福岡県 コロナ。 コロナ給付金「二重取り」も 福岡県と国の支援に一部重複|【西日本新聞ニュース】

福岡県弁護士会からのお知らせ:新型コロナウイルスに関する無料電話相談のご案内

福岡県 コロナ

緊急事態宣言を受け、福岡県の小川洋知事が会見。 福岡県の対応は 4月7日(火)、福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部長の小川洋知事は、国からの緊急事態宣言を受け、臨時記者会見を行った。 その模様は公式ホームページの動画で公開されている。 会見で小川知事は、4月7日(火)時点で、福岡県全体で23件の感染者が確認され、累計199人(内、退院9人、死亡1人)と福岡県の状況について説明。 「4月8日(水)から5月6日(水)までの1ヶ月間、今までの7つの事項に加え、新たに5つの取組みをお願いしたい」と協力を要請した。 宣言を受けた県の新たな措置は、(1)平日、週末、昼夜を問わず、生活維持のために必要な場合を除いて、外出を自粛すること、(2)職場への出勤は、外出自粛の要請対象とはならないが、在宅勤務、時差出勤、自転車通勤等、人とのまじわりを軽減するようにすること、(3)不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは避けること、(4)感染拡大の恐れのあるイベント開催は控えること、(5)生活必需品の買い占めを行わないこと、とした。 また、「法的な根拠、裏付けのある要請となるため、受け取っていただく県民の皆様の受け取り方も変わってくる。 今まで以上に取り組みが強化されることを期待しています」と強く訴えた。 福岡県からの具体的な要請内容まとめ (1)生活の維持に必要な場合を除き、外出を控えること。 (2)職場への出勤は、外出自粛の要請の対象としないが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など人との交わりを低減すること。 (3)不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは、まん延防止の観点から、極力避けること。 なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なる。 (4)換気の悪い「密閉空間」、多数が集まる「密集場所」、間近で会話や発声をする「密接場面」、これらの集団感染のリスクを高める3条件が同時に重なることを回避すること。 (5)感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催を控えること。 (6)手洗いの励行や咳エチケットに努めること。 (7)飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料・医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと (8)新型コロナウイルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談すること。 (9)発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受診する際には、直接受診せず、必ず事前に電話で相談すること。 (10)海外の渡航について、外務省の勧告・指示に従うこと。 福岡市の高島市長、福岡市の私立学校の臨時休業や保育園の運営に言及 4月7日(火)、福岡市の高島宗一郎市長も臨時記者会見を行った。 その様子は、自身のオフィシャルブログで公開されている。 高島市長は、17日(金)までとしていた市立小中高校の臨時休校を5月6日(水)まで延長すると発表。 休校中は、各家庭のネット環境などに合わせて、オンライン学習とプリント学習、学校などでのサポートをベストミックスで行っていくべく検討を進めていくという。 また、福岡市立西陵高校については、13日(月)以降、始業式や全校集会も含めて、全ての授業をオンラインで行う方針で準備を進めている。 さらに特別支援学校については、現状デイケア対応をお願いしているが、逆に学校を再開するほうが3つの密をより避けることができると判断し、再開に向けて検討していると発表。 一方、休むことができない人(医療、介護の関係者や、保育園や留守家庭子ども会のスタッフ)も存在するという事に触れ、「警察や医療・介護関係者、保育施設勤務など、仕事上こどもを預けざるを得ない保護者の方以外は、緊急事態宣言の期間中、できる限り自宅で保育をするようにお願いしたいです」と要請。 休校延長期間中は春休みなどと同様に学童保育「留守家庭子ども会」を実施するが、保育所と同じくできる限り自宅などで過ごさせるよう協力を訴えた。 なお、これを後押しするために、緊急事態宣言の期間中、保育園を休んでも退園扱いにはせず、さらに休んだ日数は、日割りで保育料を割引きをすると支援についても語った。 また、高島市長は会見の中で、「緊急事態宣言の期間中、毎週金曜日の正午にぜひみんなで『Friday Ovation』医療・介護関係者に感謝の拍手を」と提案。 「これから1ヶ月、長い戦いになってきます。 市民の皆様の冷静な行動力と、団結力もって、困難を一緒に乗り越えていきましょう」と訴えた。 市立高等学校 2020年4月6日(月)から5月6日(水)まで。 ・対象 福岡市内の認可保育所、認定こども園(保育部分)、小規模保育事業所等を利用する保護者のうち、家庭での保育が可能な方。 留守家庭子ども会を利用する保護者のうち、家庭での保育が可能な方。 ・保育料の対応 家庭での保育をお願いした期間において、施設を利用しなかった日数について、月額の保育料を軽減(日割り)する。 保育料の軽減は、翌月以降の保育料での調整を原則とする。 ・保育料の手続き 施設を利用しなかった日数については、施設から各区に報告。 保護者の方での手続きはなし。 なぜ福岡が選ばれたのか 安倍晋三首相は、4月7日(水)の会見で福岡県を対象地域に加えた理由として、感染者数が倍増する期間が全国で最も短いことや、感染経路が不明の割合が高いことを指摘。 福岡県の小川知事においても、その内容に触れ、「2月20日に最初の感染者が出て、40日間で29人まで増加、3月31日から4月6日までの7日間で、5倍を超える147人が感染しています。 行動経路をたどっていくと、感染源がわからない方が4割を超えています。 」と強く訴え、福岡県が選ばれた理由を語った。

