地獄 少女 キャスト。 【地獄少女】御景ゆずきの正体とは?三鼎のヒロインの閻魔あいとの関わりを解説

地獄少女 (テレビドラマ)

地獄 少女 キャスト

もくじ• 映画「地獄少女」の原作 永遠幸・作画の『地獄少女』第1巻第1話より、閻魔あいの登場シーン。 「閻魔さん」と呼ばれてる…。 初登場は古典的なセーラー服ではなくて、ブレザーにチェックのミニスカという、いまどきの女子中高生っぽいスタイル(ちょっと衝撃)。 絵柄(特に瞳の描き方)が「なかよし」ですね。 — 白ぱんだ(桁あふれ) whitepandajp 映画「地獄少女」の原作は、2005年11月号から少女漫画雑誌「なかよし」に連載されていた漫画です。 王道の少女漫画雑誌に異色のタイトルですが、人気になって隔月連載の予定だったものが、2006年1月号から毎月連載となり、コミックも全9巻発売されています。 同時期に始まったアニメも人気になって、シリーズ化されています。 重い、暗い内容ですが、可愛い絵なので、怖さが和らぎます。 高校生の普段の悩み、友達同士のいじめや親からの虐待、先生からのパワハラなど、自分ひとりでは解決できないと思ったら、携帯からアクセスします。 「夜中0時にだけ開くサイト「地獄通信」に恨みを書き込むと、地獄少女が現れて、恨んだ相手を地獄に流して行方不明にして恨みを晴らしてくれる」 地獄少女の閻魔あい(玉城ティナ)は、見た目は可愛いけど、やることは必殺仕事人です。 閻魔あいは、依頼主に契約の証である藁人形を渡して、「人形の首にかかる赤い糸を解けば、契約は成立し、憎い相手は地獄へ流される」と言います。 でも解決してもらった代償がある でも、その代償として自分自身も、死後は地獄で永遠に苦しむことになると告げて去っていきます。 依頼者は、その糸を解いて怨みを晴らすのか、それとも思い直して踏み留まるのか、葛藤の中で決断を迫られます。 しかし、ほとんどの依頼者は、困っているので、恨みをはらしてもらって死後地獄に落ちてもいい、解決して良かったと言います。 賛否両論ありそうですが、自分でどうにも解決できない悩みを解決してくれるので、スカッとします。 契約が実行される時には、一目連(楽駆)、骨女(橋本マナミ)、輪入道(麿赤児)ら三藁が罰を与えて、最後に地獄少女・閻魔あいが船で「地獄流し」をして現世では行方不明状態になります。 漫画やアニメでもいろいろな高校生の悩みが登場しますが、映画のあらすじはオリジナルストーリー?漫画やアニメにありません。 女子高校生の市川美保(森七菜)は、クラスの女子グループになじめずに高校生活を送っていました。 大好きなバンドのボーカルの魔鬼(藤田富)のライブで知り合った南條遥(仁村紗和)と意気投合して親友になります。 遥の歌に魅了された美保は、遥と一緒に魔鬼ライブのコーラスオーディションを受けることにしました。 しかし、オーディションに合格したのは遥(仁村紗和)だけでした。 やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配しますが、美保が嫉妬していると勘違いされて遥の仲が悪くなっていきます。 ひとりではどうにも解決できずに、信じてなかった噂のサイトにアクセスして、閻魔あい(玉城ティナ)を呼びます。 他にも、インディーズアイドル・御厨早苗役をSKE48の大場美奈さんが演じたり、都市伝説を調査するライター・工藤役に波岡一喜さんが出演します。 撮影の日程は、2018年9月16日~10月9日まででした。 インディーズアイドル役の大場美奈(SKE48)さんがクランクインをツイートしてます。 昨日から映画「」クランクインしました!一日中お芝居のことを考えて過ごすのは体力いるけど楽しい。 場所は、柏PALOOZAというライブハウスで、貸切で行われました。 玉城ティナさんが出演する惡の華もかなりヤバイ映画です。 映画には、玉城ティナさんが伊藤健太郎さんを変態に陥れるヤバい役です!.

