ゆうちょ 銀行 小銭。 貯まった小銭を銀行口座へ入金するのにおすすめの方法

小銭を入金する正しい方法!ATMと窓口で気軽に預金する手順とコツ

ゆうちょ 銀行 小銭

Advertisement どーも、虎爺です。 それは、時間外手数料をとられずにATMを利用でき、しかもビジネスアワー以外の時間帯でも硬貨を預けられることです。 キャッシュレスが話題になったのは最近からですが、陸マイラーさんはずっと昔から現金は嫌いですよね。 虎爺もそうで、18歳でカードを作れるようになってから基本的にカード決済です。 現金を使うのは現金オンリーのお店だけですね。 最近は拍車がかかり、現金オンリーのお店は理由がない限りは利用しないようになりましたのでますます現金は使わなくなりました。 さて、今日はちょっとした貯金テクのご紹介です。 理論的には全くテクニックではないので、貯金できないズボラな方以外には、豆知識としてご理解ください。 それは、こちら 余った 余らせた 硬貨をATMで貯金する シンプルですね。 それだけです。 赤緑青のメガバンクはビジネスアワー以外は手数料がかかったり、硬貨に対応していないATMや時間帯が多いです。 それに引き換え、ゆうちょ銀行は手数料なしで硬貨をほとんどの時間、預け入れられます。 500円玉をちまちま探して払うのではなく、1000円札で払いましょう。 まずここで時間の節約になります。 次に、それを繰り返してある程度小銭が貯まってくるとゆうちょ銀行に行きましょう。 で、溜まった小銭をATMにぶっこみましょう。 当然、現金を使う頻度や百の位の大小で貯金できるスピードは変わってきますね。 半年くらい前になりますが、この月はこんなに貯めることができました。 最近は、半分くらいですね。 貯金できてないというよりは、現金を使っていないだけです。 小銭がじゃまな方、貯金ができないズボラな方は、ゆうちょ銀行のATMを使ってみてください。 それでは、また• こんにちは。 旅とお金について情報発信します。 旅はコロナで自粛中ですが、バックパッカーであり、リゾートダイバーでもあります。 資産運用はアメリカのインデックス投資を中心に、個別株を少々しています。 日本株は会社の持株会と一部株主優待目当ての保有です。 他にはITや健康も好きなのでたまに書きます。 関連する記事• 2020. 04 どーも、虎爺です。 本日は備忘も込めて虎爺のアセットアロケーションを記載します。 上記エントリーで記載したように、資産運用の成果はアセットクラスごとに[…]• 2020. 16 どーも、虎爺です。 本日は、節約について書きます。 三菱サラリーマンさんは節約を支出の最適化と表現していますね。 概念的なことは後日書きますが、虎爺が[…]• 2020. 27 どーも、虎爺です。 本日は保険についてどう考えるかを書きます。 結論、虎爺は下記の通り考えています。 3つ目が一番大事ですが、考えるのが難しい方は1つ目[…].

