楽天モバイル 紛失。 楽天モバイルカスタマーセンターへの連絡方法とできること

楽天モバイルの問い合わせ電話番号!問い合わせ通話料金・チャット営業時間解説

楽天モバイル 紛失

楽天モバイルを解約の前に確認すること 楽天モバイルの通話SIMには最低利用期間というものがあります。 最低利用期間は契約するプランによって異なるため、解約する前に確認しておくようにしましょう。 最低利用期間内での解約、もしくはMNP転出には契約解除料が発生しますので覚えておきましょう。 データSIMに関しては基本的には最低利用期間などはないため、いつでも解約可能ですが、キャンペーンや何かの特典を利用して申し込みした場合は最低利用期間が設けられている場合があるので、キャンペーンを利用して申し込まれた方は解約前に確認しておくようにしましょう。 楽天モバイルの最低利用期間と契約解除料は下記になります。 (2018年7月確認時点) スーパーホーダイ 「スーパーホーダイ」は高速データ容量と通話サービスがセットになったプランで、申込み時に最低利用期間を1~3年から選択することができます。 サービスリニューアルに伴い、2017年9月1日~2018年6月14日19:59に申し込みされた方は、選択した最低利用期間によって契約解除料が異なる場合があります。 回線契約開始日はの「ご契約者さま情報」から確認することができるので、いつ契約したかわからない方は確認しておくと安心です。 楽天モバイルの解約手続きの流れ それでは実際に楽天モバイルの解約方法について画像付きで詳しく解説していきます。 通話SIMの解約はで手続きする必要がありますので、PCもしくはスマートフォン端末などからアクセスしてログインしましょう。 楽天モバイルは楽天会員やSIM電話番号でもログインすることができます。 スマートフォンをお使いの場合は、楽天モバイル公式サイト右上のメニューからメンバーズステーションにアクセスすることができます。 メンバーステーション内の最下部に「楽天モバイル解約申請」があるので選択します。 注意事項の確認画面が表示されます。 解約申請の締め切りと解約月、最終請求、SIMカードの返却について記載がありますので、しっかり確認しておきましょう。 ちなみに、解約申請の締め切りは毎月15日までとなっています。 15日までに解約申請が受理されれば当月末で解約できますが、16日以降の解約申請は翌月末での解約となるため、できるだけ早く解約したい場合は15日までに解約手続きなどを完了させるようにしましょう。 また、契約解除料についての記載もあるので、解約手続きを行う前に確認しておくようにしましょう。 注意事項の確認ができたら「契約解除料について確認し同意いたしました。 」にチェックを入れて「解約手続きに進む」ボタンをタップします。 「ご解約手続きの前に」という画面に移動します。 料金プランやSPU、楽天スーパーポイント、オプションサービスなどについて説明がありますが、解約する場合はイッキに読み飛ばしてページ下部の「解約、MNPのお手続き方法を見る」を選択して「楽天モバイル解約申請画面に進む」ボタンをタップします。 次に楽天モバイルの解約アンケート画面が表示されます。 なかなか面倒ですが、アンケートの回答は必須のようですので、頑張って回答していきましょう。 全て入力できたら「この内容で解約申請する」ボタンをタップします。 楽天モバイルの解約申請画面に移動します。 このページでは、契約アカウントや解約月の確認を行います。 確認できたら「確認画面へ」と進み、「お申し込み」ボタンをタップします。 これで解約申請の申し込みが完了となります。 解約手続き完了のお知らせは登録した連絡先メールアドレスへ送信されるので、受信したら確認しておくようにしましょう。 ちなみに筆者が解約申請の申し込み完了してから、約3分ほどで解約手続き完了メールが届きました。 解約手続きした日や時間帯によって異なる場合があるのかもしれませんが、今回はかなり早く解約することができましたよ。 解約手続きが完了したら、次はSIMカードを返却する準備をしましょう。 SIMカードの返却について 解約手続きはこれで完了ですが、今まで利用していたSIMカードは楽天モバイルに返却する必要があります。 