ノーリツ リストラ。 【希望退職者】味の素・ノーリツ・LIXIL…「募集」増加の一途

リストラされそうです(汗)リクルートキャリアコンサルティングと日本ドレ...

ノーリツ リストラ

ところが1990年代半ば以降、急速なデジタル化の影響を受け、写真処理機器事業は短期間で劇的な市場縮小に直面することになった。 そこで、まさに企業の存続を賭けた、根底からの事業大転換のプロジェクトがスタートした。 その事業再構築を成功に導いた、西本博嗣代表取締役社長CEOに、これまでの経緯と今後の経営戦略について聞いた。 日本を含め先進国地域のデジタル化は急速に進展し、発展途上国でも経済水準が一定レベルを超えると、初めて手にするのがフィルム式カメラではなくデジタルカメラという状態で、事業環境が激変しました。 私は1993年に新卒で入社した一社員で、海外営業を皮切りに、技術教育、販売促進、創業社長の秘書などの業務を経験しました。 しかし、2004年時点で、既に一般消費者の領域ではデジタル化が浸透していたにも関わらず、社内では相変わらずプロダクトとしてフィルム式(アナログ)の話題が中心で、私にとっては強い違和感があり退職しようと決意を固めるまでになっていました。 創業社長の秘書を勤めたご縁もあって、創業社長の娘さんと結婚することになりました。 その後、いったん会社を離れ、ベンチャー事業を立ち上げるなど、外部で経営者としての経験を積みました。 ノーリツ鋼機に対しては、創業家としての立場から当時の経営陣に対して様々な提言をしてきましたが、まったく変わらなかったので、2008年の株主総会で動議を出して経営陣全員に退陣して頂き、2009年に取締役、2010年からは代表取締役として直接経営に関わってきました。 この事業を、無理をしてまで守ろうというような考えは一切なく、どうやって現在の単一事業のみという状態から脱して、次の新たな事業に転換しようかという意識だけしかありませんでした。 当時は和歌山県内に主要生産拠点を含む本社を中心として、ピーク時に1200人だった国内の従業員が、3回の大規模リストラにより、2012年には半数以下にまで減少しました。 最終的には、創業の事業である写真処理機器事業を2016年2月に譲渡するに至り、現在は別の資本となりましたが営業を続けています。 私が2010年に代表に就任したとき、2004年3月期のピーク時に900億円あった売上高は3分の1にまで減少していました。 写真処理機器事業を残しながらも少しずつ需要に合わせた規模に縮小してソフトランディングさせつつ、一方で新しい事業の立ち上げやM&A(企業の合併買収)を断行するという両面を同時並行で実現していきました。 比較的短期間で思い切った事業転換を実現できた背景には、創業家の理解と信頼、改革への強い決意、優秀な人材の獲得、そして幸運にも自己資金が豊富だったことが挙げられるのではないでしょうか。 そこで、自前で投資先を選定する能力を持ったプロの人材を獲得して、グループで新成長領域に関する調査・投資を担当し、M&Aを担う「NKリレーションズ」という会社を2009年に立ち上げました。 最初に来た素晴らしいご縁が、遠隔サービスの「ドクターネット」で、そこからM&Aが加速していきました。 とはいえ、M&Aばかりに特化して「ファンド」になるつもりはなく、しっかりと事業会社として歩みたいと思ってきました。 この自前での事業の立ち上げとしては、和歌山県内の広大な土地を活用してを整備した農業系の「NKアグリ」や、バイオマーカー検査の販売を担う医療系の「NKメディコ」があります。 これに先ほどの「NKリレーションズ」を加えた社名の頭にNKのつく3社が自前の新規事業です。 遠隔の「ドクターネット」を皮切りに、チャンスがあれば良い会社を買収してきましたし、今も機会をうかがっています。 ファンドではないので、予め定めたイグジットの期限もありませんし、本当に良い会社だけを対象にするという方針を貫いています。 正直に申し上げて、これまでの案件に失敗はないと自負しています。 事業領域が広い分野にわたるため、1社1社を見ると非常に多様に見えますが、全ての個別企業については買収前と後を比べて成長軌道が明確になっており、次第にシナジーを発揮する取り組みもできるようになりました。 M&Aを始めた当初に比べると、当社の方針が少しずつ外部に浸透し、素晴らしいM&A案件の機会に恵まれるようになってきました。 