パルス オキシ メーター 国産。 【在庫あり】パルスオキシメーター パルスオキシメータ 酸素濃度計 脈拍 健康 在宅 看護 SpO2 酸素飽和度 血中酸素 カバー ストラップ 電池付 :4580609090016:富士コンテック公式ストア

【楽天市場】パルスオキシメーター

パルス オキシ メーター 国産

そもそもパルスオキシメータって何よ 僕もパルスオキシメータという単語を知らなかったんですが、パルスオキシメータは病院とかで人差し指に挟むあれ(上の写真のやつ)です。 これ、パルスオキシメータって名前だったんですね。 脈拍を測ってると思っていたんですが、実はSpO2(動脈血酸素飽和度)も測っていたらしいですね。 SpO2は血中のヘモグロビンがどれくらい酸素と結合しているかの値です。 簡単に言えば「血液に酸素をどれくらい取り込めているか」を測ることができ、SpO2が低下している(=酸素を取り込めていない)のであれば、肺炎の疑いがあるかもしれないという判断ができる装置です。 パルスオキシメータで肺炎かどうかのある程度の判断ができるかもしれない 今回パルスオキシメータを購入したきっかけはでした。 だが、東京都医師会の鳥居明理事は「PCR検査は必ずしも重要ではない」と明かす。 臨床現場では、検査をするなら酸素飽和度を測るパルスオキシメーターという小型の経皮簡易測定器で十分、という指摘がある。 呼吸苦のある患者については、肺炎を疑い、動脈血の酸素飽和度を測る。 そのために使われるのがパルスオキシメーターで、酸素飽和度が90以下であれば肺炎として治療を開始する。 パルスオキシメーターは、内科クリニックであればほとんどの施設にあるという。 もし新型コロナだったとしたら初期症状のうちに病院での対処するのがベストではありますが、個人的な考えとして自分のような軽症者、そもそもコロナかどうかも不明なレベルの人間に貴重な医療リソースを割くべきではないと考えていますので、病院に行くべきタイミングをある程度自己判断できるように購入しました。 パルスオキシメータで検出できる数値はあくまで肺炎の診断に使えるかもしれない目安の一つであり、パルスオキシメータがPCR検査の代わりになるということではありません。 僕は医療従事者ではありませんので、ご自身の症状が心配であれば必ず保健所、もしくはかかりつけの医師に指示を仰いでください。 この記事は日本呼吸器学会作成の「」という無料の冊子を参考にしています。 僕のような一般の人でも理解しやすいように簡単な言葉でわかりやすくまとめられていますので、パルスオキシメータの数値が表す意味をきちんと理解したいのであれば、この冊子を読むことをおすすめします。 さらに詳しく理解したい方は、同学会が一般医療者向けに発行している「」も読んでみると良いかもしれません。 コロナかどうかの診断ができるわけじゃないから注意 大切な事なんですが、パルスオキシメータは「新型コロナかどうかの診断」はできません。 コロナの合併症の一つである、「肺炎」かどうかを判断する値を見ることができるだけです。 パルスオキシメータを使用する際に頭に入れたいこと 日本呼吸器学会作成の「」という冊子、並びに今回購入したパルスオキシメータの取扱説明書を参考にしたメモです。 参考にすべき値 健康な人間の標準値は96〜99%。 これを下回ったら十分に経過観察する必要がある。 95%以下の状態が続くようであれば、一度保健所か病院に電話で連絡してみると良いかもしれない。 (ここの判断は自己責任でお願いします。 )高齢者の方やCOPD(タバコで肺がやられている方)は普段の数値が少し低めに出ているようです。 なので普段の生活でのSpO2を見て、それより下がっているようであれば要注意ということです。 90%を切っているのであれば必ず一度保健所や病院に連絡しましょう。 その際は先方に出向くのではなく、必ず電話で連絡しましょう。 数値を見るなら装着後20〜30秒後の値を見る パルスオキシメータは6〜8秒の平均値をとるらしいので、数値が出たらすぐ指を離すのではなく、安静な状態で少し待った数値を参考にしましょう。 20〜30秒後の数値を見るとよいらしいです。 指先が冷たかったり、マニキュアをしていると正常な値が出ない 一般的なクリップ型のパルスオキシメータは指に2種類の光をあて、その光が透過する量を測定してSpO2の値を出します。 そのためマニキュアをしていると光の透過量がマニキュアによって変動してしまうため、正常な値を出すことができなくなります。 また指先が冷たくなっている状態ですと末梢の血液循環が悪くなり測定値がぶれてしまいますので、手先を温めてから計測するようにしてください。 測定精度が開示されている機器を購入する 日本呼吸器学会のパンフレットによると、測定精度が開示されている機器は精度が確かなので、精度が開示されているパルスオキシメータを購入すると良いそうです。 ただ、ネットの販売サイトには精度が記載されていない機器もあります。 実際僕が購入した機器の販売ページ(amazon)にも精度は記載されておらず、購入後にこのパンフレットを読んで「やっちまったな」と思ったのですが、届いた製品の取扱説明書に精度が記載されていました。 実際に購入したパルスオキシメータは富士コンテックのFC-P01 今回僕が購入したのは富士コンテック社のFC-P01でした。 価格も手頃でしたし、満足な買い物でした。 数値が見ずらいという問題はありますが、自分でSpO2の値を知りたいだけであれば問題ありません。 もう少し高めのメーカーでもこれくらいの精度ですので機能的には十分です。 amazonのレビューで作りがおもちゃみたいというレビューがあったんでちょっと心配していたんですが、全くの杞憂でした。 これがちゃちいと言ってる方は病院で使用している機器もおもちゃに感じるんじゃないですかね。 シリコンのカバーも良い感じですし、ストラップもまあ普通に使えます。 なので個人的な満足感は非常に高いです。 数値の表示が見ずらいという問題 機能的な不満はないのですが、数値が見ずらいという問題点があります。 写真を見ていただければわかるように 脈拍数とSpO2の数値の文字サイズが同じですので、どちらがどちらの数値かが直感的に分かりづらいです。 SpO2が99、脈拍が105のようにSpO2と脈拍数の桁に乖離があれば間違え無さそうですが、普段の脈拍数が90代の人は混乱するかもしれません。 自分が使う分には問題ささそうですが、高齢の方がご自身で使用するとかだとこんがらがってしまうかもしませんね。 予算が許すならNISSEIのBO-650が良さそう 予算が許すなら日本精密測器株式会社 NISSEI の国産パルスオキシメータであるBO-650を購入しましょう。 ディスプレイの数値もSpO2がでかくてわかりやすいですし、ディスプレイの反転機能などもついています。 