八王子 カリスマ ホスト 殺人 事件。 八王子カリスマホスト失踪事件...関係者に囁かれる「金銭トラブル」の黒い噂

ホスト殺人事件 汚水槽から7ミリの証拠をとった刑事の執念

八王子 カリスマ ホスト 殺人 事件

死体がなければ殺人事件は立証できない。 普通ならばそうだが、汚水槽に残ったわずか直径4. 1ミリ、長さ7ミリのインプラントを発見し、犯人を逮捕した殺人事件の裁判が始まった。 西東京のカリスマ・ホストを殺害し、遺体を溶かした事件の裁判を傍聴した作家の山藤章一郎氏が、凶悪事件の犯人逮捕へ至る道のりを報告する。 * * * 〈検察官起訴状による事件概要〉 「3年前の平成22年11月末、20代、30代の従業員3人が八王子のホストクラブ〈BALIKAN〉の経営者・土田正道を共謀して殺害した。 土田はその日、丸一日、連絡がつかなくなったら警察に通報するよう知人に伝えていた。 実行犯は阿部卓也、従業員ホスト、27歳。 土田の頭を銃撃した。 以後、阿部は友人にも頼み、収納ボックスの死体を自分のアパートに、ついで実家に運搬した。 その後、死体を「強アルカリ性の薬品を混ぜて、ずんどう鍋で煮沸、溶解させ、浴室の排水管に遺棄し、溶け残った骨を、あきる野市の秋川河川敷でハンマーで砕いて投棄した」 殺害された土田は〈カリスマ・ホスト・土田十寛(みつひろ)〉の源氏名で知られテレビなどにも出ていた。 行方が分からなくなった当時、土田への反感を捜査員に公然と言い放つホストも多くあった。 土田は吠え立てていたという。 「西東京、八王子、立川、多摩でホストクラブ開くなら、カネ持って挨拶に来い」 反感は、土田が無残に死ぬことを期待する声にもなっていた。 東京地裁立川支部305号法廷。 2013年11月27日。 被告人・射殺した実行犯・阿部卓也の元妻、阿部篤子が証言台に立った。 腰縄姿である。 グレイのスエット上下。 面長で目が細い。 勾留中のためスッピン。 肌白、撫で肩。 福島の高校卒業後、職を転々。 事件後、卓也と結婚、すぐに離婚。 実家で1歳の娘と暮らしていた。 「殴られて顔腫らして帰ってきたり、こき使われて休みもない。 だから、殺しちゃおうかって。 あたし『殺すの間違ってる』と止めました。 でも、『このままだと俺の人生めちゃめちゃだ』って。 押し問答したら『分かってくれないんだったらいいよ』と包丁を持ち出して『殺しに行くから』って出て行きました。 あたし、すぐあと追って卓也の服を引っ張って『だったらあたしを殺してから行って』って。 『一人殺すのも二人殺すのも変わりないでしょ』」 〈検察官、冒頭陳述〉 土田を射殺した卓也は、友人・青野俊太朗を巻き込む。 「卓也は青野と合流して、用意した鍋を実家へ運搬した。 収納ボックスを一緒に2階へ運びあげ、ずんどう鍋に遺体、水、アルカリ性の薬剤を流し込み、コンロで煮た。 ずんどう鍋とは、ラーメン屋などが大量のダシをとるための煮込み鍋である。 青野は鍋の中身をお玉でかきまぜて、帰宅した。 