この会社は、350万人以上という日本最大級のレセプト(診療報酬明細書)の医療ビッグデータを蓄積・保有している上に、高度なデータ解析力を持っており、保険会社・製薬会社・学術機関などから絶大な信頼を得ています。 そのノウハウを用いて、個人の健康度合いを客観的に表す指標「健康年齢 R 」を開発しました。 それにより、個人の健康度合いによって保険料が変わる「健康年齢連動型少額短期保険」という保険商品で認可を取得、販売を開始することができましたし、個人の健康増進を助けるための客観的なツールが提供できるようになったと考えています。 また、「ユニケソフトウェアリサーチ」を中心としたチームユニケでは、主に調剤薬局向けシステムを提供しており、そこからも価値のある医療データを蓄積できるようになりました。 日本では医療費の増大が大きな問題となっていますが、超高齢化や医師不足といった逆風の中でも、医療関連データを利活用することで、より健康な生活をより長く営める社会を作る一助になりたいと願っています。 創薬セグメントの「日本再生医療」と「ジーンテクノサイエンス」は研究開発フェーズであるため現在は赤字主体ですが、これから3~5年くらいで研究開発が進捗すると見ています。 特にの先駆者であるジーンテクノサイエンスは、多くの先発薬の特許が切れる2020年度以降、本格的に成長すると期待しています。 グループ内でリストラを含めた組織再編を行っている間は、こうした足もとが赤字である企業は極めて将来性があっても、連結対象とすることはできませんでしたが、現在は将来に向けて種を蒔き、育てていける環境にあります。 マーキングペン先部材製造の「テイボー」が、ものづくり部門の柱として2015年1月にグループインしたことで、収益基盤が一層固まったことにより、よりチャレンジできる体質となりました。 そういう意味では、今まではあまりM&Aにおいてシナジーには固執せずに、個々の企業の堅実な利益体質と将来性を最優先に考えてきました。 2017年3月期決算をもって事業セグメントを見直し、「ものづくり」、「ヘルスケア」、「創薬」、「シニア・ライフ」、「アグリ・フード」という区分に改めましたが、今後は、グループ内の事業間でのシナジー強化はもちろん、グループ外のシナジーを狙うセオリー通りの買収も視野に入れています。 また、既に大きな収益源になっている医療情報領域だけでなく、アーリーステージにあるバイオ領域やをはじめとしたデジタル領域など、5年後、10年後に大きく花開くであろう本当の意味で将来性のある投資も積極化します。 したがって、どの分野というよりも、全体の構造を維持しつつ足りない部分を補って強化し、シナジーを発揮する方向を目指します。 事業の分野で言えば、人の命とか生活が豊かになるとか、そういった分野に魅力を感じます。 私としては、突拍子もない分野に進出してきたという印象はなく、これからも生活に密着した、広く世界中の人々に受け入れられる必需品のビジネスに関わっていきたいと思っています。 例えば比較的大きなターミナル駅を想像していただくと分かりやすいと思います。 我々が事業を興したり、買収したりした企業がホームに入線してくる電車とします。 ホームに入っているときに、車両数や乗降客数といった売上高や利益が増加するとします。 ある企業A社がノーリツ鋼機グループというターミナル駅の何番線かのホームに停車している期間に成長して、何年か後により大きな成長を見込める場面が到来すれば、次のターミナル駅に向けて発車する企業を送り出すケースも想定しています。 当然、当社の規模からして提供できるリソースには限界がありますから、それぞれの事業がステージに応じて最も適したパートナーを得ることは、否定されるものではありません。 今後も想定通りの成長軌道に乗った業績推移を実現していきたいと考えています。 売上収益(日本基準における売上高)の拡大はもちろん重要ですが、どちらかといえば利益の質を重視しています。 株主還元については、安定的な配当の継続的な実施をポリシーとしており、2018年3月期は業績の回復を反映し年間10円から15円へ増配を予想しています。 1993年に近畿大学商経学部卒業。 同年、ノーリツ鋼機入社。 2009年、取締役に就任。 同年、グループにおける新成長領域に関する調査・投資を担うNKリレーションズを設立、代表取締役に就任。 2010年、代表取締役社長に就任し現在に至る。 株探ニュース.