高齢者の方も使用するのであればこっちのが良さそうです。 パルスオキシメータを購入したらやること 1日3度ほど、SpO2等の値を記録する 体温、SpO2、心拍数、体調メモを朝昼晩記録します。 症状が悪化した時に医師や保健所の方が診察するか・入院するかを含めて様々な判断をしやすいように、記録しておきましょう。 基本的には家から出ない 今の僕もそうなんですが、病院に行くほどでない状態であっても自宅待機しましょう。 もし仮に自分がコロナにかかっていたとしたら、現時点で症状が出ていなくても人に感染させる可能性はあるということを自覚しましょう。 ただ僕は在宅でできる仕事ですので自主的に自宅にこもることができますが、現場に出ないといけないお仕事の方も多いと思いますので、自分の上司ときちんと相談してください。 もしどうしても外出しないといけない用事があったら 自宅待機していたとしても食料が無いとさすがに生きれないですし、きちんと栄養をとって免疫力を上げないと重症化してしまう可能性もあるので買い出しのために外出せざるを得ない状況もあると思います。 もし外出しないといけない場合は、症状が出ていないとしてももう感染している前提で行動しましょう。 あなたの体内にいるウィルスが巡り巡って人を殺す可能性もあることを決して忘れないでください。 外出前にはシャワーを浴びる 外出前には必ずシャワーを浴び、皮膚や髪の毛に付着しているウィルスを落とします。 その際は必ずボディソープや石鹸を使用し、それらに含まれている界面活性剤でウィルスを根こそぎ落としましょう。 髪の毛も洗います。 服はアルコール消毒する 外出前には服も念の為アルコールスプレーで消毒しましょう。 外出時は必ずマスクをする 一番マスクをしなければいけないのは、病原体の保有者である可能性のある私達です。 多少高かったとしても人に移すくらいはマシですので、なんとかマスクは調達しましょう。 外食は控える 外食するということは、 食事のたびに外出するということです。 外出の回数が増えるほど他の人に移してしまうリスクを高めてしまいますので、外食は控えましょう。 自炊です自炊。 買い出しは基本的にネットスーパーで でもでも、でも、でも、今はある程度の規模のスーパーであればネットスーパー事業に本腰を入れています。 amazonでも生鮮食品が買える時代ですので、自炊用の食材も基本的にはネットスーパーで調達するようにしましょう。 もし実店舗に行かざるを得ない場合は、一度の買い出し量を増やし、なるべく長期間自宅から出ずに済むように、買い物も工夫をしましょう。 (日持ちのする野菜を買う・肉は冷凍する等) ほんじゃまあお互い隔離生活がんばりましょう! はやく収まるといいですね。

次の

ピュアクリーン

パルス オキシ メーター 国産

パルスオキシメーターとは パルスオキシメーターは、もともとは手術・麻酔の際、患者の状態を確認するために用いられていましたが、負担なく手軽に測定できることから、高山病や睡眠時無呼吸症候群の対策、日常での個人の自己管理など、幅広い目的で利用されています。 酸素飽和度を測定する原理 出典: パルスオキシメーターは、SpO2(動脈内酸素飽和度)と脈拍を測定する機器です。 SpO2は血中にどれだけ酸素が溶け込んでいるかの指標で、この数値をモニターすることにより、 貧血の兆候や肺が正しく機能しているかどうかが分かります。 人体の仕組みを説明すると、呼吸により肺に吸い込まれた酸素は、約0. 25秒の速さで瞬時に肺胞から毛細血管内へ移動します。 その後、赤血球内のヘモグロビンと結合し酸素を含んだ血液は、全身を巡り臓器や細胞にまで運ばれます。 ヘモグロビンは酸素と結合すると鮮紅色(動脈血)となり、酸素を放出すると暗赤色 静脈血 となります。 色の違う動脈血と静脈血では、それぞれ光の吸収度も違うことから、パルスオキシメーターは、その特性を活かし 2種類のLEDの吸収比率で酸素飽和度を算出しています。 パルスオキシメーターの使い方 出典: 測定のやり方は、プローブと呼ばれる器具に指を奥まで入れて、本体のスイッチを入れるだけです。 測定中はプローブ上側からLED光が照射され、下側の受光部で読み取ります。 指の透過光により酸素を運ぶ赤血球の色が分かり、SpO2を割り出す仕組みです。 このように指を挟みこむだけなので、皮膚に傷をつけることなく測定できるのがメリットです。 とくに難しい手順や処置も必要とされないため、パルスオキシメーターを持っていれば毎日でもSpO2の測定ができます。 パルスオキシメーターの選び方 パルスオキシメーターは、コニカミノルタ・オムロン・日本精密測器など日本の医療機器メーカーが優れた製品を販売しています。 どの機種を使っても信頼できる測定ができそうですが、どれでも構わないのでしょうか。 パルスオキシメーターの選び方では、見るべき箇所が3点あります。 本体の機能面・付属の仕様・使用する際の安全性です。 機能で選ぶ パルスオキシメーターは、指を挟んでSpO2と脈拍を測るのが基本的な役割です。 しかし、この僅かなアクションの中にも多様な機能を持たせて、利便性を高めた商品がいくつも販売されています。 選ぶ際には、まず機能を見てみましょう。 一見無くてもかまわないような機能でも、実際にあると使い心地がまるで変わってきます。 各機能の説明を見て、選ぶ際の参考にしてください。 見る方向を選ばないマルチアングル機能 出典: パルスオキシメーターには測定値を表示するための液晶画面がついています。 この画面上の表示を、 ボタン1つでさまざまな方向から見やすく切り替えられるのがマルチアングル機能です。 画面は測定者にとって最も見えやすくなっていれば良いのですが、寝たきりの人の場合は医師やご家族の方が測定値を記録することになります。 対面から覗きこみつつのモニタリングは分かりづらいものです。 マルチアングル機能で表示を切り替えれば測定が楽になります。 一定の数値を下回ると音で教えてくれるアラーム機能 出典: ただ測定して表示するだけでなく、 異常な数値を検知したら教えてくれるアラーム機能付きのパルスオキシメーターもあります。 要介護者や闘病中の方を支えていく上で、体調悪化を早期に知らせてくれるのはありがたい機能です。 SpO2や脈拍が一定範囲より低い・高い場合に音が鳴ります。 機器によってはこの範囲を変えられるようになっているので、利用者にあわせて設定するとよいでしょう。 電池を何度も買い替えず済む、充電機能 出典: パルスオキシメーターは乾電池を使用する小型タイプが主流ですが、バッテリー充電式のモデルも出ています。 バッテリーでの充電機能付きであれば、 電池を何度も買い替える必要がないので経済的です。 