次の

「地獄少女」実写映画化!閻魔あい役は玉城ティナ、監督は「ノロイ」の白石晃士(コメントあり)

地獄 少女 キャスト

「」も参照 同名のアニメを原作としたドラマ作品。 日本テレビによって製作・放送された。 基本的にはアニメ第1期を底本にしながら、ドラマ独自の設定を加味している。 第一話や第八話のようにアニメとほぼ同じ内容を踏襲した話もあれば、依頼人自らの幻影がターゲットとなる(第六話)、ターゲット自らが赤い糸を引く(第十二話) などのオリジナル話も存在する。 登場人物の設定にも様々な変更が加えられており、例えばアニメ版では出演場面も少なく脇役的であった喫茶店のマスターが、本作ではレギュラーとして登場する。 出演者においては、がアニメ版と同様にあいの祖母の声としてレギュラー出演し、アニメ版でレギュラー出演したとや本作の原案者であるも、別々の回に俳優としてゲスト出演した。 また、本作で輪入道を演じたはアニメ版『』ではナレーションを勤め 、アニメ版で喫茶店のマスター役だったは本作のナレーションを務めた。 出演者の相互交流を始め、制作発表はアニメ『二籠』・ドラマ両方同時に行われた。 なお、放送期間中(一時期)、次回予告のテロップでアニメ版の放送局であるがドラマ版の放送告知を、ドラマ版の放送局である日本テレビがアニメ版の放送告知をするなど、実写版とアニメ版が連動した試みも行われた。 また、日本テレビとの共同出資・コンテンツ開発事業であるの製作であるため、携帯電話公式サイトでのコンテンツの充実を図ったほか、NTTドコモの通信対応向けに動画配信も行われた。 ストーリー [ ] 登場人物の詳細については「」を参照• 閻魔あい -• 一目連 -• 骨女 -• 輪入道 -• あいの祖母 - (声のみ)• 柴田一 -• 柴田つぐみ - 、(幼少期)• 柴田あゆみ -• 稲垣隆史 -• マスター(西) -• 大滝警部 -• オープニングナレーション - エピソード [ ] ()内はキャスト。 スタッフ [ ]• 脚本 - 、山川智子、、佐藤久美子• 撮影 - 滝彰志、白田龍夫• 照明 - 柴田信弘• 音声 - 畦本真司• VE - 藤本伊知郎、岡村亮• メイク - 上野志穂• ヘアーメイク - 重久聖子• 衣装 - 中村美保• 美術 - 橋本優• 編集 - 清水正彦• 音響監督 - 石井和之• ライン編集 - 稲岡靖• MA - 斉藤健二• 主題歌 - 「」• 音楽 -• 原曲 - 、• サブタイトル - 大貫洋子• 原案 -• 原作 - 地獄少女プロジェクト• 製作担当 - 大内裕• 記録 - 西川三枝子• 広報 - 買場ひとみ• 製作デスク - 菊池麻里子• 助監督 - 北村信彦、古川豪、海野巨人、山田晃久、大橋祥吾、渡辺淳• 制作主任 - 佐々木稔、竹上俊一、江島正将• 制作進行 - 江島正将• AP - 吉田邦彦• VFXスーパーバイザー - ( REVOLUTION)• VFXプロデューサー - 戸田泰雄、佐々木博之(エンタテインメント)• プロデューサー - (日本テレビ)、(泉放送制作)、(泉放送制作)• 監督 - (日本テレビ)、高橋秀明(日本テレビ)、金子与志一(泉放送制作)• 企画制作 -• 製作協力 -• 製作著作 - 、 放送局 [ ] 放送局 放送期間 放送曜日及び放送時間 備考 2006年11月4日 - 2007年1月27日 土曜 25:20 - 25:50 「」枠内 2007年4月6日 - 2007年6月22日 金曜 22:00 - 22:30 土曜 10:00 - 10:30 2015年12月23日 - 2015年12月24日 23:00 - 翌4:30 一挙放送 脚注 [ ].

