手越 ふようふきゅう。 安楽死のNHKスペシャル・自分・家族が話題

「ふようふきゅうの外出」プレ太ろうのブログ | 走りの記憶

手越 ふようふきゅう

「ふようふきょう」という言葉が飛び交っている。 お控えください、と。 本に賞味期限はない。 本が読めなくて肺炎になることはたぶんない。 いつでも開いててなんかある。 それが本と本屋のいいところ。 だから「ふきゅう」はわかる。 いそがなくてもいいよ。 本買いにきたくらいでそんな急かされてもこまる。 できるならのんびり選んでほしいし、ゆっくりしていってよ、といつも心の中でつぶやいている。 別の用事があるならそれ済ませてからでもいいやんか。 でも「ふよう」っていうのはどういうことなんだ。 オザワさんが神戸からやってきた。 「最近どうですか」とか言いながら棚を一生懸命みている。 ついヘラヘラと話しかけそうになるのをこらえながら様子をうかがう。 「これと…あともう一冊買ってもいいですか」と不思議なことを聞く。 「これ…」と指差したのは『90年代の若者たち』島田潤一郎 岬書店 だった。 版元にもうないことはお互いに知っている。 在庫をもっている書店も少ないらしい。 「自分が読んでたぶんもなくなっちゃって…」となんだかうしろめたそうにもごもご言う。 本屋で買ったらあかん本ないでしょう。 最後の一冊ですけど、とこたえてもまだなにか納得がいかないようだった。 しばらく考えて「いや、やっぱり美しくないなこういうのは」と言い出した。 最後の一冊の旅立ち方として、同業者が買っていくのは美しくないという。 もっと手にするべき人がいるはずです、といって別の本を物色しはじめた。 オザワさんが帰ってからしばらく美しい買い物のことを考えた。 店の外の棚を整理しているとてっちゃんがむこうから走ってきた。 どこかに急いでいるらしい。 「こんにちはー」といいながら頭をさげる。 おー、と適当な声が出る。 どこいくんやー。 数ヶ月前、初めて来た時はお母さんにしがみついて離れなかった子が。 こんにちはーって言ったぞむこうから。 しばらく呆然と背中を見送る。 そんなびっくりすることちゃうか。 あ、なんちゃらサバイバルのシリーズ、何冊かみつけたよって言い損ねた。 『海のサバイバル』先に読んだけどちょっとおもしろかったで。 長谷川さんがなにやら絵本をもってきた。 「これ読んだ?よかったよ」と手渡されたのは『死んだかいぞく』下田昌克 ポプラ社。 長谷川さんはたまにこうして絵本を手渡してくる。 そういうときは黙って従うことにしている。 ぱらぱらめくるだけのつもりが、いつのまにか没頭してしまった。 どきどきする本やなこれ。 なんやろねこの感じ。 「ええやろ」と二人でとくになにも生み出さない会話をする。 たなべさんがめずらしく強い口調で「とりいさんぜったい読んだ方がいいです」と言い出した。 『ごろごろ、神戸。 』平民金子 ぴあ。 へーそうなんや、といいいながら神戸の話ねえとあまり乗り気ではない。 たなべさんはまだ話している。 「ごろごろってベビーカーの音で」とか。 そうかー、それは読まななあ。 と一冊だけ注文してみた。 段ボールからだしてぱらぱらめくってみる。 うーんこれは。 そっとスリップを抜いて枕元に置いておくことにする。 改めて振り返ると、やっぱり「ふようふきゅう」だなあと思う。 「ふようふきゅう」なやりとりばかりだ。 美しい買い物も、なんでもない挨拶も、どうしようもない会話も。 本を売ることが仕事だと思っていたがそれすらしていない。 教えてもらってばっかりじゃないか。 一円も儲からない。 「ふようふきゅう」なことばかり起こる。 「ふようふきゅう」な日常が本当に不要だというのなら、不要のままでいてやろう、とおもう。 いままでも不要だった。 これからも不要のまま。 なんのために、どういう目的でとか、いらない。 不要な存在。 それでいいのではないか。 不要な存在が、いちばん必要なのではないか。 と、そんなことを考えながら近所の食堂ときわで中華そばをすする。 大将がテレビを見ながら大きな声で「わしら貧乏人はコロナなんて高級な感染症にはかからへんのやで」と言った。 あ、そうなんや。 よかったあ。

次の

不要不急(ふようふきゅう) 何が不要不急の外出? 外出自粛要請どうすれば良いのか?

