紫陽花 の 育て 方 鉢植え。 【アナベルの育て方】挿し木や剪定、鉢植えの植え替えの方法は?

あじさいの育て方|鉢植えアジサイの植え替えやお手入れ方法

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

紫陽花の鉢植えを来年も綺麗に咲かせるには……?! キレイな紫陽花の花に癒された毎日。 『来年もぜひ花が咲いてほしい!でも、このままにしておいても大丈夫?』って心配になりますよね。 紫陽花は、花が咲き終わった後そのまま何もせず放っておいても次の年にはまた花が咲く植物なんですが、 鉢植えの場合はお手入れをしてあげるのがおすすめです。 剪定って知っていますか? それに 肥料のような栄養もあげた方が翌年再び綺麗な紫陽花のお花が咲きますよ。 今回は、 紫陽花の鉢植えを来年もキレイに咲かせるために、剪定のやり方や肥料のあげ方についてお伝えしたいと思います。 紫陽花の鉢植えを来年も咲かせるには? 紫陽花の鉢植えを来年も咲かせるために、しておいた方が良いことがあります。 それは、• 剪定をすること• 肥料をあげること です。 【剪定】というのは「植物の生長のために不要になった花、葉、茎などの部分を切り落としてあげる作業のこと」なんですね。 切り落として整えてあげることによって、植物が育ちやすくなったり、見栄え良くしたりすることができます。 紫陽花は、花が終わった後に剪定しなくても生長しますし来年も花を咲かせます。 ただ、紫陽花は生長が早く 大きくなりやすいんですね。 剪定しないとどんどん株が大きくなったり、形も崩れやすくなったりするんです。 鉢植えの場合は「鉢の大きさが決まっている」ので、これ以上自然に大きくなるとお家が狭くなってしまいます。 なので剪定という作業をして、ある程度紫陽花の生長をコントロールしてあげたり、形よく育つようにしてあげるんです。 「切り取る」という作業なので『切る場所がわからい』『切り過ぎたらどうしよう』と不安になるかもしれませんが、剪定する時期や場所を間違わなければ大丈夫なので安心してくださいね! 肥料についても、時期や肥料の種類を守れば大丈夫ですよ。 くわしくお話していきますね! 紫陽花の鉢植えの剪定のやり方 紫陽花の鉢植えの剪定のやり方は 「時期」と 「切り取る場所」を間違わなければ簡単にできます。 まず、剪定する時期としては• 花が咲き終わったら剪定する ということを覚えておいてくださいね。 花が咲き終わった目安としては、花の色が薄くなってきたり、花がひっくり返ったようになったら終わりの合図です。 花が完全に咲き終わる前の『ちょっと枯れてきたかな……?』という状態で切り取ってしまっても大丈夫です。 枯れてきた花を早めに切り落としてあげた方が、これから咲くお花の方に栄養が行き届きますよ。 切り取る場所としては、• 花から2~3節下で切る 咲き終わった花から2~3節下の葉っぱの付け根に、小さい芽があります。 そこの上で切り落とします。 剪定する時には「剪定バサミ」を使うのがおすすめです。 普通のハサミで剪定するとうまく切り取れず切り口がギザギザになって茎が傷んでしまったり、ハサミからばい菌がうつって病気になってしまったりすることがあるんですね。 これからも紫陽花の鉢植えをお手入れしていくことを考えると、剪定バサミを1本持っていてもいいかもしれませんね。 剪定は 8月くらいまでには終わらせておくのがおすすめです。 なぜかというと、8月~10月になると次の年に咲く花芽がでてくるんですね。 でもこの花芽、なかなか目で見てもどれが花芽なのかわかりにくいんです。 なので、この花芽が出てくる前に剪定を終わらせておくと、間違って来年咲く花の芽を切ってしまうことを防げますよ。 紫陽花の鉢植えの肥料のやり方 紫陽花の鉢植えに肥料が必要な時期は2回• 花が咲き終わった後の「お礼肥」• 冬の時期の「寒肥」 があります。 花が終わる時期は、紫陽花の花の種類によっても変わってきますので、「花が咲き終わって剪定をしてから肥料をあげる」と覚えておくといいですよ。 紫陽花は綺麗な花を咲かせるために土の中の栄養をたっぷりと使い、花が咲き終わった後の土の中は栄養がなくなってしまっている状態です。 花が咲き終わってしばらくしたら「お礼肥」として 固形の油粕や緩効性の肥料をあげましょう。 アジサイは、肥料の三大要素である 「窒素」「リン酸」「カリ」が均等に含まれたもので、 緩効性(ゆるく穏やかに作用する)の肥料を好みます。 固形の油粕や肥料の代わりに2週間に1度の割合で 液体肥料を施してもいいですよ。 冬の時期は、1月~2月頃に「寒肥」といって、春先の新芽が出る頃に向けて栄養を与えてあげます。 「お礼肥」の時と同じ肥料で大丈夫ですよ。 ただ、肥料のやり過ぎには注意が必要です。 「肥料焼け」と言って、肥料をやり過ぎることによって根っこが傷み、ひどい時には枯れてしまうことがあります。 表示量より少なめくらいが良いかもしれません。 希釈タイプの液体肥料は必ず表示通りに水で薄めましょうね。 肥料の種類がたくさんあってどれを選べばいいのか迷った時には、お店で担当の方に聞いてみたり「アジサイ用の肥料」を選んだりするといいですよ。 紫陽花の鉢植えを来年も咲かせるには?まとめ いかがでしたか? 紫陽花の鉢植えを来年も咲かせるためには、剪定と肥料をあげることが大切だったんですね。 剪定を行う時期や切り取る場所、肥料をあげるタイミングなど、ポイントをおさえて行えば大丈夫ですよ! 鉢植えの鉢が紫陽花に対して小さいようなら、一回り以上大きな鉢に植え替えをしてあげることもおすすめです。 >> 紫陽花の鉢植え、来年も綺麗な花を咲かせるといいですね^^ 最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。 ***どなたかのお役に立てれば幸いです***.

