港区議会議員。 10万円が一向に振り込まれない。港区議会議員に電話をしたら…

プロフィール

港区議会議員

どんな苦難があっても、とにかく前進する気概と矜恃を持ち、前へ進むための創意工夫を凝らすことが、私の基本姿勢です。 あの日から4年、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、世界で一番の都市になるよう、港区を前へ進めてまいります。 議員になる前の話です。 学生時代、私はラグビー日本一という夢を一心不乱に追いかけ、また卒業後は総合商社で鉄鋼事業に携わり、日本経済が世界のなかで大きく翻弄されていく姿をまのあたりにする一方、母校ラグビー部のコーチやラグビースクールを設立する機会に恵まれ、指導者として次世代を育成する貴重な経験を積むことができました。 それらの経験を通じ、これからの日本の社会には何が必要なのかを考えた結果、たどり着いたものは「One for All, All for One」というラグビーを象徴する言葉に根差した「人づくり」でした。 議員になった後も、地域における「人づくり」は、港区の未来に最も重要で必要不可欠な要素だと確信し、私の全ての政策の根底となる位置付けとして、日々の活動のベースになっています。 もちろん「人づくり」は子ども達だけでなく、彼らを導く私達、大人もまた、多くの経験や気づきを得ることで、社会全体に波及する相乗効果が生まれ、より豊かで、実りある世の中になっていく、私はそう考えています 一方、議員になってから、常に考えていることは政策を「どう実現していくか」です。 どんなに良い理想を掲げても、実現してカタチにしなければ、世の中は変わりませんし、問題は解決しません。 大小の再開発が数多く計画されるここ港区においては、まちづくりのコンセプトに、地域の問題を解決する施策を盛り込んだり、あったら良いなと思う理想やアイディアを掲げることで、様々な場や機会を創り出すことができるのです。 シニア世代が生きがいを持って生涯活躍できる場・機会をつくる• 多様性を尊重するハード・ソフトのバリアフリーを実現する• 1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な子供たちを育成する機会を学校内外につくる• 子育て世代が安心して働き続けられる職住環境を整備する• 暮らす人が感動や一体感を味わえるアイデンティティーを醸成する• 暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区内のすべての地域が繋がる拠点をつくる これらの6つの政策を、地域や行政だけでなく、港区の強みである多くの民間企業と一緒になって「まちづくり」を創り上げることこそ、実現であると、私は考えます。 黒崎ゆういちは、「まちづくり」と「人づくり」で港区をもっと前へ進めていきます。 そして、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、港区を世界で一番の都市にするために全力で前進していきます。 港区議会議員・黒崎ゆういちってこんなヒト 港区生まれの43歳、AB型。 学生時代をラグビー競技者として邁進。 商社勤務やNPO 等の組織運営経験を活かし、2015年港区議会議員に。 ラグビーで身につけた「ワンフォーオール・オールフォーワン」の精神と突破力や、企業人経験から学んだビジネス創出力で、港区を前へ進めます。 主な経歴• 1976年(昭和51年)港区赤坂生まれ• 東京都港区立笄小学校卒業• 明治大学付属中野中学校卒業• 明治大学付属中野高等学校卒業• 明治大学政治経済学部政治学科卒業• 日商岩井株式会社• 株式会社メタルワン• 自民党政経塾 第9期生• NPO法人みなとラグビースクール理事長・校長• 一般社団法人港区ラグビーフットボール協会会長• 一般社団法人日本ブラインドラグビー協会副会長 「黒崎さんってどんな仕事をしているの?」とよく聞かれます。 そこで、4年間港区議会議員としてまちづくりに取り組む中でたどり着いた、6つの政策をあらためてご紹介させていただきます。 自らのライフワークとして取り組む内容だけでなく、皆さんのご要望やご相談に触れる中で必要性を強く感じ、政治家として取り組むことを決意した内容も多くあります。 取り組み内容について、ぜひ皆さまからのご意見・ご要望をぜひお寄せください。 シニア世代が生きがいを持って生涯活躍できる場・機会をつくる• 多様性を尊重するハード・ソフトのバリアフリーを実現する• 1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な子供たちを育成する機会を学校内外に作る• 子育て世代が安心して働き続けられる職住環境を整備する• 暮らす人が感動や一体感を味わえるアイデンティティーを醸成する• 暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区内のすべての地域が繋がる拠点をつくる.

