そうは言うがな。 そうすればって英語でなんて言うの?

もしかして? 同僚が会社を辞めそうなときに見せる17のサイン

そうは言うがな

いろいろな意味での「かわいそう」がありますが、他人に対して安易に「かわいそう」を使用することは、他人の尊厳を否定して、見下していると受け取られることがあると思います。 とくに、自分より境遇が下の人に使うと、そうなる傾向にあります。 たとえば、あなたの言っている「他人の痛みを自分に置き換える」という方法ですが、このやり方でわかるのは、ほんとうの他人の痛みではなく、「自分があの人だったらこのくらいつらいだろう」という、あくまで「自分の感覚ベース」での想像です。 これは、相手の状態があなたの思ったとおりで、相手の価値観があなたと同じようなものであれば成り立つのですが、ときに、「かわいそうとか同情してるけど、別にこっちは誇りを持って生きてるから」というような反発を招くことがあると思います。 自分が「かわいそう」と感じることでも、相手がそうとは限りませんし、境遇が悪くとも誇りをもって生きているとき、「かわいそう」という言葉は侮辱になります。 極端な例をあげると、あなたが「収入は低いけど誇りを持てる仕事を持ち、芸能人のようではないけど平凡な家族を持って幸せに暮らしている」のを、大金持ちですべてを持っているような人が本気で同情して「かわいそう。 そんな人生、自分だったら耐えられない。 お金あげようか?」などと言ってきたら、どう感じるか、ということです。 他人を「かわいそう」と言うことは、遠からずこれと同じことを引き起こす可能性があります。 ちなみに、わたしの場合、人間的に屑でみんなに嫌われているのに気づいていない人などを「かわいそう」と表現することはありますが、「かわいそう」をわざわざ否定する人はもしかすると、過去に誰かに同情されて、誇りが傷つけられた経験があるのかもしれません。

次の

もしかして? 同僚が会社を辞めそうなときに見せる17のサイン

そうは言うがな

女子がモヤモヤする男子の言葉のひとつ、それが「君ってモテそうだよね」。 いっけんほめ言葉のように思えますが、なんとなくしっくりこないというか、「本当にそう思っているの?」という不信感が募ることも……。 そこで今回は「君ってモテそう」の言葉に隠されている男子の真意をご紹介します! 「自分でも相手にしてもらえるか探りたい!」 「いいな~って思っても、『どうせ俺なんか相手にしてくれないだろうな』って感じの子いるよね?その子には結構『君ってモテるでしょ?』って聞いて、反応を見る。 『え~なんで?そんなことないよ~』みたいにノッてくれたら俺にも希望ありかな?って思っちゃう」(26歳/会社員) 相手にしてもらえない女性に無理矢理アタックして玉砕……も男らしくはありますが、たいていの男性は傷つきたくないもの。 そこで軽くジャブを打って、相手の反応を伺うことが多いようです。 「モテるでしょ?」と聞いて、「別に」「なんで?」など塩対応されれば脈ナシと諦め、「え?なんで?」と嬉しそうな態度をとったり、照れたりすれば「もしかしたら……可能性あるかも」と考えるのです。 「恋愛対象外って意味です」 「じつは『モテそう』ってすげー便利な言葉なんだよね。 恋愛対象外だなぁ、って思う女性に『モテそうだから俺なんかよりも他にたくさんいい男がいるよ』って言えば、傷つかないでしょう?いわば逃げるためのセリフだね」(27歳/営業) 「モテそう」と言う言葉を素直に喜んでいると、あとで痛い目に合うこともあるので要注意。 いっけん拒絶の言葉に聞こえないのが恐ろしいところです……。 「口説きモードに入ってます」 「女の子って、ほめてあげたら心を開いてくれるところがあるじゃん?でも『かわいいね』とかだと、ちょっとあからさまだし、『性格いいね』だと『どんなとこが?』と突っ込まれると困る。 そこで『モテそうだよね』というセリフの登場。 モテそうって言われて悪い気する女の子はいないから、いい気分にさせて口説きモードに入ります」(28歳/メーカー勤務) なるほど、女性をその気にさせるために使用する、ということですね。 これって結構上級テクのような気がしますが……。 いずれにせよ、相手が好意を持っているから使用する、ということは間違いなさそうです。 シチュエーションで意味が異なる! 「モテそう」と言うセリフは、使用する状況、タイミング、そして相手によって意味合いが大きく異なる不思議な言葉。 彼の発した「モテそう」がいい意味なのか悪い意味なのかを見極めるには、どんなタイミングとシチュエーションで発した言葉なのかをきちんと把握することが大切。 決して、その言葉通りに受けとらないことです。 (愛カツ編集部).

次の

もしかして? 同僚が会社を辞めそうなときに見せる17のサイン

そうは言うがな

軽でも実用車として使えた驚きのスペシャリティカーも存在 高い志をもって入魂開発され、話題性も十分。 多くのクルマ好きや玄人筋から高く評価されるも、肝心の市場ではニーズに合わず低迷。 志も虚しく1代限りで終了する悲運の名車は、軽自動車にも少なくない。 1代で終わった軽自動車の名車といえば、平成初頭に生まれたホンダ・ビート/スズキ・カプチーノ/マツダ・オートザムAZ-1 の後輪駆動スポーツ御三家や、WRCサファリラリーでクラス優勝の偉業を遂げたスバル・ヴィヴィオ、あるいは画期的なでデザインコンセプトのダイハツ・ネイキッドなどがパッと思い浮かぶ。 しかし、今回は軽自動車ながら「スペシャリティカー」として企画された3台をピックアップ。 若い人はピンと来ないジャンルかも知れないが「スペシャリティカー」とは、付加価値としてビジュアルの良さを強調した内外装と、スポーティな走行性能、そして大人っぽい上質さも兼ね備えた位置づけのクルマのことだ。 基本的には2名乗車プラス荷物で使われることを想定し、「デートカー」とも言われる。 軽自動車にもオシャレ志向やプレミアム性を求める層へ訴求し、市場の拡大と成熟を狙った。 ニッチ市場狙いの意味も込められたにもかかわらず、販売面では予想を大きく下まわる結果となった「悲運のスペシャリティ軽カー3台」の魅力をここで思い出しておきたい。 1)ダイハツ・ソニカ 初代タントで「超ハイトワゴン」を創り出したダイハツは、一方でそれとは真逆の低さを特徴としたデザインと走りを重視した背の低いスペシャリティ軽カー、ソニカを発売した。 ベルト部の駆動損失とインプット軸等価イナーシャの大幅な低減をはかった新開発のCVTにより、スペック的には自主規制の範囲ながらダイレクト感を増すことで体感加速を向上。 FFは全車前後にスタビライザーを装着した専用チューンの足まわりも相まって、大人4人がフル乗車しても「驚異的!」と感動できるレベルの高速ダイナミクス性能を実現している。 「フリースタイルカップルズ」を仮想ユーザーとした割に後席も一応普通に座れるなど、実用車としてのネガはほとんどなかったが、自社製品のタントで超ハイトワゴンが大注目されるなかにあって、3年足らずでひっそりと生産を終了。 販売が低迷しても、最後までテコ入れのためのお買い得グレードや特別仕様車を一切追加しなかったのは潔かった。 早々に諦めたのではなく、開発チームの意地と誇りの現れだと筆者は解釈している。

次の