返送先の住所は下記になります。 【申し込み種別が 006,007の方】 〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係 【申し込み種別が 008,009のお客様】 〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1 物流センターSIM返却係 SIMカードの返却先は、楽天モバイルの解約申請申し込み完了画面や、後ほど送られてくる解約手続き完了メール内に記載されているので、記載の住所に送付します。 返却にかかる配送料は利用者側の負担となります。 着払いでの返送は不可となるので注意しましょう。 なお、返却しなかった場合やSIMカードに破損や切断などの異常が見つかった場合はSIMカード損害金が発生することがあるので、発送する際は念の為、破損しにくいように返送したほうが良いと思います。 また、返送する際はちゃんと記録の残る形で発送したほうが安心。 SIMカードが届かなかった場合でも返却しなかったことになる可能性が高いので、不安な方は気をつけましょう。 SIMピンが紛失してカードが取り出せない場合の対処法 スマートフォン端末によってはSIMピンを使ってトレイを引き出す形となりますが、付属のSIMピンはけっこう小さいものなので無くしてしまいがち。 「SIMカードを返却したくても取り出せない」という方向けに対処法をご紹介したいと思います。 SIMピンの代用品として使いやすいのが「ペーパークリップ」です。 引き出しなどを探せば意外と出てくるので、わざわざ買いに行かなくても良いので便利です。 このようにクリップを変形させれば準備OKです。 SIMトレイにある穴にクリップの先端を挿入して押し込めばトレイが出てくるので、あとは引き出せばSIMカードを取り出すことができますよ。 関連情報: MNP転出する場合 今回は楽天モバイルの解約方法を中心にご紹介していますが、他社に番号そのままで乗り換える場合はMNP転出する形となりますので、解約手続きの流れとは異なります。 他社にMNPで乗り換える場合は以下のような流れとなります。 MNP転出する場合、発行したMNP予約番号には有効期限があるので、できるだけ早めに他社へ乗り換えましょう。 楽天モバイルは他社との契約が完了した時点で自動的に解約となります。 解約完了したらSIMカードを返却するのを忘れないようにしましょう。 楽天モバイルでMNP転出予約番号を発行する場合はにログインして、「登録情報・設定変更」内の「MNP予約番号発行・確認」から手続きできます。 回線速度が不満で解約された方 楽天モバイルに限らずMVNOの場合、時間帯によっては回線速度が不安定になりやすいです。 その分料金はMNPと比べたら基本料金は格安なので仕方がない部分ではありますが、中には回線速度が不満で解約しようとお考えの方もいるはずです。 とはいえ、ドコモ、auなどの大手キャリアは料金が高いので、一度MVNOの安さを体感したら戻るのは躊躇してしまいます。 そこでオススメなのが、MNOながらMVNO並に料金が安いと、実質的にauのサブブランドとなるです。 管理人はどちらも利用していますが、にもあるように、MVNOが回線速度が不安定になる12時台でも快適に利用できる速度を維持しています。 UQ mobileはMVNOですが、回線速度の評判は非常に良いため、料金の安さと回線速度を重視するならこの2つのサービスを検討してみると良いでしょう。 ユーザー満足度が高いMVNOサービス。 ドコモ回線• au回線• かけ放題あり• 音声通話対応• MNP対応• スマホセットあり 月額900円~ 2 回線が混み合うお昼の時間帯でも安定して速いと評判のau系MVNO。 au回線• 通話定額あり• かけ放題あり• 音声通話対応• MNP対応• スマホセットあり 月額980円~ 3 トリプルキャリア対応でドコモ・au・ソフトバンク版iPhoneも使いやすい!• ドコモ回線• au回線• ソフトバンク回線• かけ放題あり• 音声通話対応• MNP対応• スマホセットあり 月額700円~ 関連記事.

