時候の挨拶 12月。 時候の挨拶/結びの挨拶一覧 1月〜12月 文例集 by 直子の代筆

時候の挨拶・季節の挨拶:月ごとの時候の挨拶(書き出し)と結びの文例・例文「年賀状・暑中見舞いドットコム」

時候の挨拶 12月

もくじ• 12月中旬で使う漢語調の時候の挨拶 漢語調の時候の挨拶を使うことで、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 手紙を送る相手が年配の方やビジネスの場面などで使いやすい言葉です。 12月中旬の暦は大雪の時期 師走の候、大雪の候、極月の候、霜寒の候 大雪(12月7日頃):12月7日頃~12月22日頃の前日まで *「~のみぎり」「~の折」という表現を用いることも可能 12月中旬は年始の挨拶である年賀状や、お歳暮の添え状などで手紙を書く機会も増えると思います。 年賀状の場合は頭語や結語は使いませんが、お歳暮の添え状や一年を振り返って手紙を送る時など時候の挨拶も使う時があります。 拝啓 師走の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 おかげさまで学校の成績も伸び、机に向かう時間も増えております。 つきましては、お礼の印にささやかなお歳暮の品をお送りいたしました。 お納めいただければ幸いです。 幸多き新年を迎えられますよう、お祈り申し上げます。 敬具 お歳暮の添え状という形で例文を作ってみました。 年末でお歳暮を贈る場合には、こういったお手紙を添えると気持ちが伝わり良いと思います。 「拝啓ー敬具」といった「頭語と結語の組合せ」について、個人間のやり取りやビジネス、女性特有の言い回しなど、シーンに合った使い方やマナーがあります。 詳しくはこちらの 頭語と結語の関係についてまとめた記事を用意してますので、ぜひ参考にしてください。 12月中旬で使う和文調の時候の挨拶 和文調の時候の挨拶では、気軽な感じでお手紙を出す相手に使われることも多いです。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶12月中旬の書き出しの言葉• あわただしい年末ですが、年賀状のご準備などはお済でしょうか。 年末ご多忙の折、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 クリスマスのイルミネーションで、街が鮮やかに彩られる頃となりました。 年の瀬も迫ってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 12月も半ばを過ぎ、来年のカレンダーの準備もしております。 木枯らしの冷たさが身に染みる季節となりました。 皆様お変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。 厳しい寒さの続く師走です。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 例年にない暖かな師走となっております。 お変わりございませんか。 暦の上では大雪ですが、今年は暖冬の影響かすごしやすい日が続いております。 年の瀬もいよいよ迫ってまいりましたが、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。 師走も半ばを過ぎ何かと心せわしい日が続いております。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 12月の寒さはさすがに厳しいですが、そちらはお変わりありませんか。 師走に入りますますご活躍のことと存じます。 忘年会シーズンで飲む機会も増えてくる時期です。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 クリスマスをひかえ街がきらめいております。 穏やかなお暮らしが続いているものと存じます。 街もすっかりクリスマスムードです。 今年もどこかにお出かけの予定でしょうか。 スポンサードリンク 時候の挨拶12月中旬の結びの言葉• 何かとあわただしくなる年末です。 くれぐれもご自愛ください。 寒さ厳しき折から、風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 冬になって空気が乾燥しております。 インフルエンザなど十分ご注意ください。 来る新年が素晴らしいものであるようにお祈りいたします。 師走の段、ご家族そろって穏やかな新年をお迎えください。 忘年会シーズンですが、お互い飲みすぎないよう注意しましょう。 今年一年の心からの感謝を込めて、一筆申し上げました。 風邪などひかずお元気で良い新年をお迎えください。 何かとご多用な年末につき、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 気ぜわしい毎日ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 時候の挨拶12月中旬の例文「和文調」 スポンサードリンク 12月の風物詩 12月の動植物などの様子や風物詩を冒頭や結び、本文中に盛り込むことで季節感が生まれます。 冬至、ゆず湯、冬将軍、師走、初冬、初氷、歳末、南天、ふぐ、寒ブリ、おでん、鍋物、大根、白菜、冬至かぼちゃ、かずのこ、みかん、りんご、新海苔、お歳暮、すす払い、大掃除、暖房、こたつ、インフルエンザ、冬休み、クリスマス、サンタクロース、トナカイ、ソリ、靴下、イルミネーション、クリスマスツリー、プレゼント、年賀状、大晦日、しめ飾り、おせち料理、年越しそば、除夜の鐘、餅つき、忘年会、年末ジャンボ宝くじ、紅白歌合戦、シクラメン、福寿草、葉牡丹、ひいらぎ、ビオラ、うさぎ、キタキツネ、白鳥 これらの言葉を使って、12月の季節が現れるような手紙を作ってみましょう! 時候の挨拶を含めた手紙の作り方については、こちらを参考にしてください。

