フレッツ光 モバイルルーター。 「フレッツ光 隼」対応のルーターの選び方って?

フレッツ光の無線LANルーター(Wi

フレッツ光 モバイルルーター

レンタルと購入のルーターを比較する NTTフレッツ光では、無線LANルーターを有償レンタルすることができます。 インターネット用の機器に詳しくない人には便利なサービスです。 一方で、自分で購入したルーターを使うこともできます。 ルーターはレンタルと購入、どちらのほうがより良いのでしょうか。 ルーターのスペックを比較するための5つのポイント ルーターを選ぶにあたり、まずは表示されている ・目安の間取り ・無線LAN規格と転送速度 ・アンテナ数とMU-MIMO ・ビームフォーミング ・販売価格帯 目安の間取り 販売されているルーターを見ると、たいてい「戸建:3階建/マンション:4LDK」など、使用する家の間取りなどが書かれていると思います。 機器やネット環境についてあまり詳しくない人でも、これを目安に選べます。 対応できる間取りが広ければ広いほど、ルーターの価格も上がりますが、大は小を兼ねるので、ワンルームに住んでいる人でも「マンション:2LDK向き」あたりを選んでおけば間違いありません。 無線LAN規格と転送速度 対応している無線LAN規格の確認をします。 送受信できる伝送速度も、この規格によって最大値が変わります。 古 IEEE802. 11ac(転送速度292. 5Mbps~6. 今、販売されている家庭用の光回線無線LANルーターはほとんどこの11ac規格までをカバーしているので、あまり迷わず選べるでしょう。 【最新規格11acの注意点】 スマホやゲーム機が11acに対応していないと使えない 光回線からWi-Fiにすることはできても、Wi-Fiを受信するスマホやゲーム機側が対応していないと自動的に11nで接続されます(通信できなくなることはありません)。 コンシューマーゲーム機では、現在のところPSVitaやNintendo3DSは未対応ですが、Nintendo Switchは11ac規格に対応しています。 iPhoneに関しては、iPhone6以降は11ac規格に対応しています。 アンテナ数とMU-MIMO Wi-Fiルーターにはアンテナがあります。 アンテナの数=送受信できるストリームの数となります。 一人暮らしでも、PCやスマホ、タブレットなど複数端末で大量のデータ送受信を行う人はアンテナ数の多いものをおすすめします。 また、アンテナは飛び出しているタイプと内蔵タイプがあり、内蔵タイプでも問題ありませんが、アンテナが出ているタイプは、自分の使っている端末に向けることで電波を受けやすくできるメリットがあります。 その複数あるアンテナで通信を行いますが、従来の「MIMO」ではアンテナが複数あっても一度に通信できる端末は1台のみで、複数の端末をWi-Fiにつないでいても順次切り替えながら通信を行うので高速通信でも効率が良くなかったのです。 そこで、現在増えてきた新規格が「MU-MIMO」です。 MU-MIMOであれば、複数端末でも同時に通信ができるようになり、家族で同時に複数のスマホやゲームにつないでも快適にネット通信ができます。 アンテナ数の多いルーターを選ぶなら、なるべくこの「MU-MIMO」対応機種を選ぶようにしましょう。 ビームフォーミング ビームフォーミングとは、電波を発信するルーターが受信する端末の位置を判断して最適な電波を届け、通信速度を安定させるものです。 現在発売されているルーターのほとんどはこのビームフォーミングが搭載されています。 ただし、この機能は、スマホやPCなどの端末側もビームフォーミングに対応している必要があります。 iPhone6以降、Android機種ではGalaxyS7、Nexus9などは対応しています。 今後はビームフォーミング対応の機種も増えると思われます。 販売価格帯 ルーターの価格は規格によって様々ですが、フレッツ光の1Gbpsを快適に使うことのできる家庭用Wi-Fiルーターとして、以下のようなスペックのものでの価格帯を見てみます。 戸建:3階建/マンション:3LDK IEEE802. NTT東西でレンタルできるルーターのスペック NTTのフレッツ光から有償レンタルで貸し出されるのは、独立したWi-Fiルーターではなく、無線LANカードになります。 