ドッカン バトル 悟空 の 系譜。 「孫悟空の系譜」カテゴリのキャラ一覧【ドッカンバトル】|GAMY

「孫悟空の系譜」カテゴリのキャラ一覧【ドッカンバトル】|GAMY

ドッカン バトル 悟空 の 系譜

『孫悟空の系譜』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。 【カテゴリとしての特徴】 【リーダーキャラクター】主要カード 【LRキャラクター】主要カード 【フェス限定キャラクター】主要カード 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 【イベント産キャラクター】主要カード 【バトルロード難易度】 【最適編成一例】 という項目で書いています。 【カテゴリとしての特徴】 ・カテゴリの定義 基本的には『孫一族』的なイメージのキャラクターが所属しています。 具体的には孫悟空・バーダック・ラディッツ・孫悟飯・孫悟天・パン・孫悟空Jr. ・孫悟飯 じいちゃん などです。 チチについては、結婚後 直前?含む はこのカテゴリの定義に属するようです。 ・ゲーム中No. 2の大規模カテゴリ 2019年8月現在、このカテゴリに属するカードは323枚、『』に次ぐゲーム中No. 2の大規模カテゴリです。 LRキャラは9体、フェス限キャラも12体、イベント産キャラクターも多数所属しており、『編成ハードルの低さ』という意味では非常に大きなアドバンテージがあります。 今後登場する悟空や悟飯のカードも全て所属していく訳で、将来性という意味でもやはり強いでしょう。 ・ほぼ超属性のサイヤ人オンリー カテゴリ定義的に当たり前ですが、超属性のサイヤ人キャラがほぼ全てを占めています。 なので、超サイヤ人や臨戦態勢など、サイヤ人系のリンクは一貫しやすいです。 この辺は使いやすい部分でしょう。 ・孫一族リンクが一貫しやすい 全員が持っている訳ではないですが、『孫一族』リンク持ちが多く、本来狙いづらいこちらが一貫しやすいです。 また、当然サイヤ人キャラがほとんどなので、サイヤ人系リンクも一貫します。 ・『』と並列 2体のフェス限リーダーがいますが、その内の1体が『』とのWカテゴリリーダーです。 あちらも中々の規模のカテゴリなので、混成させるとデッキの自由度がハネ上がります。 大乱戦で属性デッキを作る際には非常に有力なカテゴリです。 ・特攻イベント 、、、の特攻に指定されています。 特攻の数は多いので存在感は強いですが、フェス限LRリーダーがダメージ軽減対象になる極限が多く、ちょっとハマらない感じはあります。 【リーダーキャラクター】主要カード 『フェス限LR』のリーダーが2体もいるという、なんとも異常なカテゴリです。 補正倍率的には悟空のが有利ですが、長期戦であれば悟飯&悟天のが良いでしょう。 『』との混成にするなら猶更です。 特攻イベント・専用バトロなんかが来ても、サブが強力なら十分に代替出来る倍率でしょう。 いずれも個の性能も中々ですし、このレベルの代替リーダーが多いので編成ハードルも低いです。 【LRキャラクター】主要カード フェス限定LRキャラクターが3体も所属しています。 いずれも攻撃・防御共に非常にハイレベルなキャラクターばかりですが、どのキャラクターも尻上がりにパッシブ倍率を上げてくるキャラクターなので、長期戦においては無類の強さを発揮してきます。 特に悟飯&悟天は長期戦だと物凄い火力を発揮する、とんでもないモンスターになるでしょう。 反面、DEFが上がるまでは1番目に置きづらく、2番目に置くとリンクも切るので短期決戦だと扱いにくさもありますが、自身がリーダーフレンドなら気力8スタートなのでデメリットも打ち消せるでしょう。 超4悟空は反面、序盤からでも超必殺技をバシバシ撃て、お手軽条件でアクティブスキルもぶっ放せるので短期決戦ではメチャクチャ扱いやすいです。 1番目に置きづらいのは同じですが…。 変身悟飯はその中庸でバランスの良い感じでしょう。 このカテゴリで使うと変身が出来ないのが痛いですが…。 通常ガシャ産LRはこの3体です。 超3悟空は、このカテゴリで使うと気力リンクをかなり通しにくいので運用はキツいですが、バーダック・悟飯は気力も非常に貯めやすく、かなり使いやすい部類のLRです。 ただ、いずれも爆発的に強いかと言えばそれ程でもなく、色々とケチの付く部分はあるかもしれません。 バーダックはリンクスキルはかなり切りますし、悟飯もアタッカー専ですし。 まあ、それでも十分な強さは持っていますが、何分キャラの数がメチャクチャ多いカテゴリなだけに、競争は熾烈です。 イベント産LRはこの5枚です。 とは実用性も低いですが、残る3体は非常に優秀です。 特には同名カード問題もなく、超強力なガード&回復役ですから、この大規模カテゴリにあっても存在感は十分でしょう。 は古参ユーザーしか入手出来ませんが回復性能は非常に貴重で優秀、もサポートとしては文句無し。 