ゲマトリア 演算。 ゲマトリアいろいろ :: [ Gematria Calculator (in Japanese) // ゲマトリアをチェックせよ! ]

神道とゲマトリア数秘術に隠された神│気になる情報

ゲマトリア 演算

ゲマトリア数秘術「姓名数」の秘中の秘とは すこし、大げさなタイトルに思えるかも知れませんが、実はこれからお教えする「 ペルソナと心の叫び」は姓名数の構成要素の事で、本格的に数秘術で占断する場合に用いられる秘数です。 姓名数は文字通り、あなたの名前の持つ運を読む秘術の一つで、特に第三者に与える影響、つまり表面意識について、知ることが出来ます。 ただし、1から9と11,22の 11個の種類に分類される 姓名数だけでは、数多ある名前の持つ本当の運を計ることが出来ません。 そこで、過去の数秘術者たちは姓名数をさらに細かく分解し、その構成要素を調べることで、強力な名前を作る方法を考え出しました。 それが「 ペルソナと心の叫び」です。 ペルソナと心の叫び ここまで、僕と一緒にカバラを含めゲマトリア数秘術を学んで来たみなさんにとって、「ペルソナと心の叫び」を導き出す(計算する)ことは簡単です。 特に前の記事、 ゲマトリア姓名数・計算方法とほとんど同じ方法で計算できますが、少し分解して計算(ゲマトリア数を単数変換)する必要があります。 姓名診断する名前(店名など)をローマ字にする。 カリオストロ版 数値変換表からローマ字に対応する数字を書き出しますがこの時、ローマ字の 子音と 母音に分けて単数変換します。 苗字と名前を通したペルソナと心の叫びを計算する。 計算方法はそれぞれ苗字と名前のペルソナ数を単数変換するだけ。 心の叫びも同様に算出する。 もし違っていたら、上記の計算のどこかが間違っていることになり、チェックすることが出来ます。 「ペルソナと心の叫びから」何を読み取る? 色んな数字が数多く出て来ました、これが数秘術という運命を司る秘術なのです。 これ以外にも、まだまだ秘数が存在し、混乱しそうですが、ポイントを抑えて考えれば理解できます。 まず、今回導き出した秘数は全て、姓名数の構成要素(分解された数)だと言うことです。 もっと、分かり易く言えば、あなたの名前の運命におけるパワーを調べていると考えて下さい。 その中で、一番重要な数字は、当然、姓名数です。 僕ならば、11ですね。 ただし、同じ姓名数11の中でも、人によって人生に求めるものは違います。 そこで次に考慮する秘数がペルソナと心の叫びです。 以下はゲマトリア数秘術の書物から抜粋した、それぞれの意味、取り扱いについてまとめました。 ペルソナ数 ペルソナとはカリオストロ版で数値変換(ゲマトリア数)した名前のうち、子音だけを単数変換した数字で、あなたの仮面、特に外から見た第一印象を示し、また自分が自分自身をどう見ているかを知る数秘です。 最も表明的な、その人の印象で数秘術全体チャートにおける役割は小さい。 心の叫び数 心の叫びとは、通称、魂の衝動とも呼ばれ、カリオストロ版で数値変換(ゲマトリア数)した名前のうち、母音だけを単数変換した数字で、あなたの内面にある強い願望を示し、人生で本当に求めるものを表します。 それも無意識のうちに求め本人も気づかない願望や他人に知られたくない欲望などを忍ばせておくことが出来ます。 数秘術全体チャートの役割は姓名数に次ぐ秘数で、ペルソナより高い。 今回のまとめ ゲマトリア数秘術姓名数の秘数「 ペルソナと心の叫び」数について簡単にまとめました。 いかがだったでしょうか?先にも書きましたが、色んな数字が出てきて混乱しますが、いわばこれが数秘術です。 その混乱を解消するため 数秘術全体チャート法があるのですが、ある程度数秘術を学んだ最後に作成し、人間一人の運命を読み解くツールとしていただければ良いと考えています。 みなさんがカバラ数秘術を利用して少しでも人生がより良き方向に行けばと願い、これからも、みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。 RYUSHO.