もともと利用開始時にレンタルされるホームゲートウェイの内蔵無線LANか、またはONU(光終端装置)、ひかり電話対応機器に無線LANカードを取り付けてWi-Fiを使うことになります。 ホームゲートウェイの内蔵無線LAN機能 PR-500/RT-500 内蔵無線LAN機能 伝送速度 (5GHz帯) IEEE802. 11a 6~54Mbps(自動切換) IEEE802. 11ac [HT20]6. 5~260Mbps(自動切換) [HT40]13. 5~360Mbps(自動切換) [HT80]29. 3~1300Mbps(自動切換) IEEE802. 11n [HT20]9. 8~216. 7Mbps(自動切換) [HT40]20. 3~450Mbps(自動切換) RS-500 内蔵無線LAN機能 伝送速度 (2. 4GHz帯) IEEE802. 11b 1~11Mbps(自動切換) IEEE802. 11g 6~54Mbps(自動切換) IEEE802. 11n [HT20]9. 8~216. 7Mbps(自動切換) [HT40]20. 3~450Mbps(自動切換) 伝送速度 (5GHz帯) IEEE802. 11a 6~54Mbps(自動切換) IEEE802. 11ac [HT20]6. 5~260Mbps(自動切換) [HT40]13. 5~360Mbps(自動切換) [HT80]29. 3~1300Mbps(自動切換) IEEE802. 11n [HT20]9. 8~216. 7Mbps(自動切換) [HT40]20. 3~450Mbps(自動切換) 上記のように、現在レンタルできるホームゲートウェイのスペックは、無線LAN規格で最新の11acまで対応しているようです。 また、ひかり電話を使っている場合には、上記の機器とは別で、無線LANカードをレンタルし、ホームゲートウェイに挿して使います。 ひかり電話対応機器 SC-40NE「2」 伝送速度 (2. 4GHz帯)IEEE802. 11b11~1Mbps(自動切換) 無線LAN IEEE802. 11g 54~6Mbps(自動切換) IEEE802. 11n [HT20]144. 4~6. 5Mbps(自動切換) [HT40]300~13. 5Mbps(自動切換) ひかり電話利用での無線LANカードだと、最大でも300Mbpsと他に比べると速度はあまり出ないようです。 フレッツ光の無線LANレンタル料金 フレッツ光でレンタルした機材で無線LANを使うには下記の料金がかかります。 家庭用の無線LANルーターは使い始めると、引っ越しやネット環境自体の見直しなどをしない限り、たいてい場合は3~5年使い続けることが多いものです。 3年使用すると考えて、レンタルだと3年で27,000円かかることになります。 高機能の最新ルーターでも15,000円ほど購入できると考えれば、レンタルはやはり割高になってしまいます。 ルーターレンタルのメリット・デメリット これらを踏まえて無線LANをフレッツ光でレンタルする場合のメリットとデメリットをまとめてみましょう。 メリット ・Wi-Fiに詳しくなくても設置・設定サービスが受けられる ・Wi-Fiを使わなくなったら解約できる デメリット ・ルーターの規格やサイズを選べない ・故障や不具合以外では交換してもらえない(ルーターの規格が古い理由では交換できない) ・2年以上使用する場合、購入するより割高になる ルーター購入のメリット・デメリット 次に、ルーターを自分で購入する場合のメリットとデメリットをまとめてみましょう。 メリット ・ルーターのスペックや価格を自分で選べる ・2年以上使う場合、たいていのルーターはレンタルよりも安く上がる ・フレッツ光を解約し別の光回線に乗り換えても使用できる デメリット ・Wi-Fiの仕組みやスペックをある程度理解していないと選ぶのが難しい ・ルーターの不具合はNTT側ではサポートされない フレッツ光ネクストに対応しているWi-FiルーターはNTTフレッツ光の公式サイトでも確認できます。 家電量販店、ネット通販で普通に販売されているもののほとんどは対応しています。 戸建てや2部屋以上ある自宅で、複数端末をWi-Fiでつないで高速通信を行いたい人には、無線LANルーターは購入して自分で設定したほうが、よりコスパがよいでしょう。 インターネットおすすめ光回線.