次の

リストラとは?人員整理の実例や対象にされやすい社員

ノーリツ リストラ

ノーリツのリストラ概要 ノーリツは構造改革として主力事業の温水空調分野に注力し、住宅設備システム分野からの撤退をするとのことです。 2020年6月末迄で生産販売終了となるのはシステムキッチン、システムバス、洗面化粧台。 販売済みのアフターサービスは継続する。 ノーリツ子会社となる株式会社アールビーのキッチンライフ事業所は取引先と譲渡の交渉中。 これらリストラの一環として希望退職者の募集を実施し、経営責任として役員報酬の減額を発表しています。 ノーリツの希望退職者の概要 ノーリツが発表した希望退職者の概要は以下の通りとなっています。 対象者:45歳以上の正社員(2020年3月20日時点での年齢)及び契約社員• 募集人員:約600名• 募集期間:2020年1月17日から1月31日• 退職日:2020年3月20日• 優遇措置:特別加算金支給、再就職支援 ノーリツは、今回のリストラ及び希望退職者募集費用として、2020年12月期に特別損失70億円の計上をする予定となっています。 国内事業の構造改革の実施及び2020 年 12 月期における特別損失計上見込みに関するお知らせ(ノーリツ公式) 希望退職者募集に応募をする方は、『』のページや、希望退職者募集に応募をした方は、『』のを参考にして下さい。 ノーリツからの転職は、『』と『』がおすすめです。