卓也は溶解の状況を(共同経営者・主犯の)玄地栄一郎に報告したが、夜になっても全部溶かすことができず、また思ったより溶解に長時間かかり、玄地に薬剤の追加を依頼した。 実家の親・秀樹が帰宅し、鍋を発見。 息子・卓也から『死体を溶解している』と告げられた。 秀樹は息子のため、事件に加担することを決め、『1週間休む』と職場に連絡した」 卓也は追加の薬剤で肉と骨を煮つづけた。 翌未明、卓也、篤子は殺害に使用した拳銃を捨てに多摩湖に行く。 「そのあいだ、父・秀樹は鍋が噴きこぼれないか見張りをし、やがてあらかた肉と骨は溶けた。 だが溶け残った骨もある。 それをハンマーで砕き、こまかく骨片にし、浴室内の排水溝に投棄した。 ずんどう鍋は浴室内で洗った。 そして翌日、阿部親子の秀樹と卓也は、溶け残った大きな骨をスポーツバッグに詰め、秋川へ投棄に行った。 このとき、川原でバーベキューをしていると装うために、犬と一緒に篤子も同道させた」 警視庁捜査一課は、土田の携帯を壊して埋めた容疑で、玄地と阿部を逮捕した。 だが、本当のヤマは、殺人、死体遺棄である。 何度も取り調べたが、男たちは否認しつづけた。 刑事は、あきらめず、かつてない実験も繰り返した。 人間の肉に見立てた豚肉と骨をアルカリ性の掃除液=業務用洗浄液=苛性ソーダに浸して経過を観察した。 肉も骨もゆっくり溶けた。 これなら、人間の肉を溶かせる。 その上で、刑事はもうひとつの執念を実らせた。 遺体を持ち込んだ犯人たちのひとり、阿部の実家のこの時期の水道使用量をあたった。 いつもの約3倍になっている。 なんのために大量の水を使ったのか。 その上で、敷地内の汚水槽をさらった。 汚水は風呂場の浴槽からパイプ管を通っていったんこの槽に溜まる。 刑事たちは汚水に潜りこんで顔面の骨らしきものを掬い取った。 この骨は劣化が激しくDNAは照合できなかった。 だが、ほかに小さなネジを見つけた。 顎の骨に埋め込まれる、人工歯根=インプラント手術で使われるネジのようだった。 チタン合金で、溶けていない。 アバットメントスクリューと呼ばれるネジである。 直径4. 1ミリ。 長さ7ミリ。 刑事たちは色めいた。 もしこれがインプラントのネジであれば、土田がここで溶かされた物証になる。 ネジに肉体の組織片が付着していないか。 だが付着物は微量で、これも劣化が著しく鑑定不能。 同型のインプラントネジは全国で599本流通しているのが判明した。 ネジに、シリアルナンバーはついていない。 全国の歯科医院一軒一軒をまわり、一本ずつ、そのインプラントは誰に埋められたものか、599人を追跡調査し割り出した。 ビンゴ! 殺された男・土田正道のインプラントにとうとう辿り着いた。 これが決め手になった。 〈死体損壊、同遺棄〉で芋づる式に男たちを逮捕。 ホストクラブ共同経営者の玄地。 従業員の阿部、平。 阿部の元妻・篤子。 阿部の父親、59歳の秀樹。 死体処理を手伝った青野。 予めご了承ください。

