサー 正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。 誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。 前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。 nta. htm)からDLできます。 後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続きにより、その後納付する税額に充当します。 nta. htm)からDLできます。 正規の税額(本来納付すべきだった税額)より少なく納付した場合。 税額欄だけを間違えたのであれば、「人員」、「支給額」の欄は空欄とし、税額欄に不足分の税額を記載して、摘要欄に「**年**月不足分(あるいは納付漏れ分)」と記載して速やかに納付します。 (税額にもよりますが延滞税の対象税額の場合、納付が遅れるとその日数分延滞税が増えますので早めに納付したほうが良いです) 「人員」や「支給額」欄等も間違えた場合は、それぞれ不足分の人数や支給額及び税額を記載して摘要欄には上記のように記載して納付します。 正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。 誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。 前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。 nta. htm)からDLできます。 後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続き... Q うちの会社は毎月の給与明細をくれません。 ある程度経つとたまに何ヶ月分かをまとめて渡してきます。 ただ その明細はコピー用紙にプリントアウトしただけの代物です。 誰でも自宅で作成できるもので まったく確証性がありません。 しかし、そんなものでももらえなければ その月の自分の給与所得、またそこから引かれる源泉徴収や厚生年金やらすらはっきりしません。 おまけに源泉徴収の額も税額表とは異なる額を取られているときがあるのでやはり、明細がないと安心できません。 さすがに源泉徴収票はくれるものの、それとあわせてそれまでの明細をくれる、ということがないので源泉票の額が実際の額と合っているかもわかりません。 そこでご存知の方にお聞きしたいのですが、 1:「雇用主は明細を出す義務はない」というこの規定 は 従業員などから明細を出してくれと言われても 出さなくても良し、とされるものなのでしょうか? 何度も社員からは明細を出すよう嘆願があるにもか かわらず かたくなに拒まれます。 2:こうしたことを相談するのは税務署になるのでしょ うか?労働基準監督署のほうがいいのでしょうか? 3:公務員をしている人間がその会社の「オーナー」を しているのですが、(つまりは副業です)これは違法 ですよね?「オーナー」であれば法律上 ひっかから ないのでしょうか? 確定申告の際に、源泉票の額があっているかどうかをみるのに必要なときでさえ、明細をくれません。 本当に従業員 一同困っています。 どなたか教えてください。 お願いします。 うちの会社は毎月の給与明細をくれません。 ある程度経つとたまに何ヶ月分かをまとめて渡してきます。 ただ その明細はコピー用紙にプリントアウトしただけの代物です。 誰でも自宅で作成できるもので まったく確証性がありません。 しかし、そんなものでももらえなければ その月の自分の給与所得、またそこから引かれる源泉徴収や厚生年金やらすらはっきりしません。 おまけに源泉徴収の額も税額表とは異なる額を取られているときがあるのでやはり、明細がないと安心できません。 さすがに源泉徴... A ベストアンサー 労働基準監督署の方は#1さんが詳細に書かれている通りですが、税務署の方も所得税法に反していますので言えるべきものと思います。 該当の所得税法を掲げます。 (給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書) 第二百三十一条 居住者に対し国内において給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その給与等、退職手当等又は公的年金等の金額その他必要な事項を記載した支払明細書を、その支払を受ける者に交付しなければならない。 これについて、具体的内容を所得税法施行規則で次のように定めています。 (給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書) 第百条 法第二百三十一条 (給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)に規定する給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、同条 の規定により、次に掲げる事項を記載した支払明細書を、その支払の際その支払を受ける者に交付しなければならない。 一 その支払に係る法第二百三十一条 に規定する給与等、退職手当等又は公的年金等の金額 二 前号の給与等、退職手当等又は公的年金等につき法第四編第二章 (給与所得に係る源泉徴収)、第三章(退職所得に係る源泉徴収)又は第三章の二(公的年金等に係る源泉徴収)の規定により徴収された所得税の額(法第二百二十二条 (不徴収税額の支払金額からの控除及び支払請求等)の規定により控除された金額を含む。 ) 三 法第百九十一条 (過納額の還付)の規定により還付した金額 (以下省略) ですから、所得税法では、少なくとも毎月の給料に対しては、支払額と源泉徴収税額が記載された明細書を会社が交付する義務があります。 (社会保険料の控除額についても#1さんが書かれているように義務付けられているようですね。 ) これについては、所得税法で次のように罰則規定もあります。 第二百四十二条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。 ただし、第三号の規定に該当する者が同号に規定する所得税について第二百四十条(源泉徴収に係る所得税を納付しない罪)の規定に該当するに至つたときは、同条の例による。 (第一号~第六号省略) 七 第二百三十一条(給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書)に規定する支払明細書を同条に規定する支払を受ける者に同条の規定による交付をせず、又はこれに偽りの記載をして当該支払を受ける者に交付した者 (第八号~第九号省略) ですから、明らかに会社は所得税法に違反している訳(後でまとめて交付すれば良いものではなく、その都度交付すべきものですので)で、税務署にその旨と今までの会社の対応等を強く伝えれば、税務署が動くはずと思われます。 労働基準監督署の方は#1さんが詳細に書かれている通りですが、税務署の方も所得税法に反していますので言えるべきものと思います。 該当の所得税法を掲げます。 (給与等、退職手当等又は公的年金等の支払明細書) 第二百三十一条 居住者に対し国内において給与等、退職手当等又は公的年金等の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その給与等、退職手当等又は公的年金等の金額その他必要な事項を記載した支払明細書を、その支払を受ける者に交付しなければならない。 これについて、具... Q 現在、うつ病で休職中なのですが、会社にはどれくらいの頻度で連絡をするのが、妥当ですか? 私の様子が気になるようで、上司から直接ではなく同僚や両親を通じて私の病状を把握したり、聞いたりしているようです。 以前、上司に「病気が治らないのは、おまえの努力が足らないからだ。 」と言われ、メールにて猛抗議をした事があります。 それから上司からの連絡、上司への連絡がパッタリ無くなりました。 それ以降、何となくお互いに重たい意空気が漂っているような感じです。 あまり理解がある上司とは思えないので、自分としては、あまり関わりたくないです。 診断書、傷病手当請求申請書の提出先が、所属上長となっているので、その書類を郵送する時に、A4の紙一枚に15~20行ぐらいで現在の病状を纏めて、同封してます。 その程度で良いんでしょうか?同じような境遇の方、どのように連絡を取り合ってますか?また、いつもどのような事を話しますか?ありのままの自分の状態を伝えようとしても、あまり症状に変化が無いので、体調はあまり変わらないです、と伝えて終わりです。 どのように連絡を取り合ってますか、またどうすれば会社との良い関係を維持しながら休職できますか?皆さんの意見をお聞かせ下さい。 現在、うつ病で休職中なのですが、会社にはどれくらいの頻度で連絡をするのが、妥当ですか? 私の様子が気になるようで、上司から直接ではなく同僚や両親を通じて私の病状を把握したり、聞いたりしているようです。 以前、上司に「病気が治らないのは、おまえの努力が足らないからだ。 」と言われ、メールにて猛抗議をした事があります。 それから上司からの連絡、上司への連絡がパッタリ無くなりました。 それ以降、何となくお互いに重たい意空気が漂っているような感じです。 あまり理解がある上司とは思えないので... A ベストアンサー 上司への猛抗議、いいですね。 知識がないまま、勝手に言われるなんて、たまんないですよね。 勇気づけられます。 自分は、三ヶ月に一度の、診断書、傷病手当請求申請書以外、ほとんど、な~んにも送りませんでした。 診断書の医師のコメントを読めば、現状がわかるはずです。 そのための診断書ですしね。 また、職場との折衝は、健康な人に任せた方がいいと思い、家族に頼んでいました。 いろいろ気を遣うのは、元気になって、マメなことができるようになってからの方が、何かとうまくいく気がします。 申請書に手書きのコメントを添えたり、お土産を持って職場訪問したり、お世話になった方々にお手紙を書いたり、と、きちんと筋を通したら、大丈夫でしたよ。 今は、沈黙は金、です。 いつか自然に、「職場に帰ってもいいかな?」と思える日が、きっと来ますよ。 そしたら、枯れ葉が枝から落ちるように、スルッと戻れるものですよ。 お大事にどうぞ。 A ベストアンサー 介護保険被保険者は、 1号被保険者・・・65歳以上の者 2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者 保険料徴収方法は、 1号被保険者・・・老齢等年金給付 死亡、障害も含む が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。 年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。 2号被保険者・・・各医療保険で徴収。 1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。 保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。 また被保険者資格 どこの保険者に対して納付するか は毎月末日の被保険者資格によりますので、 65歳の誕生日の前日が属する月の前月 月の初日1日が誕生日の場合のみ誕生日の前日が属する月 分の保険料ということになります。 4月2日~末日誕生日の場合は前月3月分までを4月支払の給与から控除。 4月1日誕生日の場合は前日が属する月は3月なので3月分までの保険料を4月支払の給与から控除、法律上3月分はその月という表現になります。 給与から控除される保険料は、健康保険、介護保険、厚生年金と明細上も分けているはずですので確認ください。 一般保険料たる健康保険と介護保険料の料率は保険者によりそれぞれ違うことがあるからです。 厚生年金は最大70歳に達するまでで、途中退職後は1ヶ月後に退職時の年金額の改定があります。 介護保険被保険者は、 1号被保険者・・・65歳以上の者 2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者 保険料徴収方法は、 1号被保険者・・・老齢等年金給付 死亡、障害も含む が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。 年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。 2号被保険者・・・各医療保険で徴収。 1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。 保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。 また被保険者資格 どこの保険者に対して納付する...