イベント産LRは良いラインナップです。 【フェス限定キャラクター】主要カード カテゴリ世代フェス限はフェス限LRを含めて全部で10体存在します。 この5体は『孫悟空』のカテゴリ世代コスト58フェス限です。 主人公だけあり数も多いです。 特に優秀と言えるのは、でしょう。 変身しなくてもシンプルにATK,DEFが高く、長期戦にも非常に強い性能で、リンクの汎用性もバッチリです。 少年悟空はリンクは通りづらいですが単体性能では気力も含めて自己完結しており、お手軽に繰り出せるアクティブスキルも非常に便利です。 変身悟空も、このカテゴリだと変身による気力リンクの変化がキツいですが、攻守バランスは良いので短期決戦なら悪くないでしょう。 1番手で守れるキャラもこのカテゴリでは貴重です。 身勝手、超4はカテゴリ世代フェス限としては総合力にやや欠ける感じです。 超4はリーダーとのリンク相性が良いので、バカ火力を出して遊ぶ分には楽しい存在ですが。 こちらは『孫悟空以外』のカテゴリ世代コスト58フェス限です。 一番扱いやすいのはバーダックでしょう。 臨戦態勢持ちでATK,DEF補正も高め、サポート&必殺封じ持ちなので、取り敢えず入れておけば仕事はしてくれます。 未来悟飯は短期決戦だとそこまで輝きませんが、『』のような長期戦なら間違いなく筆頭戦力です。 アルティメット悟飯は、このカテゴリで扱うにはどうしても気力がネックでしょうか。 DEFサポートは優秀ではありますが…。 属性世代のコスト58フェス限はこの2人です。 どちらも火力編重、特にはほぼ攻撃専門で気力リンクも厳しい、超4の方はリーダーの片方と同名なので、中々出番も無いでしょう。 イベント産キャラですらタレント揃いのこのカテゴリだと流石に影も薄いです。 コスト48フェス限はこの悟空のみ。 極限しないと話にならないです。 コスト42フェス限はこの2人です。 悟空は本来優秀ですが、このカテゴリでは気力リンクを通しづらいので使いづらいでしょう。 敢えて短期決戦組で固める時くらい? 悟飯は逆に気力は全く気にしませんがインパクトも弱く、極限組はこのカテゴリは影も薄いです。 【通常ガシャ産キャラ特記戦力】主要カード 最も優秀と言えるのはこの4人でしょう。 とは両者共に地力も中々の虹気玉変換持ちで、更に前者は特攻相手に完全防御&必殺封じ持ち、後者はDEFもかなり高く、非常に優秀です。 特にゴッドは特攻相手なら、どんなフェス限やLRよりも輝くでしょう。 はバトルロードでは無双の強さを誇り、実際に活躍させた人も少なくないでしょう。 高い地力から会心&気絶連発の必殺技を乱れ撃ちしてくれます。 は貴重な回復性能持ちで防御も厚く、やはり高難易度イベントでも非常に役立つ存在です。 この4人もかなりの特化性能持ちで、適性のある高難易度イベントでは一際輝く性能です。 は無限上昇持ちなので長期戦に強く、更に特攻相手なら短期決戦でも強烈です。 は全回復持ちなのでやはり高難易度イベントに適性が高く、1体入るだけでクリア可能になった、なんてケースもあるでしょう。 は安定の全属性ガード持ち、も回避&高DEFの充実した防御性能を持っており、この辺は適性のある最高難易度イベントでは十分に活躍してくれます。 上の面々からはガクッと落ちますが、この辺も『ハマれば強い』タイプのキャラ達です。 とは条件が揃えばコスト58フェス限級の火力を出し、はそこまで行きませんが会心で火力を盛れて守りもこの中では一番厚く、次点ではこの辺でしょう。 悟空ゼノは優秀なサポーターですが、いかんせんこのカテゴリはイベント産のサポート枠が強過ぎて影も薄いです。 その他、この辺は更に格落ちになりますが、バランスの良い性能を持っているキャラクター達です。 カテゴリバトロ級のイベントで通用するかとなると微妙な者も多いですが…。 ただ、同名カード問題の多さはちょっと気にはなりますが。 悟空はカード枚数が非常に多いので仕方ないと言えば仕方ないか…。 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 筆頭戦力とまでは言えないまでも、アタッカーとして優れているのはこの辺でしょう。 それなりの防御性能も備えています。 その他、この辺は技上げ可能でそこそこ出来るアタッカーです。 あくまで『技上げ出来るだけマシ』程度であり、優秀なキャラが多いこのカテゴリでは、性能基準の選出ならお呼びがかかることもそうないでしょうが…。 その他、アタッカー専のキャラも居はしますが、ここまで使うケースはあまりないでしょう。 イベント産キャラのが余程優秀です。 【防御性能主体キャラ】主要カード この3人は『ATK低下&特攻相手なら高DEF』『高確率気絶』『ATK大幅低下』持ちなので、これらが有効なイベントでは採用価値も高いです。 これくらい特化性能持ちの方が出番も多いでしょう。 