次の

福岡県 オンライン物産展で3割引クーポン・送料無料!特産品をお取り寄せ

福岡県 コロナ

特に小学生の留守家庭子ども会の担当の方からは毎日必死に奮闘される様子もお聞きしてます。 1 発熱(概ね37. 5度以上)かつ呼吸器症状(咳など)がある人。 2 武漢市への渡航歴がある方、又は武漢市への渡航歴があり、発熱や呼吸器症状がある人との接触歴がある人。 このような要件を満たす方は保健所、またはコロナウイルス相談窓口に電話をして下さい。 また高年齢者・基礎疾患(糖尿病・心不全など)がある方は重症化しやすいため風邪の症状や37. 5度以上の熱が2日以上続く時には電話相談をしてください。 また妊娠中の方も同様です。 ほんとに、こういう方は直接医療機関に行く前に保健所に連絡してほしい…病院には免疫力の弱い方がたくさんいる。 弾丸で乗り込んだところで対応しかねる場合がほとんど、お互いの色んなリスクを最小限にするためにもちゃんとしようね… — ぽすか poscolorful そうでない場合、 風邪、インフルエンザと同様の対応となるので、まずは一般の病院を受診します。 その際には必ずマスク着用をしましょう。 またプロ野球選手が新型コロナウイルスが陽性と判明した時に「においを感じない」という臭覚や味覚障害が出ることを公表。 コロナウイルスの症状として37. 5度以上の高熱以外に「嗅覚」「味覚」の障害がでるという特徴で新型コロナウイルスかも?と気付くことができるようになりましたね。 医師の診察で、肺炎の症状がみられて新型コロナウイルスの感染が疑われる場合、病院から保健所に連絡、検体検査が行われます。 検体検査で新型コロナウイルスに陽性が出た場合、感染症指定医療機関に入院する事となります。 新型コロナウイルスの相談窓口 2020年1月28日から新型コロナウイルスにかかる厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)が設置されています。 お住いの地域に相談できるようになっていますね。 【福岡県】のコロナウイルスの対応病院はどこ? 【速報】 コロナウイルス感染症数過去最大12名!累計41名へ 福岡市5名、北九州市5名久留米市1名、京都郡1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。 3連休から10日程経ち増加が懸念されます。 — 福岡県議会議員 守谷正人 masatomoriya 新型コロナウイルスに感染してしまった場合、感染拡大を防ぐために『感染症指定医療機関』での受診、入院が必要となります。 身体に異変を感じたら直接保健所に出向かずに必ず最寄りの保健所に電話をして下さい。 感染症指定医療機関には以下の3種類があります。 厚生労働大臣が指定する 『 特定感染症指定医療機関』 各都道府県知事が指定する 『 第一種感染症指定医療機関』 『 第二種感染症指定医療機関』の3種類があります。 特定感染症指定医療機関 独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター 10床 独立行政法人国立病院機構 九州医療センター 2床 福岡赤十字病院 2床 田川市立病院 8床 聖マリア病院 6床 筑後市立病院 2床 福岡大学筑紫病院 2床 医療法人徳洲会 福岡徳洲会病院 2床 福岡市民病院 4床 北九州市立医療センター 16床 独立行政法人 国立病院機構大牟田病院 2床 社会医療法人天神会 新古賀病院 8床 福岡県の特定感染症指定医療機関 福岡県内に特定感染症指定医療機関に指定されている病院はありません。 一番近いのは大阪のりんくう総合医療センターとなります。 ・感染したかもと思ったら、「帰国者・接触者相談センター」やかかりつけ医へまず電話で相談する。 ・3つの「密」=密閉空間・密集場所・密接場所、とりわけ夜間における接客を伴う飲食店や繁華街への外出は控える。 ・病院や高齢者施設への面会訪問なども控える。 など1人1人が心掛けるだけで随分と感染が抑えられるのではないでしょうか? また子供たちにも 登校が再開される(と想定される)うちの子たちに改めてコロナウイルス感染予防対策を伝えるためのポスターを作りました。 お友達のまうどん()さんがご好意でイラストをつけてくれて、すごく素敵に仕上がったのでアップします。 個人使用の範囲に限り、ご自由にどうそ! — イシゲスズコ suminotiger このようなイラスト入りのポスターで注意する事を分かりやすく伝える事も大切ですね。 マスク着用・手洗い消毒の徹底し対策を心がけて1日も早い終息を祈るしかないです。