次の

料金一覧:貯金・為替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 銀行 小銭

ゆうちょ銀行ATMでは硬貨の預け入れができる ゆうちょ銀行の硬貨預入について知っている方はここはすっ飛ばして読んでください。 ゆうちょ銀行は通帳またはカードを使えば、 一部のATMで硬貨を預け入れることができます。 郵便局内にあるATMは硬貨を預け入れることができる仕様になっていますが、スーパー・デパート内や出張所などの場所に設置している無人ATMには硬貨を預け入れることができません。 硬貨を入れるところがないATMでは使えないということです 硬貨は預け入れだけではなく引き出しも可能です。 どんな種類の硬貨を何枚まで預け入れできるのか 「10円以上200万円以下、紙幣・硬貨とも全金種お取扱い可能。 紙幣は計200枚、硬貨は計100枚まで」とゆうちょ銀行のサイトに記載されています。 ちなみに私が利用したゆうちょ銀行内のATMでは「旧500円玉はご利用できません」と記載がありました。 今どき旧500円玉を持っている人はあまりいないとは思いますが、古い貯金箱から小銭を取り出してATMに預ける人は事前に確認が必要です。 硬貨を大量にATMへ入金したときの私の失敗談 さて、大迷惑だった今回の事件の本題です。 今までATMで硬貨を預け入れすることは何度もあり、今回もいつものように硬貨の預け入れをしようとしました。 特に何も考えることはありません。 硬貨の種類と金額は• 硬貨の入れ口付近には「 20枚以上の硬貨のご入金は機械の故障の原因になりますので~」と書かれていましたが、26枚だったので大丈夫だろうと思って入金してみることにしました。 入金はいつもどおりできました。 通帳にも1,430円入金の記帳がされました。 …が、その後のATMの処理に問題が発生しました。 硬貨を入れたときは「ガガガガガ、ジャラジャラジャラ…」という音を出しながら処理されますが、それが今回行ったATMではやたら長かったんです いつもと違うATM利用。 全部の硬貨が処理されるまでおそらく5分ぐらい待ちました。 その5分の待ち時間のあいだにATMには長蛇の列が…!後ろを見て焦った! 幸いATMは2台設置してあったので、残りの1台でなんとかATM行列はさばかれていましたが、1台しか設置されていなかったら後ろの人たちに恨みを買うレベルの処理の遅さです。 ちなみに通帳は先に出てくるので、ATMで硬貨の入金処理が終わるまで待たずにその場立ち去ることは可能です。 でも私は後ろに並んでいる人に迷惑をかけるので、処理が終わるまでその場にいます 気持ち的には一刻も早くその場を去りたい。 たった26枚の硬貨の入金のはずが、ATM側の硬貨の処理に時間がかかり、並んでいた人に大迷惑をかけてしまったので、今度は面倒でも窓口で入金することにします。 窓口でも硬貨の入金はひと手間かかりますが手数料は無料です。 ATM行列を作って恥ずかしい思いをするよりはマシでしょう。 ゆうちょ銀行ATMは小銭の出し入れができて便利 最近は大手銀行よりもネット専業銀行のほうが金利が高いので、私はネット専業銀行をメインバンクとして利用しています。 しかし、ネット専業銀行のデメリットは小銭の出し入れができないことです。 例えば、楽天銀行のキャッシュカードでゆうちょ銀行ATMを利用しても硬貨の出し入れはできません。 自社のATMを持っていないネット専業銀行では硬貨の取り扱いがないのです。 ですから、1円単位で預貯金の引き出しができるゆうちょ銀行はやっぱり便利なのです。 全国各地で使えて、転勤族の私としては全国どこでも引っ越しになっても、生活圏内にあるので絶対手放せない銀行です。 硬貨の出し入れがATMで手軽にできるので重宝していますが、あまりにも多い枚数の入出金は今後控えることにします。 処理に時間がかかって白い目で見られますし、ATM機械のこしょうにもなります。 小銭貯金は窓口で処理してもらいましょう!(強調) 以上が私のゆうちょ銀行ATMに硬貨入金したときの失敗談でした。 500円玉を集めて10万円貯まる本というのがありました。 こういうのも面白そう。

