メギド 72 ルゥルゥ。 【メギド72】ルゥルゥEX周回編成について

メギド72 ルゥルゥExが安定した

メギド 72 ルゥルゥ

きたあああああああああああああああああ。 バーストシャックス! 72時間イベントのお話でシャックスが大好きになった人も多いんじゃないでしょうか。 みなさん、メギドストーリーは読みましたか? メギドストーリーもぜひ読んで下さい、最高ですよ。 メギド部では、シャックスのメギドストーリーを読んだ人がみんなこのブログのトップの画像の僕みたいになっています。 さあ! ルゥルゥ捕獲です。 ルゥルゥと言えば倒すのが大変に面倒な大幻獣ですが、捕獲するのはもっと大変。 twitterのハッシュタグ で、ルゥルゥ捕獲ができなくて困っている人がいると、亜種のリリィを捕獲するよう勧めれられている、という場面をよく見かけます。 しかし、そんな状況にシャックスが革命を起こしました。 メギド部のみんなで検討して、極めて簡単に、安定して、2ターンでルゥルゥ捕獲が可能になりましたので、今回ご紹介したいと思います。 捕獲にはシャックス以外にも必要なメギドがいます。 ナベリウス編成• フォラス編成• シトリーorインプとウァサゴorバーストメフィスト編成• 上記メギドが誰もいない3ターン捕獲 フォラス編成以外のチームでは、アタック強化役としてイベント配布メギドのラッシュリリムが必要になります。 シャックスとリリム、そしてキーになるメギドがいれば、後は比較的緩い条件でパーティー編成を組むことが可能です。 シャックス以外のメギドがみんないない、という方は、2ターンをあきらめていただいて、3ターンでなら実現できます。 実際、3ターンでルゥルゥ捕獲できれば十分かもしれません。 今回はルゥルゥ捕獲ですが、討伐が知りたいという方は以下に記事があります。 ルゥルゥの基本情報については、『ルゥルゥEX大安定攻略法 シトリーがいる人向け』をご覧ください。 討伐の参考にされる場合に1点ご注意を。 以前書いた記事なので、バーストシャックスには対応していません。 ご容赦くださいませ。 (この記事の最後に、バーストシャックスによる討伐も少しだけご紹介します。 ) また、シャックスの基本的な性能の解説や使い方が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 シャックスリリース前に、性能表のみで書いたものですが、大きくは間違っていないかと思います。 それでは、参りましょう! 御品書きをおいておきますので、概要と、あとはご自身の持っているメギドの項目だけ見れば実戦可能となっております。 捕獲大作戦概要 今回の捕獲大作戦の概要です。 まず、捕獲するのはベリーハードのルゥルゥです。 ベリーハードであれば、捕獲素材『アイアンファシア』を3つ手に入れることができます。 1ターン目にシャックスのスキル等でルゥルゥの殻を開きつつ、シャックスにアタック強化をかけます。 2ターン目、オーブ等の覚醒補助でシャックスを覚醒させ、イービルアイで強化解除、必要なら攻撃力上昇バフをかけ、シャックスにスキルアタックと積んで、覚醒スキルからチェインし、奥義を放ちます。 リーダー時のシャックスは、アタックで2覚醒、スキルや覚醒スキルで1覚醒するので、それらをうまくつかって覚醒し、奥義につなげていきます。 覚醒スキルから奥義にチェインすると、特性でチェイン数が1増えて、2チェイン奥義を放つことができます。 奥義は通常では単体攻撃ですが、2チェインで全体化できるので、侍女マリーナを一掃しつつ、ルゥルゥの体力を削ることが可能です。 