コロナ バッタ アヒル。 バッタによる蝗害(こうがい)をご存知ですか?2020年の災厄は新型コロナだけではなかった! | ガジェット通信 GetNews

中国のアヒル部隊🦆がバッタ🦗に敗北したニュース全然やらないのな

コロナ バッタ アヒル

はじめに 最近、ニュースではの話ばかりで面白くないと思っていたら、2月後半に面白い話がニュースになり始めましたよね!! そうあなたもご存じでしょう 『大量発生したバッタが中国に向かっている』と言うニュースです。 などの情報によると 『既にに到達』とか 確証の無い情報もいっぱい出てきていたり、 『人為的に起こされたものだと』都市伝説を作り始める人までいて凄いことになってますよねwww その様な情報はさておいてそこそこ信頼出来る情報を頼りに少し バッタさん()について調べたので皆さんに共有して行こうと思います。 この蝗害は凄まじく問題を抱え3度もの 印パ戦争を戦っている インドと 、両者がにらみ合うインド側の最前線と言ってもよいで食料がバッタに食い尽くされ インド軍が撤退したとされているくらいです。 『もしかして、さんは平和のなのかも・・・!!』 と私はおもったのですが、そんなことはありませんでした。 寧ろ悪魔です。 考えることは全て実現させるみたいな中国ドリームの国ですからね!! アさん攻撃 『中国VSバッタさん』戦争開幕です。 そこで、まずジャブとして出て来たニュースが・・・!! 『アさん軍10万羽投入』のニュースでした。 これは中国にが入って来る前にに アさんを10万羽ほど送り込んで美味しく食してもらおうということらしいです。 なんでもアさん 1日にバッタ200匹くらい食べれちゃうみたいなんですねよ。 ただはとても不味いうえに相変異後は噂では更に不味いらいしのでアさんも食べてくれないかもしれませんが・・・ そもそも、このにアさんを派遣する計画は アさんに必要な水がには余りないので難しいらしいです。 本当に派遣されるのか注目して行きたいものです。 ドローン攻撃 私個人の見解ですが、この 『中国VSバッタさん』で注目して貰いたいのが、中国の ドローン技術です。 中国ドローンメーカーXAG社とドイツ農薬メーイエル社が開発している農薬散布ドローンは非常に高い害虫駆除率を誇っており、これら 自立型ドローンによる への殺虫剤の散布は非常に有効なのではないかと私は思っています。 ドローンの良いところは量産することで 大量導入が容易なことであり、特に中国なら数十万のドローンによる攻撃とか普通にやりそうなので個人的には凄く注目しています。 は美味しくない 日本人の多くの人が イナゴが大量発生していると 勘違いをしているらしいんですが、今回の 大量発生はバッタの大量発生であり、 イナゴの大量発生ではありません。 実際のバッタの種類もという種類になります。 そもそも論、イナゴはイナゴ科でありバッタ科ではないみたいです。 因みに田舎とかの道の駅でよく見かけるイナゴの佃煮ってあるじゃないですか、あれ美味しくて私は好きなんですけど同じように 『バッタが作物を食い荒らすなら人間様はバッタを食えばいいじゃんか』と安易に私は思ったのですが、イナゴは甘みがあって美味しいみたいですが、姿は似てるくせに バッタは苦くて素人が食えるものでは無いみたいです。 しかも、イナゴに比べて硬いらしく口の中での食感が悪いとか・・・!! 更に残念なことに今回の は相変異しているので 不味さに拍車がかかっているらしいです。 因みに脱線してしまいますが、美味しい虫と言えばあれ『の幼虫』は超うまいですよね。 焼いても揚げても生でもうまい!!もし食べたことが無い方で気になる人は珍味を出す居酒屋とかでたまにあるので是非食べてみてください。 何故群れだした このたちは元々は群れたりしないで個々で生活をしているバッタなのですが、何故、今回のように急に群れて増殖し始めたのでしょうか。 その理由は 相変異によるものです。 バッタなどは大雨や嵐などいろいろな環境理由等で一定の地域に生存する個体数の 密度が変化して密集してしまうことなどにより 相変異して飛蝗(蝗害)をするようになるみたいです。 この相変異のプロセスは諸説あり、 『食べ物がなくなるので新天地に移動するため変異する』とか 『共食いが始まりそれから逃げるために変異する』とか調べたらいろいろ出て来ました。 何が事実かは良く分かりませんが、一説によるとバッタ事態を何かに常に触れる環境で育てるだけでも相変異みたいになるとかって情報もありましたのでその辺のプロセスはまだ研究途中ってことなのでしょうか!? もし、詳しい情報を持っている方がいましたら 情報提供宜しくお願いしますwww 何にしても、この相変異により今回のは 体の色をドス黒くして翅を伸ばして何千億にも膨れ上がって暴走していることは確かなので恐ろしいです。 日本はカビに守られる 今回のバッタの大量発生は日本には影響はないのでしょうか!? 実は 日本でもバッタの大量発生は過去に何度か起きていますが、ビックリするほど拡大はしていないようです。 その理由は 『カビ』が日本を守っているからなのです。 エントモフトラ属と言うカビの一種がバッタの天敵らしく日本ではこのカビの影響やバッタを捕食するなどの 昆虫・両生類・鳥類などが多いため大量に発生しにくいと言われています。 それに加えて、日本は島国であり陸続きのインドや中国と違い 海が緩衝地帯として存在するため、流石に相変異したでも 海は越えるてこれないだろうということです。 油断するな台湾も日本も危険!? 『海に囲まれた日本は安心・・・!!』と先ほど私は述べましたが、実は島国である台湾や日本も の襲来する可能性は存在するのです。 それが 1928年に発生したでのバッタの大量発生です。 このバッタの大量発生はフィリピンで発生したらしいのですが、なんと数百キロもの海を渡り台湾・・にまでやって来て猛威を振るったとか・・・!! どうやって、海を渡ったのか等も不明見たいですが事実だとすると今回のバッタさんたちも日本に『こんちはおっすオラバッタ』みたいなノリでやって来るかもしれません。 おわりに それにしても、バッタさん達に本気で言いたいのは、 『今じゃないだろ!!』 この一言に限りますね。 ただでさえカに貿易戦争吹っ掛けられて新型コロナちゃんに侵されてボロボロの中国に今攻撃したりしたら、経済が崩壊してしまうよ・・・!! そんなことになったら、煽りを受けるのはまた我らが日本ですから・・・!! 今年のは間違いなくマイナス成長で決まりですね・・・!! ・・・ということで今回は気になる『バッタの大量発生』について情報共有をさせて頂きました。 また、よろしくお願いいたします。 良ければご覧ください。 コメントやチャンネル登録は大歓迎です。