次の

OCN 光 with フレッツ|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

フレッツ光 モバイルルーター

ここ最近では、モバイルルーターの人気が凄く伸びてきているので、「どちらがオススメなの?」と困っている方も多いです。 そして結論から言うと、このサイトでは 光回線よりモバイルルーターをオススメしています。 今まではモバイルルーターは外で使う簡易的な物でしたが、最新のモバイルルーターはストレスを全く感じないぐらい、通信速度が速いです。 また、料金・使いやすさなどを考慮しても、モバイルルーターを選ぶべきだと考えています。 その理由をモバイルルーターと光回線を比較しながら、詳しく紹介したいと思います。 モバイルルーターと光回線の違いは?徹底比較 モバイルルーターと光回線を比較する場合、以下の3点に注目すれば充分です。 1.利用料金(初期費用、月額料金)• 2.通信速度• 3.使用可能な場所 では、それぞれを比較していきましょう。 1.利用料金を比較 光回線、モバイルルーターにかかる利用料金を更に分類すると、以下の2つになります。 以下は光回線の中でも大手の「フレッツ光」の初期費用ですが、合計で18,800円もかかってしまいます。 ちなみに光回線の工事費は、建物の造りによって値段が変動するため、場合によっては2万円以上の金額がかかることもあります。 また、工事の日程を業者と調整する必要がありますが、最低でも2週間以上先になると考えておくべきです。 一方、モバイルルーターは、初期費用として事務手数料が3,000円だけ必要です。 また、工事が無いため、遅くても2、3日で利用開始することが出来ます。 以下はモバイルルーター業界で最安値のGMOとくとくBBの例ですが、初期費用は事務手数料のみです。 初期費用にかかる端末代、端末送料、GMOとくとくBB入会費を無料にしています。 ここまで初期費用を安く出来るのは、やはり光回線と異なり、工事などが全て不要だからです。 以上を踏まえて、初期費用は、 圧倒的にモバイルルーターの方が安いです。 光回線• auひかり:5,100円 光回線で最安値• フレッツ光:5,100円 モバイルルーター• GMOとくとくBB:3,609円 モバイルルーターで最安値• UQWiMAX:3,696円 光回線では、月額料金が5000円前後となっていますが、 モバイルルーターだと3000円台で利用することが可能です。 以下はフレッツ光の例です。 フレッツ光が4,700円、更にプロバイダが500円で、合計すると月額5,100円となっています。 以上を踏まえて、月額料金でも、 圧倒的にモバイルルーターの方が安いです。 2.通信速度で比較 通信速度は光回線の方が速いです。 以下は光回線とモバイルルーターの通信速度を簡単に比較したものです。 光回線:1Gbps• モバイルルーター:440Mbps 1Gbpsは、1000Mbpsと等しいので、ざっくりと 光回線はモバイルルーターの倍ぐらいの通信速度だと考えられます。 しかし、 通信速度が速いからといって、光回線がオススメとは限りません。 実はあなたが普段スマホを利用している通信速度は、だいたい50Mbpsぐらいです。 以下は実際に計測したものですが、通信速度が55Mbpsとなっています。 おそらく通信制限がかかっていない状態であれば、普段スマホで動画を見たり、ネットサーフィンをしていて、そこまで大きなストレスを感じることは無いかと思います。 そして、 モバイルルーターは、そのスマホの約9倍の通信速度なのです。 そのため、ネットサーフィン、動画視聴などであれば、モバイルルーターの通信速度で充分なのです。 以上を踏まえて、 とにかく少しでも通信速度を速くしたいのであれば、光回線がオススメです。 ネットサーフィン、動画視聴を快適にできれば問題無いのであれば、モバイルルーターがオススメです。 ちなみに、この記事の下部にて紹介しているGMOとくとくBBは、 契約から20日以内であれば無料でキャンセルすることが可能です。 なので「モバイルルーターの通信速度で満足できるか分からない。。 」という人には、かなりオススメしています。 