クレヨンしんちゃん トラウマ。 クレヨンしんちゃんのホラー回・怖い話まとめ!うさぎや行列などトラウマレベル?

『クレヨンしんちゃん』の怖すぎる「ホラー・シリーズ」まとめ

クレヨンしんちゃん トラウマ

こんにちは! オカルトライターの もちころです! 今や国民的アニメとして、子どもから大人まで見ている 「クレヨンしんちゃん」。 映画も迫力があり、毎回おもしろいですが実はその中でかなり怖い映画があるって 知っていましたか? それは… 「伝説を呼ぶ 踊れアミーゴ」 という、サンバをモチーフにした映画です。 タイトルだけだとそこまで怖くないと思いますが、実際は違います。 もう冒頭の時点で怖くて、幼少期の私に圧倒的なトラウマを植え付けました (その後中学を上がるまで見れませんでした)。 というわけで、今回は踊れアミーゴのどこが怖いのかについて解説していきたいと思います。 【伝説を呼ぶ 踊れアミーゴとは?】 ネタバレに入る前に、まずは踊れアミーゴについて簡単に解説していきます。 踊れアミーゴは、2006年に公開されたクレヨンしんちゃんの映画です。 基本的にはいつもと同じくギャグを交えて進みますが、他の映画と比べると ホラーでショッキングな描写も多々あります。 そのため、多くの子どもが泣きわめき、大人たちにもトラウマを植え付けた 伝説の映画といっても過言ではありません。 【幼少期に圧倒的なトラウマを植え付けた唯一の映画】 幼少期の私は、クレヨンしんちゃんが大好きで毎年新作が公開されるたびに両親と一緒に 見にいきました。 踊れアミーゴが公開された時も、予告とかは一切見ず「今年も面白い映画かな?」 とのんきに考えながら見に行きました。 そして、映画が始まって5分ほど…「あれ、今日の映画なんか怖くね?」と思い始めます。 私の違和感を裏切ることなく、どこか異様な雰囲気で物語は進み、 風間くんのママ(偽物) が出てきた瞬間に一気に怖くなりました。 もうそこからは恐怖描写のオンパレードだったので、終盤までは映画を見ず両親の手を握って ただ震えてました…。 いや、マジであれは子どもにはトラウマモンです。 映画館にいた子どもが思いっきりビビり始め、泣きわめいていましたしね…。 【踊れアミーゴの怖いシーン】 とはいっても、実際に見たことがない人からしてみれば、どれだけ怖いシーンなのかは あまり想像がつかないでしょう。 ここでは、個人的に怖いシーンをいくつかまとめていきましたのでよければ参考に してみてください。 【冒頭でよしなが先生が偽物に襲われるシーン】 比較的怖いのが、よしなが先生が偽物に襲われてしまうシーン。 居酒屋で飲んでいたよしなが先生の後ろに座り、何食わぬ顔で彼女の動向を伺っている偽物。 居酒屋を出た先生に、ひっそりとついていき、その後踏切でいきなり現れて彼女を襲います。 よしなが先生の悲鳴と、踏切を走る電車の中で怖い顔がずっとニヤニヤしている… そんなホラー描写からこの映画は始まります。 うん、普通に怖すぎ。 【偽物の風間くんママのモンスターみたいな顔】 はい、みんなのトラウマ・ 偽物の風間くんママ。 サンバを踊りながら肉をさばき、いきなり化け物みたいな口になって肉をズルズルと食べます。 今見ると、若干寄生獣っぽいなと思うところもありますが、何も知らない子どもが いきなりこのシーンを見たらおもらしすること間違いなし。 【偽物のミッチーの顔】 みんなのトラウマ・ 第二弾のミッチーの顔。 野原家と交流があるバカップル・ヨシりん&ミッチーの偽物も、中盤に登場します。 ブルドーザーを運転し、しんちゃんたちを追いかけ回す偽物カップル。 途中、ミッチーは今作のヒロイン枠であるジャッキーに顔面パンチされてしまいますが、 その途中で 化け物みたいな顔に変化し執拗に追いかけます。 風間くんママと同じく、怖い顔を連発するので本当にチビリました。 その後しばらくは、ミッチーがTVアニメに登場するたびにビビって、泣きながら テレビを消していたくらいですからね…。 【まとめ】 今回は、伝説のトラウマ映画「踊れアミーゴ」について詳しく解説していきました。 話の内容はかなり面白いですが、やっぱり怖い場面も多々あるので要注意。 いつもとは違ったクレしん映画を見たい人や、これを機に幼少期のトラウマを克服したい人は ぜひ視聴してみてはいかがでしょうか?.

次の

【映画】クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!感想~みんなのトラウマ風間ママ!※ネタバレあり

クレヨンしんちゃん トラウマ

完全にかわいいキャラじゃないのも、またいやなツボついてきます。 雪だるまの癖に。 一見すると雪だるま。 のっけから怪しさ全開ですが、この姿のまま幼稚園にやってきて、「教育実習生」だと言い張り、職員たちには偽の書類で信じ込ませます。 しんのすけに脅しをかけたり…姿も含め、ところどころコミカルな分余計怖いキャラです。 ある事情でしんのすけの家にまで押しかけてきますし。 彼の正体に気づいている分、しんのすけも見ている側もみさえとヒロシに「気づけ!!追い返せ!」という気分になります。 みさえとヒロシが!(『ヘンダーランドの大冒険』) 遠足でやってきた遊園地「ヘンダーランド」から、しんのすけ一家に招待券が。 この遊園地の裏を知ってしまったしんのすけ。 みさえとヒロシが顔だけ似せた「ロボット」にすり替えられてしまいました…「親が異質の何かに変えられる」…トラウマになったお子さんも多いんじゃないでしょうか。

次の

【映画】クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!感想~みんなのトラウマ風間ママ!※ネタバレあり

クレヨンしんちゃん トラウマ

ひまわりは気に入いるが、みさえはどこか不気味に感じます。 後日、ひろしはその同僚から 「不吉なことばかり起こるから手放したかった。 はやく捨てた方がいい」 と言われ、ひまわりからその人形を奪おうとすると・・・。 ちょっとリアルなフランス人形や、 物静かで真っ赤にそまった夕暮れ時、 不安を煽るBGM。 いつもと違う演出に心がざわつきます。 しかしそれを見たみさえとひろしに「弱いものいじめはダメだ!」と叱られてしまう。 ショックで家を飛び出したしんのすけが「みんな嫌いだ!みんないなくなっちゃえー!」と叫ぶと、目の前にプチ悪魔が現れ、 貼った相手を何にでも変えられるサイミンシール を渡してきた。 しんのすけはその道具を使って仕返しを開始する・・・。 名前を聞かれれば 「ひま・・・・・・な子供です」と応え、しんのすけには 「おに・・・ぎり頭」と発言。 2008年〜2010年の間に7回も放送された人気シリーズです。 お留守番がドキドキだゾ ちょっと怖いゾ編 画像:臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK•

次の