嵐 読売 新聞 広告 9 月。 新聞全面広告を折らずにそのままで保存できるクリアファイル

新聞広告賞2017|新聞広告データアーカイブ

嵐 読売 新聞 広告 9 月

読売新聞さんで1年間毎月1度の広告。 一区切りついたようなのでこれを機にちゃんと整理しようと重い腰をあげた。 今まではキングジム、コクヨ、100円ショップなどのA3クリアファイルで保存。 今回はA2クリアファイルに。 実物と質感を確かめたかったので東急ハンズへ。 両面の全面広告もそのまま入るA1サイズも見せてもらったのですが、電車で持って帰るには大きいので今回は「リヒト クリヤーブック A2」のクリアを(ブルーもあった)2冊購入。 東急ハンズの店員さんがとても丁寧に対応してくださったので満足ですが・・・ネットの方が安かった・・・・・ 嵐を旅する展覧会に展示もあった2011年2月3日:毎日新聞 ARASHI Meets MANGA 新聞広告をそのまま入れてもまだ余裕があります。 長い期間A3の横入れ(サイドスロー)タイプを使用して保存していたのですっかり後がついてしまいました。 一面広告をキレイに保存したい方はA2サイズのクリアファイルをオススメします。 随分気持ちの整理もついてきたので引きこもってばかりも良くないのでグッズを買いにと今回もお友達が入るので会いに行こうと思います。 国立競技場オープニングイベント〜HELLO, OUR STADIUM〜 9月に当落で当たってたのでまさか嵐さんが出るとは思いもしてませんでしたが、12月21日久しぶりの屋外イベント!それも冬!きっと寒いですよねって事でベンチコートを新調。 25日のコンサートもあるので風邪ひいてる暇はない!色々準備を進めたいと思います。

次の

新聞広告賞2017|新聞広告データアーカイブ

嵐 読売 新聞 広告 9 月

一体皆さん 新聞をどうやって保存されているか気になったので調べてみました。 今日の 朝刊です! — 読売新聞社広告局 yomiojo 20周年イヤー、スタートしています! 今日の 朝刊です! ちゃんと保存したくて近くの大型書店にクリアファイルを探しに行ったのですが・・・あってもA3まで。 (売り切れの際はご容赦ください) クリアーブック お部屋に出すのはちょっと抵抗が・・・とか家族が・・・とかそういう方に最適です^^ 縦が60cmくらいあるので結構大きいですが、ぱっとめくって眺めることができるし、 何枚もまとめて保存できるので便利ですよね。 ただフレームが 白か黒しかないので、お部屋の雰囲気に合わない、という方は先程ご紹介したようなフレームがいろいろ選べる額縁が良いと思います。 そして後ろの つめ(金具)が扱うのにちょっと面倒かも・・・ マイナスドライバーとか使ったらいいと思います。 指で起こしたらちょっと痛いかな。 ちょっと気になりませんか? コンビニで買ったときに「折らないで!シワつけないで!」なんて絶対申し訳なくて言えないし。 温度は 低温にしてやってみます。 もちろんまずは関係ない新聞紙で。 慎重に慎重に。 お!意外と簡単にできました。 嵐の活動休止発表。 まだまだショックから立ち直れない方も多いはず。 確かに合う。 やはりきましたね。 昨年の衝撃から丸一年。 2019. 嵐20周年の記念日に見開きで広告が掲載されました!! これで13枚目。 デビューイベントで 8万人と握手会を行った国立代々木競技場の写真。

次の

嵐(2019年2月3日読売新聞全面広告)入手方法や画像・データは?反応も調査

嵐 読売 新聞 広告 9 月

日本新聞協会は9月7日、新聞広告大賞を東京都交通局の「思い出ガタゴト 東京都電diary」に贈ると発表した。 大賞受賞作は、東京の街中を網の目のように走った都電の思い出を後世に語り継ぐため、読者からエピソードを募集し、新聞小説形式で紹介した。 500件以上の応募の中から取材を経て掲載された50編は、いずれも懐かしい気分を誘う出来栄えであり、ゆっくりと読むテンポが新聞にうまくマッチしている。 情報収集力、取材力、記録性といった新聞の媒体特性を十分に生かした内容は、都電の歴史をつづる貴重な資料ともなっている。 読者が作った新聞広告という点も画期的であるとして高く評価された。 新聞広告賞は、新聞広告の新しい可能性を開拓した広告活動を顕彰し、新聞と広告の発展に資することを目的に、昭和56年に設けられた。 広告主部門と新聞社企画部門の2部門から成り、新聞紙上で優れた広告活動を展開した広告主企業、新聞社に贈る。 贈賞は10月20日(金)、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれる第60回「新聞広告の日」記念式典で行われる。 新聞広告大賞には賞状、トロフィー、メダルが贈られる。 第37回新聞広告賞には、広告主部門299件(単独広告主297件、複数広告主2件)、新聞社企画部門66件(単独企画62件、共同企画4件)の計365件の応募があり、大賞1件、新聞広告賞10件を選定した。 また、広告主部門について10件の優秀賞を、新聞社企画部門について5件の奨励賞を選んだ。 7月28日開催の新聞広告賞選考委員会で入賞作を決め、9月6日開催の日本新聞協会理事会で承認した。 東京都交通局 【受賞理由】 東京の街中を網の目のように走った都電の思い出を後世に語り継ぐため、読者からエピソードを募集し、新聞小説形式で紹介した。 500件以上の応募の中から取材を経て掲載された50編は、いずれも懐かしい気分を誘う出来栄えであり、ゆっくりと読むテンポが新聞にうまくマッチしている。 情報収集力、取材力、記録性といった新聞の媒体特性を十分に生かした内容は、都電の歴史をつづる貴重な資料ともなっている。 読者が作った新聞広告という点も画期的であるとして高く評価された。 掲載=2016年5月20日から2017年3月28日まで全58回、東京に掲載/全15段、全2段、全7段などカラー [広告主部門・新聞広告賞]5作品(広告主名50音順) 一般社団法人日本燐寸工業会 【受賞理由】 神戸開港150年のタイミングを捉え、マッチ産業が神戸港・兵庫県の発展に貢献し、国内シェア90%を誇る地場産業であることを、デザイン性の高いマッチ箱のラベルを並べたノスタルジックなビジュアルで読者に伝えた。 マッチ棒をもったランナーの姿は、神戸とマッチの関係を表すとともに、将来に向けた業界の決意を象徴する構図となっている。 業界団体として初めて掲載した新聞広告は、開港記念企画のポスターにも利用されるなど、新聞を活用して地元のよさを再認識させる企画として高く評価された。 優勝記念号外はクライアントとのタイアップ企画として活用し、商品の売上増に大きく貢献した。 地元が持つ強力なコンテンツを活用して、新聞とクライアント、読者の距離を近づけるとともに、新しい新聞ビジネスの可能性を示した企画として高く評価された。

次の