3.使用可能な場所で比較 それぞれの使用可能な場所は以下の通りです。 光回線:部屋だけ• モバイルルーター:部屋、外出時 カフェ、公園、会社、電車など 使用可能な場所では、どこでも快適なWiFiを使えるという考えで作られたモバイルルーターがやはり優れています。 また、最近のモバイルルーターは年々進化しており、部屋などの壁に囲まれ、電波を受信しづらい環境でも、凄く快適にWiFiを利用することができます。 そのため、光回線を解約して、家・外の両方でモバイルルーターを利用する人が増えてきています。 今までモバイルルーターを4台使ってきた私も、ついにモバイルルーターで1本化していますが、全くストレスを感じていません。 最近では、3日で3GBまでしか使えませんでしたが、今では3日で10GBまで使用可能となったことも大きな理由です。 こちらの記事で、その規制緩和について紹介しています。 光回線のメリット・デメリット *メリット ・通信速度がかなり速い *デメリット ・初期費用が高い ・工事の日程を光回線会社と相談する手間がかかる ・料金体系が複雑 建物の構造・プロバイダーで変動する モバイルルーターのメリット・デメリット *メリット ・安い ・ネットサーフィン、動画視聴には充分な通信速度 ・WEBから簡単お申し込みで、最短翌日に届く 会社によって異なる *デメリット ・使用場所によっては繋がりにくい事がある ・月1ぐらいで電波が途切れることがある まとめ「モバイルルーターと光回線の比較」 上記からも分かる通り、 ネットで娯楽や簡単な仕事をするだけなら、モバイルルーターの方が安くてオススメです。 もし家族でずっとネットを利用するのであれば、光回線の方が通信速度が速くてオススメです。 それでは、おすすめのモバイルルーターと光回線をランキング形式で紹介したいと思います。 徹底比較。 月額費用は他社と変わりませんが、 キャッシュバックの金額がダントツで高額です。 そのため、キャッシュバックを考慮した 2年間の合計金額は業界最安値です。 以下はモバイルルーター会社は全部で20社以上ありますが、その中でも人気のトップ5を比較したものです。 会社名 2年間合計金額 49,606円 47,860円 61,836円 69,680円 88,680円 88,704円 表から分かるように、GMOとくとくBBは 最大約3. 5万円お得です。 なので、金額を抑えたいという方にGMOとくとくBBは特に人気です。 実際に、このサイトではGMOとくとくBBで申し込んだ人が全体の78%と、一番人気です。 おすすめのモバイルルーターを知る場合に参考になるのは 「モバイルルーター利用者から人気がある」ということです。 この数値は1年ほど前からほとんど変化しておらず、長年定番として愛されています。 最新機種を常に用意している モバイルルーターは日々進化しており、1年も経つとかなり性能がアップします。 最近のWEBサイトや動画は、容量が大きいものが多く、出来るだけ性能の高い機種を選ぶべきです。 そして GMOとくとくBBは常に最新機種を取り揃え、古い型の取り扱いをどんどん停止していくような流れになっています。 もし古い型のモバイルルーターを契約すると、快適なネットサーフィン・動画視聴が難しくなるので注意が必要ですが、GMOとくとくBBで取り扱ってる機種であれば、どれでも快適にネットを楽しむことが可能です。 20日以内ならキャンセルOK! モバイルルーター業界で唯一、キャンセルが可能です。 モバイルルーターは使用経験が無いと、「本当に快適に使えるの?」と不安に感じる人が多々います。 そのような方に是非使ってほしいという思いで、GMOとくとくBBは申し込みから 20日以内なら無料でキャンセルを可能としています。 GMOとくとくBBのデメリット 電話サポートが悪い GMOとくとくBBは電話サポートの評判が悪いです。 その理由の多くが「カスタマーサポートに繋がらない」です。 ちなみに私はGMOとくとくBBのモバイルルーターを利用しているのですが、そもそもモバイルルーターは操作が簡単なので困ったことがありません。 また、分からないことがあってもネットで検索すれば解決出来る問題がほとんどです。 