バッテリー式の測定器は、長期的に使うことを見越してパルスオキシメーター以外の測定が可能になっているケースもあります。 価格は高いものの、より便利な機器が欲しいなら選択肢に入るでしょう。 首にかけて持ち運べるストラップ付き 出典: 小型サイズのパルスオキシメーターは持ち運べますが、 精密機器なので落とさないようにしなければいけません。 持ち運びの際に重宝するのが本体に据え付けるストラップです。 専用ストラップ付属の商品を選ぶのが一番ですが、付属していなくても取り付けるための部位があれば問題ありません。 大抵のパルスオキシメーターにはストラップ用の穴がありますが、中にはついていないタイプもあるので、よく確認してください。 暗い場所でもしっかり数値がわかる有機EL仕様 出典: パルスオキシメーターはコンパクトサイズなものが多いので、液晶画面もそれだけ小さくなっています。 表示画面が暗いと数値が読み取りづらくなってしまいますが、 有機ELディスプレイならくっきりと表示されるので余計なストレスがありません。 また、闘病中の人がいる部屋では、刺激を増やさないように照明を制限しているケースもあります。 暗めの室内でも数字が読みやすい有機EL仕様のパルスオキシメーターは便利なアイテムです。 医療用の安全・性能規格を満たしているか確認を 出典: パルスオキシメーターの仕様で、ISO80601-2-61またはJIS T 80601-2-61の適合品と書かれていることがあります。 この2つは 医療用パルスオキシメーターの基本性能と安全性についての規格です。 パルスオキシメーターは電子機器なので、電気的な安全性や機械的な強度が必要です。 もちろんSpO2の測定精度も求められます。 規格を満たしていれば、それぞれの適合品と称せるワケです。 ISOとJISの違いは国際基準か国内基準かなので、どちらでも問題ありません。 ただし、これらの規格を満たしていない機器は問題外、というわけではありません。 中には第三者研究機関で安全性を確認していたり、強度・安全性・測定精度について別々に検査している商品もあります。 ISOやJISは信頼性の一つの基準と考えておきましょう。 パルスメーターのおすすめ人気ランキング パルスオキシメーターを選ぶ際の基準が分かったところで、おすすめの製品を10個ご紹介します。 どれも測定精度はもちろんのこと、使いやすい機能をつけた製品を展開しています。 特徴を比較しながら、ピッタリの一台を見つけましょう。 マルチアングルは6パターンの表示に対応していて、ボタン1つで切り替えられます。 ディスプレイは有機ELで明るく、どの方向からでも見やすくなっています。 指を挿し込むホルダー部分にはゴムがついていて、しっかり固定されるのに痛くありません。 測定後は指を外せば自動的に電源が切れる、オートパワーオフを採用しました。 電池寿命はおよそ3000回、連続使用時間およそ32時間と長期間使える仕様です。 医療機器認証番号はもちろん取得しています。 その他にEMC規格にも適合しているので、安全に使用できるでしょう。 持ち運びやすいストラップ付属で、訪問看護や登山時の高山病対策にも利用できます。 1つ持っておけば、さまざまな環境で活躍してくれるでしょう。 ディスプレイ上にはSpO2値・脈拍数だけでなく、脈拍波形・PI値・脈波レベルメーター・電池残量などの情報が表示できます。 ボタンは1つだけで、操作に迷うことはありません。 指を入れて電源スイッチを押せば測定が開始され、終わったあとは本体から指を抜けば約10秒でオートパワーオフにより電源が切れます。 また、ボタンを長押しすれば設定の変更・確認が行えます。 本体の重さは42. 5gで、持ち運びで不便することはありません。 ポーチ・ストラップも付属しているので、在宅介護の用途だけでなく、仕事で訪問看護・介護をする方にもピッタリではないでしょうか。 耐久性・防滴保護の規格を取得しており、信頼性は十分でしょう。 マルチアングルは上下反転に対応しています。 ディスプレイ上ではSpO2の数値が大きく、その上にやや小さく脈拍が表示される形です。 この脈拍の数値はボタン操作でPI値にも切り替えられるので、知りたい数値を自由に表示できます。 バックライトはホワイト・オレンジの2色です。 通常時はホワイトで、異常値が出た場合にはオレンジ色になるので、測定数値の状態が分かりやすくなっています。 なめらかにカーブを描いた本体はデザイン性がよく、持ち運びにも適しています。 パルスオキシメーターのISO準拠かつ医療機器としても認証されていて、信頼性の高さが魅力です。 有機ELのカラーディスプレイは暗所でも見やすく、変動する測定値をしっかり表示してくれます。 視野角も広く取られているので、画面が見やすくなりました。 マルチアングルは4方向に対応し、脈拍波形も切り替えられるので、計測結果をより視覚的に捉えられます。 電源は単4電池1本だけで、維持コストを軽減しました。 バックライト点灯もありがたい機能で、暗所でも数字がくっきり見えて、場所を選ばず使えます。 付属品がとにかく充実していて、ポーチ・シリコンカバー・ストラップ・インナーアジャスターが付いてきます。 とくにインナーアジャスターをセットすることで、指が細い老人の方や幼児でも固定しやすくなります。 なんと2歳児から計測ができるので、お子さんのいる方にもピッタリです。 4インチタッチスクリーン、心電図測定機能、データ保存機能 規格:該当なし 心電図も見られてデータ管理もできる 心電図測定もしてくれる、手のひらサイズの測定器です。 パルスオキシメーターとしての使い方はすこし特殊で、本体右上角にあるセンサーに右人差し指または中指を挿し込みます。 あとは自動的に測定してくれるので難しくはありません。 測定したデータは本体に最大100件まで記録され、管理も画面上で行えます。 Windowsのパソコンにプログラムをセットアップしておけば、測定データをPCに移せるので、長期間の健康管理に最適です。 値段は高めですが、健康に強い懸念がある方におすすめです。 他表示による混雑がないため、SpO2と脈拍のみ測定したい方にはありがたい仕様ではないでしょうか。 マルチアングルは上下反転のみですが、実際の使用で不便に感じることは少ないはずです。 ストラップとシリコン保護カバーが付属品として付いてきます。 ストラップは伸縮可能なので、自分の使いやすい長さに合わせられます。 使い終わったらシリコン保護カバーにしまって保管しましょう。 JIS・ISOの規格適合は表記されていないものの、外部研究機関による精度評価が実施されていますから、高い信頼性が期待できます。 難点は、コンパクトな機器としてはかなり高価なことです。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 95円 4. 