次の

福岡市 福岡市の状況 日別事例数<新型コロナウイルス感染症>

福岡県 コロナ

本ページでは、新型コロナウイルス感染症の福岡県内での感染者の概要を掲載しています。 ) 福岡コロナ警報について(7月15日時点) 本日、福岡県内で16件(うち、感染経路不明13件)の陽性者の報告がありました。 4つの指標の値は、全て基準未満です。 検査陽性率は1.9%です。 病床については、490床(このうち重症病床60床)を確保しています。 民間の宿泊療養施設についても、826室を確保しております。 また、患者の受入調整についても、「新型コロナウイルス感染症調整本部」によって全県的に実施される等、十分な医療提供体制を維持しております。 遠賀郡1名、北九州市2名、、糟屋郡1名、福岡市12名 糟屋郡2名、福岡市7名 北九州市1名、福岡市3名 福岡市1名、北九州市1名 糟屋郡1名、福岡市2名、北九州市2名 福岡市3名、糸島市2名、北九州市1名、糟屋郡2名、筑紫野市1名 7月16日(木曜日)、福岡県内でPCR等検査を837件(うち民間検査617件)実施し、938~953例目の患者の発生報告がありました。 患者938 7月16日(木曜日)、県内(北九州市、福岡市、久留米市発表分を除く。 )で938例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 (1)年代、性別等:60歳代、男性 (2)居住地:遠賀郡 (3)職業:無職 (4)発症日:- (5)現在の症状:なし (6)濃厚接触者:なし (7)症状、経過、行動歴等 ・7月15日 別疾患によりA医療機関を受診し、検体採取。 ・現在、感染症指定医療機関に入院。 患者939・940 7月16日(木曜日)、北九州市内で939・940例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 ・939例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 7月13日(月曜日)発熱(38度台)、鼻水あり。 7月14日(火曜日)発熱(37度台)のため、A医療機関を受診 7月15日(水曜日)北九州市PCR検査センターで検体採取。 7月16日(木曜日)PCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 東京都滞在歴あり。 (6)濃厚接触者 家族、親戚。 ・940例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 7月10日(金曜日)発熱(39度台)、嘔吐あり。 7月11日(土曜日)~7月13日(月曜日)発熱と解熱を繰り返す。 7月14日(火曜日)発熱(38度台)あり。 B医療機関受診 7月15日(水曜日)発熱(39度台)あり。 C医療機関で検体採取。 7月16日(木曜日)北九州市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 939 若松区 20歳代 女 無職 なし 家族、親戚 940 小倉南区 80歳代 女 無職 なし 調査中 患者941~953 7月16日(木曜日)、福岡市内で941~953例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 941 20歳代 男 福岡市博多区 単身 飲食店従業員 発症後外出なし 7月9日 咳、倦怠感 ・発熱後解熱 ・発症前、出勤あり (7月7日、8日) ・一般病院に入院中 942 20歳代 男 福岡市中央区 単身 飲食店従業員 発症後出勤あり (7月11日、12日) 7月11日 咳、倦怠感 ・発熱後解熱 ・発症前、出勤あり (7月9日、10日) ・感染症指定医療機関に入院中 943 30歳代 男 福岡市中央区 単身 会社員 発症日出勤あり 7月12日 咳、倦怠感 ・発熱後解熱 ・発症前、出勤あり (7月11日) ・一般病院に入院中 944 20歳代 男 福岡市博多区 同居人 飲食店従業員 発症後外出なし 7月11日 無症状 ・発熱後解熱 ・発症前、外出あり (7月10日) ・一般病院に入院中 945 30歳代 女 福岡市中央区 単身 飲食店従業員 発症日出勤あり 7月13日 発熱、咳、倦怠感 ・932例目の接触者 ・発症前外出、出勤あり (7月11日) ・感染症指定医療機関に入院中 946 40歳代 女 福岡市早良区 夫 看護師 発症日出勤あり 