次の

神道とゲマトリア数秘術に隠された神│気になる情報

ゲマトリア 演算

ゲマトリアというのは、要するに「文字を数字に置き換えて その合計を計算する。 するとその数値に何かの意味が見えてくる」という感じのものです。 ヘブライ語とかギリシャ語ではどうやらゲマトリアは盛んだったみたいで、 その理由として、これらの言語には現代の「1」とか「2」のような 数だけを表現する文字、いわゆる数字ですよね。 この数字なるものが存在せず、 ふつうの文字 アルファベット を数字としても使っていたようで、それゆえ 人の名前を表記した文字列を、数字の羅列としても読めてしまったようです。 のブログによると、 数字専用の文字は なかった訳ではないが、あまり使われていなかったということのようです。 こんな感じで 数値を示すのに数字専用の文字じゃなくて普通の文字を使うというのは、 ローマ数字でも同様でした。 ローマ数字が刻まれたアナログ時計の文字盤には、 "I"、 "V"、 "X"などの、普通の 数字専用じゃない 文字が使われているのは ご存知のことと思います。 時計の文字盤だと 3種類の文字しか出てこないので、 発想がゲマトリア的な方向には行かないんですけどね。 ギリシャ数字の場合、 すべての文字に数値が割り当てられてましたから。 それだとやっぱ、 やりたくなりますよね。 ゲマトリア。 そんな感じで。 ギリシアなどでは 人の名前などに使われる各文字を使って、 なんか計算めいたこともできちゃうじゃん! というのが大きかったようです。 私も、車のナンバープレートなどを見てると、もうなんか無意識のうちに その4桁の数字を 足したり引いたりしてしまいますので、彼らの気持ちは なんとなく わかります。 意味があるから計算したというより、なんとなく計算してるうち、 なんかこれ意味あるんじゃね? と、だんだん思うようになっていった という感じですかね。 このような歴史的経緯から、ゲマトリアといえば普通ギリシャとかヘブライという 話になるのですが。 このヨーロッパなどに伝わる昔ながらの伝統を引継ぐ、 今風なアルファベットのゲマトリアもあるようです。 ということで。 本ページは、その今風なゲマトリアを簡単に計算 変換 してみようというページな訳です。

次の

2020年米国大統選のゲマトリア|Saki Konno|note

ゲマトリア 演算

イラクはアラブ諸国へのプロパガンダとしてイスラエルにミサイル攻撃を続けていた。 アメリカ製「パトリオット」ミサイルが、イラクのミサイルを追撃するTV映像、 その記憶きっと残っているでしょう。 当時のイスラエルの新聞にこんな記事がありました。 「この追撃ミサイルはまさにメシアに違いない」、 と人々が手を叩いて喜んだ。 さて、このミサイルの英語名は「Patriot」、辞書で調べると「愛国心」ですが、 これに対するヘブライ語名は、 なぜこれが救世主メシアなのでしょうか?それは... メシア思想 ユダヤ人の社会では、昔から救世主(メシア)思想というのがあって、 世界が破滅する時期には、いつでもメシアが現われて人類を救う、 という考え方をしています。 そのメシアの名前は、ゲマトリアで「314」の数字になると言い伝えられています。 例えば旧約聖書の章句には「エル・シャダイ」という神の名前があります。 この「シャダイ」というのは、ゲマトリアで314の数字です。 「シャダイ」に対するヘブライ語名は、 ゲマトリアとは何か? 書物から引用すると ヘブライ語アルファベットにつけられた数値と、その印象的意味解読から、 旧約聖書の章句のもつ隠された別の意味を探索する技法である。 それは一種の暗号解読法でもある。 この手法はすでに1世紀頃アレキサンドリアのフィロインによって考案されていた。 その他古代ヘレニズム文明においても認められ、 ネオ・プラトニズム思想として広く影響を及ぼしてゆくことになる。 カバラ思想において「ゲマトリア」の手法が使用されるようになったのは 12世紀頃で....。 グノーシス神秘思想のなかにもゲマトリアがあり、 古代ギリシャ文明、バビロニア文明にその起源を求めることができる。 ラビ神学においてゲマトリア手法が初めて認められるのは、 2世紀頃に書かれたタンナイーム(tannaim)の記述においてである。 ゲマトリア手法は後世にいたり通俗的カバラの主要な関心事となっていった。 より神学的、形し上学的な内容を保持しようとする瞑想的カバリストにとっては、 ゲマトリア手法は無価値なものであるとして批判されることになる。 はるか昔の時代に、アルファベットの起源はこうして伝えられた。 こちらで、ご参考までに。

次の