ヘンデル 水上 の 音楽。 王宮の花火の音楽

王宮の花火の音楽

ヘンデル 水上 の 音楽

名前も,「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」から,「ジョージ・フレデリック・ヘンデル」となっています。 そのヘンデルの作った管弦楽曲の代表作が「水上の音楽」です。 この曲については,有名な逸話があります。 ヘンデルがドイツのハノーファーの宮廷に仕えていた頃の主君ハノーファー侯が,何と後年イギリス国王に就任し,ジョージ1世としてヘンデルのいるイギリスヘやって来ました。 ヘンデルはハノーファー侯の再三の帰国命令を無視してイギリスに居付いていましたので,「これは困った」ということになりました。 そのご機嫌を取るために作った曲がこの「水上の音楽」という説です。 王がテームズ川で舟遊びをする際のために、壮大な管弦楽曲を作曲・演奏して,めでたく和解した,という話なのですが... この話は少々出来すぎたところがあります。 この曲が出来た時,すでに彼らは和解していたようです。 ただし,舟遊びのために作られた曲だということは事実のようです。 野外で演奏されることを想定していますので,全体に明るく,開放的な雰囲気が溢れています。 管楽器はソリスティックに活躍しますので合奏協奏曲のような雰囲気もあります。 【この曲の版について】 この作品は王の舟遊びの際に一括して作られた可能性は少ないようです。 曲の成立事情を考慮して、現在では全体を3つの組曲 順にへ長調、二長調、ト長調 に分けて演奏されることが多くなっています。 戦後の「新ヘンデル全集」 レートリヒ校訂。 通称ハレ版 はこの考えに基づいています。 「旧ヘンデル全集」 クリュサンダー校訂。 クリュサンダー版 は全19曲 数え方によっては22曲 を一括した大組曲として演奏します。 この2つの版を折衷して演奏したりすることもあります。 また,全曲を3つの組曲に分ける場合,通常次のとおりとなります。 ホルンの勇ましく,少しユーモラスな信号音を伴う主部と2本のオーポエ,ファゴットと弦楽合奏とが絡むおだやかな中問部とが好対照を成します。 ハーティの組曲版ではアレグロの部分が第1曲として,アンダンテの部分が第5曲として演奏されます。 4 メヌエット オーポエ,弦楽合奏による力強い3拍子にホルンが合いの手を入れる楽しい曲 5 エール エアまたはアリア ヘンデルの書いた名旋律として知られる優雅で美しい曲。 弦楽合奏にオーボエやホルンが控え目に加わります。 ハーティの組曲版では第2曲として演奏されます。 6 メヌエット ホルンニ童奏で始まり弦に受け継がれる主部と,弦と通奏低音だけによるトリオとから成る曲。 7 ブーレー フランス起源の4拍子の舞曲。 軽快な動きのあるメロディが編成を変えて3度繰り返されます。 ハーディの組曲版では第3曲です。 8 ホーンパイプ イギリス起源の2拍子の舞曲。 ここでも3度繰り返されます。 ハーティの組曲版では第4曲です。 こちらの版では弦楽器に木管楽器が加わっています。 9 アンダンテ オーボエ+ファゴットと弦楽合奏とが対話風に絡み合います。 これにホルンが応答します。 【第2組曲】 11 アラ・ホーンパイプ 全曲中最も有名な曲です。 弦とオーポエによる主題提示のあと,ここでもトランペットとホルンとが掛け合いをします。 中間部では金管が沈黙し,弦楽器群がスケルツォ風に忙しく動さ回ります。 ハーティの組曲版では第6曲です。 【第2組曲】 12 メヌエット 一転してフルートと弦楽器によるしっとりとした合奏となります。 【第3組曲】 13 リゴードン 版によっては「アリア」「ブーレー」となっています。 オーボエと弦楽器による元気のよい曲です。 【第3組曲】 14 ラントマン トランペットの弱奏にホルンと弦楽器が絡むゆっくりした曲。 中問部は金管が沈黙する。 ここは「ルール」とする版もあります。 【第2組曲】 15 ブーレー 楽器を替えて楽しげな楽想が3回繰り返されます。 【第2組曲】 16 メヌエット 弦楽器と通奏低音だけによるしっとりした曲。 【第3組曲】 17 アンダンテ 事実上メヌエットです。 ブロックフレーテが主旋律を奏するのが印象的です。 【第3組曲】 18 カントリー・ダンスI・II 版によっては「ジーグ」となっています。 ブロックフレーテ中心のI 長調 と,弦楽器とファゴットによるのやや重々しいIIとが交替する。 【第3組曲】 19 メヌエット トランペットとホルンが朗々とメロディを奏する3拍子の曲。 前半と後半とをそれぞれ繰り返します。