手越 ふようふきゅう

実施日:2020-06-13 後藤です。 レポート:土曜日で仕事が休みなので、いつもより一時間遅く5時過ぎに朝ランスタート。 環状2号沿いを、保土ヶ谷区の池の谷戸まで折り返しの21キロを、約2時間かけてジョグして来ました。 バフをしてるので苦しくあまりペースを上げず、フォームに注意して走りました。 日曜日からめまいがして、火曜日の夜に左耳が聞こえ辛い事に気づきました。 すぐに耳鼻咽喉科に行ったところ、突発性難聴の疑いと診断されました。 ステロイド剤が処方されたので、普段飲んでる高血圧の薬の効き目が悪くなる可能性があり、激しい運動は禁止されているので、このくらいのジョグが精一杯です。 これから走る人へのアドバイスとしては、気温は高くなく楽ですが、湿度が物凄く高く苦しいです。 以上、一人サタトレレポートでした。 お疲れ様です、稲見です お元気でしょうか?。 疲れた >人<; もう。 そうだ用事があれば いいわけだ!と。 総計43日も自宅待機させられていた友人の愚痴メールを想い出し!。 友人は数年前、八王子に家を建てたのです。 調べると私の家から山伝いに20キロはある!。 ウヒ ヤツの好きそうな漫画本をリュックに詰めて、、 ふようふきゅうの「不」を取れば急用!。 友人が痴呆になる前に漫画本を届けなければ!(笑)。 4月25日朝5時出発、境川をつたって、尾根緑道を突っ切り御殿峠(ごてん)。 ここで山の間から日本工科大学の超大きな建物が視界に。 コレが〜、、。 「ゴールドライタン」てご存知?。 ソレは強烈なインパクトでずっと記憶に。 まるで特撮のセットにゴールドライタンが立ってるみたいなんです。 で、片倉駅を過ぎて北野街道(初めて通った)。 古い狭い道なんだけど、脇道がデカい。 それぞれの山に住宅地が 切り拓かれてて。 久々のランに初めての道は楽しい〜。 友人の家のポストの前に置いて帰宅ラン。 やった〜42キロ走れたぞ〜、と一人ゴチてたら有名なラーメン屋が開いてて、、、元の体重に戻ったのでした。 ちゃんちゃん。 実施日:2020-06-14 伊本直史(いもとなおふみ)です。 今日は、自宅(西新宿)~神宮外苑 を約20キロゆっくりマスクRUNしました。 密集を避ける意味で、休みの日もなるべく早めにRUNするようにしています。 距離は踏んでいますが、強度が伴わない練習を続けており、元の状態に戻れるか甚だ疑問ですが、マスクRUNですし、どこまでハアハアするか迷うとこがあり、暫くは我慢ですね。 エアーサタトレで皆さまのご様子を拝見して徐々に戻していきたいと思います。 来週末は、京都の自宅に三ヶ月ぶりに帰宅します。 単身はじめて五年弱ですが、こんなに離れたのは初めてです。 密集回避のため在宅勤務を数日やって平日に戻る予定。 また、来週末は京都からのエアーサタトレレポートを出させていただきます! 実施日:2020-06-15 広報担当の白尾です。 日曜の午後、晴れ間に皇居を2周してきました。 磯子台の松本 尚子です、6月20日のエアーサタトレ鎌倉トレイルの報告です。 梅雨時にしては最高の晴れ晴れになりさすが晴れ女の私。 磯子から9:10のバスで峰の郷まで行き円海山いっしんどう広場を9:50スタートしました。 前日の大雨でもさほどぬかるまないで、やはりこのコースはいいね、ハイカーもあまりいなくて良かったですよ、ランナーはいました!単独走はもちろんグループ走が結構いました。 私も偶然ラン友と会ったので天園、建長寺上、明月院、源氏山、大仏裏、極楽寺、七里ヶ浜、13:10江の島到着まで一緒に17キロ楽しみました。 トレイル中はマスク無しで気持ち良く走ることができた楽しい一日でした。 やはり時々は仲間と走りたいね.