次の

両替はゆうちょ銀行ATMにお任せ!1000円札・小銭・新札(ピン札)も♪

ゆうちょ 銀行 小銭

小銭を貯金箱等に貯めている人は意外と多い。 一部の人はいっぱいになるまで貯めて、将来的には紙幣への両替を望んでいるはずだ。 ただ、 小銭を銀行口座に入れるにも、紙幣への両替を行うにしても、手数料を取られたり、面倒な手間が生じてしまう。 今まで無料だった銀行もどんどん有料化、手数料の増加傾向になる。 少しずつでも良いので、電子マネーにして残すなど、小銭を出さない生活へと移行すべきだ。 小銭を貯める楽しさは理解できる。 ただ、キャッシュレス生活に移行ずれば多かれ少なかれ生活も豊かになる。 なぜなら、 日本政府は2019年10月からキャッシュレス決済利用者に対し、最大5%の還元を増やす制度を始めるからだ。 日本政府主導で始まるキャッシュレス決済でのポイント還元制度については下記記事を参考に。 貯まった小銭を銀行口座へ入金し、それを良い機会に小銭を出さない生活へ移れば生活に余裕を作ることもできる。 貯まった小銭を銀行口座へ入金する方法 貯まりに貯まった小銭を銀行口座に入金する方法として 1.小銭を入金できるATM機を使う 2.銀行窓口で入金する がある。 小銭を入金できるATM機を使う コンビニや出張ATMなど、現在は小銭の入金に「対応していない」ATMも多くなっている。 小銭を入金できるATM機としてはゆうちょ銀行の他、メガバンクと呼ばれる大手3銀行の三菱UFJ、みずほ、三井住友銀行、地方銀行や地方信用金庫になる。 ただ、ゆうちょ銀行はATM設置台数が少ないため、小銭の両替はタイミングによっては迷惑がかかる。 また地方銀行、信用金庫だと手数料を取られるケースもあるので、台数も多く揃えている メガバンクで行うのがおすすめである。 ただし、メガバンクでも、スーパーやショッピングセンターなどの 店舗外無人ATMコーナーでは小銭の入金に対応していない。 また、利用手数料・時間外手数料がかかる時間帯もあるし、一度に入金できる小銭の枚数が50から100枚と制限されていることもある。 入金枚数が制限されているATMでは複数回入金を繰り返す必要があるため、ATM設置台数が多い場所、かつ混雑しない時間帯・日に行った方が良いだろう10日、15日、20日、25日のお昼時間は混雑している所も多い。 銀行窓口で入金する 銀行窓口から入金したい場合、銀行の有人支店へ行かなければならない。 口座を持っていないと口座への入金は出来ないので、銀行口座のある銀行の支店へ行こう。 支店を持たないネット銀行だったり、窓口の無いセブンイレブンでは当然両替できない。 また、銀行の窓口を使って入金すると手数料を取られる。 三菱UFJ銀行では硬貨の枚数ごとに手数料が変わり、 枚数 手数料 1~10枚 無料(銀行口座を持っている人) 11~500枚 540円 501以上 (500枚毎)540円を加算 となっている(窓口での手数料は銀行ごとに若干異なる)。 500枚毎に540円を取られるので、大量に小銭があり、かつ1円玉が多いと、入金額における手数料の割合はかなり多くなってしまう。 小銭が何百枚、何千枚とありそうなら、窓口を使った方が手っ取り早い。 しかし、枚数が少なかったり、手数料を取られたくないならATMで少しずつ入金しておくべきだ。 銀行窓口で小銭を入金するまでの流れとしては 1.自動発券機で受付番号カードを発行する。 大量の小銭を入金するという項目は無いのが普通なので総合窓口へ行く。 2.番号を呼ばれたら指定の窓口へ行き、「小銭を入金したい」といった目的を伝える。 3.専用の用紙に必要事項を記入し、店内でしばらく待つ。 4.窓口で再度呼ばれるので、入金額と手数料の領収証をもらう。 といった流れになる。 ちなみに、窓口では銀行口座へ入金せす、総額を全てお札で受け取ることもできる。 手数料や条件も、入金する場合とは若干異なる。 ATMでも小銭を入金後、引き出しで札を受け取ることは当然できる。 外貨の小銭を両替する方法 外貨の両替は通常、お札でしか受け付けていない。 例えば、日本でも海外でも、コイン(小銭)を外貨に変えることができなくなっている。 海外では500円玉を受け付けていない両替所がほとんどである。 ただ、 コインを含む外貨を 日本及び海外で使えるポイントへ両替できるサービスが最近出てきた。 ポケット・チェンジ(Pocket Change)と呼ばれるサービスである。 日本円はもちろん、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォンもコイン及び札に対応している。 日本の他、アメリカ、中国、韓国といった国で使うことができるポイントもある。 旅行予定の無い外貨、特にコインなら、普段から滞在する国で使えるポイントへ交換した方が良いだろう。 ただし、ポケット・チェンジ(Pocket Change)による両替 レートは市場レートに比べてかなり悪い。 近いうちに使う機会があるなら、外貨はそのまま残しておいた方が良いだろう。 小銭を残さない生活へ移行し豊かになる方法 小銭を銀行窓口から入金するにも以前までは無料だったり、手数料は今より安かった。 しかし、今では有料化し、手数料も上昇傾向にある。 ATMからの入金でも、枚数制限がある上に、小銭の入金可能なATMは割合的にどんどん減少している。 小銭を使いやすい、管理しやすい形にするコストも上がっていると言えるだろう。 貯金箱といった場所に小銭を貯める楽しさだったり、貯めざるを得ない環境があることは理解できる。 ただ、小銭を意識的に使い、貯めない生活を面倒に感じる人もいるはずだ。 これら小銭から生じる煩わしさから解放されるために、小銭を全く出さないキャッシュレス生活への移行も検討すべきだ。 クレジットカードはもちろん、デビットカード、その他スマホを使った決済でも、消費者から見れば現金決済よりも得なことは多い。 1%以上の還元を受けることもできるからだ。 クレジットカードは審査に通らないため、使えないという人もいる。 こういった人は 楽天デビットカードで良いだろう。 楽天銀行に口座開設する際、デビット機能付きのキャッシュカードを一緒に申し込みをすることができる。 もちろん、楽天へ銀行口座を持ってる人もデビット機能付きのカードに変更することができる。 楽天デビットカードはクレジットカードのような審査も必要なく、利用料の1%が楽天ポイントとして還元される。 また、審査のいらない下記プリペイドカードと合わせることで3%以上の還元を受けれる。 年間200万円を消費に使う人は3%の還元率でも年6万円残すことができるようになる。 キャッシュレス生活を少しずつ始めたい。 けれどもクレジットカードが作れないという人におすすめである。 asiaasia.

次の