料金を抑えている分、人員を削減しているので、繋がりにくい事に納得できる方にオススメです。 これほど高額なキャッシュバックは 期間・数量限定です。 期間・数量限定だからこそ、これほどお得なキャッシュバック・利用料を実現しています。 この機会を逃すとこれほど格安でモバイルルーターを使うことは出来ないでしょう。 そのため気になる方は早めの申込みをおすすめします。 以下のボタンから公式サイトのキャッシュバック特別ページへアクセス出来ます。 しかし、2年間合計金額で比較すると、GMOとくとくBBに劣ります。 So-netモバイルのメリット 高性能モバイルルーターでは、2年間合計金額が2位! So-netモバイルは高額なキャッシュバックを実施しています。 ただし、キャッシュバック金額でも、2年間合計金額でも1位のGMOとくとくBBには劣ります。 そのため現状ではSo-netモバイルは最安値ではありません。 また、モバイルルーターの性能を考慮しなければ、2位のYahoo! Wi-Fiにも劣ります。 サポート対応は手厚い So-netモバイルは、GMOとくとくBBと違ってサポート対応が手厚いです。 まずカスタマーサポートに繋がらないという口コミは一切見当たりません。 以下は価格. comからの口コミを抜粋したものです。 So-netモバイルのデメリット サポート以外にメリットなし? So-netモバイルはキャッシュバックが高額で、合計金額も安いですが、GMOとくとくBBほどではありません。 そのため、GMOとくとくBBでは、サポート対応が不安だという目的以外で契約するメリットは現状では無いです。 「モバイルルーターを使いこなせるか不安」 「分からないところをネットで検索しても、解決できるか不安」 という人にはオススメの会社です。 3位 Yahoo! プレミアム会員 初期費用 3,000円 キャッシュバック なし 2年間の合計金額 61,836円 モバイルルーター機種 特徴 ・月額費用を抑えたい。 Yahoo! Wi-Fiは月額料金では業界で最安値です。 ただ、2年間合計金額ではGMOとくとくBBに劣ります。 そのため合計金額より、月々の負担を軽くしたいという人から人気です。 Yahoo! プレミアム会員 2,856円 3,609円 4,050円 3,695円 月額料金は1,980円と業界で最安値です。 1位のGMOとくとくBBと比較しても、月で1,200円ほど安い計算になります。 プレミアムGyao! が3ヶ月無料 Gyao! はドラマや映画、アニメまで様々なものを見放題のサービスです。 プレミアム会員でしか見れない動画があり、それらが3ヶ月間は無料で全て視聴可能となります。 Yahoo! Wi-Fiのデメリット 1.有料プランへの入会が必須 Yahoo! Wi-Fiは月380円の有料プランへの入会が必須です。 その料金も合計すると、1位のGMOとくとくBBには2年間の合計金額で劣ります。 ただ、現在はYahoo! プレミアムが最大6カ月無料となるキャンペーンを実施しています。 Yahoo! ショッピング、ヤフオクなどを利用する人には少しお得です。 2.性能は少し低め Yahoo! Wi-Fiはモバイルルーターが1種類で、しかもそれほど高性能なモバイルルーターとは言いがたいです。 以下はYahoo! Wi-FiとGMOとくとくBBの一番高性能な機種を比較したものです。 会社名 機種名 通信速度 Yahoo! Wi-Fi Pocket WiFi 601ZT 最大112. 5Mbps GMOとくとくBB Speed Wi-Fi NEXT WX03 最大440Mbps 通信速度は、GMOとくとくBBの半分となっています。 110Mbpsという速度では、短い動画視聴などは可能ですが、2時間以上の動画視聴 or 高画質な動画では時々固まることがあります。 なので、Yahoo! Wi-Fiは、 「最低限、ネットを使えれば問題無し」 「合計料金より月々の料金を抑えたい」 という方にはオススメです! この月額1,980円キャンペーンは、 期間限定なので、気になる人は早めに申し込むことをオススメします。 - ,.