どの編成もシャックス星6レベル70、奥義レベルは3、海洋生物特攻の大幻獣オーブ『ガオケレナ』レベル5を装備した状態で試して成功した編成です。 また、シャックス以外のメギドは、全員シャックスよりも素早さの値が高い必要があります。 シャックスより素早さの低いメギドがいると、チェインがうまく起動しませんのでご注意ください。 基本はこれだけです。 後はこれを色んな組み合わせで実現していきます。 パーティー編成、手順、動画と紹介していきますが、全て、侍女マリーナが1巡目にスキルを使ってくる想定でフォトンドラフトの手順を踏みます。 ナベリウス編成 それでは、まず、ナベリウス編成から。 この編成がおそらくもっとも安定する編成で、2ターンでスキル3つ取れれば捕獲できます。 シャックス:殻あけ係兼アタッカー、ガオケレナレベル5装備。 リリム:エンキドゥレベルマックス装備。 アタック強化及び攻撃力バフ役。 エンキドゥはブラッディエッジでも可能です。 ナベリウス:いたちブラスター役。 フォルネウス:シャックスより素早いカウンターメギドなら誰でもいいです。 イベント『魔獅子と聖女と吸血鬼』で入手できる、列覚醒オーブのヒュブリーデで覚醒補助します。 ヒュブリーデは、前列覚醒のSRオーブ、ゴルゴンでも問題ありません。 アミー:シャックスより速いバーストメギドなら誰でもいいです。 イービルアイで、強化解除を行います。 行動手順 1ターン目 味方ターゲット:シャックス 敵ターゲット:ルゥルゥ シャックス:スキル リリム:スキル ナベリウス:何か1つフォトンをとった後、2つ目でいたちブラスターを使う 2ターン目 シャックス:スキル フォルネウス:ヒュブリーデ リリム:エンキドゥ アミー:イービルアイ ナベリウス:いたちブラスター ルゥルゥ捕獲! 1ターン目のナベリウスの動きが重要で、1個目のフォトンでいきなりいたちブラスターを使うと、侍女マリーナがスキルを使った場合に、フォトンが破壊されてしまいます。 なんでもいいので1個フォトンを積んでから、2巡目にいたちブラスターを使うことで、マリーナのスキルをかいくぐってシャックスにアタックを使わせることが可能です。 それでは、最後に動画をご確認ください。 フォラス編成 ナベリウスが降らすアタックフォトンの代わりに、フォラスが水獣ソーサラーでチャージフォトンを降らすのがフォラス編成。 フォラスのアタック強化には攻撃力20%上昇がついているので、オーブによる攻撃力バフは必要なくなります。 2ターンで、スキル3つとアタック1つとれれば、成立します。 シャックス:殻あけ係兼アタッカー、ガオケレナレベル5装備。 フォラス:水獣ソーサラー装備。 アタック強化及び、チャージフォトンによる覚醒補助役。 フォルネウス:シャックスより素早いカウンターメギドなら誰でもいいです。 イベント『魔獅子と聖女と吸血鬼』で入手できる、列覚醒オーブのヒュブリーデで覚醒補助します。 ヒュブリーデは前列覚醒のSRオーブ、ゴルゴンでも問題ありません。 アミー:シャックスより速いバーストメギドなら誰でもいいです。 イービルアイで、強化解除を行います。 ブニ:余り枠。 シャックスより素早いメギドなら誰でもいいです。 ブニやザガンにRオーブの火殻竜を持たせて素早さを底上げすることで、盾役を入れることも可能になります。 もっとも、2ターン目の1巡目で終わるので、盾役はいなくても問題ありません。 