アガルートアカデミー 行政書士。 【2020年】アガルート行政書士の評判&口コミ(8件)

行政書士試験の通信講座・予備校/スクール|アガルートアカデミー

アガルートアカデミー 行政書士

[株式会社アガルート] 全講座ポイント10倍キャンペーンも実施中! 株式会社アガルート(本社:東京都新宿区、代表取締役:岩崎 北斗、以下「アガルート」)が運営する「アガルートアカデミー」は、行政書士試験の「判例」に特化した『START UP 判例解析講座』と、受験生の悩みの種である「一般知識分野」を一気に攻略する『一般知識強化講座』の2講座をリリースいたしました。 行政書士試験の憲法・行政法における出題の中心は、「条文」と「判例」であるため、この二つをしっかりとマスターすることが重要です。 そのため、この講座を使って「判例」をマスターし、確実に合格に近づきましょう! ・講義時間 行政法:約15時間 憲法:約14時間 民法(総則):約7時間 民法(物権):約7時間 民法(債権総論):約6. 5時間 民法(債権各論):約6時間 民法(親族・相続):5. 一般知識分野からは14問が出題され、そのうち6問を取らなければ合格基準を突破することができません。 また、出題範囲が広いため、対策講座が充実していない現状があります。 受験生の皆さまには、この講座を利用して、一般知識分野を徹底攻略し合格に近づいていただければと思います。 ・講義時間 演習総合講義(インプット) 15時間(豊村慶太講師) 演習総合講義(アウトプット) 11時間(豊村慶太講師) 短答過去問解析講座 10時間(林裕太講師) 総まくり択一1000肢攻略講座 3. ポイントは、1ポイント1円として次回以降のお買い物でご利用いただけます。 行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。 行政書士試験は、全60問、300点満点の試験となっており、試験の内容は、法令等5科目+一般知識等1科目の合計6科目となっております。 合格率は毎年変動がありますが、約10%前後といわれています。 受験者資格に制限がないため、10代~60代の幅広い年齢層が受験しておりますが、受験者数の半数を30代~40代が占めていることが特徴です。 7%でした。 全国平均が11. 5%の中、実に6. 32倍の合格率となりました。 大手予備校LECで12年以上にわたり,行政書士試験の受験指導を行い,基幹講座・単科講座・全国向け収録講座のみならず,大学学内講座(成城大学・学習院大学)も担当。 特に,行政書士試験以外の過去問を利用した中上級者向けの講座で支持を受ける。 常に「過去問」「問題演習」を意識しながら,受講生と一緒に手を動かしながら自然に理解しやすく・記憶が定着しやすい講義を行う。 著書: 行政書士試験 手を広げずに楽して合格する方法(中央経済社) 行政書士試験 らくらく解けるゴールデンルール50(中央経済社) アガルートは今後も、「教育」を通じて、数多くのイノベーションを下支えする、社会的なインフラとなることを目指しています。

