セルフ メディ ケーション 税制 対象。 セルフメディケーションと医療費控除との違いや比較&どっちがお得なの?

【セルフメディケーション税制】しくみ完全攻略ガイド

セルフ メディ ケーション 税制 対象

OTC医薬品の購入費用が12,000円を超えても、医療費控除と同じように、確定申告をしなければ税金は戻ってきません。 セルフメディケーション税制は2017年1月から施行されましたので、2017年の1月から12月にOTC医薬品の購入費用が12,000円を超える場合は、翌2018年1月に確定申告ができます。 申告することで所得税の一部が戻り、翌年度 2018年度 の住民税の負担が軽減されます。 確定申告の一般的な受付期間は、2月16日から3月15日です。 国税庁のウェブサイトには確定申告書等作成コーナーがあり、金額などを入金すれば自動的に控除額や税金の還付額が計算されます。 確定申告書のデータをインターネット上で送ることや、プリントアウトして郵送することもできます。 確定申告には、OTC医薬品購入時のレシートのほか、会社などに勤めている人は給与所得の源泉徴収票を用意する必要があります。 詳しくは、下記国税庁のウェブサイトをご覧ください。 (別ウィンドウが開きます)• セルフメディケーション税制の重要なポイントは、 医療費控除制度と同時に利用することができないということです。 1月から12月までの1年間で医療費が100,000円以上かかり、なおかつ対象となるOTC医薬品を12,000円以上購入した場合は、どちらの控除制度を利用するのか、自身で選ぶ必要があります 下図参照。 高額な医療費が継続してかかるときや歯の矯正など健康保険が適応されない治療を行ったときでなければ、年間の医療費が100,000円を超えることはあまりありませんが、OTC医薬品の購入費用が12,000円以上となるのは一般家庭でも珍しくはないかもしれません。 OTC医薬品を上手に利用し自分の健康を自分で守ることを応援するセルフメディケーション税制。 賢く活用して、健康でも節税でもメリットを得たいですね。 「」はこちらを参照してください。 「」はこちらを参照してください。

次の

インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制で医療費控除OK?

セルフ メディ ケーション 税制 対象

自分や家族などの医療費を支払ったときに受けられる 「医療費控除」。 2017年1月1日から新しく運用が始まった、医療費控除の特例である 「セルフメディケーション税制」。 従来の医療費控除を利用する人はセルフメディケーション税制の控除は受けられませんし、セルフメディケーション税制を利用する人は従来の医療費控除を受けることはできません。 これにより、 通常の医療費控除とどちらか有利なほうを選んで申告する必要があるのです。 また、従来の医療費控除では対象外だった人でもセルフメディケーション税制の対象になる場合もあります。 「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」を正しく理解しつつ、どちらを選んだほうがお得なのか?賢く活用したいものですね。 そこで 今回は、セルフメディケーションと医療費控除との違いや比較&どっちがお得なの?について詳しくご紹介します。 関連 関連 関連 目次• セルフメディケーション税制とは? 平成29年(2017年)1月1日より新たに運用が始まった 「セルフメディケーション税制」。 セルフメディケーションとは、 「自分自身で健康管理を行い、軽い身体の不調は自分で手当てすること」。 このセルフメディケーションを推進していくことで、各個人の自発的な健康の維持や管理、疾病予防の取り組みを促進するとともに、医療費の適正化にもつなげていこうという取り組みで、セルフメディケーション税制は、適切な健康管理のもとで医療用医薬品からの代替えを進める観点から、 健康維持増進および疾病の予防への取り組みを行う人々に向けて創設された制度なのです。 具体的には、その年の1月1日から12月31日までの 1年間にOTC医薬品の購入代金の合計が、1万2,000円を超えた場合、申告することで所得から控除を受けることが可能になるというものです。 OTC医薬品とは? 「OTC」とは、 「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で、 対面販売で薬を購入することを意味し、 要指導医薬品および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品のことをいいます。 OTC医薬品かどうかはどうやって見分けるの? この制度の施工後は、OTC医薬品の対象となる薬に関して、下記ような 専用のロゴが表示される予定です。 セルフメディケーションと医療費控除との違い&どっちがお得なの? 申告することで所得から控除を受けることが可能になる制度として、現在馴染みが深いものといえば、 「医療費控除」があります。 現在の医療費控除は、簡単に言うと、 病院や歯医者などの治療代や薬代、薬局で購入した医薬品、病院までの交通費、介護費用などの治療のためにかかった費用が、 年間(その年の1月1日から12月31日までの期間)で10万円以上の場合(自分や家族の分も含む)に受けることができる制度です。 一方、新しい制度である 「セルフメディケーション税制」は、 年間(その年の1月1日から12月31日までの期間)に自分や家族が購入したOTC医薬品の合計金額が1万2,000円を超えた場合に、 その超えた分を所得から控除できる制度です。 セルフメディケーション税制は、制度を利用できる金額が大幅に下がったため、病院などにはあまり行かない、または行く時間が取れないなどの理由により、市販の薬を使用することが多い人には嬉しい制度かもしれません。 ですが、セルフメディケーションはあくまで 「OTC医薬品の購入金額」に限定されていますので、妊娠や出産、難病や大病などで医療機関を継続的に利用したり、体調が悪い時に医療機関を受診する方など定期的に医療機関を利用する場合には、現在の医療費控除を適用したほうがお得になるかもしれません。 それぞれ、 ご家庭の事情や年間(その年の1月1日から12月31日までの期間)の治療費や薬代などを比較し検討しながら賢く利用する必要があるともいえます。 目安として、 医療費控除の対象額と セルフメディケーション税控除の対象額が、 10万円以下なら「セルフメディケーション」、合計額が 10万円以上18万8,000円以下なら「控除額が大きいほうを選ぶ」、合計額が 18万8,000円以上の場合は「医療費控除」という目安を参考にするとわかりやすいかもしれません。 尚、ここでもうひとつ注意しておきたいのが、セルフメディケーション税制に適用となる OTC医薬品には、 セルフメディケーション税制と医療費控除どちらにも適用されるものと、 医療費控除のみ適用されるものがあるところ。 これにより、セルフメディケーション税制と医療費控除どちらにも適用されるOTC医薬品を購入した場合は、 その購入金額の合計が1万2,000円を超えた場合、セルフメディケーション税制を受けられますが、セルフメディケーション税制の対象とならないOTC医薬品を購入した場合は、 その他の医療費控除の対象となる費用と合算して10万円を超えれば医療費控除を受けられるということになり、 セルフメディケーション税制は受けられないということになります。 スポンサーリンク なんだか、難しくてややこしい感じですが、わかりにくい場合は下記の参考例を見ながら理解を深めるとわかりやすいかもしれません。 現在の医療費控除では、薬局で購入した市販薬の金額も含めてよいため、 【医療費14万円+セルフメディケーション8万円=22万円】となり、医療費の総額が10万円を超えているため、医療費控除の対象となります。 また、セルフメディケーション税制の対象にも該当するため、医療費控除とセルフメディケーション税制とどちらを利用したほうがお得か比較してみましょう。

