自警団。 自警団に関するトピックス:朝日新聞デジタル

「自粛しないと通報するぞ」自警団を買って出る人が怯えているもの(真鍋 厚)

自警団

「不道徳行為や微罪を目の敵にして取り締まるのが、道徳自警団の特徴だ」(撮影:梅谷秀司) ここ5年間ほど、「道徳的か否か」を善悪の判断基準として、相手を徹底的に攻撃する人々の動きが目立つ。 攻撃対象は刑事罰の対象となる犯罪者ではない。 マナーが悪いとか、不倫をした、といった程度の人を犯罪者のように扱い、社会的生命を失うまでバッシングする。 私は現代日本社会に跋扈するこのような人々を、 「道徳自警団」と名づけた。 犯罪ならば警察官が取り締まるが、不道徳行為は犯罪ではないので、取り締まらない。 警察に代わって不道徳者を取り締まるので、道徳自警団だ。 相手が犯罪者でなければ、警察は何もしない。 犯罪者を摘発するのではなく、不道徳者を目の敵にするのが、道徳自警団の特徴だ。 不倫も、飲酒も、公私混同も許せない 道徳自警団は週刊誌がかぎつけた「不道徳」ネタを、ネット上で拡散し、騒動を大きくする。 それをテレビが取り上げて不道徳者を追い詰める。 私が最もショックだったのは、AKB48のメンバーである峯岸みなみ氏が坊主になった事件だ。 2013年1月には、峯岸氏が某男性ダンサーのマンションに泊まっていたことが、週刊誌にすっぱ抜かれた。 だから何なんだといったレベルの話だが、「アイドルとして許されない不道徳な行為」との批判が巻き上がった。 道徳自警団の発生である。 峯岸氏はYou Tubeに謝罪動画なる動画を投稿。 自分の頭を自ら丸坊主にして「AKB48を辞めたくない、今回のことは私が全て悪かったです」と涙ながらに謝罪した。 第2次世界大戦でパリが解放されたときに、ナチスに協力したフランス人女性が丸坊主にされたことを思い起こさせる、異常な出来事だった。 若い女性が同世代の男性と恋愛するのは自然なことだが、男性ファンからは「丸刈りにして当然だ」との意見が少なくなかった。 彼らはファンを名乗った道徳自警団である。 最近では、ミュージシャンの小室哲哉氏が不倫騒動で音楽の世界から引退を余儀なくされたが、引退する必要があったとは思えない。 あの程度で引退しなければならないならば、ミュージシャンは全て引退しなければならないのではないか。 不倫で彼の音楽まで否定されるのはおかしなことだ。

次の

「自粛しないと通報するぞ」自警団を買って出る人が怯えているもの(真鍋 厚)

自警団

参加できるのは1アカウントにつき1キャラクターです。 ワールド、キャラクターの変更はできません。 また、参加中のキャラクターを削除した場合、以降はご参加いただけなくなりますのでご注意ください。 プレイ利用権がないゲームアカウントはアイテム報酬を受け取れません。 ゲーム起動中にプレイ利用権の購入を行った場合は、クライアントを再起動するとゲームアカウントの情報が更新されますので、必ず再起動をしてから該当NPCに話しかけてください。 2020年7月1日(水)0:00以降に作成したキャラクターはお礼のアイテムは受け取れません。 支援サービスのみ受けられます。 最後にアイテムを渡してから1回目のAM5:00を迎えると、次のアイテムが渡せるようになります。 アイテムを渡せる回数は最大5回です。 「プレイ利用権の自動継続設定」を行っても、「プレイ利用権」の残り日数が6日以上ある場合プレイ利用権の購入が行われません。

