すまい 給付 金 シミュレーション。 すまい給付金は共働きでも共同名義でも給付額の上限は変わらない

「すまい給付金」で家を買う時の負担を軽減しよう!給付額や申請方法を解説

すまい 給付 金 シミュレーション

この記事の目次• すまい給付金は、消費税の負担を緩和できる制度 すまい給付金は 消費税増税による負担を減らすための制度です。 例えば、建物が2,000万円の場合で説明すると、 消費税8%と10%との比較では負担金額が40万円も増加してしまいます。 建物の購入価格が高くなればなるほど、負担差額が増える消費税ですが、すまい給付金を利用することで負担の一部を軽減させることができます。 関連記事• すまい給付金についての住宅ローンの定義 次の章からすまい給付金の給付額や要件について解説していきますが、その前にすまい給付金についての住宅ローンの定義について説明しておきますね。 ほとんどの人が下記の要件を満たすと思いますが、親から借りた場合など対象外となることもありますので、事前に確認しておきましょう。 自ら居住する住宅の取得のために必要な借入金であること• 償還期間が 5年以上の借入れであること• (より抜粋) すまい給付金の給付額と収入についての要件 すまい給付金は消費税の負担を抑えられる嬉しい制度ですが、残念ながら 住宅取得者全員に適用されるわけではありません。 まずは給付額と給付を受けるための要件について見ていきましょう。 すまい給付金の給付額 すまい給付金の給付額は、全員に同額が給付される仕組みではなく、主に 収入(都道府県税の所得割額)によって給付額が変わります。 また都道府県税の税率は政令指定都市とそれ以外で異なります。 住宅をご夫婦で共有にした場合はさらに割合に応じて給付されることになります。 給付額は次の式で求めます。 すまい給付額が決まる収入額 すまい給付金の給付基礎額は、都道府県民税を計算する際に求める所得割額によって決まります。 今回はサッと確認したい人用の 「目安」と、所得割額で詳細を確認したい人用の 「詳細」で見ていきましょう。 平成30年度以降、政令指定都市の税率が変更になったため、政令指定都市に住んでいる人は次の「詳細」で確認してください。 ちなみに、都道府県民税の所得割額は次の「市民税・県民税特別徴収税額通知書」で確認できます。 89万円以下 (6. 93万円以下) 3. 445万円以下 (3. 489万円以下) 20万円 6. 89万円超8. 39万円以下 (6. 93万円超8. 44万円以下) 3. 445万円超4. 195万円以下 (3. 489万円超4. 248万円以下) 10万円 8. 39万円超9. 38万円以下 (8. 44万円超9. 43万円以下) 4. 195万円超4. 690万円以下 (4. 248万円超4. 749万円以下) 消費税率10%(住宅ローン利用する) 給付基礎額 政令指定都市 政令指定都市以外 50万円 7. 60万円以下 (7. 64万円以下) 3. 800万円以下 (3. 848万円以下) 40万円 7. 60万円超9. 79万円以下 (7. 64万円超9. 85万円以下) 3. 800万円超4. 895万円以下 (3. 848万円超4. 956万円以下) 30万円 9. 79万円超11. 90万円以下 (9. 85万円超11. 97万円以下) 4. 895万円超5. 950万円以下 (4. 956万円超6. 025万円以下) 20万円 11. 90万円超14. 06万円以下 (11. 97万円超14. 14万円以下) 5. 950万円超7. 030万円以下 (6. 025万円超7. 118万円以下) 10万円 14. 06万円超17. 26万円以下 (14. 14万円超17. 36万円以下) 7. 030万円超8. 630万円以下 (7. 118万円超8. 738万円以下) 消費税率10%(住宅ローン利用しない) 給付基礎額 政令指定都市 政令指定都市以外 50万円 7. 60万円以下 (7. 64万円以下) 3. 800万円以下 (3. 848万円以下) 40万円 7. 60万円超9. 79万円以下 (7. 64万円超9. 85万円以下) 3. 