次の

ノーリツの希望退職者募集に789名が応募、想定3割上回る 国内リストラ

ノーリツ リストラ

2019年1月から12月において希望退職者募集や早期退職優遇制度などの人員削減策を発表した企業、もしくは実施した企業のうち、一部をご紹介しています。 当該期間に人員削減を行なった全ての企業を記載している訳ではございませんので、予めご了承ください。 また、企業からのリリースを元に作成しており、一部マスメディアによる報道のみの不確定情報については記載しておりません。 2019年は、富士通が2850名のリストラを行ったことを筆頭に、17社が100名以上のリストラを実施しました。 2018年は、100名以上のリストラは6社だったことを考えると、3倍近くもの企業がリストラを行いました。 2018年1月に発表した「2020中期経営計画」で、日本国内で約3000名規模のリストラを行うこと明らかにしており、今回の大リストラはその一環で行われました。 悲しくも、2019年最大のリストラとなってしまいました。 出展 富士通| ジャパンディスプレイ|想定を上回る1266名の超大規模リストラ (画像: via ) 東証1部に上場するディスプレイ製造大手である『ジャパンディスプレイ』は、希望退職者の募集に対して当初1200名を募集していたところ、想定を上回る1266名が応募したことを発表しました。 また、スマートフォン向けディスプレイを主として販売する中国の海外販売子会社『JDI China Inc. (中国)』にて40名のリストラを実施、及び、『ジャパンディスプレイ』から持分法適用関連会社である『JOLED』へ229名が転籍することも同時に明らかになりました。 ジャパンディスプレイは、ソニー・東芝・日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合し、2012年に設立され、「日の丸液晶」メーカーとして期待されていましたが、5年連続の赤字を垂れ流しています。 これまでに私たちの税金を4000億円投入し、会社を存続させており、ますますこの先の展開に注目が集まります。 出典 ジャパンディスプレイ| 東芝|1060名削減予定のリストラ策に対し823人削減へ (画像: via ) 東証2部・名証2部に上場する電機大手である『東芝』は、1060人を募集していた早期退職優遇制度に対して、想定を大幅に下回る823名が応募したことを明らかにしました。 内訳は、『東芝』及び子会社の『東芝エネルギーシステムズ』、『東芝デジタルソリューションズ』が対象になっています。 『東芝』:募集人員200名、応募者数339名 『東芝エネルギーシステムズ』:募集人員800名、応募者427名 『東芝デジタルソリューションズ』:募集人員60名、応募者57名 『東芝エネルギーシステムズ』において応募者数が想定を大幅に下回っているものについては、グループ外への人材配置などを行うことで、概ね当初の計画に達する見込みだと発表しています。 これらのリストラ策は「東芝Nextプラン」にて発表された、今後5年間で約7000名を削減するの一環です。 物流費の高騰や原材料価格の上昇により採算が悪化しているため、大型ペットボトル商品の値上げをはじめとして、27年ぶりに価格改定を実施する一方、人件費などのコスト削減が必要と判断し、今回のリストラを実施したと考えられます。 出典 コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス| パイオニア|日本国内で950名の大規模リストラ!予想を1. 3倍上回る人数 (画像: via ) 香港の投資ファンド『ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア』の傘下で経営再建を続けている電機メーカー『パイオニア』は、当初700名を募集していた希望退職に対して、想定の1. 3倍にもあたる950名が応募したことが公表しました。 2018年12月に、グローバル全体で3000名のリストラを計画していると発表し、それの一環として日本国内では、同社及び国内のグループ会社の社員を対象として実施されました。 対象となったのは同子会社のシステムデバイス事業部や営業部門などの従業員で、当初の募集人員350名に対し、約2割多い応募者数となりました。 なお、この施策に伴う特別加算金などの費用として約50億円を計上する予定です。 東芝グループにおいて、「東芝Nextプラン」の中で、今後5年間で約7000名を削減することを発表しており、今回のリストラはその一環になります。 対象は、『アルペン』および子会社の『ジャパーナ』の45歳以上64歳未満の社員です。 出典 アルペン| 鳥居薬品|281名削減実施!今後1200名から800名まで削減予定 日本たばこ産業(JT)の子会社で、東証1部に上場する中堅製薬メーカーである『鳥居薬品』は、特別転進支援制度に対して、281名が応募したことを明らかにしました。 当初、このリストラに際しては、募集人数を設けずに無制限に募集をしていました。 また、定年退職後再雇用社員・契約社員については契約の調整等を併せて実施を発表しており、1200名の総人員を約800名に削減する方針です。 医薬情報担当者(MR)についても、約 500 名から約300名に削減予定です。 