競馬 勝ち組 買い方。 競馬で必ず儲かる買い方はあるか?絶対に稼げる馬券の買い方を考察。確実に利益を出すには?

馬券のうまい買い方 競馬で損をしない

競馬 勝ち組 買い方

勝ち組は、勝ち組同士で固まる習性があるので、負け組の人は、この世に競馬で勝っている人を見たことがないかもしれませんね。 私自身も、少額ですが年間プラス収支が続いています。 私の周りにも、年間プラス収支の知り合いが複数います。 相手8頭 ・三連単1着固定。 相手6~8頭 ・三連単2着固定(複勝回収率が高い馬を軸にする) ・三連単6頭ボックス はい。 思いつくままに書いてみましたが、私の周りで勝ち組の人々は、このような買い方をしていることが多い印象です。 奇をてらった買い方で勝っている人はほとんどいない印象です。 流し馬券なら、軸馬の期待値が高いレースを選ぶ。 ボックス馬券なら、荒れそうなレースを選ぶ。 このような基本的な事がしっかりできているから、勝ち組の人は年間プラス収支になるわけです。 例えば、「重賞レースは全て参加する人」 このようなタイプは、負け組になりやすいです。 なぜかというと、自分でレースを選んでおらず、そこにあるレースに参加しているだけだからです。 逆に、負け組は、そこに重賞レースがあるから参加する。 買い方は後から考える、という人が多いわけですね。 最初から、単勝の多点買いを決め打ちしてはダメなんです。 なぜなら、単勝の多点買いで利益を出せるレースは、1日の中でそんなに多くないからです。 この意味が全くわからない人は、まだ勝ち組にはなれないかもしれません。 先ほどの続き。 次の買い方です。 「 馬連とワイドを1:1で買う(各1~2点)」 これもうまく活用すれば、非常に回収率の高い買い方になります。 まず馬連1点で勝負できそうなレースを探す。 ここがスタートライン。 最初はワイドのことは考えません。 あくまでも、選ぶ2頭の期待値が高いレースを考えます。 「3着でもいいよね」と考えると、4着になるものです。 これは経験がある人も多いのではないでしょうか。 よくありますよね。 なので、馬連とワイドを1:1で買う場合でも、最初にワイドをイメージしてしまうと、4~5着になってしまう可能性が高いわけです。 このような狙い方なら、「馬連を狙って1-3着」だった場合でも、ワイドでリスクヘッジできます。 なぜかというと、ワイド馬券の特性を考えると、多点買いすると全体の回収率が下がるからです。 ワイド馬券はオッズが低いため、できるだけ買い目点数を絞りたい。 なので、馬連とワイドを1:1の場合は、各1~2点買いが良いと思うわけです。 例えば、「フルゲート18頭のハンデ戦」 このようなレースを、馬連1点で取るのは非常に難しいです。 ワイドで拾うのもかなり難しい。 具体的には、10~14頭立てくらいですね。 これくらいの頭数なら、人気馬の好走確率も高くなるので、馬連1点でも的中させる事はそれほど難しくないわけです。 例えば、「 最終レース」は要注意。 最終レースは、意味不明な荒れ方をするケースが多いので、私はあまり手を出しません。 ましてや、馬連&ワイド1~2点勝負では、比較的本命サイドで決まるレースを選びたいので、最終レースは避けた方が無難です。 これも1つのレース選びと言えます。 「メインレースを外した!くっそー!有り金かき集めて、最終レースで一発逆転だ!!」 これが負け組の発想ですね。 そこには、レース選びという概念は全くなく、ただ感情だけが存在しています。 ただ期待値の高い馬券だけを探して、それを淡々と購入する。 これが勝ち組。 これが負け組。 競馬のレースに対して、必要以上にテンションが上がってしまう人も、負け組の要素が強いです。 あまりにも競馬を楽しみにしすぎてしまうと、負け組になりやすいわけです。 「来週の重賞レースは何かなー。 ワクワク」 これはこれで悪くないんですが、勝ち組か負け組かと言われると、これは負け組のパターンなんですね。 自分が勝負するべきレースを、冷徹に見極めるからです。 G1レースでも、自分が勝負するべきレースではないと判断したら、あっさりと見送ります。 1円も賭けません。 競馬が好きであればあるほど、レースを見送ることができなくなってしまうからです。 できるだけ冷めた目で競馬を見る。 そうすると、自分が勝負すべきレースが見えてきます。 期待値が高いレースや、期待値が高い馬、利益になりそうな馬券。 とにかくこれを探すことだけに集中する。 ドキドキワクワクは後回しです。 というか不要。 それができれば、勝ち組に一歩近づくと思います。