行動手順 1ターン目 味方ターゲット:シャックス 敵ターゲット:ルゥルゥ シャックス:スキル フォラス:スキル、水獣ソーサラー(必ずスキルが先) 2ターン目 フォルネウス:ヒュブリーデ アミー:イービルアイ シャックス:スキル、アタック ルゥルゥ捕獲! 1ターン目、フォラスがスキルをとれなかった場合、チャージかアタックの後に水獣ソーサラーを使い、2ターン目に改めて、スキルでアタック強化をかける動きでも成立します。 それでは、動画をどうぞ! シトリーorインプとウァサゴorメフィスト編成 シトリーかインプを雷攻撃補助に、ウァサゴかバーストメフィストを覚醒補助に入れる編成です。 シトリーの場合は、バーストメギドをイービルアイ役として入れますが、インプの場合は、インプがイービルアイ役になり、ヒュブリーデ もしくはゴルゴン 役のカウンターメギドが入ります。 ウァサゴは奥義で覚醒補助、メフィストの場合はスキルで覚醒補助をします。 ただし、メフィストはサイコロの目で1が出ると事故るのでご注意ください。 ここでは、シトリーとウァサゴを使ったパーティーで行動順などをご説明します。 シャックス:殻あけ係兼アタッカー、ガオケレナレベル5装備。 リリム:エンキドゥレベルマックス装備。 アタック強化及び攻撃力バフ役。 エンキドゥはブラッディエッジでも可能です。 シトリー:殻あけ係兼覚醒補助。 イベント『魔獅子と聖女と吸血鬼』で入手できる、列覚醒オーブのヒュブリーデで覚醒補助します。 ヒュブリーデは前列覚醒のSRオーブ、ゴルゴンでも問題ありません。 インプの場合は、イービルアイを装備して、殻開け係兼強化解除役になります。 ウァサゴ:奥義による覚醒補助役。 いたちブラスターで2ターン目のアタック付与もできます。 バーストメフィストでも可。 アミー:シャックスより速いバーストメギドなら誰でもいいです。 イービルアイで、強化解除を行います。 殻開け役がインプの場合は、インプがイービルアイを使えるので、この枠はシャックスより速いカウンターを採用し、ヒュブリーデ もしくはゴルゴン を装備し、覚醒補助役になります。 行動手順 1ターン目 味方ターゲット:シャックス 敵ターゲット:ルゥルゥ シトリー:スキル シャックス:アタックかチャージ(インプの場合は、必ずアタック) リリム:スキル 2ターン目 シャックス:スキル シトリー:ヒュブリーデ リリム:エンキドゥ アミー:イービルアイ ウァサゴ:いたちブラスター ルゥルゥ捕獲! 1ターン目にシトリーが雷攻撃をあて、シャックスはスキルを使わず、アタックかチャージで2覚醒。 さらにウァサゴの奥義で1覚醒し、これで3覚醒。 2ターン目に残りの1覚醒をヒュブリーデで補って、シャックス覚醒状態から覚醒スキル、チェイン奥義と放ちます。 シトリー採用時の注意点として、シャックスレベル70の時に素早さ478で、シトリーはレベル70でも476で若干足りません。 霊宝で補う必要があります。 プランダースカル、マグワートロールなどの金霊宝で素早さをあげることが可能です。 それでは、動画をご覧ください。 シャックス以外のキーマン無し3ターン捕獲編成 シャックス以外の能力は全てオーブで補う、という難易度がとても低い編成です。 オーブ自体も、これまで全てそうですが、イベントや大幻獣などのクエスト入手か、ガチャ産でもレアリティRまでのもので賄えます。 シャックス:殻あけ係兼アタッカー、ガオケレナレベル5装備。 フォルネウス:シャックスより素早いカウンターメギドなら誰でもいいです。 イベント『魔獅子と聖女と吸血鬼』で入手できる、列覚醒オーブのヒュブリーデで覚醒補助します。 