46 4,890円 4. 26 16,500円 4. 53 5,180円 4. 1 9,460円 4. 34 32,400円 4. 28 5,170円 4. 54 4,280円 4. 52 5,098円 4. 1 31,800円 4. 15 使う際の注意点 パルスオキシメーターは血中酸素飽和度と脈拍を容易に測定できる優れた機械ですが、もちろん使用時・使用後に守るべき注意点もあります。 正しい使い方をしないと測定数値の誤差や故障を招くこともあるため、注意してください。 以下で代表的な注意点を3つご紹介します。 どれも難しいことではありませんから、使う時にはきちんと留意しておきましょう。 安静な状態で、測定する 出典: どんな測定にも当てはまることですが、測定の際には安静な状態・環境となるようにしてください。 パルスオキシメーターが計測するのは動脈内のSpO2と脈拍なので、体調の影響が如実に表れます。 とくに 運動直後・酸素投与直後は正常な値を出せないケースがあります。 パルスオキシメーターを使用すると数秒してからSpO2の値が表示されます。 この時点ですぐ測定をやめるのではなく、もう少し数値の変動を見ておきましょう。 SpO2は一定時間の平均から表示されるので、装着後すぐよりも少し経ってからの方が正確な数値が出ます。 マニキュアをつけたまま測定しない 出典: パルスオキシメーターは指を入れる器具ですが、その指に関係する注意点があります。 マニキュアを爪に塗ったままで測定すると、正常なSpO2が測定できないことです。 冒頭でも説明したように、パルスオキシメーターはLED光が指を透過した時の色で血中の酸素飽和度を調べます。 もしもマニキュアを塗っているとLED光が吸収されてしまい、正確な測定ができません。 ジェルネイルやネイルチップも測定誤差の原因となり得るので、使用時にはオフしておきましょう。 測定後は消毒して、清潔な状態を保つ 出典: ただ指を入れただけだから、と使用後はパルスオキシメーターをそのまま片づけていませんか。 人の指は意外と汚れているので、使ったまま置いておくと手垢が染みつき、雑菌の温床になってしまいます。 パルスオキシメーターを使った後は、 消毒用エタノールを含ませた布で丁寧に拭きましょう。 ただし、表面のボタン類・液晶・端子などは防水とは限らないため、清掃しない方が無難です。 拭いた後はよく乾燥させてから保管してください。 まとめ パルスオキシメーターは、血中の酸素飽和度と脈拍の測定に使われる医療機器です。 在宅での看護・介護だけでなく、スポーツ後の測定・高山病対策・睡眠時無呼吸症候群対策と幅広い場面で使われます。 選ぶ時には用途に合わせた機能や付属品も大切ですが、安全性のチェックも欠かせません。 信頼性の高い製品か、規格に適合しているかも確認しておきましょう。 また、精密な測定をするためには正しい使い方も覚える必要があります。 製品によっては異常値を検出するとアラームが反応しますが、なるべくなら間違った使い方での測定ミスは避けましょう。 使い終わった後はきちんと消毒して、清潔な状態にしてから保管してください。

次の

パルスオキシメーターのおすすめ人気ランキング10選【小児用・日本製も!】

パルス オキシ メーター 国産

あまり聞き慣れない医療機器ですが、血中の酸素濃度を測定できるため本人にも気付かない身体の異変をすばやく検知することができ、睡眠時無呼吸症候群や高山病の予防に役立てることができます。 そんなパルスオキシメーターですが、コニカミノルタ、オムロン、ドリテックなどのメーカーが製造販売しており、どれを選べばいいのか分からなくなります。 そこで今回は、病気の予兆をすばやく検知できるパルスオキシメーターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。 使い方の注意点から精度と価格の違いまでご紹介します。 ページコンテンツ• パルスオキシメーターとは? あまり聞き慣れないパルスオキシメーターですが、そもそもどのような医療機器なのでしょうか。 パルスオキシメーターの基本を知っておきましょう。 脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定できる医療機器 パルスオキシメーターは、その名称の通り血中の酸素濃度を測定するための機械です。 血中の酸素濃度は、健康状態と緊密な関係があり、酸素濃度に異常が発生すると健康状態が損なわれます。 そのため血中の酸素濃度の変化によって体調を崩す病気や症状を抱えている場合には、パルスオキシメーターで定期的に血中の酸素濃度を測定することで症状の変化を確認することができます。 パルスオキシメーターの原理 人間は、呼吸をすると肺から酸素を吸収して血中に酸素を送ります。 このとき酸素は、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンと結合します。 血酸素飽和度は、ヘモグロビンの何%が酸素と結合しているかを示す数値で一般的には96%~99%が標準値とされており、90%以下の場合には酸素を全身の臓器へ送れない呼吸不全の状態とされています。 パルスオキシメーターは、皮膚の下を流れる血液の光の吸収値をセンサーによって検知し、吸収値から血酸素飽和度を測定する医療機器です。 血液中の酸素濃度は、過去には採血をしなければ測定することができませんでしたが、光を用いて血液中の酸素濃度を特定するパルスオキシメーターによって身体を傷つけることなく血中の酸素濃度を測定できるようになりました。 パルスオキシメーターの用途 パルスオキシメーターは、動脈血の酸素飽和度を簡便に計測できるため、麻酔管理や手術中、ICUでの患者のモニターのために用いられるほか、在宅酸素療法の患者指導などにも用いられています。 肺や心臓の病気を患うと、酸素を身体へと送り込むことが難しくなり処置が必要な状態になりますが、パルスオキシメーターを使えば患者の状態を数値で確認することができ危険な状態か否かを調べることができます。 また呼吸器系の疾患においても、患者が息苦しさを訴えている状況では自宅で様子を見るか病院で処置を受ける迷うことがありますが、パルスオキシメーターを使えば治療の判断をしやすくなります。 最近では、睡眠中に呼吸が止まり活動中に意識を失ってしまう睡眠時無呼吸症候群の検査や酸素の少ない高地や航空機内で血中酸素を測定して身体の健康状態を測定することに使われるようになっています。 パルスオキシメーターの正常値 パルスオキシメーターを使うときに気になるのが、どの程度の数値が正常値なのかということです。 さらに低下し、90%未満となると在宅酸素療法の適用となります。 パルスオキシメーターの購入には補助金の助成制度がある パルスオキシメーターの購入に関しては、市区町村次の助成制度があります。 