次の

リハビリ出勤期間の給与は有給か無給か?

休職中 給与

休職中の給料についての基本的な考え方 ここでいう休職とは、会社がその労働者を就労させるには不適当な理由があると判断した場合に、その労働者の業務を停止させることを言います。 会社に在籍したまま、就業を禁止もしくは免除する制度です。 混乱しやすい部分ですので、簡単に説明しておきますと、は以下のように違います。 この2つは法律上大きな違いがありますので、混乱のないようにしましょう。 「休業」:主として、会社側の事情で、労働者の就労が困難で労働義務が免除されている状況。 原料費高騰などの会社側の事情の場合と、育児休業、産前産後の休業など労働者側の事情の場合があります。 「休職」:主として、労働者側の事情で、労働者が就労をしないように命じられている状況。 会社からの休職命令か、労働者からの休職の申出を会社が承認することが必要です。 最近ではの労働者が増えてきたこともあってか、休職制度を取り入れている会社も増えてきたようです。 休職中の社員への給料の支払いについて法的な決まりはありません。 そもそも労働者側の事情での休職ですから、その間の給料は支払わなくても差し支えありませんが、ある程度の金額を支給してくれる会社もあるようです。 社内規定などで休職中にも一定の給料を支払うことなどが決められている場合は、もちろん社内規定に従う義務があります。 休職についての他社の様子 休職制度の有無や、休職中の給料の支払いが法的な規制を受けておらず、各社に任されていると言っても、やはり他社の動向は気になるところです。 が非常に興味深い発表をしていましたので、一緒に資料を確認してみましょう。 休職の制度や慣行の有無 独立行政法人労働政策研究・研修機構の(PDF)によると、私傷病による休職(病気休職)に関して制度や慣行がある企業の割合は69. また、病気休職に限らず休職に関して何らかの確立した制度のある企業の割合は69. 3%でした。 休職の際の給料 独立行政法人労働政策研究・研修機構の同じ統計で発表されていますが、 企業規模が大きくなるほど休職期間の上限が長く設定されているということも分かります。 その一方で、休職の期限に上限がないとするのは、企業の規模が小さいほど高くなる傾向にあるそうです。 休職中の給料の支払いに関しては、少々古い資料ですが、厚生労働省のが参考になります。 厚生労働省 より 私傷病による休職中でも一定期間は給料を支給するという企業がどのくらいあるのかが、この資料からわかります。 同機構の(PDF)によると、病気を理由とした休職中の給料(傷病手当金、傷病手当付加金など以外)は、支給しない企業が約75%、支給する企業は約18%とのことです。 (注意)では傷病手当金や出産手当金を受給しながら休職している人が事業主から報酬を得ると、その内容や回数によっては調整の対象になってしまうこともあります。 5 この法律において「報酬」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのものをいう。 ただし、臨時に受けるもの及び三月を超える期間ごとに受けるものは、この限りでない。 6 この法律において「賞与」とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるものをいう。 休職中の給料の支払いについての規則作りを 休職期間中に給料を支給するかどうか、 支給する場合の条件や金額など、細かい部分も就業規則に記載しておくことをお勧めします。 お金という非常にデリケートな問題ですので、休職に入る前に無給なのか有給なのかということについて具体的に休職者にアナウンスしておく必要があります。 トラブルを未然に防止するためにも、ぜひ休職時の給料の取扱いに関する規定を確認しておきましょう。 基本的には、ノーワーク・ノーペイの原則に従って問題ありません。 どのような場合に休職を命じるのか、休職の対象となる労働者の範囲、休職の期間、休職中の給料の支給の有無など、会社としての規則を明確にした規則は、今後、休職者が増えた時にも必要になるものですので、この機会に既存の規則を見直したり、新規の規則を作成したりすると良いですね。 独立行政法人労働政策研究・研修機構の(PDF)によると、病気休職制度がある企業の8割近くの企業が就業規則などに病気休職制度についての規定があるそうです。 休職中で給料がなくても、支払いが必要なもの 休職中の給料の有無に関わらず気を付けなければならないのは、それまで毎月の給料から控除していたものを休職中はどうするかということです。 休職中というのは、会社には在籍している状態ですから、社会保険の資格を維持している状態です。 ですから、 休職中で給料を支給していなくても、会社はその人の分の社会保険料(厚生年金・健康保険・介護保険)は支払わなければなりませんし、休職者本人も税金を支払わなければなりません。 休職中で給料がなくても社会保険料はかかる 休職中であっても、社会保険料は原則通り労使が折半した額を納付しますので、 給料が支払われない間の本人負担分は会社が一時的に建て替えるケースが多いようです。 健康保険組合によって手続きに違いがある場合もありますが、全国健康保険協会の場合には保険料の納付は毎月納付書で納付する方法、一定期間分を一括して事前に納付する方法、毎月口座振替で納付する方法があります。 ほとんどの会社では労働者本人が負担する分を給料から控除して、会社負担分と一緒に納付しているのですが、納付の際には口座振替で全員分をまとめて納付(引き落とし)しています。 たとえ休職者がいたとしても、それには関係なく支払いが必要な人数分のものが自動的に納付されていきます。 休職中は給料の支給がないので、給料が入り次第徐々に会社の立て替え分を返済するケースもあります。 しかし、休職する期間によっては合計金額が大きくなり、会社の負担も本人の負担も大きくなってしまいます。 もし、 休職が長引きそうなのであれば、できれば毎月もしくは隔月で休職中の人から現金で支払ってもらう方が良いでしょう。 住民税も必要 次に、住民税についてですが、休職中で給料が支給されていなくても免除されません。 給料から天引きされる特別徴収の場合、給料が支給されなければ会社が一時的に建て替えることになります。 もしくは、休職に入る前に住民税の納付方法を普通徴収に変更して、休職者本人が納付するように切り替えることができます。 借り入れへの返済 それから、もし労働者が会社から金銭の借り入れをしている場合などで、毎月の給料から返済するルールにしていた場合などは、給料が支給されなくても一般的には返済が猶予されませんから、社会保険料、税金と併せて返済方法についての確認を休職前にしておいてください。 さいごに 休職中で給料が支給されない状況下でも、社会保険料や税金は免除されません。 休職や休職中の給料に関するルールを休職に入る前に労使でしっかりと確認し、思い違いや説明漏れが生じないようにしておけると良いですね。