は火力もそこそこで気玉数次第では超高DEF、も必殺回数次第で相当の高DEFを発揮出来ますし、はそこそこの高ATK,DEFに加えATK低下も入れられ、は高DEFに必殺封じも入ります。 まあ、今はイベント産もかなり優秀なので、この辺までは声も掛かりにくいでしょうが…。 その他で言えば、この辺は『必殺封じ』やら『ATK低下』やらです。 ここも場合によっては、でしょう。 他、未覚醒のなんかはドッカン覚醒次第で化けそうな感じもあります。 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 特記戦力以外のサポートとして良いのはこの4人でしょう。 は自力も高めのサポート、はリーダーとの相性の良さ、他の2人は気力・ATK・DEF全てを補正出来るので、入れておけば確実に仕事はしてくれます。 まあ、サポート枠はイベント産キャラが優秀過ぎて、そちらで十分というのはありますが…。 バーダックは必殺封じも入れられるので、場合によっては使う場合もあるでしょう。 この辺はステータス補正。 パンや悟飯は補正倍率自体はかなりのモノなので、引き立てたいキャラがいるなら使うケースも無くは無いでしょうか。 優先度は低いでしょうが…。 【イベント産キャラクター】主要カード 何よりも、全イベント産キャラの中でも最強格であるこのカードが一番でしょう。 サポート性能も非常に優秀ですが、更に高DEF・ATK低下・交代による特攻性能と、余りにも優秀過ぎます。 正直、下手なフェス限やLRを入れるよりもよっぽど役に立つ、規格外の性能を持つイベント産キャラです。 使わない手はありません。 この4人もかなりの実力者です。 特にヤードラット悟空はバランスの良い性能で、頭一つ抜けている感じでしょうか。 残る3人は極限Z覚醒しており、特に悟飯と悟空Jr. この2人も中々優秀です。 悟空は高DEF、悟飯はダメージカット&サポート。 ただ、上の面子がいれば更に入る枠は流石に…。 その他、『そこそこ』程度のキャラもそれなりにいますが、ここまで優秀なキャラが多いと、性能で選ぶなら出番もそうないでしょう。 【バトルロード難易度】 2019年9月現在、バトルロードは実装されていません。 仮に実装された場合、イベント産ですら非常に優秀なキャラが多いので、リーダーさえ所持していればそれだけでも形になりそうです。 代替リーダーも多めですし、割と突破のハードルは低めかも? まあ、実装はまだずっと先にはなるでしょうが。 【最適編成一例】 1 リーダー ・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7 フレンド ・ 正直、上から順に詰めて行くと『これカテゴリじゃん』みたいになりがちです。 というか実際なりました。 かめはめ波のリーダースキル倍率下位互換みたいな編成をわざわざ見せてもしょうがないので、ここでは『』なんかを意識した編成として、気絶持ちで地力も高いと、特攻相手には無双できるを入れています。 この辺ならあっちのカテゴリでは使えないですし。 この編成だと尻上がりなキャラも多いですが、特攻相手なら序盤からゴッドが完全に守りつつ必殺封じも入れられ、超1悟空も超高確率気絶も入れてくれるので、序盤から安定して戦えるでしょう。 尻上がりなキャラも安心して仕上げて行けますし、短期決戦でも超4悟空のアクティブスキルの上乗せなどでガンガン攻められ、割と対応力は高いでしょう。 ただ、これはあくまで一例ですし、例えば今回は敵が『劇場版BOSS』ならを使う、挑むのがバトルロードなら超高確率気絶のを使うなんて前提に立ちましたが、そうでないケースならまた面子も変わるでしょう。 フェス限・LRの面子を見ても、『これが入らないのは勿体ない…』という面子ばかりですし。 その辺は臨機応変に対応するべきで、ゲーム中No. 2の大規模カテゴリという強みをしっかり活かして柔軟に編成して行けば、『』カテゴリなんかにも真似出来ない強みが持てるでしょう。 以上です。 キャラが多すぎて紹介するのも一苦労…。 実装当初より『悟空系のカード全部入りとか将来性あり過ぎ!』というのは言われていましたが、実際にこの半年程で『フェス限LR』を含むフェス限キャラが4体も追加され、通常ガシャ産・イベント産にも有力なキャラが多数追加されましたから、将来性の高さを見事に実証する形となりました。 4周年の目玉が『悟空・ベジータ』だったように、節目の大型キャンペーンを悟空が飾ることは非常に多く、また悟空のカードが出なくなるなんてことは絶対にあり得ないので、常に時代に付いていけるというアドバンテージを持っているカテゴリです。 特にベストメンバー級の面子となると『』やらと被る側面も強いですから、やはりゲームNo. 2のキャラ数による柔軟な対応力と編成ハードルの低さを活かして行きたいです。 『今後』という所を考えても、主人公カード全入りという将来性がある訳ですから、十分な差別化点を持ったカテゴリでもあるでしょう。