制度を活用すれば、高額のパルスオキシメーターの購入負担を減らすことができます。 パルスオキシメーターの補助金制度に関しては、各自治体のホームページで確認するか、自治体の窓口に問い合わせてみましょう。 自治体の制度とパルスオキシメーターを必要とする理由によっては、助成制度を活用できるかもしれません。 パルスオキシメーターのタイプ パルスオキシメーターは、小型化が進むにつれて本体と測定センサーが一体化した製品が主流となりました。 そして現在では、装着部位に応じて大きく分けて3種類のタイプに分類されています。 装着部位のほとんどは指先のため同じですが、形状が異なります。 プローブ型 本体と測定センサーが一体化した小型化されたパルスオキシメーターに使われるタイプです。 指先に本体を挟み込むようにして装着して測定します。 コンパクトなため使い勝手に優れているものの、高い精度には期待できません。 腕時計型 腕時計のように手首に本体を装着し、本体から伸びたコードの先端のプローブを指先に装着して使用するタイプです。 本体がある程度の大きさとなっているため高い精度で測定することが可能。 装着したまま寝ることもできるため、睡眠時無呼吸症候群の検査や連続したモニターに向いています。 据え置き型 本体が据え置き型となっており、本体から伸びたコードの先端のプローブを指先に装着して使用するタイプです。 小型化が進んだ現在では、一般的ではありません。 パルスオキシメーターの装着部位 パルスオキシメーターは、血液が循環しており挟める部位ならどこにでも装着可能です。 一般的には手の指、足の指、足の甲の3箇所のいずれかで使用されます。 多くの人が手の指にプローブを装着して使用しますが、プローブが対応する厚みによっては足の指も使用できます。 また足の小さな赤ちゃんなどでは足の甲にプローブを装着します。 赤ちゃんが足の甲にプローブを装着するときには、足の薬指の付け根付近が最適です。 パルスオキシメーターの精度と価格の違い パルスオキシメーターは、基本的に制度に比例して価格が高くなる傾向にあります。 小型で低価格のパルスオキシメーターは、簡易的な測定に利用されることを前提に設計されています。 一方の高価格帯のパルスオキシメーターは、医療現場などで使われることが前提となっており、高い精度で酸素濃度を測定することができるようになっています。 パルスオキシメーターは、用途に合わせて選ぶことで、精度と価格に満足できる製品を選ぶことができます。 パルスオキシメーターの使い方と注意点 パルスオキシメーターはどのようにして使うのでしょうか。 またパルスオキシメーターの使用時には、どのような注意点があるのでしょうか。 パルスオキシメーターの使い方 1.プローブを正しく装着する 2.落ち着いた状態で測定する 3.周囲の光が強すぎる状態で測定しない 4.ほかの電子機器の影響を受けないところで測定する 5.測定部の血液が循環している状態で測定する 6.測定中にはしっかり呼吸をする 7.爪にマニキュアなどは塗らない 正しい測定値を得るためには、パルスオキシメーターを正しく使う必要があります。 パルスオキシメーターは、血液の状態を光によって測定するため、使用者の身体に問題がある場合やパルスオキシメーター自体が正しく作動しない場合には測定することができなくなります。 プローブを正しく装着し落ち着いた状態になることで、正確に測定することができます。 このとき呼吸を止めたり測定部への血液の循環が止まっていると、正しい測定値が得られません。 またパルスオキシメーターの周囲の光が強かったり他の電子機器の電磁波の影響を受ける状態では、パルスオキシメーター自体が正しく作動しません。 パルスオキシメーターが正しく動作しない場合には、これらの注意点を守れているか確認してみましょう。 パルスオキシメーターの選び方のポイント パルスオキシメーターを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくていけないのでしょうか。 パルスオキシメーターの選び方のポイントを見ていきましょう。 性能 パルスオキシメーターの性能は、製品によって大きく異なります。 高い精度で測定できる製品もあれば、精度の低い製品もあります。 精度の低いパルスオキシメーターでも簡易的に血中の酸素濃度を測定するには十分。 できる限り正確に測定したい場合には、医療用にも使用されているパルスオキシメーターを使うことをオススメします。 高い性能のパルスオキシメーターは値段も上がってしまうため、必ずしも高性能なパルスオキシメーターを選ぶ必要はありません。 用途に合わせて最適な性能を持つパルスオキシメーターを選ぶようにしましょう。 機能 機能面に優れたパルスオキシメーターを選べば利便性を高めることができます。 耐久性に優れた設計をしていたり、ディスプレイに視認性を高めるためのLEDを採用していたり、オートパワーオフ機能で電池の消耗を抑えていたりと、パルスオキシメーターによってさまざまな機能を搭載しています。 基本的にパルスオキシメーターは、正確に血中酸素濃度を測定できる製品を選ぶべきですが、使い勝手の観点から機能面を優先する選び方もアリです。 タイプ パルスオキシメーターは、大きく分けると3種類ありますが、その中でも主流なのがプローブ型と腕時計型です。 プローブ型はコンパクトなためすばやく測定することが可能で、置き場に困らず持ち運びにも便利です。 腕時計型は、装着したまま連続した測定が可能で、さらに高い精度で測定できるのが魅力です。 用途に合わせてプローブ型と腕時計型のどちらを選ぶのかを決めておきましょう。 使いやすさ 使いやすさの観点からもパルスオキシメーターを見ておきましょう。 ディスプレイが大きく見やすいパルスオキシメーターなら操作も簡単になります。 また複雑な設定が不要でボタンを押すだけで使えるパルスオキシメーターなら、子どもやお年寄りでも扱うことができます。 そのほかにも、パルスオキシメーターは指や腕に装着するため、本体やプローブの装着しやすさも重要。 装着が難しいパルスオキシメーターでは、すばやく測定できません。 パルスオキシメーターの使いやすさは、同じ製品であっても用途によっても大きく変わるため、使用するシチュエーションをしっかり思い描いて最適なパルスオキシメーターを選びましょう。 手入れのしやすさ 日常的に使用することも多いパルスオキシメーター。 手で触れて使うため、どうしても汚れてやすくなっています。 素材が汚れに強く拭くだけでキレイにできるパルスオキシメーターなら、常に衛生的な状態を保つことができます。 パルスオキシメーターはすぐに汚れるようなものではありませんが、長く使うことを考えればできるだけ清潔に使い続けられるものを選びたいところです。 