次の

遺体を鍋で煮溶かした八王子カリスマホスト殺人事件 関係者らの人間模様

八王子 カリスマ ホスト 殺人 事件

被害者:当時17歳だった女子高生。 犯人: 当時未成年の少年4名。 当時未成年だった少年4名が、バイト帰りの女子高生を、ホテルに連れ込んで強姦。 事件の現場となった家の、 自宅2階の居室に監禁した。 性器にビン・マッチ・タバコなどの異物挿入。 裸踊りや自慰行為の強要。 タバコを2本一度に吸わせる。 シンナーを吸わせる。 真冬の時にベランダに裸で放置。 顔面に蝋をたらす。 などの苛烈な行為を、 41日間にわたり行った。 1m以上上から鉄棒を腹に落とす。 トイレにも行かせず、飲料用紙コップに排尿させ、その尿を飲ませる。 6kgの鉄球付き棒で、大腿部を数十回にわたって殴打。 被害者の脇腹部、脚部などを多数回にわたって手拳で殴打。 など、 全身が血だらけになり、目の位置がわからなくなるほど 顔が膨れ上がるまで殴る蹴るなどの行為を繰り返した。 少年Bは「なんだお前でっけえ顔になったな」と笑ったという。 女子高生を監禁していた家の両親は、女子高生の存在を認知しており、一度1階で一緒に食事をとったりしていた。 その折、女子高生に「早く帰りなさい」と促し、一時は家を出たが、 加害者の少年の一人が連れ戻したので、結局監禁は続いて行われた。 1989年1月4日、「ギャンブルに負けた」という理由で、 自力では立てなくなりほとんど動けなくなった被害者を2時間にわたって殴る蹴る、足をライターオイルで焼く、鉄の棒で殴るなどのリンチを加え放置。 結果、 被害者は死亡。 翌日、被害者の死亡に気づき、死体の処理に困った加害者達は、 遺体をドラム缶に入れ、コンクリート詰めにして遺棄した。 加害者が4名とも未成年者であったことなどから、当時大々的に報道。 犯人の元少年達は、少年院を出所あるいは退院後、 一人は監禁致傷事件を起こし、 再逮捕。 主犯格の元少年は振り込め詐欺で逮捕されるなど、再犯を繰り返し、全く更生されていない。 尼崎連続変死事件とも。 被害者:確認された死亡者は 8名。 犯人:主犯格は角田美代子。 角田美代子と養子縁組をした義理の妹や息子、内縁の夫など、8名の男女。 主犯格とされる角田美代子は、少なくとも25年以上もの間、兵庫県尼崎市南東部で、血縁関係にない人物を多く集め、疑似家族を築きながら共同生活を営んでいた。 些細な弱みにつけこんで威圧的に家族を支配する、いわば 家族乗っ取り事件を複数回起こしている。 主犯女に支配された家族は 6家族にも及ぶ。 乗っ取られた家族は、 親族間同士での暴力を強要されたり、 飲食や睡眠を制限されるなど虐待され、さらには財産を奪われたり、家庭崩壊に追い込まれるといった被害を受けていた。 しかし主犯女は事件について多くを語らないまま、2012年12月12日に兵庫県警本部の留置所で自殺。 事件の真相解明は極めて困難な状況に。 警察の合同捜査本部は2014年3月に解散。 捜査は事実上終結している。 2016年現在も犯人の特定・逮捕には至っておらず、 未解決事件となっている。 被害者:一家4人。 犯人:不明。 2000年12月30日午後11時頃から翌31日の未明にかけて、 東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宅で、 父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の4人が殺害。 子供もめった刺しにする残忍な犯行であった。 大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行で、20世紀最後の日に発覚。 犯人の指紋や血痕など個人を特定可能なもの、靴の跡(足跡)の他、 数多くの遺留品を残しているにもかかわらず、犯人の特定に至っていない未解決事件。 犯人は殺害後にパソコンを触ったりアイスクリームを食べたり、 長時間現場に留まった可能性が指摘されている。 被害者:4歳から7歳という低い年齢の女児4名。 犯人:宮崎勤 みやざき つとむ。 1989年7月23日、東京都八王子市で幼い姉妹を狙った猥褻事件を起こし、妹の全裸写真を撮影中に姉の知らせを受けた父親に取り押さえられ、現行犯逮捕。 取り調べが行われる中で、1899年から行われていた連続幼女誘拐殺人事件の犯人であることが明らかになった。 