次の

競馬で勝ってる人の馬券の買い方

競馬 勝ち組 買い方

勝ち組は、勝ち組同士で固まる習性があるので、負け組の人は、この世に競馬で勝っている人を見たことがないかもしれませんね。 私自身も、少額ですが年間プラス収支が続いています。 私の周りにも、年間プラス収支の知り合いが複数います。 相手8頭 ・三連単1着固定。 相手6~8頭 ・三連単2着固定(複勝回収率が高い馬を軸にする) ・三連単6頭ボックス はい。 思いつくままに書いてみましたが、私の周りで勝ち組の人々は、このような買い方をしていることが多い印象です。 奇をてらった買い方で勝っている人はほとんどいない印象です。 流し馬券なら、軸馬の期待値が高いレースを選ぶ。 ボックス馬券なら、荒れそうなレースを選ぶ。 このような基本的な事がしっかりできているから、勝ち組の人は年間プラス収支になるわけです。 例えば、「重賞レースは全て参加する人」 このようなタイプは、負け組になりやすいです。 なぜかというと、自分でレースを選んでおらず、そこにあるレースに参加しているだけだからです。 逆に、負け組は、そこに重賞レースがあるから参加する。 買い方は後から考える、という人が多いわけですね。 最初から、単勝の多点買いを決め打ちしてはダメなんです。 なぜなら、単勝の多点買いで利益を出せるレースは、1日の中でそんなに多くないからです。 この意味が全くわからない人は、まだ勝ち組にはなれないかもしれません。 先ほどの続き。 次の買い方です。 「 馬連とワイドを1:1で買う(各1~2点)」 これもうまく活用すれば、非常に回収率の高い買い方になります。 まず馬連1点で勝負できそうなレースを探す。 ここがスタートライン。 最初はワイドのことは考えません。 あくまでも、選ぶ2頭の期待値が高いレースを考えます。 「3着でもいいよね」と考えると、4着になるものです。 これは経験がある人も多いのではないでしょうか。 よくありますよね。 なので、馬連とワイドを1:1で買う場合でも、最初にワイドをイメージしてしまうと、4~5着になってしまう可能性が高いわけです。 このような狙い方なら、「馬連を狙って1-3着」だった場合でも、ワイドでリスクヘッジできます。 なぜかというと、ワイド馬券の特性を考えると、多点買いすると全体の回収率が下がるからです。 ワイド馬券はオッズが低いため、できるだけ買い目点数を絞りたい。 なので、馬連とワイドを1:1の場合は、各1~2点買いが良いと思うわけです。 例えば、「フルゲート18頭のハンデ戦」 このようなレースを、馬連1点で取るのは非常に難しいです。 ワイドで拾うのもかなり難しい。 具体的には、10~14頭立てくらいですね。 これくらいの頭数なら、人気馬の好走確率も高くなるので、馬連1点でも的中させる事はそれほど難しくないわけです。 例えば、「 最終レース」は要注意。 最終レースは、意味不明な荒れ方をするケースが多いので、私はあまり手を出しません。 ましてや、馬連&ワイド1~2点勝負では、比較的本命サイドで決まるレースを選びたいので、最終レースは避けた方が無難です。 これも1つのレース選びと言えます。 「メインレースを外した!くっそー!有り金かき集めて、最終レースで一発逆転だ!!」 これが負け組の発想ですね。 そこには、レース選びという概念は全くなく、ただ感情だけが存在しています。 ただ期待値の高い馬券だけを探して、それを淡々と購入する。 これが勝ち組。 これが負け組。 競馬のレースに対して、必要以上にテンションが上がってしまう人も、負け組の要素が強いです。 あまりにも競馬を楽しみにしすぎてしまうと、負け組になりやすいわけです。 「来週の重賞レースは何かなー。 ワクワク」 これはこれで悪くないんですが、勝ち組か負け組かと言われると、これは負け組のパターンなんですね。 自分が勝負するべきレースを、冷徹に見極めるからです。 G1レースでも、自分が勝負するべきレースではないと判断したら、あっさりと見送ります。 1円も賭けません。 競馬が好きであればあるほど、レースを見送ることができなくなってしまうからです。 できるだけ冷めた目で競馬を見る。 そうすると、自分が勝負すべきレースが見えてきます。 期待値が高いレースや、期待値が高い馬、利益になりそうな馬券。 とにかくこれを探すことだけに集中する。 ドキドキワクワクは後回しです。 というか不要。 それができれば、勝ち組に一歩近づくと思います。

次の

競馬単複必勝法で絶対に勝つ!【単複バランス法で稼ぐ】

競馬 勝ち組 買い方

まいど!馬券生活者ゆうぞうです! 今回は競馬で勝っている人の買い方について話そうと思う。 競馬で勝ち続けている人と言うのは「競馬で負け続けている人とは違った買い方」をしているからこそ競馬で勝っているわけやから、そのへんの違いを勉強して欲しい。 もくじ• 本命が来るレースでは本命を買え 競馬予想してる人に対して時々 「そんな人気馬やったら誰でも言える」みたいな事言う奴おるやん?けど、誰が予想するにしたって人気馬は可能性の点から見ても、過去の統計的な点から見ても来る確率が高いねんから人気馬の評価が高くなるのは仕方が無いねん。 もちろん一般人が抱きがちな 「予想家を名乗るなら人気薄の馬をバンバン本命にして馬券当てんかい!」という 理想もわからんでは無い。 ただ来る確率が色んな面から見て低いから人気無いのが人気薄の馬やからな、人気薄を本命にするタイプの予想家はバンバン当てる事は無理やろ。 同じように人気馬を本命にするにしても、何も考えずに人気馬を盲信しているのと、他の可能性を考慮した上で、やっぱり人気馬を買うべきと判断するのは別やと思うで! でも書いてるけど、結局へんに捻りすぎてもかえって当たらんようになるのが競馬やからな。 わからんレースは見送って、荒れそうなレースは高配当を狙ってみて、本命で決まると読んだレースは本命で勝負する。 レースの見極めにはも参考になるで! もっとも適した馬券式別を選ぶ わしは、もっともそのレースに適した馬券式別で勝負するようにしとる。 殆どの競馬ファンは最初から三連単以外買う気が無い状態で予想をスタートする。 もちろん三連単を買ってはいけないとは言わない。 自分が勝つためにベストな馬券式別が三連単であると判断した場合はOKや。 ご存知のように三連単と言うのは主催者がもっともテラ銭(手数料のようなもの)を多く抜いている馬券なので、意外と初心者には儲けづらい馬券なんや。 それぞれの馬券式別についてはで詳しく解説してるから、良かったら読んでみて欲しい。 「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。 わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細は.

次の