エクセル 上の計算式が消えた。 エクセルで上のメニューが消えたときの戻し方

【エクセル時短】計算しているセルはどれ? 入力済みの数式と値を見分ける2つの方法

エクセル 上の計算式が消えた

エクセルで"掛け算"の仕方が解らない初心者さんに向けたやさしい解説 この記事は、エクセルの掛け算の仕方について、特に初心者さんに向けて解説します。 」「掛け算の記号はどれだっけ?」と悩みがちです。 そこで、エクセル上での掛け算の基礎である「掛け算で使う記号」「掛け算の記号の入力方法」「掛け算の仕方として計算式」を解説します。 更に応用として「複数の数値の掛け合わせる方法」「掛け算に使う値が入ったセルを固定する方法」「エクセルで掛け算の結果を丸める方法」など、幅広く身に付けて頂ければと思っています。 この記事の目次• sharots. com もし全角の「*」が表示されたなら[日本語モード]で入力してしまっているので、以下の方法でやり直してください。 [方法A]入力変換が確定前ならキーボード上部の【F10】キーを1回押して全角文字を半角文字に変換する• 【基礎編】エクセルの掛け算の仕方 A2セルとB2セルを掛け算した結果を求めたい場合は、答えを表示させたいセルに以下の式を入力します。 エクセルの計算式は基本的に全て半角文字を使います。 理由は、直に指定した値が見えないので、後から編集や変更などで大変だったり、トラブルになりやすいからです。 このような場合は、値が見えるように他のセルに入力しておき、数式からそのセルを参照する様に計算するのがベターです。 【応用編】複数の数値を掛け合わせる(PRODUCT関数) 複数の値を掛け合わせる場合エクセルではPRODUCT関数を使うのが便利です。 複数の値を足し算する場合はを使いますが、その掛け算バージョンがPRODUCT関数です。 使い方もSUM関数と同じで、以下で説明します。 4-1. 上記の場合、A3セル、B3セル、C3セルの3つのセルが掛け算の対象です。 4-2. この場合、A3セル、C3セル、E3セルが掛け算の対象です。 4-3. 【応用編】エクセルの掛け算で使う数値が入ったセルの固定 セルに入力された「数式」を別のセルにコピーや移動したりすると、数式が参照しているセル番地も相対的に移動します。 これはエクセルの機能で「 相対参照」といもので、デフォルトが相対参照に設定されています。 これは非常に便利な機能で、数式をひとつ作れば他のセルにコピーした場合でも、ひとつずつ参照セル番地を訂正する必要がないので、とても短時間で表を作ることが可能になる、個人的にはエクセルの中で一番の「神」レベルの機能だと思っています。 但し、消費税率など、計算式から参照する先のセル番地を固定しておきたい場合、計算式をコピーや移動すると、固定しておきたい参照先のセル番地も移動してしまい、ひとつずつ訂正する必要があるので、困る場合があります。 そこでエクセルでは計算式に含まれる参照先のセル番地を固定できる機能「」があります。 【応用編】掛け算の結果を丸める(四捨五入、切り上げ、切り捨て) 6-1. 四捨五入 掛け算の結果を四捨五入する方法ですが、 ROUND関数と組み合わせると簡単にできます。 切り上げ 掛け算の結果を切り上げる方法ですが、 ROUNDUP関数と組み合わせると簡単にできます。 切り捨て 掛け算の結果を切り捨てる方法ですが、 ROUNDDOWN関数と組み合わせると簡単にできます。 ぜひご覧ください。 まとめ このページでは、エクセルの「掛け算の仕方」について、以下の内容を解説しました。 ・PRODUCT関数を使えば複数の数値の掛け合わせが簡単に出来る• ・掛け算の結果を丸めるにはROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数を使うのが便利 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の

