ご 都合 の よろしい 日時。 都合がいいの敬語とは?相手への聞き方や都合が悪い時の返事の仕方も

【1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集】「ご都合の良い日時を教えてください」

ご 都合 の よろしい 日時

都合の良い時間を伺う場合は 「Time」、曜日は「Day」を使いましょう。 「What」の代わりに「When」を使ってもOKです。 (都合の良い日時を教えてください) ・What time would best for you? (都合の良い時間を教えてください) ・What day would be best for you? 」もカジュアルで使いやすい都合の聞き方です。 」だけです。 ・Please let me know what time and day is convenient for you. (都合の良い日時を教えてください) B: How about tomorrow at 2? (明日の2時は如何でしょうか?) A: Please let me know what time is convenient for you. (ご都合の良い時間を教えてください) B: I can drop by at 5. 「英語学習はしたいんだけど、中々時間が・・・」と悩んでいる方に、ぴったりのメルマガです。

次の

【仕事のメール心得帖】相手の都合を尋ねる< 感じのよい言葉遣い >VOL.687

ご 都合 の よろしい 日時

「都合がつく」の「つく」の漢字は? 「都合がつく」は漢字だと 「都合が付く」と書きます。 「つく」の漢字は、「着く」「就く」などとたくさんあります。 「付く」は「付着する」「加わる」を意味します。 「利息が付く」「知恵が付く」「決心が付く」などと言います。 「着く」は「達する」「ある場所を占める」を意味します。 「東京に着く」「席に着く」「衣服を身に着ける」などと言います。 「就く」は「仕事・役職などに身を置くこと」を意味します。 「職に就く」「帰路に就く」「役に就く」などと言います。 「都合がつく」は一般的には、ひらがなで表記することが多いですが、漢字で「都合が付く」と表記できるということも覚えておくと良いでしょう。 「都合がつく」の敬語(尊敬語)は「ご都合がつく」 「都合がつく」の敬語変換は「ご都合がつく」 尊敬語を表す接頭語の「ご」を付ければ、「都合」はそのまま尊敬語になります。 例えば、「都合がつく日程を教えてください」というよりも「ご都合がつく日程を教えてください」といった方が丁寧に聞こえますよね。 ビジネスシーンでは、予定を調整して日程を合わせることが日常的に行われます。 そんな場合に「都合がつく」という表現を使うことができます。 接頭語の「ご」は尊敬語、謙譲語、丁寧語さまざまな敬語になる 「ご」は敬語を表す接頭語です。 例えば、「ご連絡ください」「ご利用ください」など、相手に行為や所有物に対して使う場合の「ご」は尊敬語になります。 一方で、「ご連絡いたします」「ご説明させていただきます」など、自分の行為でも目上の人に対する行為の「ご」は謙譲語になります。 また、「ご親切に」「ごゆっくりに」など、ものごとを丁寧にする場合の「ご」は丁寧語になります。 このように、接頭語「ご」は使い方次第で尊敬語、謙譲語、丁寧語と様々な敬語になります。 和語には「お」がつき、漢語には「ご」がつく 一般的に、 「お」は和語につけて、「ご」は漢語につけるとされています。 また、「お返事・ご返事」といったように、「お」と「ご」の両方がつく言葉もあります。 ただ、「おコーヒー」や「おワイン」といったように、外来語には「お」や「ご」はつけません。 「都合」は漢語なので、「ご都合」が正しく、「お都合」とは言いません。 敬語(尊敬語)「ご都合がつく」の使い方と例文 相手の予定を伺う場合 ビジネスシーンでは、予定を調整して日程を合わせることが行われます。 そのような 相手の予定を伺う場合に、「ご都合がつく」を使います。 「ご都合がつきましたら〜」「ご都合がつく日をご指定ください」などと、相手の予定を聞くことができます。 「ご都合がつく」の言い回しは、 ・ご都合がつきましたら ・ご都合がつく日程 ・ご都合がつくお時間 ・ご都合がつく時間帯 ・ご都合がつく曜日 ・ご都合がつく日付 となります。 例えば、相手の予定を聞きたい時に、「ご都合のつく曜日をご指定ください」などと言います。 これは「あなたの事情に問題がない曜日を教えてください」という意味になります。 「ご都合がつく日程」「ご都合がつく時間」などは正しい表現ですが、少々回りくどい印象があります。 このような場合は、「ご都合のほど」と言い換えるとスマートになります。 例文 ・来月に講習会を開催する予定です。 つきましては、ご都合がつく日程をお知らせくださいますようお願いいたします。 ・ご都合のつく曜日をご指定ください。 ・来週の火曜日にご都合がつくようでしたらご連絡いただけますか。 ・ご都合がつく日程をお伺いしたいのですがよろしいでしょうか。 ・では、来週ご都合がつく時間帯にお伺いしたいと思います。 ・もし、ご都合がつくようでしたら今週にでものお時間をいただけませんか。 ・ご都合のつく日程をお伺いしたいと存じます。 ・お忙しい中、大変恐縮ですが、今週中にご都合がつく日程をお聞かせください。 ご都合がつきましたらご参加ください」などと使います。 これは「すでに日程の決まっている事に対しての予定を伺う」場合に使用します。 日程を指定しているということもあって、相手もいくらか返答がしやすい言い方になります。 例文 ・下記の通り、歓迎会を開催いたします。 ご都合のつく方は、是非ともご参加ください。 ご都合がつきましたらご出席くださいますようお願い申し上げます。 こういった場合は、 ・あいにくその日は予定があり出席できません ・別の要件がありますので別の日でお願いできますか ・都合がつかず出席できません。 またの誘いをお待ちしております などと言うと丁寧な印象になります。 「都合がつかないです」「都合が悪いです」と答えても間違いではありませんが、相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「都合がつかない」を使いたい場合は、 「都合がつかず、欠席させていただきます」「都合がつかず、申し訳ございません」などと「都合がつかない」の後に謝罪の言葉を付ける必要があります。 「都合がつく」の類語 「都合がつく」の類語を紹介します。 「都合がつく」の英語表現は色々なパターンが考えられます。 例えば、「来週の月曜日なら都合がつきます」を英語で言うと、.