ヒュブリーデは前列覚醒のSRオーブ、ゴルゴンでも問題ありません。 また、バーストにして、水獣ソーサラーによる覚醒補助も可能です。 マルバス:シャックスより速いラッシュなら誰でもいいです。 エクスプローラーによるアタック強化役• アミー:シャックスより速いバーストメギドなら誰でもいいです。 イービルアイで、強化解除を行います。 アンドラス:シャックスより速いラッシュであれば、誰でもいいです。 エンキドゥで攻撃力上昇バフをかけます。 ブラッディエッジでも可。 また、バーストにしてレッドウィングでも良いです。 行動手順 1ターン目 敵ターゲット:ルゥルゥ シャックス:スキル 2ターン目 味方ターゲット:シャックス シャックス:アタックかチャージ フォルネウス:ヒュブリーデ マルバス:エクスプローラー アンドラス:エンキドゥ 3ターン目 シャックス:スキルアタック アミー:イービルアイ ルゥルゥ捕獲! ヒュブリーデ役をバーストと水獣ソーサラーにする場合は、2ターン目に、何か1つフォトンをとってから、2個目で水獣ソーサラーを使うことで、侍女マリーナのスキルによるフォトン破壊をかいくぐることが可能です。 それでは動画をごらんいただきましょう! 3ターンかかるので、必要なフォトン以外は、なるべくチャージやアタックをとって、侍女マリーナやルゥルゥの覚醒ゲージを増やさないように立ち回ると、事故が減ると思います。 さて、最後におまけで、ルゥルゥEXを2ターン攻略してみたいと思います。 おまけ ルゥルゥEX 2ターン討伐 というわけで、ルゥルゥ捕獲、シャックスさえいればわりとなんとかなります。 色んな編成をご用意したので、ぜひ、アジトのメンバーと相談してお試しください。 最後に簡単に、シャックスを使ったルゥルゥEXの2ターン討伐をご紹介して終わりたいと思います。 より編成難易度が低く安定するパーティー構成を考えたので差し替えました。 実はこの記事を最初に書いた時には、サレオスを採用していたのですが、サレオス無しで攻略可能なことに気がついてしまいました。 そしてその方が安定もします。 というわけで、サレオス無し版に修正しております。 ごめんよサレオス。 1ターン目 味方ターゲット:シャックス 敵ターゲット:ルゥルゥ シャックス:スキル フォラス:スキル ナベリウス:なにか1つフォトンを積んでから、2個目でいたちブラスター シャックスがスキル4連撃とナベリウスからもらったアタックで計5回雷攻撃をしてルゥルゥの殻を開きます。 フォラスはスキルでシャックスをアタック強化。 2ターン目 フォルネウス:ヒュブリーデ シャックス:スキル ナベリウス:いたちブラスター フォラス:しらぬい アミー:イービルアイ フォルネウスがヒュブリーデでシャックスを覚醒させます。 フォラスがしらぬいででルゥルゥを滞水、アミーはイービルアイで強化解除。 シャックスにスキルを積んで、ナベリウスのいたちブラスターでアタックを付与します。 シャックスが覚醒スキルから、チェインして奥義、全体攻撃で侍女マリーナ含めて全員一掃します。 侍女マリーナは滞水コンボ無しで倒せてしまうので、サレオスは必要なく、フォラスのしらぬいだけでルゥルゥに滞水を付与すれば事足ります。 というわけで、動画をどうぞ! もー、シャックス使ってて本当に楽しいんですよね。 チェインで侍女マリーナにスキル使う隙を与えず全体奥義につなげて一掃とか、最高じゃないですか。 ぜひぜひ、みなさんも使ってみてくださいね。 それでは! TaoriHiromu.