犯行声明を新聞社に送り付ける。 野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつける。 など、犯人が極めて異常な行動を取ったことから、戦後日本犯罪史上、初めてプロファイリングの導入が検討。 激しい報道合戦により、後に犯人の 父親が自殺。 1997年4月14日に東京地方裁判所で死刑判決。 2008年6月17日、東京拘置所で 死刑が執行。 宮崎勤の口から、遺族に対する謝罪、事件に関する反省の念が語られることは、最期までないままだった。 被害者:総数は400名以上。 犯人:早稲田大学生ら14人。 早稲田大学元公認のサークル 「スーパーフリー」のメンバーである大学生らは、 「ギャルは撃つための公共物だぜ」を合言葉に 1999年秋から常習的に女子大生への輪姦をおこなっていた。 早大生ら14人が準強姦罪で実刑判決。 逮捕者の多くは早稲田大学の学生であったが、逮捕者の中には東京大学・慶應義塾大学・明治大学・法政大学・学習院大学・日本大学といった数多くの有名大学の学生や社会人の会社経営者も存在。 妻に「店の関係者に会いに行く」と言い残して自宅を出たのが最後だった。 事件から約2年10か月後の2013年9月18日、 死体損壊・遺棄などの疑いで容疑者が続々と逮捕。 おぞましい遺体処理方法が明らかとなった。 被害者:土田正道。 犯人:男女7名。 【実行犯】 ・阿部卓也:ホストクラブ元従業員。 ・阿部秀樹:阿部卓也の父親。 【事件を主導】 ・玄地栄一郎 げんち :ホストクラブ「バリカン」の共同経営者。 2013年、立川拘置所で自殺。 【損壊・遺棄幇助】 ・玄地紗希:玄地栄一郎の元妻。 ・玄地栄美:玄地栄一郎の妹。 飲食店経営。 おぞましい遺体処理方法 阿部卓也は被害者を殺害後、父親とともに 洗浄剤で遺体を溶解するなどした上、 排水溝に流して処分していた。 阿部卓也は遺体と寸胴鍋、コンロなどを父親宅に運び込み、遺体を鍋に入れ、カセイソーダとみられる薬剤を使い、煮溶かしていた。 父親は前日の夜から元妻と飲みに出かけており、不在だったが、 予想に反してなかなか遺体の処理が終わらず、 帰宅した父親は息子が遺体を鍋で煮込んでいる場面を目の当たりにする。 2013年4月、捜査1課は父親の自宅を家宅捜査。 浴室の汚水槽から、人の顔の骨とみられる骨片と インプラント(人工歯根)を発見。 骨のDNA型は照合できなかったが、同型のインプラントが国内で約600個しか作られていないことが分かり、捜査1課は歯科医院などの捜査で被害者のものと特定。 引用元:matome. naver. jp 被害者が行方不明となった直後に、 2人が洗浄剤 カセイソーダ を大量に購入した記録が残っていた。 被害者のインプラントなどが見つかった父親の自宅では、 この時期の水道使用量が普段の約3倍に上っていたことが判明。 被害者:死亡者8人、負傷者15人。 犯人:宅間守 たくま まもる。 2001年6月8日10時20分頃、大阪教育大学附属池田小学校に凶器を持った宅間守が侵入し、次々と児童を襲撃した。 結果、児童8名(1年生1名、2年生7名)が殺害され、 児童13名・教諭2名に傷害を負わせる惨事となった。 宅間守は校長や別の教諭にその場で取り押さえられ、現行犯逮捕された。 宅間守は最後の一人を刺し終えた瞬間、凶器である出刃包丁を自ら落として、「あーしんど!」と呟いたという。 その後、殺人罪などで起訴された。 元死刑囚宅間守の経歴 1963年11月23日生まれ、事件当時 37歳。 2003年9月26日、自ら控訴を取り下げ、死刑判決を確定させた。 2004年9月14日、大阪拘置所で 死刑執行。 幼い頃から「高学歴・高収入のエリート」に対する屈折した羨望、嫉妬を抱いていた宅間守元死刑囚。 事件によって犠牲になった被害者の児童やその遺族への謝罪は、最期まで一切無かったとされる。 善悪の屑を無料で読みたい人はコチラ! 善悪の屑を無料で読みたい人には、 というサイトがおすすめです。 というのも「U-NEXT」では、新規登録時にもらえる600ポイントで1巻まるまる無料で読むことができます。 今なら 31日間の無料期間もあるのでぜひ一度登録してみてください! (31日以内に解約すれば料金は一切かかりません).