次の

都合がいいの敬語とは?相手への聞き方や都合が悪い時の返事の仕方も

ご 都合 の よろしい 日時

ビジネスシーンで、使う頻度の高い言葉の一つに「ご都合」という言葉があります。 例えば、「ご都合の良い時間帯をお知らせください」とか「ご都合いかがでしょうか」などの文章のメールや手紙をいただいた方は多いでしょう。 ビジネス上、「ご都合」というフレーズを使う頻度は高く、意味や使い方を知っておくと役立つことも多いはずです。 ここでは、「ご都合」の意味と使い方についてご説明します。 「ご都合」の意味 「ご都合はよろしいでしょうか」などのように、ビジネス上「ご都合」という言葉はよく使います。 そして、この「ご都合」の「都合」とは、「つごう」と読み、「ものごとを行う際の事情」や「ものごとを行えない理由」「やりくりをすること、工面すること」などの意味があります。 そして、この「都合」の頭に「ご」と丁寧語をつけた言葉が「ご都合」となります。 「ご都合」の意味と使い方;ご都合のよろしい 「ご都合」の使い方としては、相手に対して予定を確認するような場合に使われます。 例えば、「ご都合のよろしい時間をお伺いしてもよろしいでしょうか」などの言い方になります。 取引先や顧客など目上の人に対して、時間や都合を聞く場合に使われます。 ご都合が 「ご都合」の使い方として、「ご都合の」と後の言葉に続く形の使い方もあります。 「ご都合の」の後には、「よろしい(良い)」「よろしくない(良くない)」とか「つく」「つかない」といった言葉がつきます。 例えば以下のような使い方になります。 ご都合のよろしい日時をご指定ください。 」 ご都合合わせの上 「お時間を作っていただいて」という意味で「ご都合合わせの上」という使い方もあります。 例えば、以下のような使い方になります。 ご都合合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。 」 ご都合いかがでしょうか 相手の都合を聞きたい場合には、「ご都合いかがでしょうか」という使い方をします。 例えば、以下のようになります。 」 ご都合が悪い 「ご都合」という言葉の使い方や例文をみてきましたが、「都合が悪い」という言い方でお断りする場合があります。 そして、この「都合が悪い」という言い方を目上の人宛に送る場合に、敬語表現としてどうすれば良いか悩む方がいるでしょう。 ここでは、「都合が悪い」の敬語表現についてみていきます。 「都合が悪い」の意味 「都合が悪い」とは、「条件が合わない、予定が合わない、状態が悪い」などの意味になります。 ビジネスシーンでも「ご都合いかがですか」と聞かれた場合などに、「都合が悪い」という表現を使うことは多いです。 主に「都合が悪い」という返答を行うケースとしては、以下のようなケースが考えられます。 1.相手の提案や申し出に対して、こちらの予定や条件調整が合わない場合 2.こちらの申し出や提案に対し、相手の条件調整が合わない場合 「都合が悪い」の敬語表現 「都合が悪い」という返答を行う場合に、相手に丁寧な返答で敬語で答えようとしたときに「ご都合が悪い」としてはいけません。 「ご都合」というのは、飽くまで相手側が聞いてくるときに使う言葉です。 自分の都合が悪いのに、自分側に「ご」をつけては間違いです。 また、相手に対して「ご都合の悪い日を教えていただけますか」という表現をもっと丁寧に言いたいのであれば、「ご都合のよろしくない日を教えていただけますか」とするべきです。 