薬価制度改正の影響で長期収蔵品の収益性が低下、また米ギリアド・サイエンシズとのライセンス契約解消による主要商品だった抗HIV薬の販売権を失ったことも重くのしかかっています。 出典 鳥居薬品| サンデンホールディングス|当初の想定以上の215人を削減 東証1部に上場し、カーエアコンシステム、住環境機器の製造・販売など行う『サンデンホールディングス』は、当初200名を募集していた希望退職に対して想定を上回る215名が応募したと発表いたしました。 出典 サンデンホールディングス| 日本ハム|募集人数を上回る213名が早期退職 東証1部に上場するハム・ソーセージ国内最大手の『日本ハム』は、当初200名を募集していた早期退職に対して、募集人数以上の213名が応募したと発表しました。 売上高、営業利益率共に国内トップを独走していますが、2020年度を最終年度とする中期経営計画において、既存事業の効率化による更なる収益性の向上を目指しており、今回のリストラを実施したと見られます。 出典 日本ハム| 富士通フロンテック|想定の1. 5倍以上の159名の人員削減を実施 (画像: via ) 富士通グループに属し東証2部に上場している、ATMやPOS端末などの電子機器の開発・製造メーカーである『富士通フロンテック』は、当初は約100名を募集していた早期退職に対して、募集人数の1. 5倍以上の159名が応募したことを発表しました。 開発、製造、調達を含めたサプライチェーンの体制見直しや、新潟工場と熊谷サービスソリューションセンターの2拠点で行っていたリペアビジネスを熊谷サービスソリューションセンターに統合、不採算事業であった中国金融向けメカトロニクスビジネスを縮小するなどに伴い、不要なった人材をリストラしたと見られます。 同社および子会社の『TABICT』『Robot Home』『TATERU Funding』に在籍する正社員が対象です。 銀行の融資審査を通りやすくするため、顧客のネットバンキングの画面を改ざんや預金残高を改ざんし、金融機関から不正に融資を引き出す不適切行為などの杜撰な経営体制が露わになり、業績が急激に悪化したことに伴うリストラの実施となりました。 出典 TETERU| 2019年にリストラが発表された大企業 輝かしい令和を期待していましたが、既に2020年以降のリストラ策を名だたる大企業が次々と発表しています。 東京オリンピックを待つことなく、数多くの人たちが職を失う、そんな2020年になりそうです。 北米などで販売台数が減少し、生産能力過剰状態が続いていることが原因で、商品ラインアップについても、2022年度までに 10%以上効率化し、コアモデル及びそれぞれの市場における重要なモデルへの投資に重点を置いていくとしています。 日産自動車の前会長カルロス・ゴーンが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任されたことから、1年が経ちましたが、日産自動車の厳しい状況は引き続き続いていきそうです。 出典 日産| LIXILグループ|5年間に及ぶ人員削減を決定!初年度は募集人数無制限! (画像: via ) 東証・名証1部に上場する建築材料・住宅設備機器業界最大手の『LIXILグループ』は、早期退職優遇制度の「キャリアオプション制度」を導入を決定したと発表しました。 初年度は、同社および一部の国内子会社に在籍する50歳以上かつ勤続年数10年以上の正社員で、募集人数は定めずに実施しするとしています。 2年目以降の詳細は未定ですが、本リストラ策を当面5年間の運用を予定していると発表しています。 出典 LIXILグループ| セブン&アイ・ホールディングス|2022年度末までにグループで3000名以上リストラへ! (画像: via ) 東証1部に上場する流通大手である『セブン&アイ・ホールディングス』は、2022年度末までにグループ全体で3000名超を削減する大規模なリストラを実施することを発表しました。 今回のリストラ策では、グループ会社の中から『イトーヨーカ堂』と『そごう・西武』が対象になっています。 『イトーヨーカ堂』:2022年度末の従業員数を2018年度末に対し、自然減も含め、約1700名削減。 店舗政策として、33店舗をグループ内外企業との連携もしくは閉店を検討。 『そごう・西武』:2022年度末の従業員数を2018年度末に対し、自然減も含め、約1300名削減。 店舗政策として、5店舗の閉店及び2店舗の減積。 尚、この2000名については、2019年6月に売却を発表した銅管事業の700名の減少分も含むとしています。 出典 UACJ| 三井E&Sホールディングス|1000名規模の人員削減を検討中! 東証1部に上場する造船、機械、プラントなどを手掛ける大手重工業メーカーである『三井E&Sホールディングス(2018年4月1日に三井造船株式会社から変更し、持株会社制へ移行)』は、グループ内の他事業会社への配置転換や事業会社の売却などを行うことで、1000名規模の異動・削減を決定いたしました。 このリストラ策は、エンジニアリング事業における海外大型石炭火力発電所土木建築工事での巨額の損失を負ったことから回復するためとしています。 