ドルマイシン軟膏 陰部。 外陰炎について

テラマイシン軟膏aの効果・効能は本当?やけどや傷にも効く理由とは

ドルマイシン軟膏 陰部

ドルマイシン軟膏とは ドルマイシン軟膏は、「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質を配合しています。 これら2つの有効成分は、多くの菌に対して抗菌作用を示し、コリスチン硫酸塩はグラム陰性菌、緑膿菌に有効で、バシトラシンはグラム陽性・陰性菌に有効です。 主な効果としては、傷ややけどの化膿性皮膚疾患、二次感染の予防や治療が挙げられます。 グラム陰性や陽性といった言葉が出てきましたが、これは重さのグラムとは関係なく、グラムという人が考案した染色方法によって染まる菌をフラム陽性菌、染まらない菌を陰性菌と呼びます。 染まるかどうかの違いは、菌自体に壁がある場合は染まり、陽性と呼ばれ、染まらず膜だけをもつ菌は陰性です。 グラム陽性菌、陰性菌はさまざまな疾患を引き起こす原因となります。 主なものとして、陽性菌はとびひやおでき、風邪、肺炎などの感染症、陰性菌は大腸炎、副鼻腔炎(ちくのう症)、中耳炎などです。 また、緑膿菌も、自然界のあらゆる環境に存在し、日常生活ではとくに水回りに多いです。 感染した際に緑の膿が出ることからこの名が付けられたと言われており、この菌に感染すると、呼吸器感染症、尿路感染症、菌血症や敗血症などを引き起こします。 ドルマイシン軟膏はこうした身の回りの菌による感染を、 抗生物質によって殺菌・治療する軟膏なのです。 陰部にも使うことはできるのか? ド ルマイシン軟膏の効能に、おできや傷、とびひ、せつ、ようなどに効果があると述べました。 おできにはさまざまな種類があり、体のあらゆる箇所にできます。 デリケートゾーンにできたできものは、恥ずかしくてなかなか皮膚科に行けないという方も少なくないと思います。 なので、なるべくホームケアで解決しておきたいですよね。 では、ドルマイシン軟膏はデリケートゾーンのできものにも使用できるのでしょうか。 答えは、皮膚トラブルの種類によっては 使用可能、または効果ありです。 陰部の皮膚トラブルには、以下のようなものがあります。 性器ヘルペス• クラミジア感染症• 淋菌感染症• 毛のう炎• 粉瘤腫(アテローム)• バルトリン腺炎 これらのなかでも、黄色ブドウ球菌が陰毛の毛根や脂腺に感染して増殖することで生じる炎症には効果がありますので、4や6の炎症を抑える効果が見込めます。 また、伝染性皮膚炎にもドルマイシン軟膏は効果を発揮しますので、2や3の感染症にも治癒が期待できます。 スポンサードリンク ニキビへの効能は? では、ニキビへの効果はどうでしょうか?ニキビはホルモンの分泌によって皮脂が過剰に出てしまい、毛穴が詰まって炎症となるニキビや、アクネ菌が増殖して膿をもったような状態となるニキビなどがあります。 ドルマイシン軟膏には、アクネ菌を殺菌する作用があるほか、ブドウ球菌、マラセチア菌を死滅させる効果があり、化膿を抑える効果がありますので、 ニキビ治療にも使用可能です。 効果的な使用方法としては、洗顔後のきれなお肌に化粧水や保湿剤でしっかり潤いを与えた後、ドルマイシン軟膏を患部のみに塗布します。 ドルマイシン軟膏は無色透明なので、できれば1日に2~3回ほど、皮膚の状態に合わせて塗りなおすことをおすすめします。 ドルマイシン軟膏は抗生物質なので、お肌の乾燥を引き起こしやすいです。 したがって、使用する際は事前に保湿を行うこと、患部のみに塗布することに注意してください。 まとめ ドラッグストアなどで、1本600円程度で販売されているドルマイシン軟膏。 お手頃でありながら、その用途はさまざまです。 ご家庭に1本常備しておくと、急な皮膚トラブルにも対応できそうですね。