次の

【地獄少女】登場キャラクター紹介!

地獄 少女 キャスト

「」も参照 同名のアニメを原作としたドラマ作品。 日本テレビによって製作・放送された。 基本的にはアニメ第1期を底本にしながら、ドラマ独自の設定を加味している。 第一話や第八話のようにアニメとほぼ同じ内容を踏襲した話もあれば、依頼人自らの幻影がターゲットとなる(第六話)、ターゲット自らが赤い糸を引く(第十二話) などのオリジナル話も存在する。 登場人物の設定にも様々な変更が加えられており、例えばアニメ版では出演場面も少なく脇役的であった喫茶店のマスターが、本作ではレギュラーとして登場する。 出演者においては、がアニメ版と同様にあいの祖母の声としてレギュラー出演し、アニメ版でレギュラー出演したとや本作の原案者であるも、別々の回に俳優としてゲスト出演した。 また、本作で輪入道を演じたはアニメ版『』ではナレーションを勤め 、アニメ版で喫茶店のマスター役だったは本作のナレーションを務めた。 出演者の相互交流を始め、制作発表はアニメ『二籠』・ドラマ両方同時に行われた。 なお、放送期間中(一時期)、次回予告のテロップでアニメ版の放送局であるがドラマ版の放送告知を、ドラマ版の放送局である日本テレビがアニメ版の放送告知をするなど、実写版とアニメ版が連動した試みも行われた。 また、日本テレビとの共同出資・コンテンツ開発事業であるの製作であるため、携帯電話公式サイトでのコンテンツの充実を図ったほか、NTTドコモの通信対応向けに動画配信も行われた。 ストーリー [ ] 登場人物の詳細については「」を参照• 閻魔あい -• 一目連 -• 骨女 -• 輪入道 -• あいの祖母 - (声のみ)• 柴田一 -• 柴田つぐみ - 、(幼少期)• 柴田あゆみ -• 稲垣隆史 -• マスター(西) -• 大滝警部 -• オープニングナレーション - エピソード [ ] ()内はキャスト。 スタッフ [ ]• 脚本 - 、山川智子、、佐藤久美子• 撮影 - 滝彰志、白田龍夫• 照明 - 柴田信弘• 音声 - 畦本真司• VE - 藤本伊知郎、岡村亮• メイク - 上野志穂• ヘアーメイク - 重久聖子• 衣装 - 中村美保• 美術 - 橋本優• 編集 - 清水正彦• 音響監督 - 石井和之• ライン編集 - 稲岡靖• MA - 斉藤健二• 主題歌 - 「」• 音楽 -• 原曲 - 、• サブタイトル - 大貫洋子• 原案 -• 原作 - 地獄少女プロジェクト• 製作担当 - 大内裕• 記録 - 西川三枝子• 広報 - 買場ひとみ• 製作デスク - 菊池麻里子• 助監督 - 北村信彦、古川豪、海野巨人、山田晃久、大橋祥吾、渡辺淳• 制作主任 - 佐々木稔、竹上俊一、江島正将• 制作進行 - 江島正将• AP - 吉田邦彦• VFXスーパーバイザー - ( REVOLUTION)• VFXプロデューサー - 戸田泰雄、佐々木博之(エンタテインメント)• プロデューサー - (日本テレビ)、(泉放送制作)、(泉放送制作)• 監督 - (日本テレビ)、高橋秀明(日本テレビ)、金子与志一(泉放送制作)• 企画制作 -• 製作協力 -• 製作著作 - 、 放送局 [ ] 放送局 放送期間 放送曜日及び放送時間 備考 2006年11月4日 - 2007年1月27日 土曜 25:20 - 25:50 「」枠内 2007年4月6日 - 2007年6月22日 金曜 22:00 - 22:30 土曜 10:00 - 10:30 2015年12月23日 - 2015年12月24日 23:00 - 翌4:30 一挙放送 脚注 [ ].

次の