7月13日 無症状 ・913例目が勤務する病院の職員 ・発熱後解熱 ・発症前出勤、外出あり(7月11日、12日) ・一般病院に入院中 947 30歳代 女 福岡市博多区 単身 飲食店従業員 発症後外出なし 7月14日 倦怠感 ・932例目の接触者 ・発症前出勤あり(7月13日) ・感染症指定医療機関に入院中 948 30歳代 男 福岡市博多区 同居人 会社員 発症後外出あり(7月12日) 7月10日 咽頭痛 ・発症前外出あり(7月8日、9日) ・発症前東京滞在歴あり ・一般病院に入院中 949 50歳代 男 糟屋郡 調査中 調査中 調査中 調査中 発熱、肺炎 950 30歳代 男 福岡市博多区 調査中 飲食店従業員 調査中 調査中 発熱 951 20歳代 男 福岡市博多区 調査中 会社員 調査中 調査中 発熱 952 10歳代 女 福岡市中央区 調査中 調査中 調査中 調査中 調査中 ・大阪市の陽性者の接触者 953 20歳代 男 福岡市中央区 調査中 調査中 調査中 調査中 調査中 7月15日(水曜日)、福岡県内でPCR等検査を842件(うち民間検査636件)実施し、929~937例目の患者の発生報告がありました。 患者929~930 7月15日(水曜日)、県内(北九州市、福岡市、久留米市発表分を除く。 )で929~930例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 ・929例目 (1)年代、性別等:70歳代、男性 (2)居住地:糟屋郡 (3)職業:無職 (4)発症日:7月12日 (5)現在の症状:発熱(38度)、咳 (6)濃厚接触者:家族:4名(内2名陽性) (7)症状、経過、行動歴等 【患者913例目(福岡市422例目・20歳代・女性)の接触者】 【7月10日 患者913例目が新型コロナウイルス陽性判明】 ・7月11日 検体採取。 新型コロナウイルス陰性判明。 ・7月12日 微熱。 ・7月13日 発熱(38.1度)、咳あり。 帰国者・接触者外来を受診し、検体採取。 ・7月14日 新型コロナウイルス陽性判明。 ・現在、感染症指定医療機関に入院。 ・930例目 (1)年代、性別等:50歳代、男性 (2)居住地:糟屋郡 (3)職業:会社員 (4)発症日:7月13日 (5) 現在の症状:発熱(38.2度) (6)濃厚接触者:家族4名(内2名陽性) (7)症状、経過、行動歴等 【患者913例目(福岡市422例目・20歳代・女性)の接触者】 【7月10日 患者913例目が新型コロナウイルス陽性判明】 ・7月11日 検体採取。 新型コロナウイルス陰性判明。 ・7月13日 発熱(37.8度)。 帰国者・接触者外来を受診し、検体採取。 ・7月14日 新型コロナウイルス陽性判明。 ・現在、感染症指定医療機関に入院。 患者931~937 7月15日(水曜日)、福岡市内で931~937例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 931 30歳代 男 福岡市博多区 単身 無職 発症後外出なし 7月10日 発熱、咳、倦怠感 ・感染症指定病院に入院中 932 40歳代 男 福岡市南区 単身 自営業 発症後外出あり(7月9日) 7月5日 咳、倦怠感 ・感染症指定病院に入院中 ・発症前外出あり(7月3日、4日) ・発熱後解熱 933 30歳代 女 福岡市博多区 単身 飲食店従業員 発症後外出なし 7月15日 発熱、咳、倦怠感 ・890例目の同僚 ・感染症指定病院に入院中 934 30歳代 女 福岡市博多区 単身 飲食店従業員 発症後外出なし 7月11日 咽頭痛 ・890例目の同僚 ・感染症指定病院に入院中 935 30歳代 女 福岡市中央区 単身 無職 発症後外出あり(7月11日) 7月7日 発熱、咳、倦怠感 ・926例目の濃厚接触者 936 10歳代 女 福岡市中央区 両親・きょうだい 飲食店従業員 発症日出勤あり(7月11日) 7月11日 無症状 ・発症前外出あり(7月9日) ・感染症指定病院に入院中 ・発熱後解熱 937 20歳代 女 福岡市南区 単身 看護師 発症日出勤あり(7月13日) 7月13日 発熱、倦怠感 ・発症前出勤あり(7月11日) 7月14日(火曜日)、福岡県内でPCR等検査を797件(うち民間検査571件)実施し、925~928例目の患者の発生報告がありました。 