次の

ヤマアジサイの育て方

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

鉢植えあじさいは、 「密閉挿し」という方法で挿し木を行いましょう。 鉢、剪定バサミ(または切れるカッターナイフ)、挿し木用土、ビニール袋、細い棒(竹串)を準備してください。 可能な場合は、発根促進剤を用意しましょう。 まず、あじさいの挿し穂を作ります。 挿し穂は花が付いていない枝の穂先から、約15~20cm(2節目)の部分を切り落とすことにより作ることができます。 増やしたい分の挿し穂を作りましょう。 上手に枝を切るためには、剪定バサミや、切れ味の良いハサミまたはナイフが便利です。 あじさいの枝の中には水分・栄養分を運ぶ管が通っているため、管を潰さないよう慎重に切ってください。 作った挿し穂は、水分が蒸散しないように余分な葉を取り落とします。 葉の上部は取り除いて、「水揚げ」作業に入ります。 水揚げとは、挿し穂の切り口を水に浸けて吸わせることです。 1時間以上、水に浸してください。 水揚げの際は、発根促進剤を数滴加えた水に浸けることにより、発育を促進することができます。 次に、鉢に用土を入れ、水を多めにかけて湿らせます。 続いて、竹串などの細い棒を使用して差し穂の枝を挿す穴を空け、挿し穂を斜めに差し込んでください。 挿した穂の周囲の土が枝に密着するように軽く手で押さえ、上からビニール袋を被せて密閉状態にします。 そのまま1ヶ月程度直射日光の当たらない日陰に置き、用土を乾燥させないよう注意してください。 最後に「鉢上げ」を行います。 成長した苗を鉢に移すことを鉢上げと言います。 取り出した挿し穂に根が出ている場合、鉢に植えることができます。 あじさいの植え替え 【植え替え時期】目安は年に1回くらい 鉢植えあじさいは、根が張りすぎる「根詰まり」という現象を引き起こすため、大きな鉢に植え替えをする必要があります。 植え替えは1年に1回ほどを目安に、花が散る7月、または休眠期の11月から2月に行うと良いでしょう。 【植え替え方法】土に隙間を作らない あじさいを植え替える際は、 今まで使用していた鉢より一回り以上大きい鉢を用意してください。 まず、新しい鉢の中に鉢底石を敷き、用土を入れます。 根鉢(根と周りの土)を崩さないように注意しながら、あじさいを今までの鉢から新しい鉢に入れ替えます。 次に、隙間がなくなるよう、しっかりと土を入れてください。 隙間があると、水やりにより根が崩れてしまい、枯れる原因になります。 使用済みの割りばしなどで土を突いて、押しながら土を入れると上手に仕上がります。 また、植え替えをする際は、土の表面が乾かないように直射日光を避けて作業してください。 おわりに 鉢植えあじさいの挿し木と植え替えについてご紹介しました。 タイミングと方法を間違えなければ、初めてあじさいを育てる方でも上手に花を咲かせることができます。 今回ご紹介した内容を参考に、素敵な鉢植えあじさいを育ててください。 この記事もチェック•