800万円超4. 895万円以下 (3. 848万円超4. 956万円以下) 30万円 9. 79万円超11. 90万円以下 (9. 85万円超11. 97万円以下) 4. 895万円超5. 950万円以下 (4. 956万円超6. 025万円以下) 20万円 11. 90万円超13. 30万円以下 (11. 97万円超13. 38万円以下) 5. 950万円超6. 650万円以下 (6. 025万円超6. 733万円以下) 給付基礎額を正確に知りたい人は、「都道府県税の所得割額」を確認する必要があります。 表の見方と合わせて、計算方法(表の赤箇所)を紹介しておきます。 すまい給付金の対象となる住宅の要件 すまい給付金の給付額は収入額によって異なることを解説してきましたが、住宅についての要件を満たす必要もあります。 まずは新築住宅の要件について紹介します。 一般のご家庭が住む住宅であれば問題なく満たすでしょう。 ただ 2 は不動産販売会社や建築会社と確認する必要があります。 なお、住宅ローン減税は、表の 1 、 2 の要件を満たす必要があります。 給付の対象となる中古住宅 中古住宅の場合は注意が必要で、 売主が宅地建物取引業者でなければなりません。 これは中古住宅を個人が売却する場合は消費税がかからず、すまい給付金が消費税の負担を軽減させる目的だからです。 すまい給付金 実施期間 すまい給付金を適用させるためには、 平成33年12月までに引き渡され入居が完了しなければなりません。 また申請は住宅の引き渡しから 1年3か月以内に行わなければなりません。 すまい給付金の申請方法と申請書類 すまい給付金の適用を受けられることがわかれば、あとは申請方法を確認し、申請書類を準備します。 すまい給付金の申請方法 すまい給付金は、全国にある窓口に申請します。 建築会社や住宅評価センターなどが窓口で、「赤羽郵便局」宛てで郵便による申請をすることもできます。 窓口となっている企業のうち、サポートセンターを兼ねている企業もあります。 すまい給付金の申請書類 申請書類は、新築/中古、本人受領/代理受領、住宅ローン/現金によって書式が異なります。 「代理受領」は、 住宅事業者が給付金を受け取ることができる制度です。 基本的には本人が給付金を受け取ることになりますが、入居後の支払いになるため、住居費用にあてたいと考えている人にとっては使いにくいかもしれません。 このような場合に利用できるのが代理受領となります。 すまい給付金の給付額をシミュレーションする 源泉徴収票や確定申告書の控えがあればより具体的にシミュレーションすることができます。 「かんたんシミュレーション」と「しっかりシミュレーション」がありますので、下記のサイトから試してみましょう。 消費税増税前にすまい給付金を申請した方がいい人 すまい給付金は消費税増税の負担を軽減させるために設けられた制度です。 消費税増税前にすまい給付金を申請した方がいいのか、と疑問を抱く人もいらっしゃるでしょう。 消費税8%と10%とではどの程度負担が増えるのか考えてみましょう。 <建物価格 2,000万円の場合>• 消費税8% 160万円• 消費税10% 200万円 上記の例ですと、増税により40万円負担が増えます。 建物価格1,000万円であれば20万増、3,000万円であれば60万円増となります。 一方、すまい給付金の消費税増税による違いは次のようになります。 一方、建物価格が低ければ増税後に給付金を受け取った方がいい人もいます。 このことからすまい給付金の金額だけを考えると、 建物価格が高くなりそうな人は消費税増税前に住宅取得した方がいいと言えます。 ただし、このシミュレーションは、 所得割額が増税前後で変わらない、消費税増税が予定通り行われることを前提としていますし、政令指定都市かどうかによっても状況は異なります。 家計の住宅費の負担を考え、 最もいい時期に取得することが原則です。 まとめ すまい給付金を利用できるかどうか、判断できましたでしょうか。 住宅に関する制度には住宅ローン減税などもあり、ややこしく感じるかもしれません。 住宅取得にあたり、適用できる制度をまとめておくと安心です。