次の

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

時候の挨拶 12月

Column/ポイント! 頭語と結語は必ずセットで使う 基本的には 「拝啓(はいけい)」と「敬具(敬具)」でOK。 目上のゲストには、より丁寧な 「謹啓(謹啓)」と「謹言(きんげん)・謹白(きんぱく)」を使うのもいいでしょう。 結婚式の招待状を、両親名義で出す場合も、謹啓・謹言/謹白とする場合も多いようです。 結婚式の招待状 基本の例文 文中にある「盛夏の候」のように 季節を表す言葉を、 時候の挨拶といいます。 時候の挨拶には 俳句の季語のように 春夏秋冬、それぞれの月ごとに決まったフレーズがあります。 そして時候の挨拶の後に 「皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」という 「相手の安否を尋ねる挨拶」を続けます。 「皆様いかがお過ごしでしょうか」のように疑問形で尋ねることはありますが、 「?」は使わない、と覚えておきましょう。 結婚式の招待状で使える「時候の挨拶」例文集 結婚式の招待状にそのまま使える 時候の挨拶の例を月ごとにご紹介します。 春(3月~5月) 3月 ・早春の候/春暖の候/弥生の候/浅春の候 ・日増しに暖かくなってまいりました ・明るい日差しに春の気配を感じるころ ・春光うららかな季節となりました 4月 ・陽春の候/桜花の候/春色の候 ・春らんまんの季節を迎えましたが ・花の便りが相次ぐ今日このごろ ・満開の花に心も浮き立つ今日このごろ 5月 ・新緑の候/薫風の候/立夏の候 ・さわやかな季節となりました ・若葉の緑もしだいに色濃くなってきました ・風薫る爽やかな季節になりました 夏(6月~8月) 6月 ・初夏の候/入梅の候/長雨の候/向夏の候 ・庭のあじさいが見頃となりましたが ・雨後の新緑がひときわ濃くなった気がします ・梅雨明けが待たれる今日このごろですが 7月 ・盛夏の候/大暑の候 ・長かった梅雨もようやく開け ・夏空の青さがまぶしいこのごろ ・夜空を花火が美しく彩る季節となりました 8月 ・残暑の候/晩夏の候/立秋の候 ・夜空に銀河をあおぎ見るころ ・残暑きびしい毎日がつづいております ・立秋とは名ばかりの暑さが続いておりますが ポイント! 真夏や真冬でも、ポジティブな言葉を選んで 時候の挨拶は数多くありますが、結婚式の招待状なのでより 明るいイメージの言葉を選びたいですね。 例えば暑い季節であっても 「酷暑」よりは「盛夏」のほうが 結婚式にはふさわしいでしょう。 秋(9月~11月) 9月 ・新秋の候/秋涼の候/初秋の候 ・朝夕はずいぶん涼しくなりましたが ・吹く風の涼しさに季節の移り変わりを教えられるころ ・秋色次第に濃くなって参りましたが 10月 ・仲秋の候/秋冷の候/紅葉の候 ・菊薫る今日このごろ ・木々の葉も色づいてまいりました ・爽やかな秋晴れが続いておりますが 11月 ・晩秋の候/紅葉の候/向寒の候 ・秋も日に日に深くなってまいりました ・冬の気配が近々と感じられるこのごろ ・日増しに寒さもつのり 冬(12月~2月) 12月 ・初冬の候/霜夜の候/初雪の候 ・本格的な冬の到来を思わせる寒さです ・初雪の便りが今日このごろ ・めっきり寒くなりましたが 1月 ・初春の候/大寒の候/厳冬の候 ・新しい年が始まりましたが ・寒気が身を引き締める今日このごろ ・毎日寒い日が続いておりますが 2月 ・余寒の候/立春の候/晩冬の候/梅花の候 ・梅のつぼみもそろそろふくらむころ ・寒さもそろそろやわらいでまいりました ・暦の上ではもう春ですが 時候の挨拶は、招待状を発送する月に合わせて選ぶ 時候の挨拶は 「招待状を発送する月」のものを選んで書くのがマナーです。 