次の

一目で分かる。モバイルルーターと光回線の違いを比較【料金・速度の違いは?】

フレッツ光 モバイルルーター

ここ最近では、モバイルルーターの人気が凄く伸びてきているので、「どちらがオススメなの?」と困っている方も多いです。 そして結論から言うと、このサイトでは 光回線よりモバイルルーターをオススメしています。 今まではモバイルルーターは外で使う簡易的な物でしたが、最新のモバイルルーターはストレスを全く感じないぐらい、通信速度が速いです。 また、料金・使いやすさなどを考慮しても、モバイルルーターを選ぶべきだと考えています。 その理由をモバイルルーターと光回線を比較しながら、詳しく紹介したいと思います。 モバイルルーターと光回線の違いは?徹底比較 モバイルルーターと光回線を比較する場合、以下の3点に注目すれば充分です。 1.利用料金(初期費用、月額料金)• 2.通信速度• 3.使用可能な場所 では、それぞれを比較していきましょう。 1.利用料金を比較 光回線、モバイルルーターにかかる利用料金を更に分類すると、以下の2つになります。 以下は光回線の中でも大手の「フレッツ光」の初期費用ですが、合計で18,800円もかかってしまいます。 ちなみに光回線の工事費は、建物の造りによって値段が変動するため、場合によっては2万円以上の金額がかかることもあります。 また、工事の日程を業者と調整する必要がありますが、最低でも2週間以上先になると考えておくべきです。 一方、モバイルルーターは、初期費用として事務手数料が3,000円だけ必要です。 また、工事が無いため、遅くても2、3日で利用開始することが出来ます。 以下はモバイルルーター業界で最安値のGMOとくとくBBの例ですが、初期費用は事務手数料のみです。 初期費用にかかる端末代、端末送料、GMOとくとくBB入会費を無料にしています。 ここまで初期費用を安く出来るのは、やはり光回線と異なり、工事などが全て不要だからです。 以上を踏まえて、初期費用は、 圧倒的にモバイルルーターの方が安いです。 光回線• auひかり:5,100円 光回線で最安値• フレッツ光:5,100円 モバイルルーター• GMOとくとくBB:3,609円 モバイルルーターで最安値• UQWiMAX:3,696円 光回線では、月額料金が5000円前後となっていますが、 モバイルルーターだと3000円台で利用することが可能です。 以下はフレッツ光の例です。 フレッツ光が4,700円、更にプロバイダが500円で、合計すると月額5,100円となっています。 以上を踏まえて、月額料金でも、 圧倒的にモバイルルーターの方が安いです。 2.通信速度で比較 通信速度は光回線の方が速いです。 以下は光回線とモバイルルーターの通信速度を簡単に比較したものです。 光回線:1Gbps• モバイルルーター:440Mbps 1Gbpsは、1000Mbpsと等しいので、ざっくりと 光回線はモバイルルーターの倍ぐらいの通信速度だと考えられます。 しかし、 通信速度が速いからといって、光回線がオススメとは限りません。 実はあなたが普段スマホを利用している通信速度は、だいたい50Mbpsぐらいです。 以下は実際に計測したものですが、通信速度が55Mbpsとなっています。 おそらく通信制限がかかっていない状態であれば、普段スマホで動画を見たり、ネットサーフィンをしていて、そこまで大きなストレスを感じることは無いかと思います。 そして、 モバイルルーターは、そのスマホの約9倍の通信速度なのです。 そのため、ネットサーフィン、動画視聴などであれば、モバイルルーターの通信速度で充分なのです。 以上を踏まえて、 とにかく少しでも通信速度を速くしたいのであれば、光回線がオススメです。 ネットサーフィン、動画視聴を快適にできれば問題無いのであれば、モバイルルーターがオススメです。 ちなみに、この記事の下部にて紹介しているGMOとくとくBBは、 契約から20日以内であれば無料でキャンセルすることが可能です。 なので「モバイルルーターの通信速度で満足できるか分からない。。 」という人には、かなりオススメしています。 3.