次の

【あじさいの育て方】鉢植えあじさいの挿し木・植え替え時期と方法

紫陽花 の 育て 方 鉢植え

fa-heart7月ごろ、花が終わってから剪定する fa-heart花から2節下の 脇芽の上で切り落とす 3節のところで剪定すれば、2節で剪定するよりも来年少しコンパクトに咲きます。 ただし、短く切りすぎると翌年花が咲かないかもしれません。 花が咲いた枝だけ剪定しますが、この時 一斉に剪定することがポイントです。 今年花が咲いていない枝は切らずに残しておきます。 紫陽花の花が終わったら毎年剪定をして、鉢植え紫陽花を長く楽しみましょう。 花が終わってなくても、早めに切ってお部屋で切り花を楽しむのもよいですね。 アジサイの育て方・植え替え 紫陽花は生長が早く、横に広がって根を張ります。 鉢植えの紫陽花は、1~2年に1回を目安に、ひと回りかふた回り大きな鉢に植え替えます。 鉢底から根っこが伸びてきていたら植え替えをしましょう。 植え替えのタイミングは剪定後の7月。 または、花後から9月中旬までか、休眠期の11月~2月ごろに植え替えます。 アジサイの育て方・水やり 紫陽花は、水を好むお花です。 水が切れないようにこまめに水をあげましょう。 水やりは、午前中の早い時間におこないます。 春から夏にかけてはたっぷりと。 7月の剪定後から暑い夏のあいだも、水を切らさないように管理します。 秋からは少し減らして、土が乾いたら水やり。 冬に葉っぱが落ちてからも、水をあげてくださいね。 冬は、霜が降りない軒下などがよいでしょう。 冬越しして春がきたら、しっかり日に当ててあげるときれいな紫陽花が咲いてくれますよ。 アジサイの育て方・冬越し 秋になると付き始める、紫陽花の新しい花芽。 年が明けて無事に芽吹かせるためには、しっかり低温におくことも大切です。 ただし、霜が当たらないようにしたり、強い北風にさらされると、耐寒性があるアジサイも枯れてしまうことがあります。 冬の温度管理はちょっと難しいですが、日の当たる軒下などに移動させて、水も忘れないようにあげてくださいね。 アジサイの育て方・冬の剪定 紫陽花の休眠期には、古い枝や細い枝を取ります。 枯れた枝もきれいに取ってあげましょう。 これは、風通しをよくして病気を防ぐためなので、株が混み合っていなければしなくてもOK。 花芽の付いた枝は切り落とさないように気をつけてくださいね。 アジサイの育て方・肥料 紫陽花は、肥料をあげなくても元気に育ちますが、鉢植えできれいな花を咲かせるためには、適切な時期に追肥してあげます。 紫陽花の花が終わって7月に剪定したら、そのあと9月ごろまでに1回、緩効性化成肥料を与えます。 秋の終わりから春にかけては、2ヵ月に1回くらい、有機質肥料を与えます。 アジサイの育て方・病気や害虫対策 株が多湿になると病気になってしまうことがあるので、株元の枝をスッキリさせて、風遠しをよくしてあげましょう。 病気になってしまった葉はすぐに切り落とし、市販の薬で対処してみてくださいね。 害虫については、春から秋にかけての生育期に虫がつきやすいです。 犯人はいろいろいるのですが、こちらも市販の薬でやっつけましょう。 かわいい紫陽花が食べられないように、特に葉の裏側を気をつけて見てみてくださいね。 アジサイをコンパクトに育てるには? ベランダで育てる鉢植え紫陽花は、あまり大きくなりすぎても困りますよね。 大きくなりすぎた紫陽花もコンパクトに仕立て直すことができるので、数年に一度、思い切って剪定してみるのもよいと思います。 おわりに 7月は紫陽花の大切な作業、剪定をする月です。 来年も花が咲いてくれるように、花が終わったら脇芽の上で切り落としましょう。

次の