結婚式の招待状は、挙式の2~3ヶ月前に発送し、挙式1ヶ月前をめどに返信してもらうスケジュールが一般的。 挙式が4月でも冬の時候の挨拶を選ぶようにしましょう。 時候の挨拶とセットで使う、安否を尋ねる挨拶集 「時候の挨拶」と「安否を尋ねる挨拶」のセットで、招待状の挨拶文になります。 結婚式の雰囲気や招待状を出す相手によって、上手に使い分けてみましょう。 基本形• ややかしこまったもの• カジュアルなもの 基本形(どんなタイプの結婚式でもOK!)• 皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます• 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます• 皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます 3つとも、 相手の健康を気遣い願う、という意味を持っています。 「ご清栄(ごせいえい)」はさらに、繁盛を願うという意味もあるので、経営者の方や仕事関係者にもピッタリ。 ややかしこまったもの(年配ゲストや上司宛に)• 皆様におかれましては 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます• 皆様におかれましては 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます カジュアルなもの(友人宛や1. 5次会、二次会に)• 皆様 お元気でお過ごしでしょうか• 皆様 いかがお過ごしでしょうか• みなさま お変わりなくお過ごしでしょうか ポイント! 親しい友人なら「ひらがな」もアリ 結婚式の招待状のようなフォーマルなお手紙の場合は、きちんと漢字をつかうのが常識的。 ただし仲のいい友人あてや、メールやLINEなどで送りたい場合は、あえて「ひらがな」にすると、カジュアルでやわらかい雰囲気になりますよ。 結婚式スタイルやゲストによって、挨拶文を書き分けてもOK! 結婚式のスタイルや招待状を出す相手によって、時候の挨拶を書きわけることもできます。 上司宛など、フォーマルな挨拶文• 両親の名前で招待状を出す場合• 年配のゲストを多く招いた伝統的な披露宴を行う• 職場関係者(上司や親の仕事関係者)宛て このような場合なら、よりフォーマルな文面にしたいですね。 時候の挨拶は 「新春の候」「初秋の候」といった表現を選んだ方が、 きっちりとした印象を相手に与えます。 招待状のデザインも中紙や紐をつけた高級感のあるタイプにするのがオススメ。 1.句読点は使用しない 招待状をはじめ、結婚に関係するペーパーアイテムには 「。 」「、」などの句読点は使いません。 句読点には「終わらせる」といった意味があるので、縁起が悪いとされるからです。 句読点は使わずに、 スペースを空けたり、改行して書くことがマナー。 なお、一般的な手紙のように段落の1番最初の文字を空けて書く必要はありません。 2.「忌み言葉」「重ね言葉」を避ける 「去る」「切れる」など別れを想像させる「忌み言葉」や、再婚を連想させる 「たびたび」「重ね重ね」などの「重ね言葉」を使うのはタブーです。 ただし、「益々」「日々」といった縁起の悪い意味合いが薄い言葉は使っても問題ないようです。 まとめ• 結婚式の招待状の冒頭には 時候の挨拶を使う• 時候の挨拶は結婚式にふさわしいものを選ぶ• 結婚式のスタイルやゲストによって時候の挨拶をかき分けるとベター ゲストに向けた最初の正式なメッセージともいえる結婚式の招待状には、昔からのマナーやしきたりがあります。 抑えるべきところはしっかり抑え、ゲストに喜んで出席してもらえるような招待状を作ってくださいね。 関連記事.