使用可能な場所で比較 それぞれの使用可能な場所は以下の通りです。 光回線:部屋だけ• モバイルルーター:部屋、外出時 カフェ、公園、会社、電車など 使用可能な場所では、どこでも快適なWiFiを使えるという考えで作られたモバイルルーターがやはり優れています。 また、最近のモバイルルーターは年々進化しており、部屋などの壁に囲まれ、電波を受信しづらい環境でも、凄く快適にWiFiを利用することができます。 そのため、光回線を解約して、家・外の両方でモバイルルーターを利用する人が増えてきています。 今までモバイルルーターを4台使ってきた私も、ついにモバイルルーターで1本化していますが、全くストレスを感じていません。 最近では、3日で3GBまでしか使えませんでしたが、今では3日で10GBまで使用可能となったことも大きな理由です。 こちらの記事で、その規制緩和について紹介しています。 光回線のメリット・デメリット *メリット ・通信速度がかなり速い *デメリット ・初期費用が高い ・工事の日程を光回線会社と相談する手間がかかる ・料金体系が複雑 建物の構造・プロバイダーで変動する モバイルルーターのメリット・デメリット *メリット ・安い ・ネットサーフィン、動画視聴には充分な通信速度 ・WEBから簡単お申し込みで、最短翌日に届く 会社によって異なる *デメリット ・使用場所によっては繋がりにくい事がある ・月1ぐらいで電波が途切れることがある まとめ「モバイルルーターと光回線の比較」 上記からも分かる通り、 ネットで娯楽や簡単な仕事をするだけなら、モバイルルーターの方が安くてオススメです。 もし家族でずっとネットを利用するのであれば、光回線の方が通信速度が速くてオススメです。 それでは、おすすめのモバイルルーターと光回線をランキング形式で紹介したいと思います。 徹底比較。 月額費用は他社と変わりませんが、 キャッシュバックの金額がダントツで高額です。 そのため、キャッシュバックを考慮した 2年間の合計金額は業界最安値です。 以下はモバイルルーター会社は全部で20社以上ありますが、その中でも人気のトップ5を比較したものです。 会社名 2年間合計金額 49,606円 47,860円 61,836円 69,680円 88,680円 88,704円 表から分かるように、GMOとくとくBBは 最大約3. 5万円お得です。 なので、金額を抑えたいという方にGMOとくとくBBは特に人気です。 実際に、このサイトではGMOとくとくBBで申し込んだ人が全体の78%と、一番人気です。 おすすめのモバイルルーターを知る場合に参考になるのは 「モバイルルーター利用者から人気がある」ということです。 この数値は1年ほど前からほとんど変化しておらず、長年定番として愛されています。 最新機種を常に用意している モバイルルーターは日々進化しており、1年も経つとかなり性能がアップします。 最近のWEBサイトや動画は、容量が大きいものが多く、出来るだけ性能の高い機種を選ぶべきです。 そして GMOとくとくBBは常に最新機種を取り揃え、古い型の取り扱いをどんどん停止していくような流れになっています。 もし古い型のモバイルルーターを契約すると、快適なネットサーフィン・動画視聴が難しくなるので注意が必要ですが、GMOとくとくBBで取り扱ってる機種であれば、どれでも快適にネットを楽しむことが可能です。 20日以内ならキャンセルOK! モバイルルーター業界で唯一、キャンセルが可能です。 モバイルルーターは使用経験が無いと、「本当に快適に使えるの?」と不安に感じる人が多々います。 そのような方に是非使ってほしいという思いで、GMOとくとくBBは申し込みから 20日以内なら無料でキャンセルを可能としています。 GMOとくとくBBのデメリット 電話サポートが悪い GMOとくとくBBは電話サポートの評判が悪いです。 その理由の多くが「カスタマーサポートに繋がらない」です。 ちなみに私はGMOとくとくBBのモバイルルーターを利用しているのですが、そもそもモバイルルーターは操作が簡単なので困ったことがありません。 また、分からないことがあってもネットで検索すれば解決出来る問題がほとんどです。 