Excel(エクセル)入門/基本/上級/実用講座の総目次

エクセル 上の計算式が消えた

Excelでコピーをして貼り付けるときには、必ず書式とデータの2つの情報をコピーしていることを意識しなければなりません()。 また、コピー元が数式の場合は、相対参照によってセルの位置が変化した数式の貼り付けになります。 Excelには「貼り付けのオプション」つまりコピーしたものの一部の情報だけを貼り付けることができます。 特に、 値の貼り付けはよく使います。 値の貼り付けは文字通り「値だけを貼り付ける」ので書式がコピーされない(上書きされない)のですが、数式の場合は計算結果のみの貼り付けになりますので、計算式を消す効果があるということを理解しなければなりません。 これによって自動再計算を止めることができます。 そこで、今回は、値の貼り付けと演算貼り付けによって計算式を消す手法について出題します。 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.書式もコピーされる 問題 A列に、上の数を2倍する計算式を入れます。 そしてC列とE列の塗りつぶしの色を変え、格子の罫線を引きました。 A11:A15をコピーしてC列に貼り付けなさい。 解説 A11:A15をコピーします。 C列に貼り付けると値が変わります。 これは相対参照の影響によるものです。 上のセルを2倍する計算式をコピーしたので、上のセルは空白なので0になります。 また塗りつぶしの色も罫線もなくなります。 セルにはデータと書式の情報が含まれており、別々に管理されています。 コピーをするとデータと書式の両方がコピーされます。 このとき、計算式は相対参照のため、参照するセルが変わります。 また、書式もコピーされるので塗りつぶしも罫線も消えます。 2.値の貼り付け 問題 さらに、A11:A15をコピーしてE列に値を貼り付けなさい。 解説 コピーをします。 貼り付けるときに形式を選択して 値だけの貼り付けをします。 計算式が消えて計算結果だけのコピーになります。 また、塗りつぶしや罫線は残ります。 値の貼り付けをすると計算式は消えて、計算結果だけがコピーされます。 このとき書式はコピーされないので、塗りつぶしも罫線も残ります。 3.参照先を参照元にコピーしてもよいか 問題 さらに、セルA11の値1024を、セルA1にコピーしなさい。 解説 セルA11の「1024」を利用しようとしています。 セルA11をコピーします。 1024をセルA1に貼り付けます。 このとき 値の貼り付けをします。 これで完成です。 再計算されて1024の2倍、2倍、・・・となります。 失敗例1 セルA11は上のセルA10を参照していますが、これをセルA1にコピーすると、セルA1の上のセルが無いので、参照するセルがありません。 普通にコピーをするとエラーになります。 失敗例2 セルA11の「1024」を参照するのは最悪です。 セルA11の計算結果である1024はもともとセルA1を2倍していって出てきた数です。 セルA1を消すと1024も消えます。 セルA1に計算式を入力しても1024を参照できるわけではありませんので無意味です。 当然エラーになります。 このように互いに参照しあって、結局答えが出ないことを「循環参照」といいます。 循環参照のまま放置してはいけません。 循環参照について詳しくはこちらの記事をご覧ください。 これをA列にコピーするとエラーになりますから値の貼り付けをします。 これで完成です。 「-1」と入力します。 コピーをします。 貼り付けるときに「形式を選択して貼り付け」で、乗算つまり掛け算を選びます。 マイナス1倍されます。 これは値の貼り付けの一種で計算式は残りません。 もう一度繰り返します。 -1をA列の数値に乗算で貼り付けます。 すべてにマイナスが付きます。 ちなみに、計算式を利用すれば最初の数を-1にすれば終わりです。 解説は以上です。 6.動画版はこちら(無料) この記事は、わえなび実力養成講座「ファンダメンタルExcel」Program 5-9のYoutube動画を書き起こして、加筆修正したものです。 waenavi.