次の

12月の時候の挨拶・手紙の書き出しの文例

時候の挨拶 12月

この頃には大雪が降る頃とされる。 冬至(とうじ)…二十四節気のひとつ。 この日は一年で最も夜が長く、昼が短い日とされる。 ・旧暦では 新暦2019年の12月1日は…旧暦では11月5日頃となる。 新暦2019年の12月26日が、旧暦では12月1日 新暦2020年の12月1日は…旧暦では10月17日頃となる。 新暦2021年の1月13日が、旧暦では2020年12月1日 新暦2021年の12月1日は…旧暦では10月27日頃となる。 それでは12月1日から12月7日(大雪)までの間を表す季節の言葉は? (なお、手紙などでは先方に届くまでの日程をふまえ、「大雪」を数日前倒しで使っても構わないとされます。 手紙などでは 「師走に入り、間もなく大雪(たいせつ)。 この月が一番短く感じられます」二十四節気の大雪ですが「おおゆき」と読まれてしまうと違う意味に誤解されそうで、使うかどうか迷うところです。 「師走に入りいよいよ慌ただしく毎日が過ぎて行きます」 「師走に入り街が赤と緑に染まっていきます」などのように間もなく訪れる年末やクリスマスに触れるほか、 「はや師走。 炬燵が恋しい頃となりました」のように冬の季語のコタツを師走と組合あせても良いでしょう。 [個人あて文例] ・拝啓 早いもので今年も師走となりました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・師走の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・大雪 ・12月7日頃をさします。 この頃に大雪が降るとされます。 [12月上旬に] [ビジネス文書では] ・大雪の候 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 12月に使う時候の挨拶(つづき) 12月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・歳末 ・年末の時期をさすことばです。 [個人あて文例] ・拝啓 今年も残すところあとわずかとなりました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・拝啓 歳末ご多忙の折 いかがおすごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・歳末の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・冬至 ・12月22日頃をさします。 一年で最も夜が長い日とされます。 [個人あて文例] ・拝啓 今年の冬至は例年になくおだやかな気がいたします。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・冬至の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 ・クリスマス ・クリスマスはもともとは日本の行事ではないのですが12月の行事として定着しています。 [12月全般に使える文例] [個人あて文例] ・拝啓 街にジングルベルが流れる季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 ・クリスマスのイルミネーションが美しく輝いています。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・街にクリスマスツリーが美しく飾られる頃となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 12月に使う時候の挨拶(つづき) 12月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・初冬 ・冬の始まりの時期に使います。 旧暦では暦の上ですでに冬になっていますが、実際の季節感としては、12月は冬の始まりの時期です。 [12上旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 初冬の候 皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・初冬の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。 ・暮れ・年の暮れ ・12月全般に使えます。 [12月上旬、中旬、下旬] [個人あて文例] ・拝啓 暮れも押し迫ってまいりましたがお変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・年の暮れのご多忙の折、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 手紙などでは 「冬至も過ぎ、今年も残すところあとわずかです」 「歳末の候 子供たちも冬休みに入り一層慌ただしく感じられます」などのように間もなく訪れる春や、まだ残る冬の寒さに触れるほか、 「師走も残りわずか。 みかんを食べた昔を思い出します」みかんは冬の季語です。 「今年も年越しが近づいて来ました」など。 いよいよ年末が近い感じが伝わります。 ちなみに旧暦の12月は、ほぼ新暦の1月にあたり冬の季語となります。 (日にちはその年によって少しずつ異なりますが) 1. 季語とは、俳句の中で、その季節を表わすことばとして用いられるものをさします。 俳句を作る際には、必ずもり込むこととされています。 季題と呼ばれることもあります。 季語は1つの俳句に1つだけしか用いません。 季語を2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。 季語をもりこまない俳句のことを、無季俳句と呼びます。 また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。 連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。 季語の一部を下記に紹介します。 (新暦と旧暦とがありますが、冬の季語の一部を掲載します) なお季語については、別ページでもっと詳しく紹介しています 分類 冬の季語の例 (冬の季語ですが12月以外のものも含まれますので注意して下さい。 ) 時候 師走、年の瀬、年越し、小寒、霜月、大晦日、年の暮れ、霜夜、年の内、神無月、節分、など 天文 小春日和、初雪、雪、樹氷、北風、冬の雨、霧氷、霜、冬凪、雪晴、風花、オリオン、木枯らし、流氷、など 地理 冬の山、山眠る、枯れ野、冬の海、冬の川、冬の波、冬田、時雨、など 人事 炭、炭俵、ストーブ、炬燵(こたつ)、火鉢、家事、スキー、スケート、雪見、暖房、湯田んぼ、風、竹馬、火の番、雪だるま、など 行事 針供養、柚子湯、節分、除夜、クリスマス、降誕祭、酉の市、羽子板市、豆撒き、社会鍋、など 忌日 一茶忌、漱石忌、芭蕉忌、近松忌、など 動物 鶴、白鳥、狐、熊、熊穴に入る、冬の雁、ウサギ、鯨、鱈、鰤(ぶり)、千鳥、寒雀、鴨、ふぐ、など 植物 枯れ木、枯葉、枯れ尾花、水仙、寒椿、さざんかなど 食物 鴨鍋、鯛焼き、鱈場蟹、ちり鍋、寒餅、人参、大根、白菜、みかん、葱(ねぎ)、など.

次の