英語の先生。 Excite Translator

英語サッカースクール、ハヤト先生ストーリー

英語の先生

こんにちは、パエリアです。 英語教師がみんなTOEICの点数が高いと思っていませんか? 私だけでしょうか、先生が全知全能の神のように思ってしまうのは。 先生は、何でも知っている、何でもできてしまうようなイメージを持ってしまします。 そのため、英語の先生であればTOEICのスコアも高いはずだと思ってしまいます。 しかし、聞くところによれば、 先生は教科書さえ持っていればできるので、全く英語ができな人もいると聞きます。 そんなことはないだろうと思いつつも、実際先生の実力はどのくらいなのか気になりますよね。 なので今日は、英語の先生のTOEICスコアについて調べていきたいと思います。 良かったら参考にして下さい。 英語教師のTOEICの平均点は、中学校が560点、高校が620点です。 正直な感想として、思ったよりもスコアが高くないと思いました。 TOEICの平均点は約600点前後のため、平均近くのスコアはあります。 また、公立中学英語教師の7割以上が英検準1級 TOEIC730点 を持っていないようです。 (参照: 平成26年度「英語教育実施状況調査」中学校) 英語教師のTOEICのスコアが高くない理由 英語の先生であれば当然、TOEICの点数も高いと思ってしまいます。 ですが、英語教員のTOEICのスコアが600点前後のスコアなので、 先生だからと言ってTOEICのスコアが高いわけではないことがわかります。 英語の先生ですから英語の基礎学力、英語への関心、また学生時代に留学経験のある先生も沢山います。 また、先生方はとても優秀な方が多く、英語も流暢に話せますし、語彙力や表現の幅も申し分ないように感じました。 そのため、TOEICの点数が高くない理由の背景には、次のような理由があるのかもしれません。 ・目的の違い ・TOEICの対策をしていない ・勉強不足 目的の違い 英語の先生がそこまでTOEICのスコアが高くない理由は、 目的の違いにあるかもしれません。 TOEICを受験する目的として多いのが、就活や転職のためが多いです。 もちろんビジネスシーンで使うための英語力を培う理由もありますが、企業によって高く評価されるTOEICは就職に役立つ資格として、ユーキャンでも紹介されるほどです。 一方、英語教師の目的は、英語の先生になって、今後必要になる英語を生徒たちに教えることです。 TOEICの点数が高いことは良いことですが、ビジネス英語と称されるTOEICの勉強は英語の先生には必要なく、勉強をしないのでスコアが低いのかもしれません。 対策をしていない 2つ目の理由は、 TOEIC対策をしていないことが考えられます。 TOEICはビジネス英語に近いため、小・中・高校で教えることは少ないです。 そのため、そもそも自主的にTOEICの対策をしなければ高得点は難しいです。 また、TOEIC用の単語を覚えるだけでなく、形式や解き方・時間配分など高得点を取るためにはテクニック的な部分も大きくなっています。 これらのことから、先生は英語力は備わっていても、TOEIC力という部分に関してはあまり高くないことが考えられます。 勉強不足 あと考えられるのは、 単純に勉強不足ということも考えられます。 もちろん、全ての先生が勉強不足だと思っていません。 しかし、先生の平均点を見ると、勉強不足の人がいるのも、おそらく事実だと思います。 ・TOEICで高得点を取ることが目的ではなく、生徒に英語を教えることが目的だ。 ・TOEICはテクニック的な部分が大きくて、英語力を測るテストではない。 このような意見もあると思います。 ただテクニックによってスコアが変わるとしても、せいぜい50点くらいだと思います。 何が言いたいかと言うと、つまりTOEICの点数が低いのであれば、それが実力ということです。 テクニックやTOEIC頻出単語を知らなくても、英語の基礎的な部分ができていれば600点は超えると思います。 センター試験を経験した大学生たちの平均が、600点前後あります。 絶対にスコアが高い必要はありませんが、基礎ができていれば600点は取れますし、英語の先生は実力から言えば更に高い点数が取れるはずです。 英語の先生がTOEICで高得点を取る必要はあるのか? 個人的な意見としては、 TOEICで高得点を取る必要はないと思います。 ただ、高いスコアを保持するのは良いことだと思います。 それに、教師の学歴にケチをつけたり、教育熱心な親御さんも沢山いるので、認知度の高いTOEICの点数を聞かれることもあるかもしれません。 その時に答えられるように、TOEICを受験しておくのも1つの手だと思います。 間違えてはいなないのが、先生の目的は生徒に英語を教えることです。 必要な能力は、英語をわかりやすく教える力です。 仮にTOEIC900点以上で英語がペラペラな人がいたとしても、教師としてのスキルや、生徒との信頼関係等がなければ英語を教えることはできません。 逆に、TOEIC500点程度であったとしても、英語の基礎知識があり、教え方がうまく、生徒達との信頼関係を築けることができれば、優秀な英語教師として十分にやっていけるでしょう。 短期間で恥ずかしくないスコアを取ろう もしあなたがTOEICを勉強するなら、短期間で高得点を目指すことをオススメします。 なぜなら、何度も話している通り、先生の本文は英語を教えることなので、本業に時間を使うべきだと思うからです。 なので、もしTOEICを勉強するなら、短期集中です。 お金はかかるものの、オススメのスクールをまとめたので参考にしてください。 まとめ 英語教師に必ずしもTOEICで高得点を取る必要はありません。 生徒に英語を教える立場である以上、自身の勉強も含めて勉強するべきかもしれません。 しかし最も重要なのは、英語力ではなく、生徒に英語を教える力です。 TOEIC900点でも、中学生とうまくコミュニケーションがとれず文法が教えられない人もいるし、TOEIC500点でも教えることができる人がいます。 あくまでもTOEICはスキルの一種だと考え、生徒の成長を第一に考えましょう。