次の

「ふようふきゅうの外出」プレ太ろうのブログ | 走りの記憶

手越 ふようふきゅう

不要不急 読み方:ふようふきゅう 重要ではなく、急ぎでもないこと。 不要の要は用事の用ではなく要です。 不急の急は急な用事等の意味合いの急です。 どうしても生活用品がなく代用できるものがないので 買いに出かけるのは上記の意味 要否の要です。 そもそも用と要の使い方の間違いです。 身内が交通事故に遭い今晩が山になる こんな時に病院に行ったりすることは急「きゅう」な用事 主様は場合は時間に間に合わないという意味での「いそぐ」です。 日本語って難しいですね。 一つの言葉でも複数の意味があるから。 友達と遊ぶことがいま重要ではない。 その日でなくてもいつでも会える。 こんなのは不要不急といってもいいのではないのですかね。 あなたの場合、不要も不急も意味の取り方が違いますね。 不要の外出です。 不用とは書いてませんので安心してください。 不急の外出も、駆け込み乗車とか、シンデレラの帰宅みたいに 時間ギリギリ綱渡り的な外出の意味じゃありませんので安心してください。 あなたのお悩みはそれらの外出をやめる以前にそんな変わった外出をする奴そもそもいないだろう、意味わかんないしストレスだってことでしょうか? そもそも 不要は必要じゃないって言う意味。 不急は急ぎじゃないって言う意味。 みんなが難しいって言ってるのは、 どこまでが必要で、どこからが不要なのか どこまでが急ぎで、どこからが不急なのか 基準が人それぞれだし線引きが難しいよって言う話です。 目的のある行動(仕事や食事など)に不要などないし・・・本当にイライラします。 しかし、ウイルスがどこにあるか判定できず、ウイルスを保有している者が拡散するリスクから、行動そのものを自粛(禁止)しているという認識は保有しなければならないと思ってます。 その上で、私は不要不急とは、その日ではないといけない用事・用務ととらえ、かつ自らの責任が取れることだと思ってます。 (私の話で恐縮ですが) 近日中に送別会と発足式を各1件予定してました。 しかし、質問者にある『不要不急』との趣旨から、送別会を中止。 個室で参加者を限定し送別会を計画していたのですが、送別される側への配慮を怠らずに別の形で実施する予定です。 あと、発足式は実施することにしました。 結構悩みました。 複数の人を招くので。 しかし、令和2年4月某日にしか実施できない内容なので中止しません。 その4月某日は二度とやって来ません。 その発足式は、新たな部署誕生を祝うもの。 しかし、このご時世から縮小した内容で計画してました。 が『不要不急』とのことで更に縮小し行います。 発足式は次に日にすることも可能です(オリンピックがその例)。 しかし、お世話になった人への感謝など、その日にしかできない式だと思ってます。 これは私の責任でできる範囲で、万が一の対策できる内容で実施できると判断できたからです。 正しく線引きはされていません 台風の時に不要不急の外出はお控えください。 と言われるのとほとんど同じ状況です。 車が横転するぐらいの台風の時、皆さん危ないから映画館わざわざ見に行きませんよね? フェスもライブも行きませんよね? 台風の時はこれで通用するんです。 ただ台風とコロナの大きな違いが、期間の想像がつかないところと、身に持って分からりずらいということです。 だからみんな出ていってしまうのです。 とりあえず質問者様に言えることは不要不急の不急は今じゃなくてもできることはしないでください。 ということであって、約束に遅れるから余裕を持って出かけるということではありません。 ただこの曖昧な言葉が逆に混乱を招きます。 飲み会だって行きたいし、1年に1回しかないフェスやライブだって本人にとってはライブを生きがいにしてるかもしれないから、ライブもフェスも飲み会も生活において必要だと思うなら行けてしまいます。 傍から見たら世の中のことを考えない非常識な人だと言われても、行きたかったら行けるのです。 毎日スカイプで出張に行けない謝罪と、限られた時間でできる新プランの提案など、やらなくても死にはしないし、別にしなきゃいけないことではないけど、忖度や評価や周りも出勤してるなど考えて結局時間外でも出勤してるダメ人間です。 でも人間はすごくすごく行きたかったり、やりたいことがあると、まぁ自分は大丈夫だろうという思考が働いて結局急ぎだからしょうがないと理由をつけてしまいます。 そこで言っておきたいのはコロナが流行ってて不要不急の外出は控えるように。 としか言われてない国は稀であり、だいたい罰則などがもう規定されているところが多いのが現状です。 外から 海外 帰ってきた人に対して、何があろうと期間を開けて隔離することのメリットとデメリットを考えた時メリットの方が多いいことを国に気がついて欲しい。 私の愚痴と夜中の変なテンションで返信してしまいました。

次の