次の

すまい給付金のシミュレーション確定申告時ではない!中古住宅購入編

すまい 給付 金 シミュレーション

以下、同意事項に同意の上、利用してください。 <同意事項> 本シミュレーションは、入力された情報を一定のモデル条件に当てはめて結果を表示しています。 本シミュレーションの結果は、すまい給付金の給付や住宅ローン減税の支給有無や金額を約束するものではありません。 なお、本シミュレーションに起因する利用者のいかなる不利益・損害または第三者との間に生じる紛争等について、国及び事務局はその責任の一切を負いません。 本シミュレーションにおいてお客様が記入された数値などは、シミュレーション計算時のみ使用し、数値を保存するようなことはいたしません。 事業主の方は、控除額が把握でき、その金額を入力した場合、数値を用いて計算しています。 入力がない場合は、会社員相当の概算額を控除して計算しています。 「2」で算出した住民税の課税所得に都道府県民税率を乗じて算出した所得割額に対する給付基礎額に、 入力した所有権の持分を乗じて給付額を算出します。 【シミュレーション算出条件(住宅ローン控除)】• すまい給付金の計算時に入力された情報を基に、所得税額、住民税額を算出し、その値は10年間(控除期間が13年間の場合は13年間)一定として計算を行っています。 住宅ローン控除における借入限度額は4,000万円として計算しています。 住宅ローンは、元利均等返済方式で、借入期間中の金利を一定として計算しています。 (住宅ローン)借入額およびボーナス払いなど入力した値を元に、今後10年間(控除期間が13年間の場合は13年間)の年末の住宅ローン残高を算出します。 「1・2・4」からその年の住宅ローン控除額を算出し、控除しきれない額がある場合は翌年の住民税において控除を行います。

