ワルファリン アークナイツ。 アークナイツ、

アークナイツ (あーくないつ)とは【ピクシブ百科事典】

ワルファリン アークナイツ

概要 アークナイツは、日本国内では2020年1月よりiOS及びAndroidで配信中のスマホアプリである。 系のゲームシステムを採用している。 大陸表記では 「明日方舟」、運営は、開発は「Hypergryph」が行っている。 そしてC95の販売物に関連商品として登場した事でハッキリと新作の存在が明らかとなり、C95当日のyostarブースにて新作トレーラームービーと特設ブース そして専用の痛車 の展示を行い、正式に日本配信の予告がなされた。 ストーリー 突如、世界に隕石が降り注ぎ、人々に大きな打撃を与えた。 その後、その隕石から「 源石 オリジニウム 」という未知の物質が発見される。 それは莫大なエネルギーを保有しており、アーツという特殊な物質などに加工し、工業的利用も可能な新物質であった。 しかし、同時に源石は人に強大な病原性を持ち、感染すればステージを経て 確実に死ぬ上に新たな感染源へと化すという「 鉱石病 オリパシー 」を引き起こす危険な物質であった。 そうして、『感染者』と呼ばれる者とそうで無い者たち、そして源石が引き起こす争いで世界が染まることになる。 「ドクター」であるあなたは「」と呼ばれる少女によって眠りから呼び起こされる。 そして ロドス・アイランドと呼ばれる組織を率い、源石や『感染者』を巡る争いの世界にその足を踏み入れることになる。 世界観 SF的な要素の濃い、非常に 本格的な世界観が特徴の一つ。 シリアスからコメディタッチまで個性溢れる 動物や空想生物の身体的特徴を持つ人々が当たり前に暮らす現実とは異なる世界の近未来を舞台に、それぞれの思想を持つ組織や個人が「鉱石病」や「天災」といった 困難に懸命に立ち向かって行く姿を描く。 純粋なファンタジー要素は少なく、魔法に相当する「アーツ」にも科学的解釈がなされている。 サイエンス・フィクションのファン層にも楽しめる設定・世界観となっている。 ゲームシステム ジャンルに分類されるゲームシステム。 キャラクターをステージ内に配置し、侵攻してくる敵をすべて撃破することがステージごとの目的となる。 向きの概念や、職種ごとの性質の違いを十二人の部隊編成から状況に応じて使い分けるなど、タワーディフェンスゲームとしても特色ある要素を持つ。 としては 異例とも言えるほどに思考を必要とされるシステムでもあり、ステージごとに異なる構造、状況に対応するために最適な配置と状況変化に伴う対応を求められる。 キャラクターにはレアリティが存在するが、最高レアのキャラクターであっても十分に使いこなせなければクリアできず、低レアのキャラクターであっても役割に応じた使い方をすれば最高レア以上の働きを見せることも珍しくない。 スキル等による性能差が一人一人異なってくるため状況次第で必要とされるキャラが変わり、 事実上、レアリティに関わらず捨てキャラがほぼいない。 サポートなし・最高評価で一度クリアしたステージはオート機能によって周回を自動化できるが、ギリギリの勝利の場合はオートでは突破されてしまうこともある。 プレイヤーの中には、オート時の最適戦略を求めてクリア済みのステージをやり込む者もいる。 また、中国版においてはとしての「低レア・低レベルクリア」が一部で流行しており、プレイヤー同士がより厳しい条件でのクリアを目指してプレイ動画の投稿などを通じて鎬を削っている。 こうしたやり込み、縛りプレイを楽しめるシステムから「コンシューマーゲームのよう」とも評される。 キャラクターの育成が重視されるゲームの多い傾向にある国内の市場においては、独特な立ち位置のゲームであると言える。 また、メインであるTD タワーディフェンス 以外にも、中華圏発のゲームの傾向である多様なコンテンツ TD、育成、シナリオに加えて基地運営、内装のインテリアなど が実装されている。 同様のゲームに比べてコンテンツの量はむしろ少ない方ともされるが、「すべての要素をコンプリートする」ことを前提とした日本的なゲームデザインと比較すると一つのゲームの中に様々な要素が組み込まれているという印象がある。 中国における礼儀作法として「客人が食べ切れる量だけしか料理を出さないのは失礼」という文化から「ゲームデザインにおいてものように大量の選択肢を提供し、プレイヤーが好きな部分を選んで遊ぶ、というプレイスタイルを前提として開発されているのでは」とも考察されている。 用語 主人公であり、プレイヤー。 チェルノボーグの秘匿施設にて眠りに就いており、目が覚めた時にはすべての記憶を失っていた。 アーミヤやロドスの面々によれば、かつては神経科医であると同時に卓越した戦闘指揮の腕を持つロドスの指揮官だった。 作中ではイマイチ影が薄いが、「理性 スタミナ 」を費やし、ケシ製の怪しい薬や、果ては源石まで使ってまで膨大な仕事をこなす準人外系ワーカホリックであり、一介の製薬企業を一大勢力にまで押し上げた点では超人的才覚の持ち主であると思われる。 