フランシスコ ザビエル。 フランシスコ・ザビエルについて!出身や本名、日本に来た理由や名言を解説!

フランシスコザビエルの生涯!ザビエルが日本に来た理由や本名と死因についても

フランシスコ ザビエル

Sponsored Links 日本にキリスト教を伝えた人物として有名なイエズス会の宣教師・フランシスコザビエル。 彼の遺体はミイラとなって現在も保管されています。 そんな彼の遺体の中でも有名なのが「奇跡」の右手です。 何が「奇跡」なのでしょうか。 また、どこで見られるのでしょうか。 ミイラになった理由 ザビエルは1549年、日本でキリスト教を布教するために来日しました。 しかし、その活動の中で、日本全土で布教するためには、日本の文化に大きな影響を与えている中国での布教活動が不可欠と考えるようになります。 その後、1552年9月中国の上川島に到着したザビエルは病を発症。 到着から3カ月ほどで死去してしまいました。 ザビエルの死を看取った中国人のアントニオらはその遺体をインドのゴアに船では工房とします。 しかしそのままではダメということで、少しでも早く遺体を腐敗させて遺骨にするために遺体の入った棺に石灰を入れたのです。 しかし、遺体はいつまでたっても腐らず、ミイラとなってしまいました。 それはともかく、埋葬から30年後に掘り起こされた際、その遺体は全く腐敗していなかったそうです。 現在はフランスの聖ギルダート修道院に安置されていますが、本当にきれいな遺体は、信心深くなくても奇跡を信じたくなってしまうほどです。 しかしながら、ザビエルのミイラはまさに「ミイラ」の姿をしていますので、「不朽体」とは呼べないのではないかと思います。 それに、9月の暑い最中に、乾燥した石灰を棺に詰め、海岸に置いておいたら当然腐敗せずに乾燥が進み、ミイラになるでしょう。 ザビエルの右手に奇跡が! 不朽体ではない!と言い切りたいところですが、一つ不朽体を疑ってしまう奇跡が起こります。 1614年、ローマのイエズス会総長の命令で右腕下膊が切断された際、鮮血がほとばしったというのです。 1614年といえば、ザビエルの死から60年以上が経過しています。 乾燥しきっていればその血も同様のはず。 体の一部からの出血は不朽体の特徴でもあり、やはりザビエルは聖人に選ばれ、不朽体となった!とも考えられるのではないでしょうか。 このことが直接の理由かはわかりませんが、1622年ザビエルは教皇グレゴリウス15世により聖人に列せられたのです。

次の

フランシスコ・ザビエル

フランシスコ ザビエル

ボム・ジーザス(ボンジェズ教会)教会 イエズス会の宣教師として、日本へキリスト教をもたらしたフランシスコ・ザビエル。 彼は日本を離れた後、ポルトガル王の命を受け、アジアにおける布教活動の拠点だったインド・ゴア経由で中国へと渡った。 だが1552年12月、中国での布教活動のさなか、熱病のためにこの世を去った。 彼の遺体はその弟子たちによってインド南部のゴアにある「ボム・ジーザス(ボンジェズ教会)教会」に葬られた。 その経緯を詳しくご紹介しよう。 フランシスコ・ザビエルがインド・ゴアから日本へ渡来したのは、1549年8月15日のことだった。 翌年9月、当時、薩摩国(さつまこく)の守護大名を務めていた島津貴久(しまづたかひさ)に、当地での布教活動の許可を得る。 ザビエルが日本に来た時は、俺はまだ15歳だったんだ。 勘違いされることもあるが、俺は直接奴に会ったことはないぞ。 その後、九州を中心に布教活動を行なったが、その成果は一部の地域に留まるもので、決して芳しいものとはいえなかった。 そこでザビエルは、日本文化に大きな影響を与えている中国での布教活動を開始するため、 1551年9月、中国広東省・上川島(じょうせんとう)へ上陸。 そこでフランシスコ・ザビエルは熱病を発症し、同年12月3日、46歳でこの世を去った。 ザビエルの遺体は、かの地で葬られたが、その遺体は弟子たちの手により、インド・ゴアにある「ボム・ジーザス教会」へ埋葬された。 現在も、フランシスコ・ザビエルの遺骸(ミイラ)は、10年に1度、同教会で一般公開されている。 直近では2014年に一般公開された。 実際の映像をご覧いただこう。 ザビエルの遺骸を確認できるだろう。 【追加雑学】なぜフランシスコ・ザビエルの遺体はインドにあるの? ヒンドゥー教徒が国民の90パーセントを占めるインドにおいて、イエズス会の宣教師だったザビエルの遺体が葬られていることを疑問に思った方がいるかもしれない。 インド・ゴアにキリスト教徒がいるのは、その歴史にルーツをもっている。 フランシスコ・ザビエルの遺骸が安置された教会のある、インド西岸に位置する港町・ゴアは、16世紀、ポルトガルによって植民地にされていた街だ。 16世紀初め、ゴアはイスラーム王朝の重要都市となっていた。 しかし、1510年にポルトガルのインド総督「アフォンソ・デ・アルブケルケ」という人物がこの地へ侵攻し、ゴアを占領する。 これを機に、 ゴアはポルトガルがアジアにキリスト教(ローマ教会)を布教するための一大拠点となった。 また17世紀に入ると、インド・ゴアは「東洋のローマ」と呼ばれる黄金時代を迎えることに。 猿、細かいことは気にするな。 このローマは『ローマ教会』という意味なのだろう。 このようにゴアでは、 1510年にポルトガルの植民地となってから、20世紀までその支配が続いていたのだ。 その影響から、ゴアではキリスト教化が進み、ポルトガルの首都・リスボンを模したヨーロッパ風の街が形成されていったのである。 当時のゴアの人口は20万人にも達し、町内にはキリスト教の聖堂や修道院などの壮麗な建物が立ち並んだという。 その影響から、 現在においてもインド・ゴアには、アジアにおけるキリスト教の活動拠点だった痕跡が残されている。 ザビエルの遺体が葬られた「ボム・ジーザス(ボンジェズ)教会」もそのひとつである。 なお、 ポルトガルの植民地時代に建造された当地のキリスト教建築は「ゴアの聖堂と修道院」として、1986年にユネスコ世界遺産に登録された。 現在、インド・ゴアは歴史的な建物と文化が残るリゾート地として、観光客の人気を集めている。