次の

ヘンデル「水上の音楽」「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

ヘンデル 水上 の 音楽

音楽の母と呼ばれたヘンデル ヘンデルは1685年に生まれたバロック時代の作曲家。 正式名称は「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」といいます。 この時代の作曲家はドイツもしくはオーストリアで活躍した人物が多いイメージですが、ヘンデルはキャリアの大半をイギリスで過ごした イギリスの作曲家です。 また、同時期に音楽の父と呼ばれるバッハがいたことから、ヘンデルは「音楽の母」という呼び名が与えられています。 バッハの音楽がガッチガッチの理論武装をした教会音楽であったのに対し、ヘンデルの音楽はメロディアスな音楽だったことが「バッハ=父、ヘンデル=母」というイメージにつながったのでしょう。 ただ、音楽の母という名は日本人がヘンデルをバッハと対等の存在として位置付けるために作った言葉であるため、諸外国ではこれらの呼び名は存在しません。 ヘンデルの音楽スタイル ヘンデルの音楽スタイルはオペラなどの 劇場用の音楽。 現代でいう映画やゲームの劇伴作曲家といえます。 オルガン曲・宗教音楽をメインに作曲したバッハに対し、ヘンデルはオラトリオ・管弦楽曲・オペラ作品をメインに作曲活動に励みました。 ヘンデルには数々の名曲がありますが、そのどれもメロディアスな旋律が印象に残ります。 430 の終曲「エアと変奏」と呼ばれる曲です。 バッハのチェンバロ曲とは異なり、軽やかな曲調に仕上がっています。 余談ですが、私の地元の葛飾区にある駄菓子屋は入店するとこの曲が流れます。 ヘンデルの曲は現代でも馴染みのある曲が多いですね。 冒頭部分はテレビでもよく流れます。 この曲はイギリス王ジョージ1世の為に作曲したといわれています。 ヘンデルの生涯 ヘンデルはドイツのハレという街でバッハが生まれた年 1685年 に生まれました。 音楽一家の生まれではなかったヘンデルは大学で法律を学びますが、音楽への情熱を捨てきれずに両親の反対を押し切って音楽への道に進みます。 キャリアのスタートはドイツ・ハンブルク。 当時のドイツで名を馳せていた理論家:マッテゾンに師事し、作曲を学びます。 1705年には初めてのオペラを作り上げ、非凡な才能の片鱗を見せます。 1706年にはイタリアに渡り、当時の最先端音楽ジャンルであったオペラ曲を多数作り上げました。 1712年にはロンドンに移り住み、1727年にはイギリスに帰化。 ドイツで活躍したバッハとは対照的に、ヘンデルは3カ国をわたり歩いたため、ドイツ語・イタリア語・英語といった多言語を操ることができます。 ロンドンでは前期はオペラ、後期はオラトリオ・声楽曲を中心に作曲し、オペラでは「アリオダンテ」「忠実な羊飼い」、オラトリオでは「アレキサンダーの饗宴」「メサイア」といった代表作を生み出しました。 ヘンデルの曲はエンターテイメント色の強いものが多く、当時の音楽界としては実に華やかな活躍をした人物といえるでしょう。 晩年は眼病との戦いに苦しみます。 ちなみに、この眼科医はバッハを結果的に失明させた眼科医であり、大作曲家2名を失明させたヤブ医者として後世に語り継がれています。 失明後は即興音楽家として活躍しますが、1759年4月14日にその生涯を終えました。 まとめ ヘンデルはキャリア前期はオペラを中心に、キャリア後期はオラトリオ作曲家として活躍しました。 また、キャリア初期のハンブルク時代はヴァイオリン奏者としても活躍しています。 弦楽器の扱いに優れているからこそ、管弦楽曲の作曲に長けていたのでしょう。 教会音楽で活躍したバッハとは対照的に大衆音楽で活躍したヘンデル。 今でいうポップス作曲家ともいえるヘンデルは間違いなく音楽の歴史を切り開いた一人であるといえます。 合わせて読みたい関連記事.