次の

【ドッカンバトル】超サイヤ人孫悟空 / 超サイヤ人孫悟飯(少年期)の評価とおすすめパーティ!

ドッカン バトル 悟空 の 系譜

中確率で必殺技を反撃可能。 [聖龍祭]超必殺技はATKとDEF低下のデバフ、必殺技封じの効果持ち。 [フェス限LR]必殺技、超必殺技どちらもDEF無限上昇持ち。 [イベント産]交代前の必殺技はDEF無限上昇、ATK低下の必殺技効果。 交代後はATKとDEFを低下させる必殺技効果。 変身後の必殺技はDEF無限上昇持ち。 中確率で攻撃をガードし、ガード成功後は3ターン必ず全ての攻撃をガード、高確率で会心発動。 その他のサブ候補 キャラ 役割り 解説 アタッカー [フェス限]必殺技はATK大幅無限上昇持ち。 マップに戻らず連戦続きイベでは不向き。 アタッカー [ガチャ産]必殺技はATK無限上昇持ち。 中確率で必殺技を反撃可能。 アタッカー [ガチャ産]必殺技はATKとDEF無限上昇持ち。 DEF補正がないため高難易度イベでは不向き。 さらに残りHPが多いほどDEFが、残りHPが少ないほどATKが上昇。 変身後は取得気玉数により回避や全属性に効果抜群で攻撃が可能。 DEF補正がないため高難易度イベでは不向き。 アタッカー [フェス限]必殺技はATK大幅無限上昇持ち。 パッシブに加え必殺技効果は9ターンATK上昇。 アタッカー [フェス限]必殺技はATK無限上昇持ち。 パッシブのDEF補正はなくなるが超高確率で攻撃を回避。 アタッカー [フェス限]LR超サイヤ人4孫悟空と同名のため、リーダーをLR悟飯&悟天などに設定した場合のみ使用可能。 アタッカー [ガチャ産]必殺技は超高確率で気絶させる効果持ち。 アタッカー [ガチャ産]必殺技はATK無限上昇持ち。 防御役 [フェス限]必殺技はATKとDEF無限上昇持ち。 ターン経過毎に変身しステ補正値とダメージ軽減値が上昇。 回復役 [配布]通算1000日ログインボーナスで配布。 サポート [配布LR]バトルロードのミッション報酬。 中確率で攻撃を回避。 サポート [フェス限]必殺技はATK無限上昇持ち。 ATKを低下させる必殺技も優秀。 サポート [ガチャ産]必殺技はATK無限上昇持ち。 1番目に攻撃すると高確率で攻撃を回避。

次の

【ドッカンバトル】『孫悟空の系譜』カテゴリについて。主要キャラ・デッキ編成など ※2019/9/21改定

ドッカン バトル 悟空 の 系譜

名無しのプレイヤー さん• 2019-02-01 13:25:15• 最勇気悟空とか超体LR悟飯とか超技LR悟空を勧めてる時点でにわか• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-01 17:57:46• 金無くて課金出来やんからってとりあえずLR入りまくってるパーティ批判していくのやめてくんない?• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-01 17:58:50• いや無課金LRだろw• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-03 17:53:40• それな笑• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-10 23:44:35• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-21 10:39:03• 旧4べジータ入れてない時点で適当にLR詰め込みました感がすげぇわ まぁ他のパーティみてもそんな感じだしこのサイト参考にしない方がいいよ• 名無しのプレイヤー さん• 2019-02-24 11:51:14• いや、旧4ベジータはこのデッキに不必要でしょ。 速属性で固めるならともかくそうじゃないなら 正直チェンジ悟空入れて安定さした方がいいと思いますよ。 名無しのプレイヤー さん• 2019-03-16 02:28:23• まあ批判できるくらいの知識あるなら 自分が思うように、好きなように組めよって話しになるよな.

次の