ザックス いらっしゃい ませ。 【プレイ日記】最期の「いらっしゃいませ」: セフィロスといっしょ

【FF7リメイク】ザックスが生存している可能性についての考察(ネタバレ注意)【FF7R】

ザックス いらっしゃい ませ

トラックの荷台から降り、岩陰にクラウドを隠すザックス。 歩いて行くザックスの背中に手を伸ばすクラウド。 神羅の大軍の前に、一人立つザックス。 「自由の代償は高いぜ」 夢を抱きしめろ そしてどんな時でも ソルジャーの誇りは手放すな 「いらっしゃいませーーー!!」 ザックスの最期の戦いが始まる・・・ 押し寄せる兵士達を切り裂いていく。 倒しても倒しても兵士達はやって来る。 Wが回るが、それぞれの人々の回想が流れながら、壊れていく。 思い出が流れるたびに、顔が消えていく・・回らなくなっていくD. 最後に・・エアリスの顔が消えていく。 教会の花の上に雨が降る・・エアリスは何かを感じて、はっと空を見上げる。 仰向けに倒れたザックス、血の海に投げ出されたバスタードソードをそれでも離さない。 ザックスと剣の上にも雨が降る。 戦いは終わっている。 岩陰から這い出すクラウド。 必死にザックスの元へと這って行く。 ザックスはまだ息がある。 空と同じ色の瞳で空を見上げている。 「ザックス」 クラウドが呼びかける。 ザックスは最後の力を振り絞り、クラウドに語りかける。 「俺の・・ぶんまで・・・」 「あんたのぶん?」 「そうだ お前が・・」 「お前が?」 「生きる」 ザックスはクラウドを抱き寄せる。 ザックスの傷だらけの胸に顔を押し付けるクラウド。 「お前が・・俺の生きた証・・」 起き上がったクラウドの顔は血に染まっている。 「俺の誇りや夢・・」 ザックスは剣を持ち上げる。 アンジールから受け継いだ、あの剣を・・ 「全部やる」 クラウドは受け取る。 魔晄中毒でまだ朦朧としたままで、クラウドはザックスの言葉を繰り返す。 「俺が おまえの生きた証・・・」 ザックスは目を閉じる。 息を呑むクラウド、叫ぶクラウド。 クラウドはその言葉の意味に気がつく。 トモダチだろ・・頑張れよ・・ザックスの言葉がクラウドの中で木霊する。 雨は上がり、灰色の雲が消えていき、空は青い色を取り戻していく。 それはザックスの瞳の色、エアリスが待ち続けた空の・・・ 夢を持て 英雄になりたければ夢を持つんだ・・ 「ありがとう・・忘れない」 クラウドはザックスに言う。 「おやすみ ザックス」 そして立ち上がり、歩いて行く。 ザックスの夢の続きを紡いでいくために。 ザックスの誇りを胸に。 ザックスの心の声が流れる・・ 「あの子・・当たり前の空を 怖いと言ってたんだ」 空の上から、何かがやって来る・・・ 「やっぱり気持ち良さそうだな」 ザックスは目を開く・・ 「その翼・・・俺にもくれよ」 白い羽根が降って来る。 ザックスは空に向かい片手を伸ばす。 降りしきる羽根、羽根、羽根。 ザックスの伸ばした手を掴む、黒い手袋の手・・ザックスの身体が宙に浮かび上がる。 「なんだか 気持ちいいな」 荒野を、大きな剣を引きずりながら歩いて行くクラウドの姿が見える。 宙を飛びながら見下ろしているかの様に・・遥か下方に見える。 「エアリスにあったら よろしくな」 ザックスは呼びかける。 白い羽根が一枚、舞い落ちる・・・ 「なあ 俺 英雄になれたかな」 ライフストリームが流れる・・・・・・・・・・・ エアリスが立ち上がる・・あのFFVIIの懐かしきOP場面が再現されている。 列車の上で額にバスタードソードを押し付ける人影・・それは金色の髪をしている。 「俺はクラウド ソルジャー クラス 1st」 『Final Fantasy VII』の物語が 今 始まる・・・・・・・・・・・ (終了) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここはもるがんのクライシスコアFFVIIの記録用の場所です。

次の

【プレイ日記】最期の「いらっしゃいませ」: セフィロスといっしょ

ザックス いらっしゃい ませ

CCFF7 主人公が言うセリフの1つ。 序盤とエンディング中に発する。 OPと同じであるということが重要。 最期まで、彼は『モンスター』でも『誰かのコピー』でもなく、悲劇の前と同じ『ザックス』であり続けることが出来た。 とはいえここだけ聞くとふざけてるようにしか聞こえない。 神羅兵に向かっていく時に使うため、どちらかといえばいらっしゃってるのはザックスのほうである。 迷言のような名言のような迷言。 EDに関して言えば、クラウドやザックスを追っていらっしゃった神羅兵に言っているので問題はない。 名言のような迷言のような名言。 OPの「いらっしゃいませー!」は「ザックス面白いなぁ」と好感を持てる(筈 EDの「いらっしゃいませー!」は「行くなザックスーーー!!」と涙を誘われる(筈.

次の

ザックスオオヌマ

ザックス いらっしゃい ませ

CCFF7 主人公が言うセリフの1つ。 序盤とエンディング中に発する。 OPと同じであるということが重要。 最期まで、彼は『モンスター』でも『誰かのコピー』でもなく、悲劇の前と同じ『ザックス』であり続けることが出来た。 とはいえここだけ聞くとふざけてるようにしか聞こえない。 神羅兵に向かっていく時に使うため、どちらかといえばいらっしゃってるのはザックスのほうである。 迷言のような名言のような迷言。 EDに関して言えば、クラウドやザックスを追っていらっしゃった神羅兵に言っているので問題はない。 名言のような迷言のような名言。 OPの「いらっしゃいませー!」は「ザックス面白いなぁ」と好感を持てる(筈 EDの「いらっしゃいませー!」は「行くなザックスーーー!!」と涙を誘われる(筈.

次の