次の

「毛嚢炎,ドルマイシン軟膏」に関するQ&A

ドルマイシン軟膏 陰部

湿度が高くなってムシムシする梅雨の季節や汗をかきやすくなる夏で困るのが肌トラブルですが、そのトラブル解決用品として役立つとされているのがドルマイコーチ軟膏です。 しかし、このドルマイコーチ軟膏について気になるところが多く、 ・陰部、顔、やけどした箇所、ピアス、アトピーの症状が出ている箇所に使っていいの? ・ヘルペス、カンジダ、とびひ、虫刺されに効果があるの? ・ステロイドは含まれているのか、含まれているなら強さは? ・副作用はあるの? ・効能はどうなっているの? など、気になる点はたくさんあります。 そこで今回は、ドルマイコーチ軟膏の強さや効能と副作用について、また上記の疑問点も説明し、陰部や顔には使えるのか解説いたします。 ドルマイコーチ軟膏について ドルマイコーチ軟膏はゼリア新薬工業から発売されている第「2」類医薬品で、分類としては化膿性疾患用薬に該当しています。 そして、バシトラシンとフラジオマイシンという抗生物質とヒドロコルチゾンという炎症やかゆみを抑える成分を加えてできているものなので、化膿を伴う諸症状やかゆみといった症状に効く薬になります。 また、効果としては、皮膚の化膿性疾患や化膿を伴う諸症状である湿疹・皮膚炎・あせも・虫刺され・かぶれ・蕁麻疹・しもやけ・とびひなどに使うことができるので、ご家庭に一つ置いておくだけで役に立つ時が多いのではないでしょうか。 ちなみに、陰部へ使用することはできますが、デリケートな部位ですので、使用に不安がある場合や症状が改善されない場合は病院を受診して医師に相談するようにしてください。 また、使い方についてですが、1日に1~数回ほど適量を患部に塗布すると良いのですが、以下のルールを守るようにしてください。 ステロイドは含まれているのか まず、ステロイド成分の強さは衣料品を含めて5段階設定されているのですが、その段階分けは下記となっているので、覚えておきましょう。 ストロンゲスト(最も強い) 2. ベリーストロング(かなり強い) 3. ストロング(強い) 4. ミディアム(中程度) 5. ウィーク(弱い) ここでポイントとなるのは市販されている薬はストロングからウィークの間のものしかなく、それよりも強いものは医療用としか発売されていないので気軽に手に入らないということです。 そして、今回のこのドルマイコーチ軟膏に含まれている有効成分のヒドロコルチゾンは実はステロイドでウィークレベルに入る非常に弱い作用のものとなっていて、副作用の心配は他のステロイド薬品よりも少なめと言えます。 スポンサーリンク 副作用について この商品はステロイドが含まれているので、人によっては副作用の症状が発生してしまうことがありますし、肌が弱い方にも悪影響が出る可能性があります。 例えば、毛細血管拡張・免疫力低下・皮膚が弱くなる・ニキビが悪化するなどの症状が考えられますが、他にも抗生物質が含まれていることで長期間使いすぎると耐性菌が発生するようになって抗生物質が効かなくなり、市販の皮膚に効果がある薬が効きにくくなってしまうことがあると言われているのです。 あとは、アレルギー体質で皮膚が薄く弱い人の場合は、皮膚の赤みやかゆみなどの副作用が出てしまうことがありますし、脂性肌でニキビが出るような肌質とステロイドが合わない可能性もあるので、ニキビが多発する肌とは相性が悪いようですね。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、ドルマイコーチ軟膏の強さや効能と副作用について、また様々な疑問点も説明し、陰部や顔には使えるのか解説いたしました。 ドルマイコーチ軟膏は陰部や顔にも使える様々な皮膚症状に効果のある薬ではありますが、あらゆるカビやウイルスが原因の症状には効果がない軟膏ということでしたね。 しかし、強力ではないステロイドだったとしても副作用が出てしまう可能性はあるので、長期間の使用はNGとなりますし、副作用が出たのなら医師や薬剤師に相談する必要があるとのことでした。 また、アレルギー体質で肌が薄く弱い人は副作用が出やすいので注意する必要があるということでしたね。 最後に、ドルマイコーチ軟膏はいろんな肌症状に効果はありますが、大量にニキビが発生している人や水虫やヘルペスのようなカビやウイルスが原因のものには使えませんので、必ず自分の状態を確認し、適切な症状に対して使うようにしてください。 スポンサーリンク カテゴリー•

