コロナ ニュース 飽きた。 コロナウイルスのニュースはストレス!うんざりや飽きたの声も多数!過剰な煽り報道でパニックやヒステリーも!

「コロナ慣れ」「コロナ飽き」…若い世代に現れる症状に精神科医が“処方” いまこそ「何もしない贅沢」を/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

コロナ ニュース 飽きた

普段は寝起きの良い娘が、布団の中で突然、大声で泣きわめき始めた。 何事かと思って見ていると、彼女は布団から出て、「ドアを開けて!」と言わんばかりに寝室のドアを 叩 たた き始めた。 慌ててドアを開けると娘はリビングにダッシュ。 転がっていたゴムボールを蹴り飛ばし、さらに大声で泣いた。 う~む。 コロナが流行してから、自宅ごもりが続く娘のストレスは爆発寸前。 家での遊びって言ってもなぁ……。 家にこもりっきりの毎日。 お絵かきなどの遊びにもいいかげん飽きてきた お絵かきや折り紙、ねんどやボール遊び。 いいかげん飽きてきたし、大人の私も楽しむには限界がある。 良くないと思いながら、大好きなテレビを見せる時間が増えた。 でも、それも影響しているのか、娘はさらにワガママ放題に。 いや、私もきつい。 「もぉー! これはしちゃダメでしょ」「やめてよ!」と声を荒らげることが多くなった。 何でも「ダメ!」という育て方をしたくなかっただけに、自分のふがいなさに落ち込む。 週に1回だけの買い出しは、気を使うけれど息抜きにもなる。 だけど、下町にある我が家の周囲は人が減っているようには思えない。 近くのショッピングセンターには休校中の子どもたちや、ヒマを持て余したおじいさん、おばあさんがたくさん。 近くのドラッグストアには、朝からマスクを買い求める人たちがずらーっと並ぶ。 初めて外出自粛要請が出たときなんて、スーパーは人であふれかえっていた。 ほんと、レジに並んでいるのか、品物を選んでいるのか分からなくなるくらい。 インターネットでは買い占めに対する批判が噴出していたけれど、他の人に生活の必需品を買い占められてしまっては、我が家は買うことができない。 「誰も助けてくれないんだ!」と思うと、自然と目の前の棚に手が伸びてしまう。 「夫や子供が感染したら?」「重症化して家族が死んだらどうするんだ!」「テレワーク増やして外出減らす法律作れよ!」 娘とおままごとしながらテレビに怒ってみるが、返事は誰からもない。 自粛生活が始まってしばらくたったある朝、いつも通り家を出ようとした夫に、私は思わず、「こんなに私が不安で心配なのに。 感染したらどうするの!?」と口走ってしまった。 すると、夫は一瞬、申し訳なさそうな表情を浮かべて言った。 「まぁ、世の中が大変な時に大変になる仕事だから仕方ない。 行ってくるよ」 「もう、知らない!」。 認めたら負けな気がして、悪態をついて送り出してしまったことを後悔しつつ、ある言葉が私の心に深く刻まれた。 みんな誰かの「当たり前」の暮らしを守るために頑張っている 「世の中が大変なときに、大変になる仕事」 そうか。 病院ではいま、お医者さんや看護師さんが身の危険を冒して新型コロナの患者さんの治療にあたっている。 食材を買うためのスーパーも開いていて、食材を作る人たちも仕事をしている。 こうした緊急事態の中でも、私たちの暮らしに必要不可欠なものってたくさんあって、そのためにどんな状況でも働かなければならない人がいる。 逆に、休業要請に応じて、働きたいのに働いていない人も。 そして、そうした人を支える家族がいる。 みんな、誰かの「当たり前」の暮らしを守るために頑張っているんだ。 そのやりとりをしたのは、ちょうど食材が切れる日。 その日、私と娘は外に出ず、ネットスーパーを利用した。 私ができることはできるかぎり外出をせず、娘を守り、夫を待つこと。 その日はいつもより少し大きなハンバーグを作った。

次の

「コロナ慣れ」「コロナ飽き」…若い世代に現れる症状に精神科医が“処方” いまこそ「何もしない贅沢」を/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