次の

#DIV/0!エラーを表示しない方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 上の計算式が消えた

スポンサーリンク 図のような表のB4番地には、「手数料」を計算するための数式が入力されています。 コピー元であるB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その右下にポッチが付いています。 このポッチにマウスポインタを合わせると、マウスポインタが 黒い十字の形になるので、下に向かってドラッグします。 の操作です。 数式をコピーできました!と言いたいところですが、明らかにおかしな状態になっています! なぜ「おかしな状況」なのか、じっちゃんの名にかけて、原因を解明していくことにしましょう。 スポンサーリンク コピーで数式がおかしくなる原因 原因を解明したい時には、おかしなことになっている箇所の、現状を把握することがとっても大切! そこで、コピー先であるB5番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A5 * B2 という数式が入っていることが分かります。 更にその下のコピー先も見てみましょう。 B6番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A6 * B3 という数式が入っていることが分かります。 現在の「手数料」欄に入っている数式をまとめると、図の左側「現在の数式」のような状態になっています。 なので、このコピー元のセルと、見ただけで明らかにおかしいコピー先の数式を、すべて消していくことにしましょう。 B4からB7番地をした状態で、[Delete]キーを押すと、 ! それでは気分を改めて。 コピー元となる数式を入力するところから始めていきましょう! 数式を入力したいB4番地をし、 数式を入れる合図の「=」(イコール)を入力します。 そしてこの、「購入額」にあたるA4番地は、 図の「正しい数式」のようにA4、A5、A6、A7、A8と、数式をコピーした時にズレて構わないセルなので、特に何もせず、いつも通り先に進みます。 この、「手数料率」にあたるB1番地は、 数式をコピーした時にズレては困るセルなので、ここでズレないようにする技をほどこします! キーボードの [F4]キーをポンッと押すと、数式内の「B1」の部分に ドルマークが付きました! これで、数式をコピーしてもズレないようにできたわけなんですが、これを良く見ると、「B1」の「B」の前と、「1」の前に、それぞれドルマークが1つずつ付いていることが分かります。 (この時、ドルマークが「B」の前と、「1」の前に1つずつではなく、片方だけにしか付いていない、またはどちらにも付いていないという方は、[F4]キーを押すときに緊張してしまってキーを長押ししてしまい、[F4]キーを何回も押してしまったのと同じ状態になっています。 そうなってしまっても、そのまま先に読み進めれば対処できますので、慌てることなく、そのまま読み進めてください。 ) ここでもう一度 [F4]キーをポンッと押すと、今度は「B」の前にあったドルマークが消え、「1」の前にだけ付きました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、今度は「B」の前にだけドルマークが付き、「1」の前のドルマークが消えました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、「B」の前からも、「1」の前からもドルマークが消え、一番最初と同じ状態に戻りました。 このように、 [F4]キーを押すたびに、ドルマークの付く位置が変わっていくのですが、数式をコピーした時にズレないようにする通常パターンは、「B」の前にも、「1」の前にも、 両方にドルマークが付いている状態なので、 もう一度 [F4]キーを押して、「B」の前にも、「1」の前にも、両方にドルマークが付いている状態にします。 数式はこれでいいので、最後に[Enter]キーを押すか、数式バーの[入力]ボタンをクリックして、数式を確定します。 早速、してみましょう! 数式を入力したB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その太い枠の右下にポッチが表示されます。 「B1」はズレないように設定してあったので、コピー先でもドルマークが付いているわけですね。 私の経験では、Excelで数式をコピーする際、今回のように縦方向にのみオートフィルするか、もしくは横方向にのみオートフィルするか、といった、どちらかの方向にのみオートフィルするケースが大半を占めます。 特に初心者の方は、「両方にドルマークが付いていればズレない」という風に、単純に覚えていただいてOKです。 ところが、だんだんExcelを使い慣れてくると、1つの数式を、縦方向にも、 横方向にもコピーしたいことが出てきます。 そういった、縦方向にも横方向にも同じ数式をコピーしたい時に出てくるのが、片方にだけドルマークを付けるパターンです。 これは「複合参照」というものなのですが、Excel初心者の方が「複合参照」に手を付けるのは早いと、私は思っています。 (あくまでも私本人の個人的な見解です。 ) というわけで、まずは今回ご紹介した、 [F4]キーを一回ポンッと押して、両方にドルマークが付いている状態にすることで、数式をコピーしてもズレないようにできる「 絶対参照」を徹底的に覚えてください。 「絶対参照」という名前は覚えなくていいので、「 [F4]キーでドルマークを付け、ズレないようにする」ということは、確実に覚えていきましょう!.

次の