次の

アガルートアカデミーの2ch評判は?どんな通信講座か調べた結果・・・

アガルートアカデミー 行政書士

行政書士は難しい試験だから合格実績に優れた予備校を選びたい・・・ そんな方におすすめなのがアガルートアカデミーです。 平成29年度行政書士試験の 合格率は65. 0%で 全国平均の4.14倍を記録しています。 (アガルートアカデミー有料講座受講生の合否アンケート集計結果) 実際にたくさんの方がアガルートアカデミー行政書士講座で合格切符を掴んでいますので、比較対象の1つとして加えておく価値は十分にあるでしょう。 今回は口コミ・評判、さらには2ch(2ちゃんねる)噂の真相を検証していきたいと思います。 ちなみに通信講座で同じく人気のある「」、「」のページも合わせて閲覧すると良いでしょう。 比較対象としてはバッチリです。 アガルート行政書士講座の体験談・感想 【50代男性 会社員】 お祝い金制度、合格者返金制度があるのでこれはモチベーション維持できるなと思い選びました。 視聴スピードを変更することができ、最初は1. 5倍速で慣れてからは2. 0倍速で視聴するようにしていました。 単純に学習時間を短縮することができるでメリットと判断しました。 通学の生講義の場合ですと分からない箇所を質問するのは勇気のある行為であり、スルーしてしまう受講生は多いと思います。 その点、アガルートアカデミーでは巻き戻しをして繰り返し学習することができますので、苦手分野の克服に強いと言えます。 予想1000肢攻略講座についても電車の通勤中に学習しやすいので便利でした。 模擬試験についてはLEC東京リーガルマインドと併用しました。 林先生には記述の本試験再現採点の時に大変お世話になりました。 おかげで合格することができました!ありがとうございます。 合格率が全国平均を大幅に上回っている• 行政書士試験対策のプロ講師• オリジナルテキスト• 最大3倍まで可能な倍速再生• 費用・料金がリーズナブル 冒頭でも説明した通り、アガルートアカデミー行政書士講座は合格実績に優れています。 受講生が予備校や通信講座を利用する理由はただ1つ「合格するため」ですので、それに直結したスクールであることを結果が証明しています。 その合格実績を支えているのがプロの講師陣、オリジナルテキスト、受講システムにあると言えます。 また、補足ではありますが通学に比べるとオンライン系の資格スクールは費用が安い傾向がありますので、コストを抑えたいという方は候補に加えておくといいでしょう。 通学クラスは,15名定員となります。 プラスゼミは,フルカリキュラム又はライトカリキュラムを受講されている方を対象にして行われます。 対象カリキュラムをお申し込みでない方の受講はできませんので,お申込みの際はご注意ください。 通常価格を掲載しています。 キャンペーン期間に申込をすれば割安価格で受講することができますので、タイミングを逃さないように気を付けましょう。 入門総合講義.

次の

アガルートアカデミー行政書士試験講座担当 豊村慶太講師ってどんなひと?

アガルートアカデミー 行政書士

情報量と効率性を兼ね備えた通信講座。 本試験を突破できる本物の実力が身につきます。 アガルートアカデミー行政書士講座の総評 以前なら受講料が高くてもとにかく合格したいという受験生には、間違いなくLECをおすすめしていましたが、最近はアガルートも相当有力な選択肢になっています。 とくに豊村講師を招聘して以降、 アガルートの行政書士試験講座のクオリティは格段に跳ね上がったように思います。 ただ、ちょっと私情も入っているかもしれません。 というのは私が行政書士試験に合格したとき、LECで豊村講師のアルティメット講座を受講していたからです。 豊村先生は講座外での動画配信にも積極的で、Youtubeにアップロードされている条文一気読みシリーズや、各一般知識の解説動画は 受講生でなくても必見です。 講義は常にスピード感があり、要点をおさえながら知識をどんどん吐き出していくようなスタイル。 受講生は色ペンやマーカーで手を動かし、講師から問いかけもありますので、一方通行の講義にならず高い集中力が保てるでしょう。 実際の講義時間以上の成果が得られる点で、支払った受講料以上の価値があります。 アガルートの行政書士講座は入門・演習でそれぞれ初学者・経験者向けに分かれています。 価格帯はLEC、TACと同程度から少し安いくらいです。 先述した無料動画もそうですが、学習者向けのWEBコンテンツが充実しています。 過去問解説から各科目の攻略法まですべて無料で閲覧できるのは、独学の方もぜひ知っておくべきです。 とくに民法は過去問題が再度本試験で出題されることはほぼないため、知識の正確性と理解が重要であること。 対して行政法は理解が重要としながらも条文暗記・過去問学習の有効性が高い点などは、多くの受験生で気づきにくいポイントです。 テキストも良い意味でバランスが取れています。 見たところLECとフォーサイトの中間のような感じです。 残念ながらアガルートの講座は受講していないので、教材内で情報がどのようにリンクされているか等は判断しようがありませんでした。 通信講座の受講環境に関して、アガルートアカデミーはオフラインでも講義動画が視聴できるUSBメモリオプション(Windowsのみ)や、ブラウザを選ばない利便性の高さはトップレベルです。 大手スクールは取り扱っている講座が多いためどうしてもゴチャゴチャしてわかりにくいですが、アガルートアカデミーは各コンテンツの視認性も高くわかりやすいため、迷いなく講座の選定ができ、ストレスなく勉強を始められるでしょう。 まとめ メリット• 初学者・経験者どちらもOK• 本物の実力がつく• 実力派講師陣• 手続きから講義までわかりやすい デメリット• 講師が少ない(相性が問題)• アナログ派にはやや非効率か.

次の