次の

王宮の花火の音楽

ヘンデル 水上 の 音楽

音楽の母と呼ばれたヘンデル ヘンデルは1685年に生まれたバロック時代の作曲家。 正式名称は「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」といいます。 この時代の作曲家はドイツもしくはオーストリアで活躍した人物が多いイメージですが、ヘンデルはキャリアの大半をイギリスで過ごした イギリスの作曲家です。 また、同時期に音楽の父と呼ばれるバッハがいたことから、ヘンデルは「音楽の母」という呼び名が与えられています。 バッハの音楽がガッチガッチの理論武装をした教会音楽であったのに対し、ヘンデルの音楽はメロディアスな音楽だったことが「バッハ=父、ヘンデル=母」というイメージにつながったのでしょう。 ただ、音楽の母という名は日本人がヘンデルをバッハと対等の存在として位置付けるために作った言葉であるため、諸外国ではこれらの呼び名は存在しません。 ヘンデルの音楽スタイル ヘンデルの音楽スタイルはオペラなどの 劇場用の音楽。 現代でいう映画やゲームの劇伴作曲家といえます。 オルガン曲・宗教音楽をメインに作曲したバッハに対し、ヘンデルはオラトリオ・管弦楽曲・オペラ作品をメインに作曲活動に励みました。 ヘンデルには数々の名曲がありますが、そのどれもメロディアスな旋律が印象に残ります。 430 の終曲「エアと変奏」と呼ばれる曲です。 バッハのチェンバロ曲とは異なり、軽やかな曲調に仕上がっています。 余談ですが、私の地元の葛飾区にある駄菓子屋は入店するとこの曲が流れます。 ヘンデルの曲は現代でも馴染みのある曲が多いですね。 冒頭部分はテレビでもよく流れます。 この曲はイギリス王ジョージ1世の為に作曲したといわれています。 ヘンデルの生涯 ヘンデルはドイツのハレという街でバッハが生まれた年 1685年 に生まれました。 音楽一家の生まれではなかったヘンデルは大学で法律を学びますが、音楽への情熱を捨てきれずに両親の反対を押し切って音楽への道に進みます。 キャリアのスタートはドイツ・ハンブルク。 当時のドイツで名を馳せていた理論家:マッテゾンに師事し、作曲を学びます。 1705年には初めてのオペラを作り上げ、非凡な才能の片鱗を見せます。 1706年にはイタリアに渡り、当時の最先端音楽ジャンルであったオペラ曲を多数作り上げました。 1712年にはロンドンに移り住み、1727年にはイギリスに帰化。 ドイツで活躍したバッハとは対照的に、ヘンデルは3カ国をわたり歩いたため、ドイツ語・イタリア語・英語といった多言語を操ることができます。 ロンドンでは前期はオペラ、後期はオラトリオ・声楽曲を中心に作曲し、オペラでは「アリオダンテ」「忠実な羊飼い」、オラトリオでは「アレキサンダーの饗宴」「メサイア」といった代表作を生み出しました。 ヘンデルの曲はエンターテイメント色の強いものが多く、当時の音楽界としては実に華やかな活躍をした人物といえるでしょう。 晩年は眼病との戦いに苦しみます。 ちなみに、この眼科医はバッハを結果的に失明させた眼科医であり、大作曲家2名を失明させたヤブ医者として後世に語り継がれています。 失明後は即興音楽家として活躍しますが、1759年4月14日にその生涯を終えました。 まとめ ヘンデルはキャリア前期はオペラを中心に、キャリア後期はオラトリオ作曲家として活躍しました。 また、キャリア初期のハンブルク時代はヴァイオリン奏者としても活躍しています。 弦楽器の扱いに優れているからこそ、管弦楽曲の作曲に長けていたのでしょう。 教会音楽で活躍したバッハとは対照的に大衆音楽で活躍したヘンデル。 今でいうポップス作曲家ともいえるヘンデルは間違いなく音楽の歴史を切り開いた一人であるといえます。 合わせて読みたい関連記事.

次の