次の

【メギド】地獄のルゥルゥオーブ3凸マラソンを踏破する(してない)|くらげ|note

メギド 72 ルゥルゥ

【基本的な攻略の流れ】• ダメージを与えるには殻を開ける必要がある。 Point! 殻が閉じている状態の奥義を発動されるとクリアができない点にも注意しましょう。 フォトンの配分にもよりますが、 だいたい2ターン目終わりまでには殻を開けておきたいです! 難易度によって必要な雷攻撃の回数が変わる N H VH EX 1回 3回 4回 5回 難易度によって殻を開けるために必要な雷攻撃の回数が変動する。 難易度『EX』になると雷攻撃を5回行うと、ターン終了時に殻が開いて技や特性が変わる。 他の攻撃手段を使うよりも 雷アタッカーを使った方がダメージを与えやすい特徴がある。 Point! 雷攻撃のアタッカーを採用しなくても攻略はできますが、あまり効率が良くないです。 なるべく雷攻撃アタッカーを採用することをおすすめします! 取り巻きの「フォトン破壊」が厄介 1人に2つ以上のフォトンを積みづらい 取り巻き「侍女マリーナ」のスキルは全体範囲の「フォトン破壊」を持っている。 非常に厄介で味方1人に2つ以上のフォトンを積んでも破壊され、行動できないこともある。 オーブは「破壊」の対象外 オーブの技を発動することに関しては、取り巻きの「フォトン破壊」対象にはならない。 取り巻きがスキルを積んだ時はフォトンの積み方に注意しよう。 Point! 取り巻き「侍女マリーナ」は 素早さがEXになっても1です。 最後に行動を行うので、マリーナのスキルが1巡目に積まれていなければ、味方に2つフォトンを積んでも破壊されません! 強化を利用しながら火力を発揮する 1撃を狙えるように強化役でサポート シトリーやバエルをアタッカーに採用する時は強化を行い、1撃を狙うと素早く攻略しやすい。 地形効果「滞水」や「アタック強化」や「攻撃力上昇」を活用するなど、火力の底上げを行おう。 殻が閉じている状態で「ルゥルゥ」に奥義を発動されない限りは、耐久しつつ戦闘を進められる。 フォラスとオリアスのサポートを受け、全体へ一気にダメージを与える。 素早さの調整を行わなくても「ルゥルゥ」より 先制して攻撃できる点が優秀だ。 【ブニ】 シトリーが倒されないように守る盾役。 HPが減少すると無効にできるダメージ量が減少してしまうので、少しでも耐えられるように毒耐性オーブを装着した。 【オリアス】 マスエフェクトでバエルとフォラスの覚醒ゲージを戦闘開始から増やしておく役目。 奥義や覚醒スキルが早いタイミングで発動できる。 次の フォトンも確認できるので配分がしやすいのも便利だ。 【シトリー】 「ルゥルゥ」の殻を開ける役割。 基本的には1T目・2T目までにスキルを2回発動したい。 スキルフォトンが出現しなかった時のため、オーブは「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【フォラス】 バエルを「全体化」と「アタック強化」する強化役。 オーブは「イービルアイ」を装着し、取り巻きの「ダメージ軽減」を剥がせるようにしておくとダメージを稼ぎやすい環境を作り出せる。 Point! 「イービルアイ」で「ダメージ軽減」を剥がさないでおくと捕獲もしやすいです。 スキルフォトンを主に積み、殻が空いてようと空いてなかろうと連続攻撃を続けると活躍できる。 スキルフォトンが出なかった時のため、オーブには「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【ザガン】 攻撃を引きつけ、味方を守る盾役。 ほとんどのダメージを無効にできるため、かなり安定した耐久力を発揮できる。 「サタニックリブラ」を装着しておけば、マルバスの回復が間に合わない時も自身で回復が行える。 【マルバス】 味方のHPを維持する回復役。 素早さが高いため、オーブ「青竜号」を装着して「滞水」を撒くオーブ役としても活躍できる。 【シャミハザ】 サブアタッカー。 