2019年から実験していた時短営業を2020年3月からは正式導入をすることを決定し、加盟店への支援制度の拡充することから、収益率の悪化を見込んでいるため、本社組織をスリム化を実現するために今回のリストラ策を決定したと見られます。 出典 ファミリーマート| ノーリツ|600名の大規模リストラ決定!複数事業から撤退! 東証1部に上場する給湯機器、温水暖房機器、キッチン機器などの住宅設備機器の国内第2位の製造販売メーカーの「ノーリツ」は、約600名のリストラを決定しました。 日本国内の市場縮小は続き、主力の温水空調分野における収益改善は達成できず、不採算分野の赤字も続いています。 また売上高の約7割を依存している中国についても、米中貿易摩擦などの市況悪化で業績が低迷しています。 これに伴い、2020年6月末で住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の開発・生産・販売を終了すると発表しました。 出典 ノーリツ| オンワードホールディングス|350名のリストラ決定! 東証・名証1部に上場する大手アパレルメーカーである『オンワードホールディングス』は、希望退職者を募集し、約350名を削減することを決定しました。 『オンワードホールディングス』は、2020年2月期は最終赤字に陥ると見られ、韓国事業から全面撤退、「オープニングセレモニー」などのブランドを廃止、国内外で展開する約3000店舗のうち目標店舗数を定めずに閉店することも明らかにしています。 出典 オンワードホールディングス| FDK|250名の人員削減決定!中国撤退! 富士通の連結子会社で東証2部に上場する電池・電子部品メーカーである『FDK』は、転進支援制度で約250名の人員削減を実施することを発表しました。 出典 FDK| 味の素|100名の削減を発表! (画像: via ) 東証1部に上場する調味料大手の『味の素』は、特別転進支援施策を実施することによる、約100名の人員削減策を発表しました。 今後、『味の素』は海外を中心に発展していくと見られますが、そこに日本国内の社員は必要ないのかもしれません。 出典 味の素| オンキヨー|100名のリストラ策を決定 ジャスダックに上場する音響機器メーカーである『オンキヨー』は、希望退職者を募集し、約100名の人員削減を明らかにしました。 ホームAV事業の売却を検討していましたが、折り合いが付かず断念しており、それに伴い大阪の寝屋川技術センターを閉鎖し、東大阪本社と東京オフィスに集約することを決定しています。 これらのことから、余剰人材をリストラすることに至ったと見られます。 出典 オンキヨー| 関連記事 icon-hand-o-right 過去のリストラまとめ記事 icon-hand-o-left icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right 必須 お名前(漢字) 必須 お名前(フリガナ) 必須 メールアドレス 必須 年齢 必須 参加希望日 2020年7月4日 土 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月11日 土 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月14日 火 19:30-22:00 @Zoom 2020年7月18日 土 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月23日 木・祝 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月24日 金・祝 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月25日 土 9:30-12:00 @Zoom 2020年7月28日 火 19:30-22:00 @Zoom 任意 どちらで東京アキバ読書会をお知りになりましたか?【複数可】 Web検索 Facebook Twitter Instagram NAVERまとめ お知り合いからの紹介 任意 その他、ご質問や特記事項等がございましたら、下記にご入力ください。 スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。 icon-calendar 東京アキバ読書会の日程 【2020年】Zoom読書会 icon-check-square-o7月4日 土 9:30-12:00 残り3名 icon-check-square-o7月11日 土 9:30-12:00 残り6名 icon-check-square-o7月14日 火 19:30-22:00 残り8名 icon-check-square-o7月18日 土 9:30-12:00 残り4名 icon-check-square-o7月23日 木・祝 9:30-12:00 残り8名 icon-check-square-o7月24日 金・祝 9:30-12:00 残り8名 icon-check-square-o7月25日 土 9:30-12:00 残り3名 icon-check-square-o7月28日 火 19:30-22:00 残り8名 icon-yen 参加費:300円 icon-map-marker 会場:Zoomにてオンライン開催 オススメの記事.

次の