次の

フランシスコ・ザビエル(戦国時代)

フランシスコ ザビエル

ザビエルはスペインとフランスの国境に近い、バスク地方の出身です。 ここは独立国家でスペインでもフランスでもない独自の文化を持つ小国で、ベレー帽の発祥の地としても有名。 ザビエルの父は北イタリアのボローニャ大学で法律を治めて学位を取った文官でナバラ王フアン3世の信頼厚い宰相、末子のフランシスコ・ザビエルが生まれたときは、すでに60歳過ぎで忙しくてあまり家にいなかったうえに、 ザビエルが6歳の時に死去。 ナバラ王国は独立した小国でしたが、フランス、カスティーリャとアラゴンが合併したスペインの間で紛争となり、1515年スペインと併合されてしまったそう。 ザビエルの父フアンはこの激動の中で死去し、ザビエルの一族はその後もバスク人とスペイン、フランスの間での複雑な争いに翻弄されることに。 ザビエルは兄たちに軍人になることをすすめられたが、学問の道を選び、 1525年、19歳で名門パリ大学に留学。 聖バルブ学院で自由学芸を修めて哲学を学び、哲学教授を目指していたそう。 そしてフランス出身で後に イエズス会創始者のひとりとなったピエール・ファーヴルと同室となり、ザビエルと同郷のバスク人で37歳のイグナチオ・デ・ロヨラに目をつけられたということです。 デ・ロヨラは軍人としてパンプローナの戦いで片足の自由を失った後、故郷のロヨラ城で療養し、スペインのアルカラ大学からパリ大学モンテーギュ学院へ来て学んでいたということ。 そして1529年、ザビエルの母が亡くなり、4年後にはガンディアの女子修道院長の姉も亡くなったこともあったのか、 20代のザビエルは哲学コースの最後の課程で学んでいた時期にデ・ロヨラにも強い影響を受けて、聖職者を志したのですね。 1534年8月15日、ロヨラの感化を受けた、ロヨラ、ザビエル、ファーブル、シモン・ロドリゲス、ディエゴ・ライネス、ニコラス・ボバディリャ、アルフォンソ・サルメロンの7人が、モンマルトルの聖堂で神に生涯を捧げるという誓いを立てる、 「モンマルトルの誓い」を行い、イエズス会が創立されました。 この時、唯一司祭の資格を持っていたファーブルがミサを執り行ったということです。 7人は高潔で学識も高かったために当時のローマ教皇パウルス3世の知遇を得て、叙階許可を与えられ、1537年6月、ヴェネツィアの教会でビンセンテ・ニグサンティ司教によって、 ザビエルもロヨラらとともに司祭に叙階。 尚、エルサレム巡礼の誓いを立てたものの、国際情勢の悪化で渡航は断念。 イエズス会とは キリスト教、カトリック教会の男子修道会。 1534年にイグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルらによって創設され、1540年にローマ教皇パウロ3世が承認。 世界各地への宣教に務め、日本に初めてキリスト教を布教。 尚、「イエズス」とは中世ラテン語で、昔からカトリックでのイエス・キリストの日本語表記ということです。 イエズス会は創設当初から世界各地での宣教活動や教育を重視したために、優秀な宣教師たちを積極的に世界に向けて派遣し、キリスト教教育を行う学校を設立。 尚、 現在もイエズス会はカトリックでは2番目に大きな修道会で、現ローマ教皇フランシスコは初のイエズス会出身のローマ教皇なのですね。 イエズス会の方針のひとつに世界への宣教があったこともあり、ポルトガル王ジョアン3世の依頼で、会員を当時ポルトガル領だったインド西海岸のゴアに派遣することに。 ザビエルは、シモン・ロドリゲスとポルトガル経由でインドに発つ予定であったが、ロドリゲスがリスボンで引き止められたため、ミセル・パウロ、フランシスコ・マンシリアス、ディエゴ・フェルナンデスとともに、 1541年4月7日の35歳の誕生日にリスボンを出発。 