取り巻きが「フォトン破壊」を行ってくる場合などにフォトンを配分し、無駄なく攻撃ができるように採用した。 「ホーリーフェイク」を装着しておけば「点穴」攻撃が来てもザガンを守ることができる。 【アンドロマリウス】 シトリーの「スキル強化」と「攻撃力上昇」を行うサポート役。 ザガンを「スキル強化」し、 味方を守る「かばう」効果を延長するのもアリ。 「ミミック」を装着し、スキルフォトン供給要員としても活用した。 Point! かなり安定した攻略ができます!初回クリアやメギドが揃っていない方におすすめです。 「エレキ」付与後に与えた雷攻撃の回数に応じて「エレキレベル」が上昇し、固定ダメージが上昇していくのが特徴だ。 エレキなら殻が閉じてても撃破可能 グリマルキンのスキルで「エレキ」を付与してから、インプ・シトリーのスキルを計7回以上叩き込もう。 エレキレベルが21に達したら、グリマルキンの奥義をルゥルゥに叩き込むことで倒すことが可能だ。 ルゥルゥEXのHPは30000なので、グリマルキンLv70の場合は 雷攻撃を事前に21回 奥義合わせて22回 しておけば一撃で倒すことができます。 特にシトリーは スキルフォトン1つで4回の雷攻撃ができ、殻を開けやすいため大活躍する。 雷連続攻撃を行えるオーブ 技で雷連続攻撃手段を持つオーブもおすすめだ。 「雷獄華ケラヴノス」は発動間隔も1ターンと短い点が扱いやすい。 「真珠姫ルゥルゥ」を周回する時は必ず編成しておきたいオーブの1つでもある。 Point! オーブで雷連続攻撃を準備できれば、取り巻きの「侍女マリーナ」の「フォトン破壊」に 妨害されずに殻を開けられる点がかなり優秀です! コンボ攻撃を行うための「滞水」 雷属性アタッカーの火力を上げるために地形効果「滞水」を準備しよう。 「滞水」と雷属性攻撃を組み合わせると 威力が2倍になるので、一気にダメージを与えることができる。 Point! サレオスは「状態異常回復」、クロケルは「覚醒ゲージ増加」のサポートを行うこともできます!他の役割も担えるので、活躍させやすいメギドです。 毒対策の状態変化耐性と回復要員 ボス「真珠姫ルゥルゥ」は殻を閉じている状態で「毒」攻撃を仕掛けてくる。 Point! 「状態変化耐性」は状態異常にならない予防手段、「状態異常回復」は治癒手段です。 発動するべきタイミングが異なります! サポートを行えるメギドやオーブ 「フォトン強化」でアタッカーを強化 フォラスやリリム ラッシュ を使って「フォトン強化」のサポートを行おう。 1撃で撃破を狙う時は必須級で準備しておきたい。 他にも「フォトン強化」できる手段は存在するため、持っている手段を採用するのもアリだ。 Point! フォラスは特性で「オーブの技発動までのターン数を短縮」する効果を持つため、オーブ役としても活用することができます。 奥義や覚醒スキルを発動しやすくなり、周回の時短を行える点が魅力の1つだ。 Point! クロケルは地形効果「滞水」の手段も持ち合わせています。 雷攻撃アタッカーの威力を支援可能で活躍できます! 編成するとかなり便利な手段持ち ダメージカット系盾役で効率良く味方を守る ダメージカット系の盾役を編成すると被ダメージを0にできるのでかなりおすすめだ。 アタッカーが倒されづらくなるので、戦闘をスムーズに進めることができる。 「点穴」には「回数バリア」で対抗 取り巻きはボス「ルゥルゥ」に「点穴」を付与する技を持っている。 「点穴」が溜まっている状態で単体攻撃を受けると 盾役でもすぐに撃破されてしまう。 「回数バリア」の手段を準備すると対策しやすいのでおすすめ。 「ダメージ軽減」を剥がすために準備する 取り巻きはボスに「ダメージ軽減」を付与できる。 特大火力で1撃を狙う時などは邪魔なので「強化解除」を行えるオーブを準備するのもアリ。 オーブで準備するとフォトンに左右されず、アタッカーの攻撃に合わせて発動できるので便利だ。 Point! メインクエスト6章で入手できるオーブではありますが、次元獣アナーケンも扱いやすいです!特性で高い「フォトン破壊耐性」を持っているため、取り巻きの妨害を受けにくい点が魅力的です。