次の

コロナ自警団・自粛警察は「悪いこと」を法律とは無関係に決定し罰する権限や正義があると信じている

自警団

人影が消えたコロナ禍の繁華街(写真はイメージ) ヤクザ、暴力団が「反社会的勢力」と位置づけられて久しく、もはや「必要悪」ではないといわれることが多くなった。 必要悪を「悪い面もあるが、社会としては、ないよりあったほうがいい存在」とした場合、果たしてヤクザは、もはや必要悪でもないのだろうか。 社会通念上、ヤクザが「絶対悪」と明確に定義されるのならば、その存在の是非を論じるまでもない。 だが、現在、社会も政治もヤクザの存在を許容している。 どれだけヤクザに対する厳罰化が加速しても、それはヤクザの行為を締め付けるものであって、その存在自体を違法とはしていない。 ヤクザが絶対悪で、存在すべきものではないという社会的合意があれば、権力は結社罪などを作り出し、ヤクザ組織を壊滅させるために動き出すことはできるだろう。 海外では、マフィア組織を否定し、そこに身を置くことを違法としているケースもある。 しかし、日本のヤクザは今も根絶されることなく存続できている。 日本のヤクザ組織は、海外マフィアとは組織形態や体質が異なっている。 あくまで一般論だが、海外マフィアは、組織内に血の結束があったとしても、外部に対しては違う。 他者に対して、自己の利益のためなら、犯罪を犯すことに躊躇がない。 だが、日本のヤクザ組織は、精神的な真髄を軸に形成されている。 いうなれば、どの組織であっても、根底に流れるのは任侠道なのだ。 それは現在、対立関係にある 六代目山口組と 神戸山口組とにおいても、同じである。 仁義を重んじ、自己犠牲を厭わず弱き者を助けるという任侠道を歩むべきと結成された組織を、社会は否定しないし、絶対悪とはしない。 終戦直後の日本は、現在の「新型コロナウイルス問題」などとは比較にならないほどの国難に見舞われていた。 治安においてもそうだ。 だが、混乱する戦後、社会に一定の秩序が保たれたのは、ヤクザが組織的に自警団の役割を果たしていたからだ。 その後も、現在に至まで治安維持の一端を担ってきたのは事実である。 それは為政者のみならず、市民もが無意識に認めてきたのではないだろうか。 ヤクザが抱える任侠道を求めてきたのだ。 そして今、その任侠精神が全国各地で発揮されている。 現在の日本は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、外出自粛要請がかけられており、飲食店を始め、どの企業や事業も経済的に大打撃を受けている。 経済的に追い詰められれば、必然的に治安は悪化する。 悪化すればするほど、犯罪が生まれやすい状態が生じてしまう。 たとえば、現在、全国各地で休業店舗やオフィスへの空き巣の被害が多発し、コロナ問題を逆手にとった悪質な特殊詐欺が蔓延している。 愛知県では、学校が臨時休校となったため、子どもが1人で自宅の留守番をしていたところ、2人組の男がガラスを割って侵入し、現金やクレジットカードを盗むという強盗事件まで起きている。 そうした犯罪を少しでも防ぐために、ヤクザ組織が各地で立ち上がっているのは、あまり知られていない。 「現在、六代目山口組と神戸山口組は特定抗争指定暴力団に指定されており、警戒区域では組員が集まることができない。 そのため、少人数のグループを何組もつくり、自警団として警戒区域内の見回りを続けている」(業界関係者) 決して報道されることがない動きではあるが、これこそがヤクザにとっての義侠心というものなのだ。 また、ある組幹部は、全国民に一律給付される10万円についても、このように語っている。 「当たり前だが、我々が受け取るわけにはいかない。 どうしても受け取らなければならないのなら、どこかに寄付させてもらう」 もちろん、ヤクザのなかでも考え方は人それぞれだろう。 だが、多くのヤクザがこれまでも国難に対して立ち上がってきてみせたのは事実だ。 震災が起きれば、たとえ売名行為だと揶揄されても、物資支援や炊き出しなどを行ってきた。 年々、社会から排除されていく存在になっていたとしてもだ。 「困っている時に助け合うのは当たり前のこと。 それを世間がどう取るかは関係がない。 好きなように言えばよい」(某組織幹部) ヤクザが、必要悪か否かを論じる必要はないだろう。 「困った時に助け合うのは当たり前のこと」。 社会では希薄になりつつあるこの言葉をヤクザが持ち続ける限り、その存在がなくなることはないのではないか。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中.

次の