価格 パルスオキシメーターは、製品によって価格が大きく異なります。 7000円~15万円程度で購入することができます。 測定値の精度の高さや本体サイズによって値段が変わるのはもちろん、家庭用のパルスオキシメーターとプロの医療現場でも使われるパルスオキシメーターでは値段が変わります。 そのためあまり値段にはこだわらず、必要となる性能と機能を兼ね備えている用途に合ったパルスオキシメーターを選ぶことが大切です。 パルスオキシメーターのオススメ人気比較ランキング ここからは経皮的動脈血酸素飽和度を測定できるパルスオキシメーターのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。 性能、機能、使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。 15位:パルスオキシメーター パルキシープラス EC100D 日本製で品質に安心できるパルスオキシメーターです。 大人から子どもまで使うことができるパルスオキシメーターで、小児用インナーアジャスターがオプションで付属しているため、小児の細指でもプローブを装着することが可能。 安定した測定を可能にしています。 オプションとなっているパルスオキシメーター専用のシリコンカバーによって、落下の際の衝撃にも耐えることができるため、壊れにくくなっています。 ディスプレイには有機ELディスプレイを採用しており、文字自体が発行するため暗い場所でも明るい場所でも数値の読み取りが可能。 明るさは10段階で調節できるため、数値の読み間違いを防ぎます。 メーカー工場直販の流通システムを採用したことで、プロの現場で利用できるほどの高性能、高品質でありながら低価格を実現しています。 確かな品質と性能を保証してくれるパルスオキシメーター。 医療現場で使用できるほど高精度なため、これを買っておけば精度は間違いありません。 14位:小池メディカル パルスオキシメーター サーフィンPO 多彩なモードが特徴のパルスオキシメーターです、 看護師向け通販カタログでも大ヒットしているパルスオキシメーターで、多彩なモードが大きな特徴となっています。 使い勝手を重視した高機能なパルスオキシメーターで、6モードの表示切替があるため使う人に合った表示方向や大きさを選ぶことが可能。 自分が使うときにも、介助者に使うときにも便利です。 波形表示も液晶ディスプレイでチェックできるため、安静状態で測定可能。 安定した状態を数値で確認しながら測定に集中できます。 カラーディスプレイを工夫することで視認性がアップしており、ディスプレイの数値も見やすくなっています。 機能がシンプルで値段も抑えられているパルスオキシメーター。 さまざまな使い方を想定したパルスオキシメーターで、自分だけでなく介助者が使う場合があるときにはこのパルスオキシメーターがオススメです。 13位:ユビックス パルスオキシメーター LUKLA2800m 分離型のパルスオキシメーターで大きなディスプレイが特徴です。 一体型のパルスオキシメーターが多い中、このパルスオキシメーターは分離型となっています。 ハンドヘルド型のためディスプレイが大きく、測定した数値も見やすくなっています。 ディスプレイにはバックライトが採用されており、暗い場所でも数値の視認性が高まります。 また自分が使うだけでなく他人に使うときにも便利で、赤ちゃんや子どもの数値を測定するにはピッタリです。 乳児用、小児用のプローブも付いているため、小さな指にも簡単に装着可能です。 メモリー機能付きで高性能なパルスオキシメーター。 ハンドヘルド型のパルスオキシメーターが欲しい人は、この製品がオススメです。 12位:小池メディカル パルスオキシメーター オキシウォッチ 衝撃に強く耐久性を高めたパルスオキシメーターです。 看護師向け通販で大ヒットした「サーフィンPO」の上位モデルのパルスオキシメーターで、万が一の落下にも耐える耐久性の高さを備えています。 6モードの表示切替機能を採用しており、あらゆる方向からパルスオキシメーターのディスプレイの数値を見やすくなっています。 自分だけでなく他の人がパルスオキシメーターをチェックするときにも便利です。 トップカバー・ヒンジの一体化とサイドカバーの一体化がこのパルスオキシメーターの大きな特徴。 一体化構造を採用したことで、故障を防ぐことができ、さらに耐久性も高まっています。 操作性にも優れており、ボタン一つで測定をスタートさせることが可能。 終了後には自動的に電源が切れるため電池のムダな消耗を防ぐことができます。 プロの現場でも使われる精度と耐久性を兼ね備えたパルスオキシメーター。 値段もお手頃なため、ハードにパルスオキシメーターを使う人はこの製品にしておきましょう。 口コミの評判 ・ヒンジ部分のすぐ奥に電線があり、手で触れないようにというシールが貼ってありますが、何かしら、小さいものが挟まったり当たったりしそうです。 それ以外は、見やすく使いやすくてよいです。 11位:ケンツメディコ パルスオキシメーター パルモニ KM-350 大人から子どもまで使えるコンパクトなパルスオキシメーターです。 視認性を高めた液晶画面を搭載しており、酸素飽和度や脈拍をすばやく測定してくれます。 大画面のLCDディスプレイはバックライト機能が付いているため、暗い場所でも数値を見やすくなっています。 安定性マーク機能があるため、測定に適した状態であることをパルスオキシメーターが知らせてくれます。 測定の失敗がありません。 表示反転ボタンが搭載されており、自分だけでなく他人が数値を確認するときにも便利です。 指先にフィットする二軸可動構造を採用しており、指がしっかりフィットするためスムーズな測定が可能です。 大人から子どもまで使いやすいパルスオキシメーター。 余計な機能がないため操作性も高く、ムダが一切ないパルスオキシメーターです。 口コミの評判 ・この商品はとてもつかいやすくよいです。 しかしこれをつかわないで済む生活がほしいです。 ・今のところ、使いやすいです!! 10位:コニカミノルタ パルスオキシメーター パルソックス300i SR-5C コニカミノルタの腕時計型のパルスオキシメーターです。 パルスオキシメーターを発明したコニカミノルタの製品で、確かな品質と高い精度に定評があります。 腕時計型のパルスオキシメーターのため、連続測定が可能になっています。 高精細メモリによって軽微な変動も的確に把握し、短周期の変動も見逃しません。 最大300時間の高容量メモリを搭載しており、USBによって拘束ダウンロード可能。 一晩分のデータも10秒で取り込むことができます。 耐衝撃性にも優れており、従来品の2倍の耐衝撃性となっているため壊れる心配がありません。 