次の

ネイティブ先生を探してカフェでマンツーマンの個人レッスン【ハロー先生ドットコム】

英語の先生

2001年、先生方をオンラインで生徒様に紹介する事業を始めて以来、英語をはじめとする様々な言語の先生方延べ80万名様以上を日本中の生徒様にご紹介しています。 SenseiNavi. comの前身はSenseiSagasu. com 先生探すドットコム です。 SenseiNavi. 大手の語学学校様をはじめとする語学学校様100校以上でSenseiNavi. comを定期的にご利用頂き、英語学校、企業講習、ALT講師を採用されています。 - SenseiNavi. comはネイティブ講師のデータベースが日本最大級であり、15年間に渡って語学講師を生徒様にご紹介しています。 また、生徒様には透明性の高い情報をお伝えしていま。 - SenseiNavi. comは、業界で唯一講師プロフィールの保有資格の信ぴょう性を確認しています。 講師の学歴、講師経験、語学学校での講師歴、 日本国内の法律上の住居を 認証してから、講師のプロフィールを生徒様に公開します。 講師の認証申請はオプションです。 - 私達は、SenseiNavi. comの講師データベースが常に最新の状態に保てるよう、専用のシステムを使用しています。 ですから、生徒様は安心していつでも語学講師を選択できます。 - SenseiNavi. comは講師の連絡情報が正しいことを保証します。 誤っていたら、無償で新しい連絡先をお知らせします。 - SenseiNavi. comでは、選択される前に、講師の声のサンプルやビデオメッセージをご覧いただけます。 - 生徒様のプライバシーを保証致します。 選択した講師には生徒様の個人情報をお伝えしません。 生徒様にはご自身のメールアドレス(または電話番号)を明確に記すことをお勧めします。 弊社では、メールアドレスをお勧めしています、 速やかに連絡が取れる上、急をせまられることがないからです。 - SenseiNavi. comは、20年以上経験を積んできたベテラン英語講師が設立・運営・顧客サポートに携わっています。 com"は日本市場に合わせてSenseiNavi. comと改名されました。 高額な入会金をなくすことで、語学学習の費用を抑えることに成功しています。 皆様ご自身、それに皆様の生徒様やお子様にとってぴったりの講師が見つかることにより、皆様からの信頼を得ることができましたら幸いです。 急いで教師を見つけたい場合は、クレジットカードが便利です。 ご注文後、教師によってはコンタクトまでが20分以内! ぜひご利用ください! 先生なびのニュース.

次の

英文メールを恩師・先生に宛てて書く場合の要点と便利フレーズ集

英語の先生

英会話スクールなどで高額な入会金を支払うことに疑問を感じる方、低料金で英語やその他の外国語レッスンをマンツーマンで個人的に受けたい方、仕事帰りにカフェでビジネス英語のレッスンをネイティブ教師から個別に受けたい方、ハロー先生ドットコムのオンライン先生検索システムは、そんな方たちのためにプライベート講師を探すためのマッチングをお助けします。 レッスン料金は講師との直接交渉ですので、大変リーズナブルな料金で受けることも可能です。 レッスンは先生との間での個人契約となりますため、一般的な英会話教室や語学学校のように入会費・年会費と授業料の前払いで初期費用に数万~数十万円かかってしまうというご心配もありません。 語学スクールに高い入会金や年会費を支払うのは嫌だという方• 先生との待ち合わせに最低限必要なコミュニケーションぐらいならできそうなので、自分でネイティブ先生を探してプライベートレッスンを依頼したいという方• カフェや自宅など好きな場所で好きな時間にパーソナルレッスンを気軽に受けたい方• スカイプなどを使ったオンライン英会話ではなく、対面での英会話レッスンを希望の方• 海外旅行、留学、ワーホリなどの前に、日常英会話やその他の外国語の会話練習または発音矯正をしたい方• マンツーマンレッスンを格安で受けたい方• 掲示板などで講師募集をしてもピッタリの先生が見つからない方• 外国人の家庭教師を探す方法がわからない方.

次の