8月にアフリカのモザンビークに到着、秋と冬を過して1542年2月に出発し、5月6日ゴアに到着。 ゴアを拠点にしてインド各地で宣教活動に入り、1545年9月にマラッカ、さらに1546年1月にはモルッカ諸島で宣教活動を続けて多くの人々をキリスト教徒に改宗させたそう。 そして 1547年12月、マラッカに戻ったザビエルは鹿児島出身の日本人ヤジロウ(アンジロウ)に出会いました。 ヤジロウ アンジロウ とは ヤジロウは薩摩国または大隅国(現鹿児島県)の出身といわれる、 日本人として最初にキリスト教の洗礼を受けた人物です。 ヤジロウはもとは貿易に従事、またはルイス・フロイスの「日本史」では海賊であったということで、彼自身、そしてザビエルの書簡によれば、ヤジロウは若い頃に殺人を犯して、天文15年(1546年)に薩摩半島最南部の山川にやって来たポルトガル船に乗ってマラッカへ逃亡。 この船の船長のジョルジュ・アルヴァレスが、ヤジロウにザビエルを紹介、罪を告白するためにヤジロウはザビエルを訪ねたということ。 ヤジロウはザビエルの導きでゴアに送られて、1548年の聖霊降臨祭 キリスト教の祭日で復活祭の50日後の日曜日 にボン・ジェス教会で日本人として初めて洗礼を受けたそう。 洗礼名は「パウロ・デ・サンタ・フェ(聖信のパウロ)」で、その後ヤジロウは聖パウロ学院でキリスト神学を学ぶことに。 ヤジロウの人柄とアドバイスから、ザビエルは日本での布教活動を決意し、1549年4月19日、ヤジロウはザビエルに従ってゴアを離れて同年8月15日に鹿児島に上陸、しかしその後のヤジロウの生涯は不明。 フロイスの記述では、 ザビエルの離日後、ヤジロウは布教活動から離れ、海賊に戻って最後は中国近辺で殺害された説。 またフェルナン・メンデス・ピントの「東洋遍歴記」、ジョアン・ロドリゲスの「日本教会史」では、 日本で仏教の僧侶らに迫害を受けて出国し、中国付近で海賊に殺された説。 また鹿児島県には、 ヤジロウが身を潜めて宣教を続けた伝承があり、甑島 こしきしま にある天上墓はヤジロウの墓であり、クロ教(クロ宗)はヤジロウの伝えた隠れキリシタン信仰であるという伝説があるそう。 1548年11月にゴアで宣教監督となったザビエルは、ヤジロウに話を聞くだけでなく、船長のジョルジュ・アルヴァレスに日本や日本人について記述させて日本への布教への情報を得ました。 そして翌1549年4月15日、ゴアで洗礼を受けたばかりのヤジロウら3人の日本人と、イエズス会士コスメ・デ・トーレス神父、フアン・フェルナンデス修道士、マヌエルという中国人、アマドールというインド人らとともにジャンク船でゴアを出発し、日本へと船出。 一行は明の上川島(広東省江門市台山)を経由し、 ヤジロウの案内で薩摩半島の坊津に上陸、その後許しを得て、天文18年 1549年)8月15日に現鹿児島市祇園之洲町に来着。 この日はカトリックの聖母被昇天の祝日にあたるため、ザビエルは日本を聖母マリアに捧げたということです。 初のヨーロッパ留学生ベルナルド 薩摩出身で鹿児島のベルナルドと呼ばれ、日本名は伝わっていないが、日本人最初のヨーロッパ留学生。 ザビエルの鹿児島での宣教活動で最初に洗礼を受けたキリシタンのひとりで、その後、平戸、山口、京都とザビエルに同行。 ザビエルは離日するときに、ベルナルドと山口のマテオを渡欧させようとインドに同伴したが、マテオはゴアで病死。 ベルナルドは 天文22年 1553年 にリスボンに到着し、日本人として初めてヨーロッパへ渡航した人物となりました。 そしてリスボンでイエズス会に入会、書簡などでベルナルドについて聞き知っていたイエズス会総長デ・ロヨラの招きでローマへ行き、ローマ教皇にも謁見を許されたのですが、長旅のせいか病弱となり、ポルトガルのコインブラ大で勉学中に1557年に病死。 ベルナルドの深い信仰と清々しい生き方に対してイエズス会員たちは深い感銘を受けたということです。

次の