次の

休職すると給料はもらえない?|休職手当や制度はどうなっているの?

休職中 給与

公務中の ストレス(メンタル・うつ病)または 出産・育児・介護で、 病気休暇、休職となった場合にはある 一定期間において給料とボーナスがもらえることになっています。 支給の規定については自治体によって規定されているため、自治体が定めている内容を事前に把握しておきたいところです。 一般的に休職の前に 病気休暇が90日程度認められていますが、その後休職になると1年間給料とボーナスは8割程度の支給で、その後2年間は制度上無給と言われています。 しかしながら自治体によっては無給の期間であっても 互助会・公務員地方共済などから 手当が支給されることになっています。 実際に現場で働いている職員はこの制度をよく知らない人がほとんどだと聞きます。 ですが、しっかりと自分の体調を整えた上で仕事をする上でもしっかりと知っておきたい制度と言えます。 Contents• 休職後1年 病気休暇90日後からの9か月間 までの給与については 原則基本給の80%支給され、ボーナスに関しては病気休暇時と同様にボーナス時期から過去半年間を基準に支給されます。 あわせて読みたい 休職の無給期間については手当がある場合も メンタルの不調などは休職期間が長引くことが多々あります。 ですので、1年経過後から無給になるのは経済的に余裕がある場合はともかく、普通に考えて厳しい金銭状況ですよね。 ですが、 公務員は共済組合に加入していますので傷病手当金を請求する事ができます。 支給期間は 最長1年6か月で支給額は給料の およそ3分の2の割合で受け取れます。 組合員が公務によらない病気やケガ、出産、育児、介護などで勤務を休み、これにより報酬が支給されないときは、その事由により「傷病手当金・傷病手当金附加金」、「出産手当金」、「育児休業手当金」、「介護休業手当金」または「休業手当金」の休業給付が支給されます。

次の