次の

港区議会議員やなざわ亜紀 Official Site

港区議会議員

どんな苦難があっても、とにかく前進する気概と矜恃を持ち、前へ進むための創意工夫を凝らすことが、私の基本姿勢です。 あの日から4年、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、世界で一番の都市になるよう、港区を前へ進めてまいります。 議員になる前の話です。 学生時代、私はラグビー日本一という夢を一心不乱に追いかけ、また卒業後は総合商社で鉄鋼事業に携わり、日本経済が世界のなかで大きく翻弄されていく姿をまのあたりにする一方、母校ラグビー部のコーチやラグビースクールを設立する機会に恵まれ、指導者として次世代を育成する貴重な経験を積むことができました。 それらの経験を通じ、これからの日本の社会には何が必要なのかを考えた結果、たどり着いたものは「One for All, All for One」というラグビーを象徴する言葉に根差した「人づくり」でした。 議員になった後も、地域における「人づくり」は、港区の未来に最も重要で必要不可欠な要素だと確信し、私の全ての政策の根底となる位置付けとして、日々の活動のベースになっています。 もちろん「人づくり」は子ども達だけでなく、彼らを導く私達、大人もまた、多くの経験や気づきを得ることで、社会全体に波及する相乗効果が生まれ、より豊かで、実りある世の中になっていく、私はそう考えています 一方、議員になってから、常に考えていることは政策を「どう実現していくか」です。 どんなに良い理想を掲げても、実現してカタチにしなければ、世の中は変わりませんし、問題は解決しません。 大小の再開発が数多く計画されるここ港区においては、まちづくりのコンセプトに、地域の問題を解決する施策を盛り込んだり、あったら良いなと思う理想やアイディアを掲げることで、様々な場や機会を創り出すことができるのです。 シニア世代が生きがいを持って生涯活躍できる場・機会をつくる• 多様性を尊重するハード・ソフトのバリアフリーを実現する• 1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な子供たちを育成する機会を学校内外につくる• 子育て世代が安心して働き続けられる職住環境を整備する• 暮らす人が感動や一体感を味わえるアイデンティティーを醸成する• 暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区内のすべての地域が繋がる拠点をつくる これらの6つの政策を、地域や行政だけでなく、港区の強みである多くの民間企業と一緒になって「まちづくり」を創り上げることこそ、実現であると、私は考えます。 黒崎ゆういちは、「まちづくり」と「人づくり」で港区をもっと前へ進めていきます。 そして、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、港区を世界で一番の都市にするために全力で前進していきます。 港区議会議員・黒崎ゆういちってこんなヒト 港区生まれの43歳、AB型。 学生時代をラグビー競技者として邁進。 商社勤務やNPO 等の組織運営経験を活かし、2015年港区議会議員に。 ラグビーで身につけた「ワンフォーオール・オールフォーワン」の精神と突破力や、企業人経験から学んだビジネス創出力で、港区を前へ進めます。 主な経歴• 1976年(昭和51年)港区赤坂生まれ• 東京都港区立笄小学校卒業• 明治大学付属中野中学校卒業• 明治大学付属中野高等学校卒業• 明治大学政治経済学部政治学科卒業• 日商岩井株式会社• 株式会社メタルワン• 自民党政経塾 第9期生• NPO法人みなとラグビースクール理事長・校長• 一般社団法人港区ラグビーフットボール協会会長• 一般社団法人日本ブラインドラグビー協会副会長 「黒崎さんってどんな仕事をしているの?」とよく聞かれます。 そこで、4年間港区議会議員としてまちづくりに取り組む中でたどり着いた、6つの政策をあらためてご紹介させていただきます。 自らのライフワークとして取り組む内容だけでなく、皆さんのご要望やご相談に触れる中で必要性を強く感じ、政治家として取り組むことを決意した内容も多くあります。 取り組み内容について、ぜひ皆さまからのご意見・ご要望をぜひお寄せください。 シニア世代が生きがいを持って生涯活躍できる場・機会をつくる• 多様性を尊重するハード・ソフトのバリアフリーを実現する• 1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な子供たちを育成する機会を学校内外に作る• 子育て世代が安心して働き続けられる職住環境を整備する• 暮らす人が感動や一体感を味わえるアイデンティティーを醸成する• 暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区内のすべての地域が繋がる拠点をつくる.

次の

港区議会議員 二島とよじ

港区議会議員

モットーの「誠実、行動力、トコトンがんばる」を貫く 大滝実さんは3期12年間、区議会議員としてこの言葉通りの活動を貫き、今でも町会のみなさんやマンションのみなさんと活動・交流を続けています。 大滝実さんの掲げる「4つの区政転換・改革プラン」は圧倒的多数の区民の思いと通じるものと確信しています。 いま、コロナ禍で社会・政治のあり方が問われています。 港区には多額の積立金があります。 今日、明日をどう生きるか、どう営業を続けるのか、多くの区民が大変な時に積立金を活用することが求められています。 大滝実区長を誕生させ、一緒に新しい港区を築いていきましょう。 熊田ちづ子さん(日本共産党港区議) 子どものころ 中学生で100キロくらいあった大柄な兄と比べられ、私は痩せて青白いかったので「小さな蚊トンボ」がはり付いているようだといわれていました。 特にいじめられたことはありませんでしたが、鉄分の薬を飲んでいるような子どもでした。 学生時代 工業高校に進み自動車部に入りました。 落語が好きでラジオでよく聞いていました。 文化祭では落語研究会で大喜利をおこないました。 体育祭の仮装が大ウケだったのはよい思い出です。 就職 旋盤工として就業しました。 会社に1台しかない機械をまかされ、忙しいときは夜勤をしていました。 仕事のほか、社内で企画したクリスマスの社交ダンス講習会ではおもしろいと多くの参加者で好評でした。 青年組織「民青」職員に 誰一人取り残したくないとの思いで決意しました。 このころ、青年が「友達がいない」と言い自死されたという報道があり、心が痛みました。 港区議会議員へ 親から「人の為に働いてこそ価値がある」と教わりました。 地域の為に働きたいという思いで決意しました。 港区政への思い 新型コロナウイルス感染症の対応では、国や東京都の対応が遅すぎたり的外れのものがあるが、現港区長は行動をしません。 大型開発と大企業優先の港区政では新型コロナウイルス感染症後の舵取りを誤ってしまうと考えています。 後進の育成を行うために議員職を辞しましたが、港区民が新型コロナ禍での生活で苦労していることを見聞きし「黙っていられない」「民の声を聴き、区民の命と営業を守りたい」という思いで港区長選挙への立候補を決意しました。 ベランダの野菜つくり 野菜が生長していくのが楽しみで、新鮮な野菜も食べることができます。 実家が農業でしたので、日本の食料自給率の低下も危惧しています。 ダイエットも 尿酸値が高く動けなくなった夫を支えておられる女優さんが「奥さんに支えてもらえないとダメ」と言っているのを聞き、私は妻がいないですから、痩せる決意をしました。 キャベツを食べて半年で8キロほど減量、いまも野菜は大好きです。

次の