次の

すまい給付金とは?必要書類の書き方と確定申告の申請と条件

すまい 給付 金 シミュレーション

この記事の目次• すまい給付金は、消費税の負担を緩和できる制度 すまい給付金は 消費税増税による負担を減らすための制度です。 例えば、建物が2,000万円の場合で説明すると、 消費税8%と10%との比較では負担金額が40万円も増加してしまいます。 建物の購入価格が高くなればなるほど、負担差額が増える消費税ですが、すまい給付金を利用することで負担の一部を軽減させることができます。 関連記事• すまい給付金についての住宅ローンの定義 次の章からすまい給付金の給付額や要件について解説していきますが、その前にすまい給付金についての住宅ローンの定義について説明しておきますね。 ほとんどの人が下記の要件を満たすと思いますが、親から借りた場合など対象外となることもありますので、事前に確認しておきましょう。 自ら居住する住宅の取得のために必要な借入金であること• 償還期間が 5年以上の借入れであること• (より抜粋) すまい給付金の給付額と収入についての要件 すまい給付金は消費税の負担を抑えられる嬉しい制度ですが、残念ながら 住宅取得者全員に適用されるわけではありません。 まずは給付額と給付を受けるための要件について見ていきましょう。 すまい給付金の給付額 すまい給付金の給付額は、全員に同額が給付される仕組みではなく、主に 収入(都道府県税の所得割額)によって給付額が変わります。 また都道府県税の税率は政令指定都市とそれ以外で異なります。 住宅をご夫婦で共有にした場合はさらに割合に応じて給付されることになります。 給付額は次の式で求めます。 すまい給付額が決まる収入額 すまい給付金の給付基礎額は、都道府県民税を計算する際に求める所得割額によって決まります。 今回はサッと確認したい人用の 「目安」と、所得割額で詳細を確認したい人用の 「詳細」で見ていきましょう。 平成30年度以降、政令指定都市の税率が変更になったため、政令指定都市に住んでいる人は次の「詳細」で確認してください。 ちなみに、都道府県民税の所得割額は次の「市民税・県民税特別徴収税額通知書」で確認できます。 89万円以下 (6. 93万円以下) 3. 445万円以下 (3. 489万円以下) 20万円 6. 89万円超8. 39万円以下 (6. 93万円超8. 44万円以下) 3. 445万円超4. 195万円以下 (3. 489万円超4. 248万円以下) 10万円 8. 39万円超9. 38万円以下 (8. 44万円超9. 43万円以下) 4. 195万円超4. 690万円以下 (4. 248万円超4. 749万円以下) 消費税率10%(住宅ローン利用する) 給付基礎額 政令指定都市 政令指定都市以外 50万円 7. 60万円以下 (7. 64万円以下) 3. 800万円以下 (3. 848万円以下) 40万円 7. 60万円超9. 79万円以下 (7. 64万円超9. 85万円以下) 3. 800万円超4. 895万円以下 (3. 848万円超4. 956万円以下) 30万円 9. 79万円超11. 90万円以下 (9. 85万円超11. 97万円以下) 4. 895万円超5. 950万円以下 (4. 956万円超6. 025万円以下) 20万円 11. 90万円超14. 06万円以下 (11. 97万円超14. 14万円以下) 5. 950万円超7. 030万円以下 (6. 025万円超7. 118万円以下) 10万円 14. 06万円超17. 26万円以下 (14. 14万円超17. 36万円以下) 7. 030万円超8. 630万円以下 (7. 118万円超8. 738万円以下) 消費税率10%(住宅ローン利用しない) 給付基礎額 政令指定都市 政令指定都市以外 50万円 7. 60万円以下 (7. 64万円以下) 3. 800万円以下 (3. 848万円以下) 40万円 7. 60万円超9. 79万円以下 (7. 64万円超9. 85万円以下) 3. 800万円超4. 895万円以下 (3. 848万円超4. 956万円以下) 30万円 9. 79万円超11. 90万円以下 (9. 85万円超11. 97万円以下) 4. 895万円超5. 950万円以下 (4. 956万円超6. 025万円以下) 20万円 11. 90万円超13. 30万円以下 (11. 97万円超13. 38万円以下) 5. 950万円超6. 650万円以下 (6. 025万円超6. 733万円以下) 給付基礎額を正確に知りたい人は、「都道府県税の所得割額」を確認する必要があります。 表の見方と合わせて、計算方法(表の赤箇所)を紹介しておきます。 すまい給付金の対象となる住宅の要件 すまい給付金の給付額は収入額によって異なることを解説してきましたが、住宅についての要件を満たす必要もあります。 まずは新築住宅の要件について紹介します。 一般のご家庭が住む住宅であれば問題なく満たすでしょう。 ただ 2 は不動産販売会社や建築会社と確認する必要があります。 なお、住宅ローン減税は、表の 1 、 2 の要件を満たす必要があります。 給付の対象となる中古住宅 中古住宅の場合は注意が必要で、 売主が宅地建物取引業者でなければなりません。 これは中古住宅を個人が売却する場合は消費税がかからず、すまい給付金が消費税の負担を軽減させる目的だからです。 すまい給付金 実施期間 すまい給付金を適用させるためには、 平成33年12月までに引き渡され入居が完了しなければなりません。 また申請は住宅の引き渡しから 1年3か月以内に行わなければなりません。 すまい給付金の申請方法と申請書類 すまい給付金の適用を受けられることがわかれば、あとは申請方法を確認し、申請書類を準備します。 すまい給付金の申請方法 すまい給付金は、全国にある窓口に申請します。 建築会社や住宅評価センターなどが窓口で、「赤羽郵便局」宛てで郵便による申請をすることもできます。 窓口となっている企業のうち、サポートセンターを兼ねている企業もあります。 すまい給付金の申請書類 申請書類は、新築/中古、本人受領/代理受領、住宅ローン/現金によって書式が異なります。 「代理受領」は、 住宅事業者が給付金を受け取ることができる制度です。 基本的には本人が給付金を受け取ることになりますが、入居後の支払いになるため、住居費用にあてたいと考えている人にとっては使いにくいかもしれません。 このような場合に利用できるのが代理受領となります。 すまい給付金の給付額をシミュレーションする 源泉徴収票や確定申告書の控えがあればより具体的にシミュレーションすることができます。 「かんたんシミュレーション」と「しっかりシミュレーション」がありますので、下記のサイトから試してみましょう。 消費税増税前にすまい給付金を申請した方がいい人 すまい給付金は消費税増税の負担を軽減させるために設けられた制度です。 消費税増税前にすまい給付金を申請した方がいいのか、と疑問を抱く人もいらっしゃるでしょう。 消費税8%と10%とではどの程度負担が増えるのか考えてみましょう。 <建物価格 2,000万円の場合>• 消費税8% 160万円• 消費税10% 200万円 上記の例ですと、増税により40万円負担が増えます。 建物価格1,000万円であれば20万増、3,000万円であれば60万円増となります。 一方、すまい給付金の消費税増税による違いは次のようになります。 一方、建物価格が低ければ増税後に給付金を受け取った方がいい人もいます。 このことからすまい給付金の金額だけを考えると、 建物価格が高くなりそうな人は消費税増税前に住宅取得した方がいいと言えます。 ただし、このシミュレーションは、 所得割額が増税前後で変わらない、消費税増税が予定通り行われることを前提としていますし、政令指定都市かどうかによっても状況は異なります。 家計の住宅費の負担を考え、 最もいい時期に取得することが原則です。 まとめ すまい給付金を利用できるかどうか、判断できましたでしょうか。 住宅に関する制度には住宅ローン減税などもあり、ややこしく感じるかもしれません。 住宅取得にあたり、適用できる制度をまとめておくと安心です。

次の