また、イベント「戦地の逸話」にて、が判明した。 画像左がドクター オリジニウムとも。 宇宙から飛来した未知の物質(性質からして生命体かもしれないが、起源や正体は不明)。 内部に莫大なエネルギーを保有しており、量子的干渉によって 「アーツ」と呼ばれる現象の動力源となる。 高い病原性を誇り、源石が原因の「鉱石病」の原因物質でもある。 ある時突然謎の隕石が世界に降り注ぎ、その後自然界に存在する物質となったらしく、漆黒の結晶体が世界に構築されている様がムービーなどで確認できる。 オリパシーとも。 源石や、源石を組み込んだ物品に接触することで感染する、接触感染症。 体内が源石に冒されることで発症。 発症した者は「感染者」と呼ばれる。 症状が進行すると、徐々に全身が源石の結晶に侵食されていく。 感染者は体内に取り込まれたエネルギーによって超常的な能力 アーツ を得ることができる一方、死亡した場合は全身が源石の塊になるため新たな感染源となり、多くの地域では恐怖と迫害の対象となっている。 源石によって引き起こされる、様々な物理・精神への干渉現象。 源石を組み込んだ道具を使うことで誰にでも行使できるが、「鉱石病」の感染者は 恐らく体内の源石を動力源として 何も持たずともアーツを扱える。 出力や起こせる現象にはそれぞれ差があり、アーツの扱いを専門とする人間は術師と呼ばれる。 嵐、地震、洪水から隕石群の墜落まで、様々な形で現れる異常な天変地異の総称。 源石を媒介し、一度で都市を丸ごと破壊するほどの規模であることが特徴(このため、これらもまたアーツであると考えられる)。 天災の後には源石が残り、「鉱石病」を広めると同時に重要な資源となる。 天災から逃れるため、作中の時代では多くの人々が 「移動都市」と呼ばれる源石を動力に動く巨大な乗り物 列車型、車両型など に居住している。 「ドクター」やアーミアが所属する組織。 のの駒のようなロゴを持つ。 対鉱石病のための医薬系企業と言うことになっているが、実際は裏で鉱石病関連のあらゆる事件・問題に対して介入して武力的な解決も厭わず、それを行えるほどの実力を持つ組織となっている。 実質的に、善側の。 組織内では感染者と非感染者が共存しており、思想は 協調派。 武力を行使するものの、最終目的としては穏健派。 巨大な列車型の「移動都市」を拠点とし、「ドクター」及びアーミヤが指揮を執っている。 略称は「ロドス」。 帝国 感染者への弾圧が激しい、厳しい自然環境の中で育った強大な軍事国家。 第一章の舞台であるはウルサスに属する都市。 武装蜂起したレユニオンの最初の標的となった。 思想は 過激派、非感染者の保護のため自国民であろうと感染者は弾圧され、社会から排斥される。 その他の組織 様々な思想、技術、文化を持った企業や組織が、時に対立し、時に協力して「鉱石病」や「天災」、レユニオンの襲撃に対抗している。 人材を互いに融通し合うことも。 企業:ロドス、ライン生命、レム・ビリトン、ペンギン急便、BSW 国家:ラテラノ、カジミエーシュ、龍門、ヴィクトリア、イェラグ、リターニア、ウルサス 勢力:アビサル、SWEEP、使徒、レユニオン• 「」 高度な中心部と混沌としたスラムからなる近代都市「龍門」を防衛する警備・保安部隊。 「」 様々な業務を行う謎に満ちた物流会社。 「」 最新の医療設備を持つ研究組織。 「 ブラックスチール・ワールドワイド 」 国際的な大手警備会社。 「」 北方の保守的で閉鎖的な国家。 「」 鉱石病でカジミエーシュを去り相互扶助グループ「使徒」に加わった騎士団。 「」 天使の姿をしたサンクタ族を主体とした信心深い国家。 この世界では珍しく銃を扱う。 「」 王室の存在する、先進的な技術を持つ国家。 「」 ヴィクトリアの都市、ロンディニウムのストリートギャング。 「」 アーミヤを含むコータスの主な出身地。 アーミヤ曰く「とても寒くて、街の空気からも錆臭い臭いが漂う場所」。 ロドスの移動都市にはレム・ビリトンの文字がある。 エーシェンツとも。 多種多様な動物の特徴を有した人型生物の総称。 この世界における主要な生物で、最も高い人口比率を占める。 先民たちの国家は、天災から逃れるため長きに渡って遊牧生活を営んでいたが、オリジニウムの工業利用が始まると次々と移動都市を築き、それによる安定した生活を礎に人口を爆発的に増加させた。 鉱石病への耐性が低く、鉱石病に感染しやすい種族でもある。 関連動画 ティザーPV動画 ティザーPV動画2 アニメPV動画 フルVer. 12月23日。 少女は世界を選んだ。 関連タグ (設定上、「コラップス流体」という未知の物質による汚染と感染が、全ての問題の根底に存在する) (明言はされていないが、装備と能力(エミッションと称される)が超常的なもの) (何かの危険な感染症の患者を戦わせるゲーム) (ここに出てくる「崩壊」なる物質が、源石によく似た性質と利用方法をなされているが、致死性等いくつか根本的な相違点がある) (類似の結晶が出てくるが、特に利用はされていない) (コエヌビアという結晶の生命体が出てくる。 20公開) 関連記事 親記事.