「都合が悪い」の他の表現 実際に都合が悪いので、相手の要求に答えられないという場面があるときに、「都合が悪いので」と答えた場合。 相手を不快にさせてしまいます。 では、都合が悪いということを直接的に言わずに相手に伝えるためには、どういった受け答えをすれば良いのでしょうか。 以下に受け答えの例文をご紹介します。 取り込んでいる 「忙しい」「今はまだ答えられない」という場合に便利な言葉として、「取り込んでいる」という言葉があります。 例えば、「ただいま取り込んでおりまして、申し訳ございませんが再度こちらからご連絡いたします」というように使います。 この表現であれば、相手へ詳細を伝えずに忙しい状況であることを伝えることができます。 都合をつけるのが難しい 「予定が合う」ということを「都合がつく」というと前述しましたが、予定を合わせるということを「都合をつける」といいます。 そして、この「都合をつける」ことが難しいという言い方で、予定が合わないという意味になります。 ご都合伺いのメールの書き方 ご都合伺いのメールの書き方;ビジネスメール 日程調整は、メールで行うことが便利です。 電話でいきなり日程調整をしようとしても相手のスケジュールが決まっているかわからないからです。 こちらから伺ったり、また会議など必要な場合には、あらかじめメールでスケジュールを伺い、都合の悪い日がないか調整が必要になります。 ご都合伺いメール例文 以下のようにメールで日程のご都合伺いを行うようにしましょう。 ご都合の良い時間をお知らせください。 もし、ご都合が悪ければ、再度日程を提案させていただきます。 」 「ご都合よろしい」の敬語 「ご都合」の類語表現としては、「お暇があれば」とか「お時間があれば」というものになります。 例えば、以下のような使い方となります。 (例文)「お時間がありましたら、ぜひ当社のフェアにご参加いただきたく存じます。 」「お暇があれば、我が家に一度遊びにいらしてください。 」 また、「ご都合」という表現は、相手のスケジュールを伺う際にも使われるため、類語に「ご予定のほど」という表現もあります。 」 「ご都合」と「ご事情」の違い 「ご都合」とよく似た言葉として、「ご事情」という言葉があります。 この「ご都合」と「ご事情」の違いは何でしょうか。 「ご事情」の「事情」とは、「じじょう」と読み、意味としては、事情があるかないかのこととなります。 一方、「ご都合」の「都合」は、「つく」か「つかない」または「良い」「悪い」で答えることとなります。 「今回は都合が悪い」「都合がつかない」などの使い方です。 また、人にスケジュールを尋ねる場合には、「ご都合」という言葉はつかえますが、「ご事情はいかがですか」とは尋ねません。 これらのことからも、事情という言葉は、なにかしらの事柄が起こったとき、親しい間柄などの場合でなければ使いません。 都合をつけるの意味 「ご都合」の後にくる言葉としては、「良い」「悪い」の他に「つく」「つかない」という言葉もあります。 この「つく」「つかない」という場合の、「都合がつく(つかない)」の意味とはどういうものでしょうか。 この「都合がつく」とは、ものごとが進むように調整をしたり、やりくりをするという意味になります。 「ご都合主義」とは? 「ご都合」を使った言葉として、「ご都合主義」という表現があります。 この「ご都合主義」とは、自分の立場や主義に一貫性がなく、その場その場で自分にとって都合が良いように態度をコロコロと変えるということを指します。 また、単純に「自分に都合の良いようにしか振る舞わないということ」を意味する場合もあります。 「ご都合」の使い方を覚えましょう.

次の