次の

バラマイシン軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ドルマイシン軟膏 陰部

身近な湿疹・かぶれなどの手当てには、抗炎症作用のある塗り薬がよく用いられます。 抗炎症薬には大きく分けて、 ステロイド系抗炎症薬と 非ステロイド系抗炎症薬があります。 一般的にステロイドの方が速やかに効果を発揮しやすく強い抗炎症効果を示しますが、感染が原因の場合には使えないことや、長期の連用、広範囲への使用には注意が必要などの制限があります。 非ステロイドは、ステロイドのように広範囲への使用や長期使用への制限がなく、感染部位にも使用できるなどのメリットがありますが、効果がマイルドなので一般的には軽症の場合に使用します。 ステロイドというと副作用が強いというイメージから使用を怖がる人もいますが、弱い薬を使用してなかなか治らず悪化したり跡が残ったりする場合もありますので、原因がはっきりしている場合には、ステロイドを使用した方が安全で確実に治療できることも多いのです。 ステロイドは作用の強さによって ウィーク(弱い)から ストロンゲスト(最も強い)の5段階に分類されます。 症状や使用部位に応じて適切な強さのステロイド薬を選ぶことが完治への近道です。 副作用を恐れ、重い症状なのに弱いステロイドを使用すると症状の悪化や慢性化を招いてしまうことがあります。 OTC医薬品には、ウィークからストロングまで3タイプの薬があり、ベリーストロングとストロンゲストの成分は市販されていません。 一般的には大人はストロング、子供にはウィークかマイルドを選択します。 また、顔や陰部などのデリケートな部位にはウィークを選んでください。 OTC医薬品は軽度の皮膚炎の治療に適しているため、症状が重い場合は医師の診察を受けましょう。 また、原因不明の湿疹等にステロイドを使用すると悪化させることがありますので、原因がハッキリしている場合に限って使用してください。 効果の強さ 成分名 ストロンゲスト(最も強い) 市販薬なし ベリーストロング(非常に強い) 市販薬なし ストロング(強い) ベタメタゾン吉草酸エステル、 フルオシノロンアセトニド マイルド(おだやか) プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、 ヒドロコルチゾン酪酸エステル、デキサメタゾン ウィーク(弱い) プレドニゾロン ステロイドと言うと、「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が薄くなる」などのマイナスイメージを挙げる人がいますが、用法を守って正しく使用すれば決して怖い薬ではありません。 長期に渡って大量に使用すると副作用の心配も出てきますが、用量・用法を守っているのに副作用が現れることはめったにありません。 また、塗り薬の使用で体に蓄積したり全身的な副作用が出ることもありません。 ステロイド外用剤は患部だけに使用します。 患部以外には使用しないでください。 予防的に使用するのも良くありません。 使用回数は、1日2~3回、清潔な患部に薄く伸ばすようにして塗ります。 ゴシゴシと擦り込むのは皮膚への刺激になるため良くありません。 保湿剤と併用する場合には、保湿剤を塗った上から患部にだけ塗るようにします。 患部をかき壊している場合には、薬を薄くのばしたガーゼで覆う方法が適しています。 使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。 一般的に使用量の目安とされているのが「フィンガーチップユニット」といわれているもので、これは、大人の手のひら2枚分の広さの患部に対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0. 5グラム)の薬の使用が適しているという指針です。 湿疹や皮膚炎にかゆみはつきものです。 かき壊してしまうとジュクジュクしてきたり、水ぶくれができたり、白いウミが出てきたりすることがあります。 皮膚には本来バリア機能があって細菌が繁殖しにくくなっていますが、かき壊すことで欠損した表皮から細菌が入り込んで繁殖し化膿してしまうのです。 化膿した皮膚では更なる炎症が起こり、症状が悪化してしまう恐れがあります。 このような場合には炎症の根本に作用するステロイド薬できちんと炎症を抑えることが必要ですが、前述したようにステロイドには免疫抑制作用があるので、細菌と戦う生体の免疫を抑制してしまい逆に細菌の繁殖を助けてしまう心配もあります。 従って、化膿している場合には、細菌の増殖を防ぐ働きのある抗生物質が配合されたステロイド薬が有効です。 抗生物質配合のステロイド外用剤の使用方法も通常のステロイド外用剤と同じです。 免疫抑制作用がなく作用もマイルドなので顔、唇や陰部などのデリケートな部分にも安心して使え、赤ちゃんのおむつかぶれや、よだれかぶれなどに繁用されています。 デリケートな部分や小さなお子さんにステロイド外用剤を使用する場合には、できるだけ使用期間を短くすることが望ましいので、症状が改善してきたら非ステロイド剤に切り替える使い方もあります。 ただし、細菌を抑制する効果はないため、化膿性の皮膚炎に用いることはできません。 非ステロイドの外用剤には痒み止め効果のある抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬などと配合されていることが多いので、痒みなどの症状もすばやく鎮めてくれます。 使用回数や期間もステロイドほど気を使う必要がありませんが、ごく稀に薬の使用で接触皮膚炎を起こすことがあります。 塗布直後の一過性の軽い刺激感や熱感は心配いりませんが、症状が続くようなら使用を中止してください。

次の