次の

【メギド72】ルゥルゥの討伐クエスト攻略丨おすすめキャラとパーティ

メギド 72 ルゥルゥ

【基本的な攻略の流れ】• ダメージを与えるには殻を開ける必要がある。 Point! 殻が閉じている状態の奥義を発動されるとクリアができない点にも注意しましょう。 フォトンの配分にもよりますが、 だいたい2ターン目終わりまでには殻を開けておきたいです! 難易度によって必要な雷攻撃の回数が変わる N H VH EX 1回 3回 4回 5回 難易度によって殻を開けるために必要な雷攻撃の回数が変動する。 難易度『EX』になると雷攻撃を5回行うと、ターン終了時に殻が開いて技や特性が変わる。 他の攻撃手段を使うよりも 雷アタッカーを使った方がダメージを与えやすい特徴がある。 Point! 雷攻撃のアタッカーを採用しなくても攻略はできますが、あまり効率が良くないです。 なるべく雷攻撃アタッカーを採用することをおすすめします! 取り巻きの「フォトン破壊」が厄介 1人に2つ以上のフォトンを積みづらい 取り巻き「侍女マリーナ」のスキルは全体範囲の「フォトン破壊」を持っている。 非常に厄介で味方1人に2つ以上のフォトンを積んでも破壊され、行動できないこともある。 オーブは「破壊」の対象外 オーブの技を発動することに関しては、取り巻きの「フォトン破壊」対象にはならない。 取り巻きがスキルを積んだ時はフォトンの積み方に注意しよう。 Point! 取り巻き「侍女マリーナ」は 素早さがEXになっても1です。 最後に行動を行うので、マリーナのスキルが1巡目に積まれていなければ、味方に2つフォトンを積んでも破壊されません! 強化を利用しながら火力を発揮する 1撃を狙えるように強化役でサポート シトリーやバエルをアタッカーに採用する時は強化を行い、1撃を狙うと素早く攻略しやすい。 地形効果「滞水」や「アタック強化」や「攻撃力上昇」を活用するなど、火力の底上げを行おう。 殻が閉じている状態で「ルゥルゥ」に奥義を発動されない限りは、耐久しつつ戦闘を進められる。 フォラスとオリアスのサポートを受け、全体へ一気にダメージを与える。 素早さの調整を行わなくても「ルゥルゥ」より 先制して攻撃できる点が優秀だ。 【ブニ】 シトリーが倒されないように守る盾役。 HPが減少すると無効にできるダメージ量が減少してしまうので、少しでも耐えられるように毒耐性オーブを装着した。 【オリアス】 マスエフェクトでバエルとフォラスの覚醒ゲージを戦闘開始から増やしておく役目。 奥義や覚醒スキルが早いタイミングで発動できる。 次の フォトンも確認できるので配分がしやすいのも便利だ。 【シトリー】 「ルゥルゥ」の殻を開ける役割。 基本的には1T目・2T目までにスキルを2回発動したい。 スキルフォトンが出現しなかった時のため、オーブは「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【フォラス】 バエルを「全体化」と「アタック強化」する強化役。 オーブは「イービルアイ」を装着し、取り巻きの「ダメージ軽減」を剥がせるようにしておくとダメージを稼ぎやすい環境を作り出せる。 Point! 「イービルアイ」で「ダメージ軽減」を剥がさないでおくと捕獲もしやすいです。 スキルフォトンを主に積み、殻が空いてようと空いてなかろうと連続攻撃を続けると活躍できる。 スキルフォトンが出なかった時のため、オーブには「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【ザガン】 攻撃を引きつけ、味方を守る盾役。 ほとんどのダメージを無効にできるため、かなり安定した耐久力を発揮できる。 「サタニックリブラ」を装着しておけば、マルバスの回復が間に合わない時も自身で回復が行える。 【マルバス】 味方のHPを維持する回復役。 素早さが高いため、オーブ「青竜号」を装着して「滞水」を撒くオーブ役としても活躍できる。 【シャミハザ】 サブアタッカー。 取り巻きが「フォトン破壊」を行ってくる場合などにフォトンを配分し、無駄なく攻撃ができるように採用した。 