胆嚢 ポリープ 痛み。 【胆嚢切除ブログ】腹腔鏡手術が痛かった!胆石手術前〜術後の様子

胆のうがん 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

胆嚢 ポリープ 痛み

胆嚢ポリープ 胆嚢ポリープは、胆嚢の内側にできる隆起性変化の総称である。 健康診断や人間ドックの際に腹部超音波検査で偶然にみつかることが多い。 形態からは、キノコのように茎を持つ有茎性ポリープと茎がはっきりしない亜有茎性ポリープ、茎を持たず扁平に盛り上がる広基性ポリープなどがあり、亜有茎性ポリープ・広基性ポリープの中にがんが含まれていることがあるが、形態だけでがんかどうか断定はできない。 胆嚢ポリープの中で最も多いのはコレステロールポリープである。 胆汁に含まれるコレステロールが胆嚢壁にしみ込んで沈着し粘膜が隆起したもので、多発することが多く、数mm以内のものが多い。 過形成ポリープ(胆嚢上皮細胞が過剰に増殖)、炎症性ポリープ 上皮細胞の下にある粘膜固有層の増殖によるもので慢性胆嚢炎などにより発生 は良性のポリープである。 胆嚢腺腫は単発で生じて、基本的には良性であるが、一部に異型細胞を伴い癌化する可能性もある。 大きさが10 mmを超えた場合は癌を疑う。 胆嚢ポリープの症状は特になく、合併する胆石症、胆嚢炎によるみぞおちの痛みや不快感などが主な症状である。 本疾患の診断には超音波検査が有用である。 さらに精密検査として、超音波内視鏡で胆嚢壁の層構造の変化を調べ、造影CT検査にて血流を持つポリープか否かをみる。 検査の結果、コレステロールポリープなど良性が考えられ、大きさが10 mm以内の場合は特に治療の必要はない。 しかしながら、後になって大きくなることもあり、半年から1年ごとに検査し経過観察した方がよい。 最大径10 mm以上のものについてはコレステロールポリープの確診がなければ胆嚢摘出術を行い、術中検索あるいは術後病理診断で悪性所見あれば追加の手術(肝床切除やリンパ節郭清など)を行う。 予後については、良性疾患に関しては良好であり、癌に関してはその進行度による。 定期的に検査を受けていれば変化を知ることができる。 たとえ悪性であっても早期なら完治率は高い。 胆嚢ポリープの特徴 大きさ 数 形態など コレステロール.

次の

胆嚢ポリープ 消化器症状 病気のガイド

胆嚢 ポリープ 痛み

スポンサーリンク 胆嚢ポリープは初期の段階では自覚症状が乏しく痛みを感じることはありませんが、ポリープが大きくなると痛みを感じるようになってきます。 では、その痛みとはどのような場所に感じるようになるのでしょうか。 それ以外に症状は出るのでしょうか。 【初期の胆嚢ポリープには痛みがない】 健康診断で発見されることが多い胆嚢ポリープですが、どうして健康診断で発見されるのでしょうか?実は胆嚢ポリープは痛みなども感じることがほとんどないため、自覚症状がない疾病です。 健康診断のエコー検査などで偶然見つかることが多くなっています。 【胆嚢ポリープ発見後右脇腹が痛い】 健康診断などで胆嚢ポリープが見つかっても、ほとんどのケースで経過観察となる事が多いのですが、痛みを感じた場合には、少し注意が必要です。 その場所が右の脇腹付近というときには、ポリープが大きくなり、胆嚢癌に病気が進行していってしまっている危険性があります。 スポンサーリンク 【背中が痛む】 右わき腹付近という場所ではなく、痛む場所が背中で、さらに激痛を感じる場合には、胆嚢炎が起こっている可能性もあります。 胆嚢炎はその名前の通り胆嚢に炎症が起こる状態です。 特徴として上腹部から背中という場所に激痛を感じます。 さらに、発熱や吐き気なども感じます。 この場所が激痛の場合には急性胆嚢炎、鈍い痛みが続く場合には慢性胆嚢炎の可能性があります。 【みぞおちから上腹部が痛む】 痛みの場所がみぞおちから上腹部の場合には、胆嚢に石が溜まる胆石症の可能性も出てきます。 胆石ができていて、この胆石が動くことで激痛や鈍痛が起こります。 【気になるときには医師に相談を】 胆嚢ポリープがある状態で背中やみぞおち、腹部に痛みがある場合で気になるようでしたら、医師に相談をしましょう。 原因をしっかりと知ることが大切です。 胆嚢は切除をしても問題がない臓器なので、胆嚢ポリープ以外にも胆嚢炎や胆石症などがある場合には、痛むことを我慢するよりは摘出するという選択を取ることも多くなります。 再発も防止できるので医師に相談をしてみてください。 スポンサーリンク.

次の

胆嚢ポリープによる痛みが起こる場所

胆嚢 ポリープ 痛み

【関連項目】• 胆嚢がん、胆管がん共に、黄疸によって発見される例が多く、治療においては黄疸をコントロールすることが重要です。 黄疸は胆汁が腸に流れずに停滞し、血液中に流れ込むために起こります。 黄疸が強い時は、胆管に管を通して胆汁を排出したり、金属製の筒(ステントチューブ)を挿入して、胆汁がきちんと十二指腸に流れるようにして黄疸を少なくします。 その上で手術を行い、がんを切除します。 手術でも取りきれない部分は放射線療法や化学療法が行われます。 胆嚢は体内に存在しなくとも特に支障がない臓器ですので、切除してしまっても体に影響はありません。 手術後は1〜2ヶ月で退院できます。 4.その他 【受診科】• 消化器内科/消化器外科/内科/消化器科 【背中の痛みを生じる胆嚢の病気・障害】• 、胆石症 【胆嚢がんの原因となる病気・障害】• 胆嚢炎、胆石症.

次の