患者925 7月14日(火曜日)、北九州市内で925例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 ・925例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 7月14日(火曜日)A医療機関に救急搬送。 発熱(37度台)あり、検体採取。 本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、A医療機関入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 925 八幡西区 80歳代 女 調査中 調査中 調査中 患者926~928 7月14日(火曜日)、福岡市内で926~928例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 926 30歳代 女 福岡市南区 単身 無職 発症後外出あり(7月4日) 7月3日 倦怠感、咳 ・発熱後解熱 ・感染症指定医療機関に入院中 927 30歳代 男 福岡市中央区 単身 飲食店従業員 発症後外出なし 7月12日 無症状 ・914例目の濃厚接触者 ・発症前出勤あり(7月10日、11日) ・発熱後解熱 928 20歳代 男 福岡市中央区 妻、子 飲食店従業員 発症日に出勤 7月13日 無症状 ・890例目の勤務先の従業員 ・発症前出勤あり(7月11日) 7月13日(月曜日)、福岡県内でPCR等検査を401件(うち民間検査304件)実施し、923~924例目の患者の発生報告がありました。 患者923 7月13日(月曜日)、福岡市内で923例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 923 20歳代 男 福岡市東区 単身 会社員 発症日に出勤 7月9日 味覚・嗅覚異常 ・910例目の濃厚接触者 ・発症前、東京での滞在歴あり ・発熱後解熱 ・感染症指定医療機関に入院中 患者924 7月13日(月曜日)、北九州市内で924例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 ・924例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 7月13日(月曜日)A医療機関にて検体採取。 本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 無症状、入院調整中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 924 八幡東区 20歳代 女 医療スタッフ なし 調査中 921例目の濃厚接触者 7月12日(日曜日)、福岡県内でPCR等検査を362件(うち民間検査201件)実施し、918~922例目の患者の発生報告がありました。 患者918 7月12日(日曜日)、県内(北九州市、福岡市及び久留米市発表分を除く。 )で918例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 (1)年代、性別等:10歳代、男性 (2)居住地:糟屋郡 (3)職業:学生 (4)発症日:7月5日 (5)現在の症状:咳 (6)濃厚接触者:家族:4名(内1名陽性)、その他:調査中 (7)症状、経過、行動歴等: 【患者908例目(40歳代・男性)の接触者】 ・7月5日 発熱(37.5度)、咳あり 【7月10日 患者908例目が新型コロナウイルス陽性判明】 ・7月11日 新型コロナウイルス陽性判明 ・現在、感染症指定医療機関に入院中 患者919~920例目 7月12日(日曜日)、福岡市内で919~920例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 919 30歳代 女 福岡市博多区 同居人 無職 発症後外出なし 7月7日 無症状 ・発熱後、解熱 ・感染症指定医療機関に入院中 920 50歳代 男 福岡市 南区 母 飲食店従業員 発症後出勤あり(7月3日、4日、6日、7日、8日) 7月3日 発熱、咳、肺炎 ・907例目の勤務先の従業員 ・発症前出勤あり(7月1日) ・感染症指定医療機関に入院中 患者921~922例目 7月12日(日曜日)、北九州市内で921~922例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 A医療機関にて検体採取。 