次の

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国)(2020年2月29日)|BIGLOBEニュース

コロナ バッタ アヒル

アフリカ東部やインド、パキスタンで大量のバッタが農作物などを食い荒らす被害が広がっている。 国連食糧農業機関(FAO)によると、群れの規模はケニアでは過去70年で最大を記録した。 そんな中で「10万羽のアヒル軍がバッタを退治するために中国からパキスタンに派遣される」という中国発ニュースが2月下旬から世界を席巻している。 中国ではバッタが作物を食い荒らす「蝗害(こうがい)」が水害、干ばつと共に3大災害とされ、恐れられてきた。 新型コロナウイルスの感染拡大に続いて、国境を接するパキスタンからのバッタ襲来を恐れていた中国人はバッタを食べてくれるアヒル軍に期待したのだが……。 アヒル軍のパキスタン派遣の話は立ち消えになり、そもそも最初からデマではなかったかと疑われている。 政府の厳しい管理下にあるはずの中国メディア界で何が起きているのか。 「4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている。 潜在的な危機に備えて、10万羽のアヒル軍が国境に集結している」 中国国営中央テレビが展開する国際放送局「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」が2月19日、行軍するアヒルの群れの映像と共に英語でこう報じた。 公式ウェブサイト上の記事はわずか22語の短文だ。 ニュースソースも明記されていない。 だが、道路を必死に歩くアヒルの群れを「ニュース映像」として見せられると、書かれた内容も本当のような気がしてくる。 CGTNとは、中国政府が2016年12月に対外発信の強化を目的に中国中央テレビから国際放送を独立させた国策放送局だ。 アヒル軍のニュースは当初、中国の国策放送局の発信力で世界に広められた。 偶然は恐ろしい。 1週間後の2月26日、別のアヒル軍の記事が浙江省紹興の夕刊紙・紹興晩報に掲載された。 パキスタンの大学とバッタ対策を共同研究する地元研究者が「10万羽のアヒルをパキスタンに送りたい」と語ったという。 パキスタンでは過去30年で最悪のバッタ被害が猛威を振るっている。 「国境集結」が報じられたアヒル軍も10万羽だった。 ちょうど中国からパキスタンにバッタ対策の専門家チームも派遣されていた。 偶然の一致が重なっていた。 中国政府の保護下にある主要紙に比べて、独立採算の夕刊紙は激しい競争にさらされている。 浙江省寧波の夕刊紙、寧波晩報は紹興晩報が報道した翌日の27日にこの研究者に取….

次の

#80 コロナの次は「バッタ2000億匹」 中国が「アヒル10万羽」で駆逐計画!

コロナ バッタ アヒル

新型肺炎、武漢熱、武漢ウイルス、新型コロナウイルス・・・ 毎日様々な報道や行動自粛とか憂鬱になりそうだけど、 コロナもやばいけど、バッタもやばいです。 ご存知の方、多いかと思うけど、 アフリカ・・・ケニアやエチオピア・・・ ライオンやマラソンで馴染みのある国に大量のバッタが発生し、 穀物を食い荒らしながらアジアに向かってる様です。 虫、バッタが苦手な方は見ない方が良いと思います ・・; パキスタンやインド、中国もかなり警戒してる様です。 パキスタンとインドの国境の紛争は、一旦小康状態とか? そんなバッタ来襲を日本で連日報道されたら、 トイレットペーパー同様、食料が売り場から姿を消しちゃうかな?と、不安になります。 そしてバッタ来襲に備えて、最前線に軍隊を派遣する国があるようです。 NEMエコシステムが地元にどの様に貢献できるか、地元市長さん、議員さんなどに急がず腰を据えて説明しています。 母親の介護を試行錯誤、切磋琢磨、悩みながらやってます。 猫好き、動物好き、スポーツ観るのもやるのも好き。 最近はそれほど動いてません ・・; 猫は自宅で3匹飼っていて、実家に野良猫3〜5匹に食事を与えてます。 人生深く考えず。 軽く生きてきたい。 よろしくお願いします。 介護の記事です。 nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nem. nemlogでは日常を記事にし、nemとブロックチェーンに関して学びたいです(真顔).

次の