次の

無くした携帯を救出!Androidデバイスマネージャーで紛失したスマホを探す方法

楽天モバイル 紛失

電話番号(フリーダイヤル・無料):• 受付時間:9時~20時• 営業日:年中無休 公式サイトによると、 12時~15時が特に混雑するそうです。 電話が繋がると音声ガイダンスが流れますので、番号をプッシュしてください。 楽天モバイルの公式サイトでは音声ガイダンスが簡単に表示されないため、こちらでもお伝えします。 電話番号(有料・Viberは無料):• 受付時間:9時~20時• 営業日:年中無休 公式サイトによると、 12時~14時が特に混雑するそうです。 電話が繋がると音声ガイダンスが流れますので、番号をプッシュしてください。 楽天モバイルの公式サイトでは音声ガイダンスが簡単に表示されないため、こちらでもお伝えします。 最初に流れる音声ガイダンス サービスの選択 番号 スーパーホーダイ・組合わせプランをご検討中の方 1 無料サポータープログラムに当選し、申し込み中の方 2 お問い合わせ内容 短縮番号 振込請求書や督促状発送、未払い料金照会 10 ご契約情報の確認・変更 11 楽天でんわなどのオプションに関する確認・変更 12 ご利用料金の明細内容 13 その他ご契約・ご利用料金 14 製品の操作方法やトラブル・インターネット接続 2 紛失・盗難 3 ご解約や他社へのお乗り換え 4 その他のお問い合わせ 5 盗難・紛失などによる利用停止・再開の電話番号 無料 楽天モバイルの端末が盗難にあったり紛失してしまった場合に、端末の利用停止や再開ができます。 上記でお伝えしました「楽天モバイルを利用中の電話番号(有料・Viberは無料)」でも盗難・紛失に対応してくれますが、営業時間が決まっていて、さらにオペレーターさんに繋がるまで時間がかかることがあります。 緊急の場合はこちらの電話番号にかけてください。 電話番号(有料):• 受付時間:24時間• 営業日:年中無休 楽天モバイルの電話以外の問い合わせ方法 楽天モバイルには電話以外にメール、チャット、アプリからの問い合わせ方法があります。 メールで問い合わせ 楽天モバイルにメールで問い合わせしたい場合は、ヘルプページのお問い合わせにある送信フォームから質問内容を入力し、「送信」を選択してください。 (楽天モバイルの公式サイト) チャットで問い合わせ 楽天モバイルにはAIが質問に答えてくれる「AIチャット」があります。 オペレーターさんが対応するわけではないので、期待したような答えが返ってこないことがありますが、基本的な質問にはちゃんと答えてくれます。 下記のリンクを選択すると「AIチャット」がスタートします。 (楽天モバイルの公式サイト).

次の

楽天モバイル:楽天モバイルご利用中のお困りごと

楽天モバイル 紛失

家族カード 継続 旧カードに付帯する家族カードは、新しい本カードがお手元に届き次第、再度ご利用いただけます。 ETCカード 継続 旧カードに付帯するETCカードは、引き続きご利用いただけます。 ポイント 継続 楽天ポイントは新しいカードに自動的に引き継がれます。 現在の保有ポイントは楽天Point Clubよりご確認をお願いいたします。 Edy残高 自動移行なし 旧カードに蓄積されているEdy残高は補償されません。 あらかじめご了承ください。 旧カードに蓄積されているEdy残高でお支払いされた金額については、楽天Edyご利用ポイントの進呈対象外となりますのでご了承ください。 Edyオートチャージ 再手続き Edyオートチャージは自動解除させていただきます。 新しいカードがお手元に届き次第、再度設定をお願いします。 いつでもEdyチャージ 再手続き いつでもEdyチャージは自動解除させていただきます。 新しいカードがお手元に届き次第、再度設定をお願いします。 ANAマイレージクラブ機能 停止 ANAマイレージクラブ機能が停止となります。 カード再発行後は現在と異なるANAマイレージクラブお客様番号で再発行されますが、マイル口座は統合されます。 貯まっていたマイルはカード再発行後に再びご利用いただけます。 なお、ANAマイレージクラブのパスワードは再発行前のカードと同様です。 ご利用可能枠 再審査 新しいカードの作成に際し、所定の審査がございます。 審査の結果、ご希望にそえない場合や割賦枠が変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。 ご利用残高 継続 旧カードの未清算残高は、新しいカードの残高へ自動的に移行します。 お引き落とし口座 継続 旧カードにご登録されているお引き落とし口座の情報は、新しいカードへ引き継がれます。 各種料金のお支払い 再手続き 携帯料金・公共料金(電気・ガス・水道)・保険料のお支払いを旧カードでご登録されている場合、各社ごとに新しいカードへのお支払い方法変更手続きが必要となります。 ただし、ご利用先によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございます。 自動リボサービス 継続 自動リボサービスのご登録内容は、新しいカードへ引き継がれます。 リボ残高のおまとめ払い 再手続き 旧カードの登録内容は新しいカードへ引き継がれません。 お支払い方法の変更 (あとからリボ払い・あとから分割払い) 別手続き 旧カードのご利用明細をリボ払い・分割払いへ変更希望の場合、新しいカードのご利用前に楽天e-NAVI上でお手続きをお願いいたします。 新しいカードをご利用後、お手続きのタイミングによっては旧カードのご利用明細は楽天e-NAVI上で変更受付ができない場合がございます。 楽天グループ内サービスの クレジットカード情報 継続 新しいカードは楽天会員情報の「クレジットカード情報」へ自動的に登録され、「お買い物で通常使うカード」として設定させていただきます。 ご利用前にご登録のクレジットカード情報をご確認ください。 Apple Pay Google Pay 再手続き 新しいカードの情報は自動登録されません。 新しいカードがお手元に届き次第、お客様のデバイスより再度ご登録手続きをお願いします。

次の