コロナ ニュース 飽きた

木原洋美 [医療ジャーナリスト] きはら・ひろみ/宮城県石巻市の漁村で生まれ、岩手県の山村で幼少期を過ごし、宮城県の穀倉地帯で少女時代を送る。 明治学院大学在学中にコピーライターとして働き始め、20代後半で独立してフリーランスに。 西武セゾングループ、松坂屋、東京電力、全労済、エーザイ等々、ファッション、流通、環境保全から医療まで、幅広い分野のPRに関わる。 2000年以降は軸足を医療分野にシフト。 「常に問題意識と当事者感覚を大切に取材し、よ~く咀嚼した自分の言葉で伝え、現場と患者の架け橋になる」をモットーに、「ドクターズガイド」(時事通信社)「週刊現代 日本が誇るトップドクターが明かす(シリーズ)」(講談社)「ダイヤモンドQ」(ダイヤモンド社)「JQR Medical」(インテグラル)等で、企画・取材・執筆を深く、楽しく手掛けてきた。 2012年、あたらす株式会社設立(代表取締役)。 2014年、一般社団法人 森のマルシェ設立(代表理事)。 森のマルシェでは、「木を遣うことが森を守ります」の理念を掲げ、国産材の樽で仕込む日本ワインやバルサミコ酢の開発等、国産材の需要を開拓する事業に取り組んでいる。 内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。 新型コロナウイルス関連のネガティブなニュースにはもううんざり?(写真はイメージです) Photo:PIXTA 新型コロナウイルスに関するニュースが氾濫する中、テレビのワイドショーをはじめ、刺激的な報道も少なくない。 「もううんざり」という人も多いだろう。 ここで改めてコロナ対策の政治的な判断や報道の仕方について考察してみた。 (医療ジャーナリスト 木原洋美) 治療法が確立されるにつれて 致死率は0. 7%まで低下している 3月12日、「アメリカで新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る専門家が、ウイルス感染による死亡率について『インフルエンザの10倍』とする分析結果を明らかにしました」というニュースが、テレビやネットでがんがん流された。 この分析は、季節性インフルエンザの致死率が0. 1%なのに対して、新型コロナウイルスの致死率は1%(WHOはおよそ3%としているが、感染していても、無症状であるために検査を受けていない人が多数いるであろうことに鑑みた数字)であるという推定に基づいて算出されたものなのだが、「この発言をどう捉えたらいいのか」という解説は一切ないままだったから、多くの視聴者は、ただひたすら「コロナは怖い。 インフルエンザの10倍も死ぬんだ」と恐怖心を新たにしただけだったのではないだろうか。 アメリカ政府高官は、くだんの発言を、「感染拡大の抑制に米国は真剣に取り組まなくてはならない」と警告するために行ったわけだが、日本のメディアが、これをそのまま流すことにどれほどの意義があるのだろう。

次の

【コロナ疲れ】ニュースやSNSで心が疲弊?|休息を意識しよう

コロナ ニュース 飽きた

時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。 もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。 緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。 一体、何があったのか? *** 朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。 昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。 だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。 民放プロデューサーは言う。 「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5〜6%でした。 コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。 大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。 他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。 ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。 政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ!と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」 番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。 玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。 これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。 ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。 「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。 ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同) 視聴率9・9% 4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。 全面的に謝罪するハメに。 5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。 「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。 平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。 おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。 元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。 それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。 とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。 ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。 決して焦るような状況ではない。 「裏番組の数字を見れば、そうとも言えません。 あの立川志らく師匠の『グッとラック!』(TBS)が3%を超えるようになっています。 1〜2%で低迷していた番組が『モーニングショー』と視聴者を奪い合っているんです。 さらにテレビ東京の韓流ドラマも数字を上げており、こちらも3%台です。 いずれも主婦層を目当てにした番組です。 日本テレビ『スッキリ』などは客層が違うので、あまり影響はありませんが、まだ新型コロナが終息したとは言えない段階で、コロナを売りにしていた『モーニングショー』の数字が下がるのは、スタッフにとっては頭が痛いはず。 本当にコロナ禍が終息したときには、さらなる苦難が待ち受けていると思います」(同) 果たしてどうなるのだろうか。 ちなみに炎上が当たり前になりつつある玉川氏、東京新聞の連載「熱風涼風」では、相変わらず意気軒昂である。 5月24日付のタイトルは「全員検査戦略」として、とにかくPCR検査(抗体検査も加わった)を拡げるべく主張を続けている。 《……検査はウイルスの遺伝子を検出するPCR検査だけでなく、主に簡便な抗体検査キットを使います。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の