3DCADによる立体的な設計で腕にもジャストフィットし、眠るときにも気になりません。 ディスプレイはバックライト付きで、数値の視認性を高めて暗所での確認も可能です。 社会問題にもなっている睡眠時無呼吸症候群を知らべるのにもピッタリなパルスオキシメーター。 連続した測定をしたい場合には、このパルスオキシメーターを選ぶようにしましょう。 9位:パシフィックメディコ パルスオキシメーター POD-3 色鮮やかな液晶画面の表示で数値が分かりやすいパルスオキシメーターです。 コストパフォーマンスを重視したパルスオキシメーターで、基本的な機能を備えながら低価格を実現しています。 色鮮やかな液晶表示で数値が分かりやすい工夫が凝らされており、暗闇でも数値の確認が可能。 夜間の使用も気にせずできます。 品質にこだわったパルスオキシメーターで、毎日測定するのには十分なスペックを備えており、耐久性もあるため長年の使用が可能です。 使いやすさも意識しており、スイッチを入れてワンタッチで測定可能。 指を入れるだけ自動的に電源が入る自動設定が可能なため、誰でも扱うことができます。 2方向の表示画面の切り替えができるため、自分での使用でも医療従事者の使用でも扱いやすくなっています。 多彩な使いやすさをサポートする機能を備えながら1万円前後という低価格を実現しているパルスオキシメーター。 できるだけ値段を抑えたいなら、このパルスオキシメーターにしておきましょう。 口コミの評判 ・反応早く、数値も正確と思う。 当方喘息持ちで、少し苦しい時、元気な時、数字がその通りに出ている。 暗くても見えるし、何も難点なし。 ・救急現場活動でもストレス無く十分に使える。 いちいち大きなパルスオキシメーターを出さず手軽に使え、パルスオキシメーターは重いので鞄に入れなくて良いので、メリットが大きい。 ・昨年暮れに病気で入院をして今までの運動の強度負担が重かった事に気付いた。 医師やリハビリ担当者からも負担を軽くするように言われた。 運動中の脈拍が把握出来るので大変役立っている。 ・自分の体管理には欠かせない。 肺に水がたまり呼吸困難2度これからはひどくなる前処置可能かと。 8位:パルスオキシメーター パルスウォッチ PMP-200MII 多彩な使い方ができる器用なパルスオキシメーターです。 このパルスオキシメーターは、ハンドヘルドタイプ、リストタイプ、机上据置タイプと1台で3役をこなすことができます。 使う場所と用途に合わせて使用できるため、高い利便性を誇ります。 マルチカラーのOLEDを採用しており、いつでもどこでも見やすく明るい表示が可能。 測定値も見やすいため誤認がありません。 充電式バッテリーとACアダプターの両方が使用できるため、使用場所が制限されません。 アラーム機能を搭載しており、大きなアラーム音を出せるため緊急時には音で知らせてくれます。 別売りでプローブが5種類販売されているため、使用する人に合わせたプローブの選択が可能です。 さまざまなスタイルで使用できるため、自宅でも旅行先でも好みの使い方ができるパルスオキシメーター。 アイデア次第で用途を広げることができる高性能パルスオキシメーターです。 7位:AEON MEDICAL パルスオキシアート A310 コンパクトで低価格のパルスオキシメーターです。 2色のLEDディスプレイを採用しており、色別で表示するため視認性が高まっています。 また自動電源オフ機能付きで、ムダな電池の消耗を防ぐことができます。 血流を波形グラフ、棒グラフでリアルタイム表示可能になっており、身体の状態変化を確認しながらパルスオキシメーターを使うことができます。 アメリカ、ヨーロッパでの医療機器及び電気製品の国際標準規格を取得し世界に流通している製品のため、高い精度での測定が可能になっており品質的にも安心して使えます。 低価格のパルスオキシメーターながらアラーム機能付きで、緊急時にはアラームで分かりやすく知らせてくれるため早急な対応が可能です。 コンパクトで使いやすいパルスオキシメーターながら、8000円前後という低価格を実現している製品。 値段は安いですが搭載されている機能は充実しており、とりあえずパルスオキシメーターを試してみたい人にはピッタリの1台です。 口コミの評判 ・父へのプレゼントで購入しました。 使い方も簡単で高齢の父でも簡単に使えこなせました。 ・意外と素晴らしい、と思いました、表示が妙に明るい、電池がどれくらい持つのか不明、というか、そんなに、何度も使っていないからかも。 身内に危篤な人がいる人、がんの末期の人、肺病もっているひと、おいておくと便利だよ。 ・母が不整脈、狭窄症等で脈がとれない、血中酸素濃度。 とても役に立ちました。 医者とか、看護人が使用していますが、在宅で治療している場合は、家族が直ぐ使用できました。 ・指につけてスイッチを押すだけ。 超便利! 低価格だから必需品だと思う。 不整脈が出たら自分の脈を測るのは大変、A310なら波形が出るので簡単に確認ができる。 私はスマホに写して医師に見せています。 測定値と波形が参考になります。 ありがとう! 6位:スター・プロダクト パルスオキシメーター オニックスVantage 9590 介護だけでなく登山にも利用できるパルスオキシメーターです。 高所では空気が薄くなるため十分に酸素を体内に取り込めず高山病になることがありますが、このパルスオキシメーターは高所でも使用できる性能を兼ね備えています。 高度1万2200mでも正確に数値を測定することが可能で、超小型ながら卓上型並みの正確度を実現しています。 製造しているのはアメリカで長い歴史を持つノニン社で、医療現場やプロの登山から生み出されました。 患者からのパルス信号の品質を3色のランプで知らせる機能もあるため、数値を解析しなくても患者の状態をひと目で確かめることができます。 高性能で耐久性に優れており、小型のため持ち運びにも便利なパルスオキシメーター。 介護はもちろん、登山、トレッキング、ランニング、マラソンなどスポーツの現場でも活躍してくれるパルスオキシメーターです。 5位:ニッセイ パルスオキシメータ パルスフィット BO-650 ニッセイが提供している実用的な機能が充実したパルスオキシメーターです。 あらゆるシーン、あらゆる用途で正しく数値を測定するためにデザインされたパルスオキシメーターで、実用的な機能だけを詰め込んでいるため操作性に優れています。 小児から成人まで測定できるサイズのプローブを採用しているため、家族全員の血中酸素飽和度をチェックすることができます。 4段階の表示切替機能があるため、個人測定も対面測定もしやすくなっています。 2色のバックライトで視認性が高められており、数値の読み間違いを防ぎます。 また異常な数値を測定した時には、オレンジ色に変化して警告するため早急な対処が可能です。 