次の

【アークナイツ】大陸版のストーリーが衝撃展開の連続だったらしい【ネタバレ?】

ワルファリン アークナイツ

Contents• 能力測定 【物理強度】標準 【戦場機動】標準 【生理的耐性】標準 【戦術立案】優秀 【戦闘技術】標準 【アーツ適正】優秀 個人履歴 ロドスの古株の一人。 以前の経歴は不明。 ロドス血液センターの設立者及び管理人であり、医学と治療アーツに造詣が深い。 ケルシー医師と共にロドスの医療体系の基盤を作り上げた。 健康診断 造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。 循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。 以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。 【血液中源石密度】0. 第一資料 風が吹けば折れてしまいそうな外見で、人々に尊敬の念を抱かせるのは難しそうなブラッドブルードの女性だが、実際はロドスの古株として、最も長いキャリアを有している。 本人は他人が自分を先輩として見てくれないことは気にしていないが、治療を受ける時に自分の命令を聞き入れない人は決して許さない。 年齢に関しては避けるべき話題ではないが、彼女の口から出る数字は信じられるものではない。 第二資料 常に妖魔化されているサルカズの中でも、ブラッドブルードは最も悪名高き一派である。 彼らは闇夜に動き、他人の血液を主食として数え切れないほどの殺人を犯し、悪事の限りを尽くす……というような存在である。 このような伝聞に対して、ワルファリンはいつも「妾の同族はだいたい、そんな感じだな」とあっさり認めている。 当然、ロドスの誰もが、ワルファリンは決してそんな人ではないとわかっている。 確かに彼女の血液への特別な嗜好は見られるが、同時に彼女は強い忍耐力も見せており、患者を怯えさせることは決してしない。 彼女の言う通り、彼女は食料と患者の線引きは弁えている。 第三資料 ロドスにおけるドクターの重要性については言うまでもないが、ワルファリンにとってのドクターはそれ以上に特殊な存在である。 ワルファリン自身も全く原因がつかめていないが、ドクターの血液は彼女にとってかなり誘引力を持っており、このせいで彼女がドクターに対してあるまじき振る舞いをしていたところを、他オペレーターに何度も目撃されている。 その結果、ケルシー医師よりワルファリンのドクターへ接近禁止との命令が下された。 もし原因がわかれば、ドクターの身に抱える謎もある程度解けるかもしれないが、残念なことに解決の糸口すら見つかっていない。 第四資料 ワルファリンはロドスの古株で、優れた医術を持つというのは周知のことだが、彼女を尊敬するような人は少ない。 これは決して体型だけの問題ではない。 ブラッドブルードであるかつ、長らく外出していないため、ワルファリンは道徳観がだいぶない。 何かアイデアを思いついたらすぐに実践に移るが、その内容は完全に人論を無視している。 ロドスの初期メンバーには、道を歩いているときに突如目の前が真っ暗になり、再び目を開けたときには手術台の上にいて、耳元から怪しげな笑い声が聞こえてくるという恐怖体験をした者も少なくない。 これについてワルファリンはまったく反省の色を見せていない。 ケルシー医師ですら彼女を説得することができなかったらしく、最終的にはやむを得ず彼女の一切の常識を逸した行為を禁止するとした。 その後、ワルファリンの行為の多くは落ち着いたが、依然として無意識にオペレーターたちに消せない記憶を植え付けてしまう。 その結果今日に至るまで、彼女がオペレーターたちの間の威厳はまるでない。 当然、つまるところ、彼女は全く反省をしていないのだろう。 昇進記録 ここ数十年の間に出版された権威ある医学書籍の著者名の中に「ブラッド」というペンネームがよく見られる。 この人は医学会の伝説で医学についてかなり手広く、かつ深く研究しているので、前人未到と称されており、論文が発表されるたびに医学会に衝撃を走らせていた。 しかし、当人が男性なのか女性なのか、個人なのか組織なのか誰も知らず、ただ「ブラッド」さんと呼ぶしかなかった。 無論、ワルファリンの部屋に置かれている「ブラッドさん」が関与した著作を見つけたらおそらく見当がつくと思うが、「ブラッドさん」の正体はワルファリンなのである。 最初は彼女がブラッドブルードの身分であることをばれないようにするために誤解されていると思われがちだが、実際彼女にとって、自分がでっちあげたペンネームが様々な書籍に載っていることを面白がっているだけのようだ。