料金を抑えている分、人員を削減しているので、繋がりにくい事に納得できる方にオススメです。 これほど高額なキャッシュバックは 期間・数量限定です。 期間・数量限定だからこそ、これほどお得なキャッシュバック・利用料を実現しています。 この機会を逃すとこれほど格安でモバイルルーターを使うことは出来ないでしょう。 そのため気になる方は早めの申込みをおすすめします。 以下のボタンから公式サイトのキャッシュバック特別ページへアクセス出来ます。 しかし、2年間合計金額で比較すると、GMOとくとくBBに劣ります。 So-netモバイルのメリット 高性能モバイルルーターでは、2年間合計金額が2位! So-netモバイルは高額なキャッシュバックを実施しています。 ただし、キャッシュバック金額でも、2年間合計金額でも1位のGMOとくとくBBには劣ります。 そのため現状ではSo-netモバイルは最安値ではありません。 また、モバイルルーターの性能を考慮しなければ、2位のYahoo! Wi-Fiにも劣ります。 サポート対応は手厚い So-netモバイルは、GMOとくとくBBと違ってサポート対応が手厚いです。 まずカスタマーサポートに繋がらないという口コミは一切見当たりません。 以下は価格. comからの口コミを抜粋したものです。 So-netモバイルのデメリット サポート以外にメリットなし? So-netモバイルはキャッシュバックが高額で、合計金額も安いですが、GMOとくとくBBほどではありません。 そのため、GMOとくとくBBでは、サポート対応が不安だという目的以外で契約するメリットは現状では無いです。 「モバイルルーターを使いこなせるか不安」 「分からないところをネットで検索しても、解決できるか不安」 という人にはオススメの会社です。 3位 Yahoo! プレミアム会員 初期費用 3,000円 キャッシュバック なし 2年間の合計金額 61,836円 モバイルルーター機種 特徴 ・月額費用を抑えたい。 Yahoo! Wi-Fiは月額料金では業界で最安値です。 ただ、2年間合計金額ではGMOとくとくBBに劣ります。 そのため合計金額より、月々の負担を軽くしたいという人から人気です。 Yahoo! プレミアム会員 2,856円 3,609円 4,050円 3,695円 月額料金は1,980円と業界で最安値です。 1位のGMOとくとくBBと比較しても、月で1,200円ほど安い計算になります。 プレミアムGyao! が3ヶ月無料 Gyao! はドラマや映画、アニメまで様々なものを見放題のサービスです。 プレミアム会員でしか見れない動画があり、それらが3ヶ月間は無料で全て視聴可能となります。 Yahoo! Wi-Fiのデメリット 1.有料プランへの入会が必須 Yahoo! Wi-Fiは月380円の有料プランへの入会が必須です。 その料金も合計すると、1位のGMOとくとくBBには2年間の合計金額で劣ります。 ただ、現在はYahoo! プレミアムが最大6カ月無料となるキャンペーンを実施しています。 Yahoo! ショッピング、ヤフオクなどを利用する人には少しお得です。 2.性能は少し低め Yahoo! Wi-Fiはモバイルルーターが1種類で、しかもそれほど高性能なモバイルルーターとは言いがたいです。 以下はYahoo! Wi-FiとGMOとくとくBBの一番高性能な機種を比較したものです。 会社名 機種名 通信速度 Yahoo! Wi-Fi Pocket WiFi 601ZT 最大112. 5Mbps GMOとくとくBB Speed Wi-Fi NEXT WX03 最大440Mbps 通信速度は、GMOとくとくBBの半分となっています。 110Mbpsという速度では、短い動画視聴などは可能ですが、2時間以上の動画視聴 or 高画質な動画では時々固まることがあります。 なので、Yahoo! Wi-Fiは、 「最低限、ネットを使えれば問題無し」 「合計料金より月々の料金を抑えたい」 という方にはオススメです! この月額1,980円キャンペーンは、 期間限定なので、気になる人は早めに申し込むことをオススメします。 - ,.

次の