次の

セルフメディケーション税制(医療費控除)の確定申告書の書き方、必要書類

セルフ メディ ケーション 税制 対象

年間12,000円以上から! 「医療費控除」よりも利用のハードルが低め 聞き慣れないという人も多いかもしれませんが、セルフメディケーションは、自分自身で傷病・症候を判断し医療製品を使用することを指す言葉です。 実は、これまでも薬局で購入した風邪薬などは「医療費控除」の対象となっていましたが、「セルフメディケーション税制」はそのハードルとなる金額をグンと下げた特例です。 「医療費控除」は、1年間の医療費の自己負担額が10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額)を超えた場合に利用できる所得控除です。 しかし、医療費の自己負担額が10万円を超えるのは、入院や手術、出産、歯科治療など限られたケースになってしまうのが現状です。 一方、「セルフメディケーション税制」では、薬局で購入した所定の市販薬の金額が年間12,000円以上であれば、所得控除の対象にできます。 過度に医者に頼らないことで、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながるため、私達にとっても国にとってもwin-winな制度といえそうです。 ただし、利用にあたってはいくつか注意しておきたいポイントがあります。 ポイント1:対象になる医薬品は限定されている まず覚えておきたいのが、すべての医薬品が「セルフメディケーション税制」の対象になるわけではなく、「スイッチOTC医薬品」と呼ばれる所定の医薬品に限定されています。 スイッチOTC医薬品とは、もともと処方箋が必要だった医薬品の中から、副作用が少ないといった理由などで一般用医薬品にスイッチ(転換)されたものを指します。 ここでいうOTC(オー・ティー・シー)とは、Over the Counter(オーバー・ザ・カウンター)の頭文字を取ったもので、医師の処方箋無しで、薬局のカウンター越しで購入できる一般用医薬品のことをいいます。 薬局では、スイッチOTC医薬品である旨のマークが付いている薬と、マークが付いていなくても対象になる薬が混在していますが、レシート(領収書)には「セルフメディケーション税制」の対象商品である旨の記載がされています。 疑問に思った場合は薬局の店員に聞いたり、レシート(領収書)を確認するのが良いでしょう。 なお、「セルフメディケーション税制」を利用する際には、レシート(領収書)を添付する必要があるので、レシート(領収書)は無くさないようちゃんと保管しておくことも重要です。 ちなみに、インターネットで購入したスイッチOTC医薬品も「セルフメディケーション税制」を利用できますが、その際も領収書が必要です。 購入する際に領収書の発行手順を確認しておくと安心です。 ポイント2:「医療費控除」の方がお得な場合も? 「セルフメディケーション税制」と「医療費控除」は、併用が認められていません。 いずれか一つ、得する方を選んで活用しましょう。 医療費の自己負担額が10万円に満たなければ、「医療費控除」は利用できないと割り切れるのですが、特に迷うのは自己負担額が10万円を少し超えたぐらいになったときです。 たとえば、年間で医療費の自己負担額が11万円の場合、「医療費控除」を利用すると、10,000円(=11万円-10万円)の所得控除を受けることができます。 一方、「セルフメディケーション税制」では、薬局で購入したスイッチOTC医薬品の購入額によって所得控除の額が変わります。 例1のように購入したスイッチOTC医薬品の合計額が20,000円であれば、「セルフメディケーション税制」で所得控除される額は8,000円(=20,000円-12,000円)なので、「医療費控除」を選んだ方が得です。 しかし、合計額が30,000円の例2のケースでは18,000円(=30,000円-12,000円)、40,000円の例3のケースでは28,000円(=40,000円-12,000円)の所得控除が受けられるので、明らかに「セルフメディケーション税制」を選んだ方が得です。 なお、控除額の上限は「医療費控除」が年間200万円、「セルフメディケーション税制」が年間10万円となっています。 1月1日から12月31日までのレシート(領収書)を集めて計算し、どちらを利用した方が得なのか判断すると良いでしょう。 たとえば、扶養に入っていて所得税・住民税を納めていない専業主婦が、健康診断やインフルエンザの予防接種を受けていないといったケースでは、「セルフメディケーション税制」の要件を満たしていません。 このようなケースでも、扶養者である夫が妻の分もまとめて申請することで制度を利用することが可能です。

次の