次の

【アークナイツ】★5医療「ワルファリン」紹介! SP補助と攻撃アップで火力支援も可能

ワルファリン アークナイツ

準備をしながら少し話しでもしないか。 会話1 吸血衝動を抑えられるかだと?なめるな痴れ者が!訓練を積んだプロの医師として、食料と患者の線引きくらいわきまえておるわ! 会話2 オペレーター全員の血液型を記録するのは必須事項だ。 たとえ当事者が嫌がっても、な。 この血?検査で採血したものだ。 いったい何を勘違いしている? 会話3 ここに妾の同族がいて、担当は……エンジニアだと?人間の血液よりも、機械のオイルの方が好みというわけか? 昇進後会話1 医師になった理由か?別に崇高な理由があるわけではない、一族の歪な宿命といったところか。 有り体に言えば、必要に迫られての成り行きということだな……。 昇進後会話2 本能からくる衝動を抑える方法だと?自己暗示に、食用血液を代用品として摂取するなどが有効だな。 まあ、方法なんていくらでもある。 信頼上昇後会話1 ドクター。 採血後の処理をするから動くな。 ……くっ……そなたの血液……今まで嗅いだことのない芳しい香りだ……妾の心を惑わせる……。 信頼上昇後会話2 精製水の補充、フィルター交換、チャコールキャニスターの消毒……。 ん?ドクターか。 医療機器には徹底したメンテナンスが必要なんだ……。 もしそなたが腎不全にでもなったら、これらの機器で生命をつなぎとめるしかないと、ケルシー先生が言っていたぞ。 ……冗談だ、本気にするな。 信頼上昇後会話3 まぁ、確かに、様々な種族や血液型の血を飲み比べ、その違いを味わって楽しんだりしたこともある……。 飲んだことがないのはそなたの血だけかもしれぬな。 ふふ……。 放置 ……ふっ、のんきに眠る時間があるとは、羨ましいことだ。 入職会話 妾はワルファリン。 血液学が専門の医師だ。 ヒーリングアーツでのサポートもそうだが、血液学で得た知識と経験が、よりそなたたちの役に立つはずだ。 では……世話になる。 経験値上昇 ふむ。 仕事の効率化がはかれそうだな。 昇進1 いいか!?緊急時に輸血用として使える希少血液は、手に入れるだけでも一苦労なんだ、だから……は……?昇進?今更か? 昇進2 これからもっと仕事が増える、そういうことだろう?こういう日が来ることは予想していたし、妾はもともとこの道のプロだからな。 安心しろ、準備はできている。 編成 待て、医療器具を準備してからだ。 隊長任命 隊長というのは、そなたに責任を約束すればよいのだろう? 作戦準備 医薬品の積み込みは完了した。 それでは出発する。 戦闘開始 敵の状況はまだ不明瞭だ、味方の世話だけで時間がいっぱいいっぱいでな……。 選択時1 言ってみろ。 選択時2 医療機器の設置は済んでいる。 配置1 負傷した者はすぐに知らせるんだ! 配置2 治療開始……。 作戦中1 輸血準備! 作戦中2 止血鉗子! 作戦中3 救急キットだ、使え。 なんとか慣れてはきたが……。 逃亡した敵兵など放っておけ。 作戦失敗 すまない……薬剤の用意不足だ……。 基地配属 やはりひとりで考え事をするほうが、性に合うな……。 タッチ1 っ!おい!何をしている……。 信頼タッチ ドクター、そろそろ定期検診が必要なのではないか? タイトルコール アークナイツ。 挨拶 ふむ、ドクターか。 joyme.

次の