次の

八王子カリスマホスト失踪事件...関係者に囁かれる「金銭トラブル」の黒い噂

八王子 カリスマ ホスト 殺人 事件

死体がなければ殺人事件は立証できない。 普通ならばそうだが、汚水槽に残ったわずか直径4. 1ミリ、長さ7ミリのインプラントを発見し、犯人を逮捕した殺人事件の裁判が始まった。 西東京のカリスマ・ホストを殺害し、遺体を溶かした事件の裁判を傍聴した作家の山藤章一郎氏が、凶悪事件の犯人逮捕へ至る道のりを報告する。 * * * 〈検察官起訴状による事件概要〉 「3年前の平成22年11月末、20代、30代の従業員3人が八王子のホストクラブ〈BALIKAN〉の経営者・土田正道を共謀して殺害した。 土田はその日、丸一日、連絡がつかなくなったら警察に通報するよう知人に伝えていた。 実行犯は阿部卓也、従業員ホスト、27歳。 土田の頭を銃撃した。 以後、阿部は友人にも頼み、収納ボックスの死体を自分のアパートに、ついで実家に運搬した。 その後、死体を「強アルカリ性の薬品を混ぜて、ずんどう鍋で煮沸、溶解させ、浴室の排水管に遺棄し、溶け残った骨を、あきる野市の秋川河川敷でハンマーで砕いて投棄した」 殺害された土田は〈カリスマ・ホスト・土田十寛(みつひろ)〉の源氏名で知られテレビなどにも出ていた。 行方が分からなくなった当時、土田への反感を捜査員に公然と言い放つホストも多くあった。 土田は吠え立てていたという。 「西東京、八王子、立川、多摩でホストクラブ開くなら、カネ持って挨拶に来い」 反感は、土田が無残に死ぬことを期待する声にもなっていた。 東京地裁立川支部305号法廷。 2013年11月27日。 被告人・射殺した実行犯・阿部卓也の元妻、阿部篤子が証言台に立った。 腰縄姿である。 グレイのスエット上下。 面長で目が細い。 勾留中のためスッピン。 肌白、撫で肩。 福島の高校卒業後、職を転々。 事件後、卓也と結婚、すぐに離婚。 実家で1歳の娘と暮らしていた。 「殴られて顔腫らして帰ってきたり、こき使われて休みもない。 だから、殺しちゃおうかって。 あたし『殺すの間違ってる』と止めました。 でも、『このままだと俺の人生めちゃめちゃだ』って。 押し問答したら『分かってくれないんだったらいいよ』と包丁を持ち出して『殺しに行くから』って出て行きました。 あたし、すぐあと追って卓也の服を引っ張って『だったらあたしを殺してから行って』って。 『一人殺すのも二人殺すのも変わりないでしょ』」 〈検察官、冒頭陳述〉 土田を射殺した卓也は、友人・青野俊太朗を巻き込む。 「卓也は青野と合流して、用意した鍋を実家へ運搬した。 収納ボックスを一緒に2階へ運びあげ、ずんどう鍋に遺体、水、アルカリ性の薬剤を流し込み、コンロで煮た。 ずんどう鍋とは、ラーメン屋などが大量のダシをとるための煮込み鍋である。 青野は鍋の中身をお玉でかきまぜて、帰宅した。 卓也は溶解の状況を(共同経営者・主犯の)玄地栄一郎に報告したが、夜になっても全部溶かすことができず、また思ったより溶解に長時間かかり、玄地に薬剤の追加を依頼した。 実家の親・秀樹が帰宅し、鍋を発見。 息子・卓也から『死体を溶解している』と告げられた。 秀樹は息子のため、事件に加担することを決め、『1週間休む』と職場に連絡した」 卓也は追加の薬剤で肉と骨を煮つづけた。 翌未明、卓也、篤子は殺害に使用した拳銃を捨てに多摩湖に行く。 「そのあいだ、父・秀樹は鍋が噴きこぼれないか見張りをし、やがてあらかた肉と骨は溶けた。 だが溶け残った骨もある。 それをハンマーで砕き、こまかく骨片にし、浴室内の排水溝に投棄した。 ずんどう鍋は浴室内で洗った。 そして翌日、阿部親子の秀樹と卓也は、溶け残った大きな骨をスポーツバッグに詰め、秋川へ投棄に行った。 このとき、川原でバーベキューをしていると装うために、犬と一緒に篤子も同道させた」 警視庁捜査一課は、土田の携帯を壊して埋めた容疑で、玄地と阿部を逮捕した。 だが、本当のヤマは、殺人、死体遺棄である。 何度も取り調べたが、男たちは否認しつづけた。 刑事は、あきらめず、かつてない実験も繰り返した。 人間の肉に見立てた豚肉と骨をアルカリ性の掃除液=業務用洗浄液=苛性ソーダに浸して経過を観察した。 肉も骨もゆっくり溶けた。 これなら、人間の肉を溶かせる。 その上で、刑事はもうひとつの執念を実らせた。 遺体を持ち込んだ犯人たちのひとり、阿部の実家のこの時期の水道使用量をあたった。 いつもの約3倍になっている。 なんのために大量の水を使ったのか。 その上で、敷地内の汚水槽をさらった。 汚水は風呂場の浴槽からパイプ管を通っていったんこの槽に溜まる。 刑事たちは汚水に潜りこんで顔面の骨らしきものを掬い取った。 この骨は劣化が激しくDNAは照合できなかった。 だが、ほかに小さなネジを見つけた。 顎の骨に埋め込まれる、人工歯根=インプラント手術で使われるネジのようだった。 チタン合金で、溶けていない。 アバットメントスクリューと呼ばれるネジである。 直径4. 1ミリ。 長さ7ミリ。 刑事たちは色めいた。 もしこれがインプラントのネジであれば、土田がここで溶かされた物証になる。 ネジに肉体の組織片が付着していないか。 だが付着物は微量で、これも劣化が著しく鑑定不能。 同型のインプラントネジは全国で599本流通しているのが判明した。 ネジに、シリアルナンバーはついていない。 全国の歯科医院一軒一軒をまわり、一本ずつ、そのインプラントは誰に埋められたものか、599人を追跡調査し割り出した。 ビンゴ! 殺された男・土田正道のインプラントにとうとう辿り着いた。 これが決め手になった。 〈死体損壊、同遺棄〉で芋づる式に男たちを逮捕。 ホストクラブ共同経営者の玄地。 従業員の阿部、平。 阿部の元妻・篤子。 阿部の父親、59歳の秀樹。 死体処理を手伝った青野。

次の