「ホーリーフェイク」を装着しておけば「点穴」攻撃が来てもザガンを守ることができる。 【アンドロマリウス】 シトリーの「スキル強化」と「攻撃力上昇」を行うサポート役。 ザガンを「スキル強化」し、 味方を守る「かばう」効果を延長するのもアリ。 「ミミック」を装着し、スキルフォトン供給要員としても活用した。 Point! かなり安定した攻略ができます!初回クリアやメギドが揃っていない方におすすめです。 「エレキ」付与後に与えた雷攻撃の回数に応じて「エレキレベル」が上昇し、固定ダメージが上昇していくのが特徴だ。 エレキなら殻が閉じてても撃破可能 グリマルキンのスキルで「エレキ」を付与してから、インプ・シトリーのスキルを計7回以上叩き込もう。 エレキレベルが21に達したら、グリマルキンの奥義をルゥルゥに叩き込むことで倒すことが可能だ。 ルゥルゥEXのHPは30000なので、グリマルキンLv70の場合は 雷攻撃を事前に21回 奥義合わせて22回 しておけば一撃で倒すことができます。 特にシトリーは スキルフォトン1つで4回の雷攻撃ができ、殻を開けやすいため大活躍する。 雷連続攻撃を行えるオーブ 技で雷連続攻撃手段を持つオーブもおすすめだ。 「雷獄華ケラヴノス」は発動間隔も1ターンと短い点が扱いやすい。 「真珠姫ルゥルゥ」を周回する時は必ず編成しておきたいオーブの1つでもある。 Point! オーブで雷連続攻撃を準備できれば、取り巻きの「侍女マリーナ」の「フォトン破壊」に 妨害されずに殻を開けられる点がかなり優秀です! コンボ攻撃を行うための「滞水」 雷属性アタッカーの火力を上げるために地形効果「滞水」を準備しよう。 「滞水」と雷属性攻撃を組み合わせると 威力が2倍になるので、一気にダメージを与えることができる。 Point! サレオスは「状態異常回復」、クロケルは「覚醒ゲージ増加」のサポートを行うこともできます!他の役割も担えるので、活躍させやすいメギドです。 毒対策の状態変化耐性と回復要員 ボス「真珠姫ルゥルゥ」は殻を閉じている状態で「毒」攻撃を仕掛けてくる。 Point! 「状態変化耐性」は状態異常にならない予防手段、「状態異常回復」は治癒手段です。 発動するべきタイミングが異なります! サポートを行えるメギドやオーブ 「フォトン強化」でアタッカーを強化 フォラスやリリム ラッシュ を使って「フォトン強化」のサポートを行おう。 1撃で撃破を狙う時は必須級で準備しておきたい。 他にも「フォトン強化」できる手段は存在するため、持っている手段を採用するのもアリだ。 Point! フォラスは特性で「オーブの技発動までのターン数を短縮」する効果を持つため、オーブ役としても活用することができます。 奥義や覚醒スキルを発動しやすくなり、周回の時短を行える点が魅力の1つだ。 Point! クロケルは地形効果「滞水」の手段も持ち合わせています。 雷攻撃アタッカーの威力を支援可能で活躍できます! 編成するとかなり便利な手段持ち ダメージカット系盾役で効率良く味方を守る ダメージカット系の盾役を編成すると被ダメージを0にできるのでかなりおすすめだ。 アタッカーが倒されづらくなるので、戦闘をスムーズに進めることができる。 「点穴」には「回数バリア」で対抗 取り巻きはボス「ルゥルゥ」に「点穴」を付与する技を持っている。 「点穴」が溜まっている状態で単体攻撃を受けると 盾役でもすぐに撃破されてしまう。 「回数バリア」の手段を準備すると対策しやすいのでおすすめ。 「ダメージ軽減」を剥がすために準備する 取り巻きはボスに「ダメージ軽減」を付与できる。 特大火力で1撃を狙う時などは邪魔なので「強化解除」を行えるオーブを準備するのもアリ。 オーブで準備するとフォトンに左右されず、アタッカーの攻撃に合わせて発動できるので便利だ。 Point! メインクエスト6章で入手できるオーブではありますが、次元獣アナーケンも扱いやすいです!特性で高い「フォトン破壊耐性」を持っているため、取り巻きの妨害を受けにくい点が魅力的です。

次の