7月12日(日曜日)本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 中等症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 B医療機関に救急搬送。 B医療機関にて検体採取。 7月12日(日曜日)本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症。 入院調整中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 921 八幡東区 70歳代 女 調査中 調査中 調査中 922 八幡西区 90歳代 女 調査中 調査中 調査中 7月11日(土曜日)、福岡県内でPCR等検査を518件(うち民間検査379件)実施し、909~917例目の患者の発生報告がありました。 患者909~911 7月11日(土曜日)、県内で909~911例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 ・909例目 (1)年代、性別等:30歳代、男性 (2)居住地:福岡市 (3)職業:会社員 (4)発症日:7月4日 (5)現在の症状:咳、倦怠感 (6)濃厚接触者:調査中 (7)症状、経過、行動歴等: 【患者888例目(20歳代・女性)の接触者】 ・7月4日 発熱(37.5度)、倦怠感あり ・7月6日 症状が持続したため、A医療機関受診 【7月8日 患者888例目が新型コロナウイルス陽性判明】 ・7月10日 帰国者・接触者外来を受診し、検体採取 ・7月11日 新型コロナウイルス陽性判明 ・現在、感染症指定医療機関に入院中 ・910例目 (1)年代、性別等:30歳代、男性 (2)居住地:糸島市 (3)職業:会社員 (4)発症日:7月9日 (5)現在の症状:発熱(37.5度)、咳 (6)濃厚接触者:家族:1名、その他:調査中 (7)症状、経過、行動歴等: ・7月9日 咳あり ・7月10日 倦怠感出現 ・7月11日 発熱(37.5度)。 A医療機関を受診し、検体採取。 新型コロナウイルス陽性判明 ・感染症指定医療機関に入院中 ・911例目 (1)年代、性別等:30歳代、女性 (2)居住地:糸島市 (3)職業:会社員 (4)発症日:7月10日 (5)現在の症状:発熱(38.2度)、咳、倦怠感 (6)濃厚接触者:家族:1名、その他:調査中 (7)症状、経過、行動歴等: ・7月10日 咳あり ・7月11日 発熱(38.2度)、倦怠感。 A医療機関を受診し、検体採取。 新型コロナウイルス陽性判明 ・感染症指定医療機関に入院中 患者912例目 7月11日(土曜日)、北九州市内で912例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 7月10日(金曜日)A医療機関にて検体採取。 7月11日(土曜日)A医療機関におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 無症状、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 7月8日~11日 出勤あり。 (6)濃厚接触者 家族、仕事関係者。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 912 八幡西区 60歳代 男 自営業 なし 家族、仕事関係者 患者913~917例目 7月11日(土曜日)、福岡市内で913~917例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 913 20歳代 女 糟屋郡 両親、祖父母 看護師 発症日に出勤 7月10日 発熱 ・発症前出勤あり(7月8日、9日) ・感染症指定医療機関に入院中 914 20歳代 女 福岡市 東区 単身 飲食店従業員 発症日に出勤 7月7日 味覚・嗅覚異常 915 70歳代 女 福岡市 早良区 - - 入院中 7月10日 無症状 ・913例目が勤務する病院の患者 ・感染症指定医療機関に入院中 916 40歳代 男 筑紫野市 妻、母 飲食店従業員 発症後外出なし 7月11日 発熱、倦怠感 ・890例目の濃厚接触者 ・発症前出勤あり(7月9日) 917 50歳代 女 糟屋郡 夫、母 飲食店従業員 調査中 調査中 調査中 ・907例目の妻 ・感染症指定医療機関に入院中 、.

次の