国産のパルスオキシメーターのため数値の信頼性が高く、指を入れるだけでサッと使えるパルスオキシメーター。 お手頃価格ながらコンパクトで使い勝手もバツグンの1台です。 4位:オキシム パルスオキシメータ オキシマン S-114 有機ELディスプレイを搭載した低価格の人気パルスオキシメーターです。 有機ELディスプレイを採用した珍しい製品で、暗所でもくっきりと文字を見ることができ高い視認性を実現しています。 使い方は簡単で、スイッチを入れて本体で指の先端を軽く挟むだけ。 すぐに血液中の酸素飽和度と脈拍を測定できます。 マルチアングル機能を搭載しており、さまざまな方向から測定値を確認することが可能。 本人が使う場合にも医療従事者が使う場合にも使いやすくなっています。 軽量かつコンパクトなボディのため場所を取らず、自宅はもちろん持ち運ぶのにも便利です。 シンプルながら必要な機能はしっかりと押さえているパルスオキシメーター。 値段が非常に安いため、気軽に購入できるのも大きなポイントです。 口コミの評判 ・計測は電源ボタンを押してから8秒ほどで計測値が表示される。 ディスプレイが明るくて非常に見やすい。 ディスプレイの数値の表示方向を変更できるのも良い。 計測終了後に指を外せば6秒ほどで自動的に電源が切れる。 これは買って良かった! ・父の80歳の誕生日に今1番欲しいものを考え選びました。 凄く喜んでくれました。 今呼吸器系の病気を患い不安を感じている様なのでこれを持つ事で安心して貰えたら嬉しいです。 これは数字が大きくなるから見えやすいと言っていました。 ・いつでも感度良く測れるのがいいですね。 いつも愛用しています。 ・退院後、毎日3回計測して遊んでいます。 データしっかり見えるし、操作も簡単でとても使いやすく重宝しています。 3位:ドリテック パルスオキシメーター OX-101 ドリテックのパルスオキシメーターとしては超低価格の製品です。 パルスオキシメーターに求められる機能は全て備えている優れもので、血中酸素飽和度と脈拍を測定することが可能。 脈拍は波形で表示されるため、身体の状態を確かめながら測定できます。 2種類の脈派波形モードの切り替え表示が可能で、さらに4方向の測定表示を選択できるため、本人使用でも対面使用でも使い勝手はバツグンです。 コンパクトで軽量なため持ち運びにも便利で、ストラップが付属しているため紛失する心配もありません。 見やすいカラー影響画面を採用しており、測定した数値もしっかり読み取ることができます。 充実した性能と機能に加えて使いやすさも兼ね備えているため、在宅介護や病人の管理、高齢者家族の体調管理、山登りなど運動の前後に使うのにピッタリです。 性能や機能は他のパルスオキシメーターと大差ありませんが、このパルスオキシメーターは7000円前後と非常に値段が安くコストパフォーマンスでは最高の1台。 価格を重視する人は、このパルスオキシメーターを選んでおけば失敗がありません。 2位:コニカミノルタ パルスオキシメーター PULSOX-1 パルスオキシメーターのトップメーカーであるコニカミノルタのコンパクトタイプの製品です。 日常の測定から業務での使用として幅広く使えるパルスオキシメーターで、医療現場で使用されているコニカミノルタのパルスオキシメーターだからこそ性能に関しては安心して使えます。 3つの衝撃緩和対策が施されており、ポリカーボネイト製プロテクトカバーの採用、ステンレスと側面ガードで剛性アップ、3D構造解析の3つの要素で耐久性が高められています。 ハードに使っても故障が少なく長持ちします。 厳しい品質検査でクオリティーが保証されており、品質に関しては折り紙付きです。 新機能「測定値ホールド」を搭載。 測定後1分間数値を画面固定するため、じっくり数値を確認することができます。 使いやすさにもこだわっており、指を入れれば自動的に電源が入り、暗くなれば自動的にバックライトが点灯します。 価格は高めになっていますが、性能、機能、品質と三拍子そろっているパルスオキシメーター。 耐久性が高く精度も申し分ないため、長年使いたい人は奮発してこのパルスオキシメーターを買っておくことをオススメします。 1位:コニカミノルタ パルソックス300 SR-5C コニカミノルタの腕時計型の視認性を高めたパルスオキシメーターです。 本体を腕に装着して連続使用できるパルスオキシメーターで、睡眠時無呼吸症候群などを調べるときに便利な製品です。 大きく見やすいLEDディスプレイを採用しており、文字がはっきり見えるのはもちろん暗い場所でも数値を読み取ることができます。 オートオフパワー機能付きのため、使用後に自動的に電源が切れるため電池の消耗を防ぐことができます。 3DCADによる設計で耐衝撃性能が2倍にアップしており、耐久性が高く故障の心配がありません。 腕との接触面をカーブさせるデザインで密着度が高まっており、腕にもジャストフィット。 動作時にも安定感が高く、ズレることもありません。 6種類のプローブが別売りされているため、プローブ次第でさまざまな使い方が実現できます。 コニカミノルタのハイグレードパルスオキシメーターだけあり、品質に関しては群を抜いています。 高い精度で測定できることを約束します。 値段は高いものの圧倒的な性能と機能を兼ね備えているパルスオキシメーター。 自宅での体調の確認から運動時にも使用できるため汎用性が非常に高く、こまめに数値をチェックしたい人はこのパルスオキシメーターにしましょう。 口コミの評判 ・少々不安気味で高額な商品を購入したが、安心して使用している。 散歩時などでは、数値を確認しながら歩くスピードとか時間を決めている。 まとめ 少し前なら自宅に設置するのも難しかったパルスオキシメーターですが、小型化と低価格化によって普及が進んでおり、現在では気軽に買える医療機器となっています。 値段や性能も幅広く用途に合わせたパルスオキシメーターを選ぶことができるようになっています。 呼吸が苦しく理由はさまざまなで、運動、病気、体調の異変などが考えられますが、深刻な状態か否かを判断するときにパルスオキシメーターがあれば安心。 すぐに調べて安静にするかすぐに病院に向かうか決めることができます。 体調の異変で呼吸に問題が発生しているときには一刻を争う状態と言えます。 パルスオキシメーターがあれば、そんな緊急事態にもすばやく対応できます。 自分自身や家族に体調の不安がある人は、お守り代わりと思ってパルスオキシメーターを置いておくのもいいかもしれません。 パルスオキシメーターがあるだけで、日常生活の安心感が全く違ってきます。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 868• 461• 141• 139• 146• 147• 240• 211•

次の